野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛西臨海公園・鳥類園(鳥類編)

今回は久しぶりに葛西臨海公園・鳥類園に行ってきました。

今回も先日取り入れた分割方式で、09:00~16:00を鳥類関係に、16:00~18:00を植物類・昆虫類関係に絞って撮影をしました。

そのうちの今回は鳥類編です。

特に下の池では去年にない、賑やかさでそれぞれの個体数は多くないものの、種類は多かったように思いました。

レンズはSigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用での撮影です。

どうもいつもの事なのですが、観察窓という狭いところから撮影するのと光の方向の関係もあるのか、今一歩これと言った写真が撮れませんでした。

IMG_868323.jpg


アオアシシギ君です。
3羽くらいと言う感じでした。

IMG_840923.jpg


ダイサギ君です。
確認できただけでは4羽ほどでした。

IMG_844023.jpg


アオサギ君です。
1羽だけしか確認できませんでした。

IMG_847523.jpg


オオソリハシシギ君に前後を互いに横切る、アオアシシギ君です。
左手前はお休みハマシギ君です。
オオソリハシシギ君は1羽でした。

IMG_853423.jpg


ソリハシシギ君です。
暗くなってしまいました。4羽ほど来ていました。

IMG_866423.jpg


オオソリハシシギ君です。

IMG_873723.jpg


コサギ君です。
10羽近くいたようでした。

IMG_876623.jpg


セイタカシギ君のペアです。
是非ここでも子育てをして欲しいものと思います。

IMG_876823.jpg


後ろ向きだったのが残念でしたが・・・。

IMG_882623.jpg


葉がかぶってしまいましたが、チュウシャクシギ君です。
左側にキアシシギ君、そしてキョウジョシギ君が隠れていました。
キョウジョシギ君は1羽でした。

IMG_886423.jpg


右側4羽はハマシギ君、左側はキアシシギ君、中央にウズラシギ君がいました。
初見初撮りでしたが、残念ながら逆光状態でした。

IMG_892823.jpg


タシギ君です。
ずいぶん赤っぽく見える個体です。
チュウジシギ君ではとの声も聞かれましたが、やはりタシギ君です。

IMG_893523.jpg


コガモ君、斜面にへばりついていました。

IMG_895423.jpg


満潮時の集合写真です。
何故かコガモ君の♀を中心にハマシギ君、ソリハシシギ君、アオアシシギ君、キアシシギ君、手前にチュウシャクシギ君、そしてその後ろにはウズラシギ君がいます。

IMG_913523.jpg


杭の上でキアシシギ君です。

IMG_918823.jpg


遙か遠くにオオヨシキリ君です。

IMG_921623.jpg


石の上に飛んできた、キアシシギ君です。

IMG_923323.jpg


セイタカシギ君、標識を付けている個体ですが、目の色が今まで撮った中では一番きれいに思いました。

IMG_925123.jpg


遙か遠くにコチドリ君です。
2羽ほど来ていました。

IMG_931323.jpg


遙か遠くにダイサギ君かと思ったのですが、良く見るとチュウサギ君でした。
まわりはホシハジロ君、キンクロハジロ君がまだ残っています。

種類的には結構多く、ハマシギ君がかなり多いことが特徴的でしょうか。
去年の同時期はアオアシシギ君、キアシシギ君、チュウシャクシギ君と言う感じで、あとは殆ど来ていなかった種類かと思われます。

それだけに今後もまだまだ何かがありそうな、そんな感じがしました。

それぞれの個体数は少ないもののまだまだ楽しみは尽きません。



追加:植物類を撮っていたときに撮ったものです。
以下の2枚、レンズはSigma 150mm APO MACRO DG HSM 使用でのマクロレンズでの撮影です。

IMG_983523.jpg


キジバト君です。

IMG_990023.jpg


遠いですが、カワウ君です。
何かをくわえています。
巣材運びで忙しい時期でしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/12(土) 23:53:45|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<お知らせ(再度です) | ホーム | 「灯台もと暗し」、家の庭にも>>

コメント

こんにちは

葛西臨海公園ですね
ワクワクしながら見させてもらいました。

アオアシシギ君
背中の羽の模様、こうなっていたのですね
イソシギ君同様、モダンな感じがしてとてもいいですね

ソリハシシギ君
いまだ見たことがありませんが、
これも背中のはねの感じが素晴しいですね

セイタカシギ君
どっしりと腰を落ち着けて
せっせと繁殖に精を出して貰いたいですね
1月前僕が行ったときはこの子らは喧嘩ばかりしていました

なんと!
ウズラシギ君までいるのですか!!
淡水が好きなのだそうですね
僕も見たいですね~~

コガモ君、やっぱり暑いのでしょうか。

さて、今日の日曜日、朝から横浜(ほとんど横須賀)の
横浜自然観察の森で、鳥見をしてきました
広大な山々の中、バラエティに富んだ地形のこの森は
僕は大好きなのですが、今まで、鳥にあまり出会えていません
今日も結果は散々でした。ほぼボウズで帰ってまいりました
こういう日は悲しいです。
  1. 2007/05/13(日) 14:52:16 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

こんにちは

鳥類園はやはり良いですね。(笑)
本来なら昨日が植物調査の日だったのですが、前週にやって、昨日は「スケッチ教室」で水元公園でした。
今年はいつになく種類が多かったのですね。
私も見たかったです。しかし、今月はもう行けないので、
よしの88さんのブログで鳥類園の鳥達の勇姿をじっくり楽しませて頂きます。

オオソリハシシギ、しっとりしていて素晴らしいですね。
ダイサギ、アオサギ、白い鳥の表現が良いですね。
オオソリハシシギ、アオアシシギ、ハマシギ、まるで巧みに演出されたドラマの1シーンのようで実に素晴らしいですね。
ソリハシシギ、完全な夏羽で水鏡になっていて良いですね。
オオソリハシシギ、コサギも素晴らしいですね。
セイタカシギの交尾、決定的瞬間でしたね。素晴らしいです。交尾は見た事がありません。
チュウシャクシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、葉かぶりですが、情感があって好きな画像です。
ウズラシギいいですね。しばらく見ていません。
満潮時の集合写真、素晴らしい。あとキョウジョシギがいれば勢揃いでしたね。
杭の上のキアシシギ、これまた実に素晴らしいですね。
時間の経つのも忘れて何度も楽しませていただき、ありがとうございました。
  1. 2007/05/13(日) 15:39:12 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

今回の週末は葛西臨海公園と谷津干潟の予定でしたが、本日(日曜日)はお天気が優れないので、諦めました。

さて、アオアシシギ君、なかなかこれでいて、うちは地味ながら大変にきれいだといつも思っています。
声もまた透き通るきれいな声で良いですね。
しかし、今年は全体的に個体数が少ないです。
去年はコアオアシシギ君もセットで来ていたように思うのですが・・・。

ソリハシシギ君、去年はここではあまり見ませんでしたが、今年はいくらか来ているようです。
しかし、毎年ダントツで多く来ていた、東京港野鳥公園に来ていないのが、大変に気になっています。

結構ちょろちょろしていて、なかなかかわいいシギ君です。

セイタカシギ君、是非頑張って子育てをして欲しいと思っています。
ここでの繁殖記録はあったかどうか定かではないのですが、環境的には可能かと思われます。

1ヶ月前は喧嘩ばかりでしたか。
プロポーズをなかなか受け入れてもらえず、やっとたどり着いたと言う感じだったのでしょうか。
そう思うと、この♂も大したものかも知れません。

ウズラシギ君、多分たまたまで偶然にも運が良かっただけでした。
多分にして、この日1日限りかと思われますが・・・。

淡水が好きなのは知らなかったことですが、ここはとりあえず、汽水池で潮の満ち引きがあります。

コガモ君は1ペア(2羽)だけでした。
何故かへばりついて、このままの状態でした。
土の冷えた感触が良かったのでしょうか・・・どうも面白い行動を取っていました。

横浜自然観察の森、うちも常々行きたいと思っているのですが、駐車場がないのでなかなか足が向きません。

金沢動物園の駐車場からいくつか市民の森を歩いてまわることも考えているのですが、1日では到底難しそうです。

なかなか鳥君はいなかったですか。
うちの場合、そう言うときは諦めて、植物類や昆虫類のマクロ撮影をするようにしています。
鳥君がいなくても撮る対象は無限にありますから、そう言うことではどこに行っても時間が足りない状態となってしまいます。

そこにある自然、生きものたち、また風景でもうちの場合は人間以外は全てその対象となりますから・・・。

そろそろシギ君・チドリ君の春の季節は終わりかなという時期になって来ました。
来週も干潟をメインにまわっていきたいと考えています。
  1. 2007/05/14(月) 00:39:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

さて、葛西臨海公園、考えてみると久しぶりです。
第2週目とお聞きしていたのですが、今回はスケッチ教室があって、先週でしたね。
さすがに午前に葛西で午後は水元では大変でしょうね。

当日はセンターのN氏にも声をかけていただき、ここ最近の鳥類相に関してのお話も多少出来たのも良かったことでした。

それよりもうちの事を覚えていて頂けたのが、またうれしいことでしたが・・・。

さて、個体数的にはそれぞれ少なめでしたが、種類数は多かったように感じます。

何よりも去年はほぼ来ていなかった、ハマシギ君が多くいたこと、オオソリハシシギ君も同様、またウズラシギ君も記録はあるでしょうが、珍しいですし、キョウジョシギ君も1羽ではありますが、ここでは珍しいかと思われました。

また、ソリハシシギ君が複数個体いたのも去年にはなかったことではないかと思われます。

しかし、残念なことはオオハシシギ君がいなかったことでした。
うちの行く場所ではここでしか会えないので、楽しみにしていたのですが、又の機会となりそうです。

オオソリハシシギ君は夏羽の個体はいませんでしたが、この個体もまた地味ながら何とも良いかと思います。
しかし、どうも羽繕いばかりしている状態でした。
飛び立ってしまうのももう少しなのかも知れません。

ダイサギ君、コサギ君は結構個体数はこの時期にしては多めでした。

4枚目、「まるで巧みに演出されたドラマの1シーンのよう」、これは羽繕いに夢中なオオソリハシシギ君の前後を水面をさらいながら、アオアシシギ君が前後で交互に抜けていったときのシーンです。
おまけに真ん前ではお休みハマシギ君、何とも面白い光景に感じました。
オオソリハシシギ君、この瞬間はきょとんとしていますが、また羽繕いに専念していました。

ソリハシシギ君、やはり暗かったのが残念でした。
しかし水面に映っている方が良い感じにも見えますね。
これは後から気がついたことでした。

セイタカシギ君、ここでも子育てをしてくれると大変うれしいのですが、その期待を高めてくれるシーンでした。

チュウシャクシギ君、実際はたまたま近くにキアシシギ君が一緒にいたと言うところですが、撮ったときに隠れていたキョウジョシギ君がたまたま顔を出したところでした。

ウズラシギ君、多分にして運が良かったものと思われます。
そう何日も滞在しないでしょうし、ここでは珍しいと思われます。
しかし、逆光だったのが残念で、あの羽色と表情がうまく表現できませんでした。

集合写真、実は写真には写っていませんが、このすぐ下にはセイタカシギ君とコサギ君、ダイサギ君が、またキョウジョシギ君は丁度ハマシギ君の固まっている、すぐ裏側に隠れています。
本当は全て勢揃いの写真を撮りたいとだいぶ待ったのですが、ダメでした。

キアシシギ君はどちらかと言うと杭の上に多くいました。

今回は運も良かったのか、種類数も多く、久々に多くの枚数も撮りました。

また、植物類、生きもの(昆虫類)編も編集していたのですが、いつもの如く、わからないものだらけ、図鑑と格闘しているだけで時間が経ってしまっています。
どうも今の時間でもまだまだの状態です。
  1. 2007/05/14(月) 01:10:23 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/05/14(月) 21:52:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

お久し振りです。

なかなか見れず、コメントもご無沙汰です。
今日も通りすがりの翼も如くですが(泣)

観察窓って、どんな感じなんでしょうね。
久々に見て、なんだか鳥との間にひと空間あるような遠いような第一印象があったので。

撮り方ややり方、工夫していらっしゃるようですね。
でもきっと、よしの88さんらしい自由な羽根で良いと思いますが。

「残念ながら逆光」とおっしゃいますが、それでも、笹が邪魔しても、なおシャッターを切ったその思いが温かく写っている写真だと思います。
そして一羽の瞳がよしの88さんに返ってされたか否かは、想像の・・・。
色調が地味でも、逆光の影が光の暖かさを表現してくれてますし。

そう、よしの88さんの写真の鳥たちはよく、よしの88さん自身を見ている、あるいは気付いている。
それがすごい!
あるいは今日はそれが無いから、離れて見えるのか?

葉がかぶっても、チュウシャクシギ君たちも綺麗ですよ。笹の葉が立ち、夏の近い爽やかさ。

石上のキアシシギ君は、何を見ているのかな?動物的愛らしさ。
杭上のキアシシギ君は、どこか人物的表情。

先日分の、お庭の植物。
白い露草なんて、すごい!うらやましい!
ドクダミ君(ジュウヤク)もいましたね・・・もうすぐ可愛い花が咲きますよ。。。薬にもなります。
  1. 2007/05/16(水) 00:30:02 |
  2. URL |
  3. ルドルフ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます。のお返事

こんばんは、いつも誠にありがとうございます。

また、大変に貴重な情報を頂き、感謝しております。
ここでは具体的に書けませんが、特に重要な問題のためにどうしても行く前に下調べが必要で、その程度によっては諦めるか、どうするかを考えています。

その場所を行く場所の候補地に新たにくわえて、機会のあるときに行ってみたいと思います。

再度、貴重な情報を頂き、誠にありがとうございます。
  1. 2007/05/20(日) 22:41:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ルドルフ さん

こんばんは、こちらこそご無沙汰しております。

また、いつもお忙しい中、誠にありがとうございます。

この週は体調を崩していまして、何も出来ず、お返事が大変に遅れましたこと、大変に申し訳ありません。

さて、今回は気に入りの公園ではあるのですが、撮影環境が必ずしも良いとは限らないと言う感じがしています。

観察窓、ちょっと言葉では言い表しにくいのですが、ここでは特大の岩(勿論擬岩ですので、擬岩観察窓と名前が付いています)をくりぬいて、その内側に人間が、外側は干潟に向いています。

そのくりぬいた岩の中から干潟へ向いている面に約40cm×30cmくらいの長方形の穴があり、そこが観察窓となっていて、いくつかの様々な高さの穴が確か7つくらいあり、そこから干潟を観察すると言うあんばいです。

と言うわけで、人間のいる方はかなり暗く、小さな観察窓から干潟を見るという形式です。

鳥君から見れば、こちらの存在はほとんどわからないでしょうから、それだけに自然への配慮はされているものと考えられますが、いかんせん、確かに真ん中に隔たりがあるような感じになってしまうのが、難点です。

そのあたり、「ひと空間あるような遠いような第一印象」とご覧いただいて、おわかりになるところ、やはり鋭い観察眼をお持ちといつもながらに感服します。

撮り方、やり方はいつもながら、自己流でしかないですから、なかなか難しいところです。
結局は一生懸命にやるしかないとこれはいつもの事です。

そして、いつもながらお言葉も恐縮です。
残念ながら逆光、これだけはどうしても難しい問題です。
逆光、枝かぶり、その他写真にはこういう事がない方が間違いなく良いわけですが、いつもそう言った環境があるとも限りませんし、鳥君たちの動き、環境は刻一刻と変わり、同じ条件は一つとしてないのかなとも思っています。

そう言った中で技術的なものも含めて、限界をいつも感じますし、やはり未だに試行錯誤の連続と言うところです。

また確かにおっしゃる通りですね。
こちらに気がついている、もしくは何か通じるものがある、これは大変に重要だと考えていますが、確かに今回はそれがなかったような、そんな感じがしたからこそ、何か物足りなかったのかも知れないとも思っています。

ここではどうしても撮影場所の構造上、このようになりがちで、これだけは仕方のないことなのかも知れません。

石の上のキアシシギ君、多分誰もいないところで好奇心はあっても、とまどっているのかななどと想像しました。
この日はキアシシギ君が20羽ほどいましたが、この1羽だけみんないる場所と違うところに飛んできたところです。

人間的な表情、これ気がつきませんでした。
そう言われてみると・・・。

庭の方ですが、この白いツユクサさん、トキワツユクサさんと言うことがわかりましたが、実は見たのは全く初めてで、何か新しい発見のように心躍るものがあったのを覚えています。
どんなことでもこういった新しいもの、初めてのもの、これは素晴らしいものです。

ドクダミさん、今のところまだお花は咲いていませんが、楽しみです。
公園では一部咲き始めているところもあるようです。

いつも色々とありがとうございます。
また、お身体の方如何でしょうか、十分にお気を付けられて、素晴らしい作品のお声を期待しております。
  1. 2007/05/21(月) 00:05:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/225-f4cb08d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。