野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石神井公園

今回は久しぶりの石神井公園です。
この時期は何と言っても、カルガモ君やバン君、カイツブリ君の子供たちが楽しみのメインです。

しかし・・・、それはさておいて、前回かろうじて残っていたコガモ君も旅立ったようで、カモ類はカルガモ君とアヒル君だけになっていました。

レンズはSigma 150mm EX APO DG MACRO HSM をメインにして、あとは、Sigma APO 80-400mm EX DG OS 使用(カワセミ君だけ×1.4テレコン装着)で撮影しました。


IMG_476724.jpg


今回のトップは誰にしようか悩みましたが、この子にしました。
カナヘビ君です。
向いている方向とは別にどうもこっちが気になるようです。

IMG_463224.jpg


ここのところ、記念庭園にずっといるアヒル君です。
白アヒル君が2羽います。
本園ではアオクビアヒル君が2羽、白アヒル君が1羽で、以前に比べて、増えたような感じがします。

また、ここに前回はかろうじて残っていた、コガモ君ですが、旅立ったようで、いませんでした。

IMG_463724.jpg


セグロセキレイ君です。
ここで見るのは初めてで、少し珍しいかも知れません。
飛んできたかと思ったら、数秒だけで、また園外へ飛んで行ってしまいました。

IMG_464524.jpg


この時期の主役のカルガモ君です。

IMG_498224.jpg


カワセミ君です。

IMG_481024.jpg


今回はいつもの止まり木に何回も飛んできていました。

IMG_508624.jpg


マクロレンズでハシブトカラス君です。

IMG_521624.jpg


カイツブリ君です。
前回は子供が1羽いたのですが、心配なことにどうも見当たりません。

IMG_537124.jpg


期待していたカルガモ君の子供たちは全く見当たらず、諦めかけていたのですが、夕方に草地の中に隠れてお休みしているのが見えました。

IMG_544624.jpg


あたりも暗くなりかけて、ようやく動き出しました。
カルガモ君の子供ですが、6羽いるようです。
もうかなり大きくなっています。

ここでは親子が3組いると言う情報があるのですが、別組は全く見当たりませんでした。

IMG_470524.jpg


マクロレンズでドバト君です。

IMG_552524.jpg


バン君です。
子供はまだの様な感じでした。

IMG_464124.jpg


キショウブさんです。

IMG_464224.jpg


ミシシッピアカミミガメ君ですが、5cmくらいと何しろ小さい個体でした。

IMG_465824.jpg


サツキさんにクロマルハナバチ君です。

IMG_468024.jpg


コデマリさんです。

IMG_486924.jpg


いわゆる、ミノムシ君です。
オオミノガ君の幼虫かと思われますが、実際良く見たのは初めてでした。

IMG_489424.jpg


キツネアザミさんの様な感じです。
ここに1本だけしか見当たりませんでした。

IMG_491324.jpg


ミツガシワさん、かろうじてまだ咲き残っていました。

IMG_491424.jpg


カキツバタさんです。

IMG_491924.jpg


コウホネさん、これからでしょうか。

IMG_492324.jpg


アサザさんです。
ちょっと早いような感じもしますが、この2輪だけ咲いていました。

IMG_493024.jpg


ミゾホオズキさんです。

IMG_493624.jpg


チョウジソウさんです。

IMG_493924.jpg


ゲンゲ(レンゲソウ)さん、もうあと少しと言うところでした。

IMG_494224.jpg


タガラシさんです。

IMG_494624.jpg


ウマスゲさんです。

IMG_495724.jpg


1本だけ伸びていました。
葉は特徴的なのですが・・・。

IMG_498824.jpg


クサノオウさんです。

IMG_501224.jpg


タニウツギさん(白花)です。

IMG_507124.jpg


シオヤアブ君です。

IMG_510524.jpg


ヘビイチゴさんです。

IMG_514324.jpg


オオクモヘリカメムシ君の様です。

IMG_519424.jpg


ツマグロオオヨコバイ君です。

IMG_524924.jpg


コデマリさんです。

IMG_526524.jpg


ムラサキカタバミさんです。

IMG_468124.jpg


ヤエムグラさんかと思うのですが、どうもお花の色合いに違和感があります。

IMG_470624.jpg


蕾でしょうか、多くなっていました。

IMG_472224.jpg


ハルジオンさんにホソヒラタアブ君です。

IMG_472724.jpg


久しぶりにゾウムシ君に会いました。
しかし、ゾウムシ君の種類とは思うのですが、詳細はわからずです。

とまっているところは、イヌガラシさんのお花でしょうか。

IMG_473024.jpg


前のゾウムシ君のとまっていたすぐ隣の株です。
イヌガラシさんの様ですが、初めて見ますので良くわかりません。

IMG_473624.jpg


ウシハコベさんです。

IMG_473924.jpg


これも初めて見ましたが、ハキダメギクさんの様です。
しかし、このお名前、誰が付けたのでしょうか。

IMG_477924.jpg


ハルジオンさんです。
ホソヒラタアブ君も一緒に写っていました。

IMG_479624.jpg


フジさんです。

IMG_482024.jpg


クサイチゴさんでしょうか。

IMG_484024.jpg


アシブトハナアブ君です。

かろうじて残っていた、コガモ君も旅立ち、カモ類は普段のカルガモ君とアヒル君だけになりました。

バン君の子育ては前回2箇所でその兆しが伺えたのですが、どうしたのでしょうか、今回はその気配もありませんでした。

カルガモ君は親子での姿が見られているようですが、今回はタイミングが悪かったようでした。

カイツブリ君、前回子供も1羽いたのですが、その姿が見えません。
また子育ての様子もうかがえず、心配です。

毎年、バン君とカイツブリ君は子育てをしているのですが、今回その様子が伺えず、何かが違うような感じがしました。
今後もその動向を見ていきたいと考えています。

以前東京都公園協会に釣りをやめさせるように提言したのですが、長い公園の歴史から切っても切れないと言うことでした。
はっきり言って、黙認しているような言い方でした。

多分にして、多からず少なからず、この釣りをしている人間がいることでかなりの悪い影響があるのではないかと考えているのですが、そう頻繁に行っている訳にも行かず、難しいところです。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/25(金) 20:26:24|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<東高根森林公園 | ホーム | 葛西臨海公園・鳥類園(植物類、生きもの編)>>

コメント

こんばんは~

カルガモ君の雛たち、かわいいですね~
みんなで固まってお休み中でしょうか。
ずいぶん大きいと感じたので
もう大丈夫じゃないでしょうか
カルガモ、カイツブリは日本で子育てしてくれる仲間ですね
他の水鳥も日本で子育てしてくれたら
どんなにいいでしょうね?
コガモの雛なんてかわいいだろうな。

カイツブリ君の雛・・・心配ですね
でもこのカイツブリ君の写真、よく撮れていますね
私は何故かいつもボケてしまいます
意外に動きが早いし、小さいし、この色あいです
なかなか撮影が難しい水鳥さんと認識してます
そのてんよしの88さんはやはりさすがですね

バン君もいい目の色で撮れていますね

わたしもこんな写真が撮れたらなあ~(道険し)

それではまた~~~
  1. 2007/05/25(金) 21:33:55 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

こんばんは

驚きました。しかし、カナヘビの表現、実に素晴らしい表現法だと思います。見事の一語です。
アヒル、黒い水面に幻想的な光、白いアヒルがとても優雅に感じます。
カルガモも何となく幻想的でいいですね。
カワセミもいいですね。
ハシブトガラス、とても良い表情に撮られていますね。さすがです。
カイツブリ、前方の波紋がとても美しいです。それにしてもヒナが見当たらない、心配ですね。
カルガモのヒナが見られる季節になったんですね。楽しみです。
バン、体にあたった光と蔭、生活感というか、自然の中で生きている感じがして、とても好きな画像です。
>タガラシさんです。・・・・・は、キツネノボタンです。タガラシの集合果は楕円形で、葉の先は尖りません。
>1本だけ・・・・・・。はキツネノボタンです。上の集合果の花です。尖った葉も写っています。
>ヤエムグラさん。・・・・・間違いありません。花の色は個体差です。
>蕾でしょうか。・・・・・は、マサキの蕾のようです。
今回は特に昆虫の表情に魅せられました。
今回も素晴らしい作品群に接する事が出来た事を感謝しています。
  1. 2007/05/26(土) 00:24:59 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 まずカナヘビの表情にやられました。これはかわいいですね。
カメラ目線も良いですね。先日自分も撮ったのですが、
その時は目を細められました。意外とこういう爬虫類も
表情豊かですね。

 カルガモの写真もきれいです。ピントはもちろん
背景が濃いグリーンでカルガモを引き立たせています。
背景にはアクセントのように黄色い葉っぱが流れて
水面に映る姿もきれい。カルガモもやさしい顔をしてますね。

 石神井は相変わらずカワセミがよく来てるみたいですね。
最近とんとお目にかかってません。

 ハシブトガラスも人にはどちらかと言うと嫌われてますが、
この写真の姿はかわいいですね。

 カルガモの子供、やっぱりかわいいですね。親に連れられて
泳いでいるところしか見たことが無かったんですが
こんな風に固まって休んでるんですね。
夜はどうしてるのかな。

 アサザは見たことが無い花ですね。なかなかきれいですね。
ハスのように水の下から出てくるんでしょうか。
しかし撮影は大変そうですね。

 チョウジソウ。これも見たこと無いお花です。うちで
いただいたコメントのように確かにひらひらよれよれした
花びらがナンジャモンジャと似た雰囲気がありますね。

 レンゲはまだ頑張ってるんですね。でもさすがにそろそろ
おしまいも近そうですね。

 カメムシさんはこの視線からの撮影は新鮮ですね。
周りの光もやわらかい雰囲気できれいです。

 ツマグロオオヨコバイは今年はなんとなくよく見る気がします。
目がつやつやとしてきれいですね。今回このお写真に限らず
目に空が写りこんでつやつやときれいな写真が多い気がします。

 コデマリはまだ元気な花がいるんですね。
頑張ってますね。

 このカタバミさんはイモカタバミではないでしょうか?
グリーンの背景にピンクの花が際立ってきれいですね。

 ゾウムシは自分もしばらく見てないですね。しかも
これは小さいですね。なんていうゾウムシさんでしょうね。

 これがハキダメギクですか。話には聞いていたのですが、
かわいい花なのにすごい名前ですね。

 フジは見事ですね。もう終わってしまったと思っていたんですが、
まだまだこんなに咲いているところがあるんですね。

 最後のアシブトハナアブ。きれいです。ピントがくっきり
合った目とだんだんとぼけて溶けていく体の端々が
なんとも言えません。
  1. 2007/05/26(土) 09:30:07 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

さて、ここではカルガモ君とバン君、そして、カイツブリ君が毎年子育てをしています。

この時期は丁度シギ君・チドリ君のシーズンも終わり、どちらかと言うと中抜けの季節ですが、反対にこの時期は、子育ての時期、子供たちの見られるのをいつも楽しみにしています。

今回のカルガモ君の子供たちは結構大きくなっているようですので、確かに大丈夫そうですね。

ここではどちらかと言うとカルガモ君の親子は人間の近くにいることが多く、人間を利用して子供たちを守るという知恵を身に付けているかの様です。

そして、お休みの時は必ずみんなで身を寄せ合って、固まっています。
親は少しだけ離れて、全体を見ているかの感じでした。

そして、コガモ君が北の地ではなく、こちらで子育てをしているとは大変に驚きましたが、そう言うこともあるんですね。

カイツブリ君の子供は前回は一緒にいたのですが、どうも見当たらないと心配になります。
まさか、こんなに短期間に親と同じ毛色になるとは考えられません。
どこかに隠れていれば良いのですが・・・。

そう言えば、夏も冬もずっと1羽だけいた、オシドリ君の♂も見かけず、心配です。

カイツブリ君はうちもどう撮っても光ったりして、うまく行かないですね。
そして、すぐ潜ってしまいますし、なかなかじっとしていてくれません。

お言葉も恐縮です。
しかし、うちの写真などはまだまだですから・・・。

今日は東京港野鳥公園の予定でしたが、どうも今シーズンはシギ君・チドリ君がふるわないようなので、やめて近くの田園調布せせらぎ公園の周辺をまわってきました。
  1. 2007/05/26(土) 23:58:35 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お言葉も大変に恐縮です。

カナヘビ君、この日は珍しく目に付くところに結構多くいましたが、中でもこの子はなかなか良い子で色々な表情を撮らせてもらいました。
その中でも主観的に良いかなと言う、1枚がこの写真でした。
もう少し、絞って撮ったら良かったのかなと今にして思っているのですが・・・。
何となく、疑惑の目でこっちを見ている様な、でもじっとこっちの様子を伺っている、そんな感じでした。

アヒル君、ここはどちらかと言うと樹木が多く、あまり光の届かない池で、昼間でも少し暗いかなという雰囲気の所です。
その暗さがうまく偶然にこんな感じになったのかなと思っています。

カワセミ君、この日はどちらかと言うといわゆる、サービス満点と申しましょうか、結構目の前に飛んできてくれたので、撮る機会も多く、助かりました。
ただ、1羽だけ、もう子育ての時期でもあるかと思うのですが・・・。

ハシブトカラス君、ちょうど真ん前にとまったときで、カメラを向けたら、首をかしげていました。

カイツブリ君、前回いた子供が見当たらず、心配になります。
どこかに隠れているのなら良いのですが・・・。
いつもは4羽~6羽ほどいるのですが、この日は1羽しか見当たりませんでした。
この少なくなった事についても大変に気がかりです。
それとも、どこかに隠れて子育てをしているという可能性もありますが・・・。

カルガモ君の親子、ここでは毎年何組か見られます。
それだけに大変に楽しみです。

バン君も1羽だけで前回行ったときは子育ての兆候があったにも関わらず、今回はその気配すらありませんでした。
2組いたのですが、どうしてしまったのか、これも気になります。

タガラシさんとキツネノボタンさん、見分け方のポイントはやはり葉なのですね。

ヤエムグラさん、お花の色合いにも個体差があるとの事、確かに別の種でも色合いに個体差は良くあることですから、考えてみれば、例外ではないですね。

やはり、基本的なこともまだまだですし、まして応用はなかなか難しいところです。

マサキさん、調べてみました。
少しノコギリっぽい葉、感じ的にかなりマッチしますね。
お花はまた小さいようで、咲くのを見るのが楽しみです。

昆虫類に関してもやはり生きものですから、出来るだけ表情を撮る事が出来るように頑張っています。
しかし、何しろ小さいですし、鳥君と同じでじっとしていませんし、どちらにしてもまだまだです。

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/05/27(日) 00:28:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

カナヘビ君、なかなかかわいかったです。
色々な表情を撮らせてもらいましたが、本当におっしゃる通りで表情も様々ですね。

カルガモ君、結果的にはアンダーだったのが良かったのかなと言う感じがしています。
実際それほど暗い場所ではなかったですし、水面も明るく、何が要因でこのようになったのか、まさに色々で、また全くの偶然と言う感じです。

カワセミ君、この日はたまたまいつもの止まり木に良く飛んできていたようです。
日によっては全く来ないときもありますし、これも運が良かったのかなという気がしています。
ただ、ここ以外で地元に近い所では最近殆ど会っていません。
やはり、時期的な物も多分にしてありそうな感じです。

ハシブトカラス君、良く見ていると面白い行動をしていたり、色々な表情を見せてくれる、身近の代表のような感じです。
どこでも必ずいますので、そう多くは撮りませんが、いつも何枚かは撮ります。
それに黒と思われている色合いも実に複雑で、また様々です。

カルガモ君、夜はどうしているのでしょう。
考えてみればですが、多分にして固まって休んでいるのではないかと想像しています。
ここでは行動しているときは、人間の近くで、休んでいるときは何かの陰で、草の間などで固まって、いかにして身を守るか、それなりに考えているのではないかと思われます。

アサザさん、うちも初めて見ました。
ただ、季節的には少し早い開花のようです。
そして、水の中から出てくるような、多分にして考えられている通りの形態ではないかと思います。
写真を撮るのもそばまで行けないのが困った物ですが、これも仕方のないことです。

チョウジソウさんも初めてでした。
本当にこの感じが似ていると思いました。
後から気がついたのですが、もう少し近づいて撮っていれば、その特徴も更に引き立ったかも知れません。
キーポイントは中央部の様ですので、今度会ったときは更に近づいて撮影したいと思っています。

レンゲソウさん、さすがにもう終わりに近いですが、それでもまだ咲いているのも一部あるようでした。

カメムシ君、見付けたときは後ろを向いていましたので、さてどう撮ろうかなと悩みました。
やはり、どうにかして表情を撮ることが出来ないかと思っていたところ、こっちを向いてくれました。
角度的にマクロレンズですと真っ正面ですと顔だけであとがぼけてしまいますし、出来るだけ並行に近い形で撮れると良いのかなと言う感じがしています。
これも絞ってみたり、その時その時の状況によってなのですが・・・。

ツマグロオオヨコバイ君、確かに今年はあちこちでよく会います。
去年はそんなに会った記憶がないのですが、おっしゃる通りです。
やはり、これも何とか表情をと思ってあれこれと色々な角度から試してみました。

コデマリさんももうそろそろ終わりかなと言う季節ですね。
それでもお花の終わりもまたそれなりに良いですし、実のなるときも楽しみです。

カタバミさん、おっしゃる通り、良く見てみるとイモカタバミさんですね。
未だに見分けが出来ずですが、ありがとうございます。
カタバミさんはまだまだ楽しめそうですね。

ゾウムシ君、色々と調べたのですが、どうも誰なのか良くわかりません。
もっと近づいて撮影すれば良かったのでしょうが、確か何かで近づけない理由があったのではと記憶しています。
それにしても本当に小さいです。

ハキダメギクさん、初めてでしたが、何とも小さな良く見ないと見過ごしてしまいそうなお花でした。
その姿を見ると、このお名前誰が付けたのか、何とも言いようにない様な感じがしました。

フジさんももうそろそろ終わりかなという季節ですね。
結構目立ちそうで、うちの場合、どちらかと言うと下ばかりを見ていますので、今シーズンはあまり撮影機会に恵まれなかったように思います。

アシブトハナアブ君、やはり撮る方向に悩みます。
いつでもそうなのですが、マクロレンズの場合、絞って出来るだけ全身を写るようにするか(とは言っても相当絞らないと全身までは難しいですが)、普通に撮って、こんな感じにするか、これも色々ですね。

マクロ撮影もまだまだですから、まさに試行錯誤の連続です。

いつも色々とありがとうございます。
鳥君がこの時期は少なくなりますので、どうしても植物類、昆虫類がメインになってきている今日この頃です。
  1. 2007/05/27(日) 08:26:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/228-704390c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。