野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東高根森林公園

今回は東高根森林公園です。

前回行ったときは湿性植物園の木道の殆どが改修中で通れず、メインである鳥類は勿論、その植物類も見ることが出来ず、この改修工事が終わってから、また行こうと思っていました。

この生きものの宝庫である、湿性植物園を見ることが出来ないと言うことは大変にマイナスです。

川崎市のホームページで改修工事が完了したお知らせが出たのを確かめてから、行ってきました。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用での撮影です。
一部、Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS も使用しています。

鳥君の写真は最初の2枚だけで、あとは植物類、昆虫類を含む生きものたちの写真ばかりです。

そして、今までで写真の枚数も一番多くなったと思われますので、アクセスに時間がかかるかもしれませんが、その点はご了承いただきたいと思います。

IMG_693424.jpg


やはり、この時期の主役、カルガモ君です。
小さな池に3羽いました。

IMG_695124.jpg


マクロレンズでシジュウカラ君です。
残念ながら、豆粒程度にしか写りません。

IMG_556624.jpg


セイヨウヒルガオさんです。
入口の真ん前で咲いていて、大変に目立ちます。

IMG_557024.jpg


カタバミさんです。

IMG_557824.jpg


ヤブキリ君です。
あちこちでよく会います。

IMG_559524.jpg


カワラナデシコさんです。
初めて見ましたが、お名前の「カワラ」に限らず、色々な場所で見られるようです。

IMG_560324.jpg


ヤマトシジミ君です。
やはり、カタバミさんのところにいました。

IMG_561324.jpg


ナガミヒナゲシさんです。

IMG_561524.jpg


ホトケノザさん、まだ咲いていました。

IMG_565024.jpg


詳しい資料がなく、調べようがないのですが、どうもホソガガンボ君の1種の様です。

IMG_567224.jpg


オトメユリさんです。

IMG_568424.jpg


誰の蕾なのでしょうか、オトメユリさんの近くに小さく群生していました。

IMG_569224.jpg


ヤブキリ君、正面からです。

IMG_570924.jpg


ウシハコベさんです。

IMG_572024.jpg


最近、あちこちで見かけるようになってきました。
お名前がわからないままでしたが、ウツボグサさんでしょうか。

IMG_572424.jpg


フタリシズカさんの様です。

IMG_572624.jpg


イカリソウさんです。
山の斜面に2輪+もう一株だけ咲いていました。

IMG_573624.jpg


葉っぱの間に良くいる、サラグモ君の1種です。
何しろ種類が多く、調べても詳しくは難しいです。

IMG_575324.jpg


シオヤアブ君です。

IMG_576524.jpg


これも初めてでしたが、バッタ君のミイラかと思ってしまいました。
どうもフキバッタ君の若齢幼虫の様です。
それにしても大変に小さいですし、葉の上だから良いのですが、それ以外では保護色となってしまいそうな色合いです。

IMG_578224.jpg


これも初めてですが、オサムシ君かゴミムシ君の1種のような感じです。

IMG_579824.jpg


クロオオアリ君かと思うのですが、光沢がかなりあるのが違和感があります。

IMG_581124.jpg


誰かの幼虫ですが、真っ白で大変にきれいです。

IMG_583024.jpg


ワカバグモ君です。
じっと獲物を狙って待っているような感じでした。

IMG_585724.jpg


アカスジキンカメムシ君の幼虫です。

IMG_587024.jpg


ムラサキサギゴケさんです。

IMG_587324.jpg


オニタビラコさんです。

IMG_589824.jpg


ネコハエトリ君のような感じです。

IMG_592124.jpg


ハチ君かと思ったら、ハナアブ君でした。

IMG_593624.jpg


レンゲソウさんの所にもヤブキリ君です。

IMG_594324.jpg


クリンソウさんです。

IMG_596024.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_597624.jpg


レンゲソウさんにミツバチ君です。

IMG_600124.jpg


アメリカフウロさんです。
実はこの前見たのですが、お花は初めてでした。

IMG_602824.jpg


キショウブさんです。

IMG_603024.jpg


キツネアザミさんです。

IMG_603624.jpg


ワスレナグサさんです。
これも実際は初めて見たかも知れません。

IMG_606724.jpg


コミスジ君です。
何故かうちのカメラバッグが気に入ったらしく、何回もとまっては飛んでの繰り返しをしていました。

IMG_604624.jpg


翅を開いたところです。

IMG_608324.jpg


ネコハエトリ君のようです。
確かにこう見てみるとクモ君の眼は8眼あるのがわかります。

IMG_612224.jpg


ハルジオンさんです。

IMG_613524.jpg


ウラジロチチコグサさんです。

IMG_616724.jpg


オオイヌノフグリさん、まだ咲いていました。

IMG_618624.jpg


これはちょっと不思議なのですが、オモダカさんでしょうか。
開花期が全く違うので、もしかしたら違うのかも知れません。

IMG_618924.jpg


クリンソウさん、先に出したのよりも色合いが薄めです。

IMG_621524.jpg


ウマスゲさんです。

IMG_622924.jpg


ヒメオドリコソウさんは良く見るのですが、オドリコソウさんは初めてでした。
最初は誰なのか、全く思いつかず、手間取りました。

IMG_624024.jpg


このクモ君も大変に微妙で良くわかりません。
ハシリグモ系の様ですが、スジアカハシリグモ君の中途半端な色合いの個体なのか、別なのか、今のところ調べているところです。

IMG_624324.jpg


チゴユリさんかと思ったのですが、どうも良く見てみると違和感があります。


IMG_627124.jpg


チョウジソウさんです。

IMG_630724.jpg


このクモ君、感じ的にはハエトリ君の様な感じです。
模様が特徴的なのですが、どうもヒットしません。

IMG_631024.jpg


カニグモ君の1種の様ですが、これも微妙で詳しくはわかりません。
ミツバチ君がつかまってしまったようでした。

IMG_632024.jpg


イヌガラシさんです。

IMG_632324.jpg


歩いていて、ふと前を見たらぶら下がっていました。

IMG_632724.jpg


ハルジオンさんです。

IMG_632924.jpg


エンコウソウさんの様です。

IMG_636924.jpg


オランダガラシさんにテングチョウ君です。
テングチョウ君は初めて会うことが出来ました。

IMG_638824.jpg


少し翅を開いたところです。

IMG_641024.jpg


これも初めて見ます。
ジシバリさんやオニタビラコさんなど思い浮かべたのですが、お花がどうも違うことに気がつきました。
コウゾリナさんでしょうか、開花期が早いような気もするのですが・・・。

IMG_641324.jpg


イヌガラシさんです。
葉とお花と両方写すことが出来ました。

IMG_644124.jpg


これも初めて見るような、小さなお花です。

IMG_645024.jpg


ハチ君かと思ったら、アリ君でした。
クロオオアリ君の女王でしょうか??

IMG_646824.jpg


ムラサキさんです。
これも全く初めて見ました。
今まで見た、ムラサキ科のとはちょっと違うような、でも良く見ると中心部の特徴が見えます。

IMG_648324.jpg


ツメクサさんです。

IMG_650124.jpg


シャクヤクさん、これからの様です。

IMG_650424.jpg


アマドコロさんです。

IMG_651024.jpg


シランさんです。

IMG_654724.jpg


オオヒラタシデムシ君のようです。
初めて会いますが、あちこちで見かけました。

IMG_657024.jpg


ニジュウヤホシテントウ君でしょうか。
これもまた初めてでした。

IMG_658424.jpg


ダイコンさんです。

IMG_659324.jpg


ヒトリシズカさんです。

IMG_661624.jpg


アシブトハナアブ君です。

IMG_662624.jpg


これも初めて見ますが、どうもヒットしません。

IMG_664624.jpg


これも初めてですが、カミキリ君にしては触覚が貧弱ですし、さて・・・?
ハムシ君のお仲間でしょうか。

IMG_665524.jpg


ヒイラギナンテンさんの実がなっていました。

IMG_667224.jpg


どこかで見たような感じがするのですが、思い出せません。

IMG_685224.jpg


エンコウソウさんの様です。

IMG_685524.jpg


そして、こちらも同じ物なのか、リュウキンカさんなのか、もう少し調べてみないとはっきりしません。

IMG_691224.jpg


ずっと待ったのですが、なかなか全身が見えませんでした。
どうも、クビキリギス君の褐色系の個体のようです。

IMG_692024.jpg


カキツバタさんです。

IMG_695024.jpg


ヒメバチさんかなと言うところですが、詳しくはわかりません。

今回は思いの外に写真の枚数も多くなり、そして新しい発見もかなり多くありました。
写真の中のそのかなりの数が初めて会い、初めて見るものばかりでした。

個人的な考えからすると写真の枚数が多くなると言うことはそれだけ見所も多く、また貴重な自然環境が残され、生きものたちが多くいると言うことではないかと思います。

また、植物類もそうですが、昆虫類、クモ類とかなり難しく、なかなかその正確なお名前まではわからず、更に色々な方法を試していく必要がありそうだと痛感しました。

これからの季節、ここは更に楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 15:26:25|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<旧古河庭園 | ホーム | 石神井公園>>

コメント

オサムシくん

と、なっている子。胴体の継ぎ目の尖りかたかたからみてコメツキムシ君の仲間のように見受けられます。シモフリコメツキ君かなぁ?
  1. 2007/05/27(日) 15:38:14 |
  2. URL |
  3. とおりがかり #-
  4. [ 編集]

東高根森林公園、工事終わりましたか~~
私も行こう!!

自然の中で木道を歩いているだけで
気分は最高ですね

忘れな草・・・いいですね
僕も去年家で育てましたが
花が咲かないので
おかしいなと思っていたら
芽が出ていたのは雑草でした
植物は難しい
綺麗に咲かせられる人、尊敬します
  1. 2007/05/27(日) 16:53:35 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

こんばんは

カルガモ、良いですね。水面の波紋が鳥を引き立て、とても情感のある素晴らしい画像ですね。ちなみに尾筒が黒いので♂のようですね。
最近、あちこちで・・・・・。は、シソ科のトウバナ(塔花)です。
これも初めてですが、オサムシ・・・・・。は、トラフコメツキではないでしょうか?
チゴユリさん・・・・・。園芸種のオオアマナ(ユリ科)です。
これも初めて見ます。・・・・・は、コウゾリナではありません。コウゾリナは全草に鋭い毛があります。剃刀菜というくらいですから。花はオニタビラコに見えますが葉などかないので ・・・
これも初めて見るような、小さなお花です。・・・・・は、マサキの雌株の雌花です。
ムラサキ、昔染料に使っていたので、今は多分絶滅危惧種ではないかと、植栽したものでしょうが、それにしれも珍しいですね。
これも初めて見ますが、どうもヒットしません。・・・・・ベニバナトチノキ(外来種)。実は5~6年前の夏、感察会の仕事でこの公園は行った事があり、そのときこの木はみました。日本のトチノキと違い、葉の鋸歯がとても荒いです。(画像でも分かります)
これも・・・カミキリ・・・・・。は、アオジョウカイです。
どこかで見たような・・・・・。は、ハギの芽吹きでしょう。(3出複葉があるので)
エンコウソウさんの様です。・・・・・は、リュウキンカでしょう。
両種はとても似ていますが、エンコウソウは茎が横に這う、
リュウキンカは茎が立ちます。
今回は鳥・花・昆虫、いずれも素晴らしい画像の数々、時間の経つのも忘れて繰り返し繰り返し何度もたのしませていただきました。
本当に素晴らしいですね。
ありがとうございました。
  1. 2007/05/27(日) 20:53:10 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 マクロレンズをつけてるときに鳥さんが来るとなかなか
悔しいですね。自分も100mmのマクロをつけているときに
目の前にヤマガラが飛んできたことがありました。
かなり近かったのに100mmでは小さくなってしまいます。

 セイヨウヒルガオはヒルザキツキミソウだと思います。
この時期いろんなところで花が開いてますね。

 自分も昨日見かけたのですがホトケノザは意外と長く
咲いてますね。これから花が咲くのもいるのでしょうか。

 オトメユリの写真は、ちょっとこのサイズだと自信がないのですが
花の上にヒシバッタの仲間が乗っているように見えますね。

 レンゲに埋もれたヤブキリ、かわいいですね。全体的に
ヤブキリは大きくなってきた気がしますね。

 アメリカフウロの花は意外とよく咲いてるんですが、
小さいので見落としがちですよね。自分も最近気にして
見るようにしています。

 カメラバッグにとまったチョウチョさん。黒いのが水に
見えたんでしょうか。

 ハエトリグモはつぶらな目がかわいいですね。

 テングチョウはなかなか珍しいですね。自分も
見たことがありません。

 でっかいアリに羽が生えたのは良く見かけますが、
女王になるアリなんでしょうかね。

 ニジュウヤホシテントウのようなのは恐らくナミテントウの
色彩パターンの一つと思います。ニジュウヤホシは
胸の部分も含めて全体的に茶色でつやがない感じです。
ニジュウヤホシって意外と見ないんですよね。
  1. 2007/05/28(月) 12:30:29 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

とおりがかり さん

こんばんは、うちのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

オサムシ君・・・?はおっしゃる通り、胴体の継ぎ目の尖り方から、コメツキムシ君に間違いないようですね。

全く思いつかなかったことでした。

この尖り方の特徴は重要な手がかりですね。
大変に勉強になります。

さて、詳細はとなると色々と調べてみたのですが、大変に難しいですね。

シモフリコメツキ君・・・、真上から写した物もあれば良かったのですが、残念ながら、横からだけの写真しかありません。

トラフコメツキ君と言うご意見もあり、改めてうちの様な初心者ではどちらがどちらか全くわからない状況です。

シモフリコメツキ君にも似ていますが、色々と調べてみる限り、全く同じようには見えないのが個体差による物なのか、成長過程による物なのか、大変に迷うところです。

ご覧いただき、またご助言も頂き、誠にありがとうございます。

コメツキムシ君、全く思いもしなかった種類で、調べる機会をもてましたこと、感謝いたします。
  1. 2007/05/28(月) 20:14:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
東高根森林公園、この時は工事が終わっていたのですが、今日行ったら、またごく一部だけ(観察には殆ど影響なしですが)工事をしていました。

木道の架け替えはまだ古いところが見受けられますので、どうもまだまだ続くような感じがしないでもありません。

さて、あの場所は木道を行って帰って、普通に歩けば、20~30分程度でしょうが、何しろ色々いますので、大変に時間がかかりますし、いるだけでも良いですね。

今日は往復で6時間もかかってしまいました。
本当に1日いると色々な新発見があり、またなかなか離れる事が出来ません。

今まではそれほど目にとめていなかったのですが、あの湿性植物園は場所的な物から考えれば、まさに生きものの宝庫だと思います。

これからの時期はうちの主観からですが、四季の森公園も同じような意味で、素晴らしい時期ではないかと思います。

ワスレナグサさん、現在でも満開の状況です。
木道の中央付近と申したらいいでしょうか、そのあたりです。

この種類、実際は特性的にどうなのでしょう。
育てるとなると難しそうですが・・・。
  1. 2007/05/28(月) 20:26:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、いつもながらお言葉も大変に恐縮の至りです。

カルガモ君、今まで♂♀の区別はあまり気にしていなかったのですが、最近尾の部分の上下が黒い、または黒に近いか茶褐色かで見分ける事を知ったばかりでした。

おっしゃる通り、♂の様な感じですね。

トウバナさん、最近結構目立つようになりました。
今まではあまり気がつかなかったのですが、お花が咲いてきたからでしょうか。
この塔の様な全体のお花が咲いたら、すごそうですが、見ているとどうも時間差があるような感じがします。

オサムシ君・・・、トラフコメツキ君と言うことですが、このコメツキムシ君、色々と見てみたのですが、なかなか判断が難しいですね。
模様的に真上から撮っている写真がなく、横から見るしかないのですが、シモフリコメツキ君と言う、ご意見もあり、どちらも近く、似ているのですが、模様が同じでないのが、個体差による物なのか、成長過程によるものなのか、わからず、迷っているところです。

更に手持ちの文献、図鑑などを調べて、ネット上の色々な写真を見ていきたいと考えています。

ただ、コメツキムシ君とは全く思い浮かばなかった事でした。

オオアマナさん、調べてみたら、まさにその通りでした。
ヨーロッパから入った帰化植物と言うことのようですね。
それにしても大変に特徴的な感じがしました。

オニタビラコさん・・・、葉などの写っている写真がないか探してみましたが、ありませんでした。
確かにコウゾリナさんは、かなり刺にも近い毛があるようですね。
今日も行ってきましたので、もう1回、確かめようと思ったのですが、見当たりませんでした。
お花が終わってしまい、気がつかなかった可能性もありますが・・・。

マサキさん、この前は蕾を見たと思うのですが、今回はお花、やはり見ていて知っていないと難しいですね。
あとは葉の形を手がかりとする様にもしているのですが、なかなか目標にたどり着けません。
見るとニシキギさんのお仲間、お花も似ているような感じがしました。

ムラサキさん、そうなんですか。
調べてみたら、全国的に絶滅が危惧される種になっていました。
と言うことは確かに珍しいと言うことですね。
ここで自生している物ではないにしても大変に貴重ですね。
ただ、種の保存がかなり難しい様で、そのあたりが心配です。
神奈川県はこのムラサキさんがここにいると言うことについて、どう考えているのか、今度行ったときに、ここの公園事務所に聞いてみようと考えています。

ベニバナトチノキさん、こちらは樹木なんですね。
それほど大きくはなかったと思いますが、お花はこの1本だけだったように記憶しています。
葉も写しておいてこの場合は良かったです。

アオジョウカイ君、調べてみましたら、まさにそのものと言う感じですね。
ジョウカイボン科とも全く思いつかなかったことでした。

ハギさんでした、先日、神代植物公園で見たばかり、色々な種類がいましたが、殆どこの写真のような状態だったのを思い出しました。

リュウキンカさん、これ見間違いかなと先日の絵を拝見して思っていたのですが、やはり見間違いではなかったと言うことで、一安心です。

この2枚はどちらも茎が立っていることから、リュウキンカさんでだいぶ前にある、茎が這っている様なのはエンコウソウさんと言うことでよろしいかと思いますが、これも特徴をつかむことが肝心ですね。

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/05/28(月) 21:32:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

確かにマクロレンズを付けていて、鳥君がいたら、諦めてそのまま撮るか、もしくはレンズを交換して撮るかですが、交換していたら、まず間に合うことがありませんね。

これだけはどうしようもありませんね。
どちらにも対応できるようにカメラ2台でやる事もいつも考えているのですが、なかなか実行に移せません。

ヒルザキツキミソウさん、調べてみたら、確かにそうですね。
もしや、同じ物なのかなと思いきや、セイヨウヒルガオさんは白色のお花で感じもかなり違っていました。

実はここにはプレートが付いていて、そこにセイヨウヒルガオさんのお名前が載っていましたので、そのまま鵜呑みにしてしてしまったと言うあんばいです。
ただ、セイヨウヒルガオさんが同じ所にある可能性もありますので、今後注意してみたいと思います。

ホトケノザさん、結構息が長いと思いました。
まだ、咲いていない蕾のような状態のも見かけますから、まだまだ楽しめそうな感じがします。

オトメユリさんの上に・・・、これ気がつきませんでした。
確かにヒシバッタ君の様な感じのがいますね。
ここでは本当にこの小さなバッタ君の種があちこちに多くいます。

レンゲソウさんの上のヤブキリ君、気持ちよさそうでした。
このヤブキリ君は少し大きくなったような感じの個体だと思います。

今日行った時点ではまだまだ小さなバッタ君の種があちこちに多くいました。

アメリカフウロさん、うちは今回初めてでした。
実はここの終点近くに遊具のある公園があるのですが、そこの一角に実のなったアメリカフウロさんが群生していました。
全くお花を見落としていたと言うことになりそうです。
ただ、ごく一部でしたが、まだお花が咲いているものもありました。

コミスジ君、何を思ったのか、不思議です。
スズメバチ君が黒を好むとは良く聞きますし、実際にうちのこのショルダー部分に止まったり、カメラ(全て黒色ですので)に止まったりすることはありました。
ただ、蝶君に関しては初めてです。
好む何かがあるのでしょうね。
確かに吸水の可能性もありそうです。
とまってしばらくは飛んでいかなかったですし、飛んでいっても、またすぐに戻ってきていました。
吸水、水と考えると手で持つ部分ですから、掌の汗がしみこんでいたと言うことになるのですが・・・
どちらにしても不思議です。

ネコハエトリ君、こうして見るとまたなかなかかわいい物です。
これも表情が色々で眼が8つありますから、様々に変化しそうな感じがしてきます。

テングチョウ君、初めてでしたが、撮っている間は誰だかわかりませんでした。
ただ、今までに会ったことのない種類だと言うことだけはわかったのですが・・・。
この場所、こうしてなかなか生きものたちは色々いそうな感じです。
贅沢を言えば、もっと近くで写したかったのですが・・・。

柵があって近づくことが出来なかったのですが、あの天狗さんの様な表情を写したかったと今にしては思っています。

クロオオアリ君、さてうちも良くわからないのですが、羽があると言うこと=女王なのかどうか?
これは今後も調べていきたいと思います。

ナミテントウ君、調べてみて驚きました。
何と色彩・模様のパターンの多いこと、あの黒地に赤2つのパターンだけと思っていたら、大間違いでした。
これも知っていないと間違えますね。

ニジュウヤホシテントウ君、更に調べてみたら、本当に艶がなく、細かい毛が生えているような、そんな感じですね。

いつも色々と誠にありがとうございます。
テントウムシ君、おかげさまで更に多くのことを知ることが出来ました。
  1. 2007/05/28(月) 22:20:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

手を出すのは反則かも知れませんが

コメツキムシ君の仲間、機会があったら平たい所にひっくり返してみてください。子供の頃は相当虐待して遊んでました(^^;)
私もトラフコメツキムシ君に一票いれておきます。
  1. 2007/05/29(火) 14:10:38 |
  2. URL |
  3. とおりがかり #-
  4. [ 編集]

とおりがかり さん

再度ありがとうございます。
そうですね、うちの場合はそのままの状態で、手を入れることなく、これが絶対条件ですから、まずそのままの状態です。

ひっくり返すと起き上がれないのかなと想像しますが、実際はわかりません。

また、トラフコメツキ君である可能性が高くなったようですね。

時間のあるときに色々と調べているのですが、なかなかこれと言った決め手がないままです。
  1. 2007/05/30(水) 19:26:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

> まずそのままの状態です
写真を拝見していてそうだろうなと思いました。

ただ、コメツキムシ君の仲間に関しては、「ひっくり返してみる」が種類を特定する決定打になります。
名前の由来が「これか~!」とわかりますので(笑)
  1. 2007/05/31(木) 09:49:20 |
  2. URL |
  3. とおりがかり #-
  4. [ 編集]

とおりがかり さん

こんばんは、また、ありがとうございます。

写真、全ては自然のままに、これが一番と思っていますが、たまに虫君など手をさしのべて、自然に乗ってくるようであれば、それはそれで撮影することもあります。
ただ、本当にごく稀ではありますが・・・。

さて、コメツキムシ君、ひっくり返すと言うことは腹部の部分がキーポイントなのかなと思い、色々と調べてみたものの、なかなか腹部が写っている生態写真が見当たりませんでした。

と言うことは、実際に試してみれば、わかる事なのかなと思われます。

機会があったら、試す価値はありそうですね。
ひっくり返った写真がその前に見つかれば、言うことないのですが・・・。

いつもありがとうございます。
  1. 2007/05/31(木) 21:12:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/229-f9ec6733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。