野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

久しぶりの東京港野鳥公園です。
いつもは鳥君ばかりで1日終わってしまうのですが、今回は1日のうちの2/3を鳥君に1/3を園内全域その他に時間を分けてまわりました。

レンズはSigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用で、その他に関しては、Sigma 150mm F2.8 APO EX DG HSM使用での撮影です。

いつもの如くですが、植物類、昆虫類はお名前のわからないものがかなり多くあります。

IMG_249623.jpg


コチドリ君です。

IMG_240223.jpg


カイツブリ君です。
子供もどこかにいるはずですが、葦の中に隠れているのか、わかりませんでした。

IMG_254723.jpg


コサギ君です。
ひっきりなしに動き回っていました。

IMG_264223.jpg


チュウシャクシギ君です。

IMG_267123.jpg


遙か遠くにダイサギ君と思ったのですが、良く見るとチュウサギ君の様です。

IMG_274223.jpg


遙か遠くにアオサギ君、ダイサギ君、チュウサギ君が並んでいました。
写真には入っていませんが、手前にコサギ君もいました。
うまく並んでくれたら良かったのですが・・・。

IMG_279023.jpg


アオアシシギ君です。
水面をさらいながら、ひっきりなしに動いていました。

IMG_285823.jpg


水浴びイソシギ君です。

IMG_287723.jpg


メダイチドリ君です。

IMG_293123.jpg


ムクドリ君、巣材集めで忙しそうです。

IMG_322623.jpg


何故かホシハジロ君の♀が1羽だけ残っていました。


IMG_293623.jpg


ボケさんでしょうか、この時期でもまだ咲いているのが疑問ですが・・・。

IMG_294523.jpg


ニワゼキショウさんです。
数輪だけでしたが、咲いていました。

IMG_296123.jpg


歩道のレンガ舗装の隙間からいくつか咲いていました。

IMG_297223.jpg


ニシキギさんのお花です。
かなり小さく、またあまり目立ちません。

IMG_298623.jpg


キュウリグサさんです。

IMG_301223.jpg


ダイミョウキマダラハナバチ君の様です。

IMG_302023.jpg


花壇で満開になっていました。

IMG_303123.jpg


ギシギシさんの一種かなです。

IMG_307723.jpg


アシナガバチ君の系統の様に思いますが、背中の模様がわからずで詳しくは不明です。

IMG_309323.jpg


ツチイナゴ君に見えますが、時期的に大変に違和感があります。

IMG_311023.jpg


花壇で満開でした。

IMG_311823.jpg


どこかで見たことがある様に思うのですが、思い出せません。
ヤマウツボさんかハマウツボさんかにも思いましたが・・・。
しかし、表面に何もないので、思っているものとは違うかも知れません。

写真は横向きですが、実際は直立しています。

IMG_312623.jpg


コアオハナムグリ君です。

IMG_315923.jpg


先にも出したのですが、ニシキギさんのお花です。
コルク状の枝が写っています。

IMG_317423.jpg


セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ君と言うようです。
大変に長いお名前です。

IMG_318423.jpg


ダンゴムシ君の一種かと思って調べていたのですが、ヒットしません。
何と意外なことにナナホシテントウ君の幼虫さんでした。

IMG_319823.jpg

ナミテントウ君です。

IMG_326023.jpg


カラスノエンドウさんです。

IMG_328223.jpg


ササグモ君です。
こちらを向いていれば、良かったのですが・・・。
透き通るようなきれいな色合いを写せなかったのが残念です。

IMG_329823.jpg


ハコベさんかと思ったのですが、めしべの形状が違っていました。
ウシハコベさんかなと言う感じです。

IMG_330823.jpg


トベラさんです。

IMG_333023.jpg


こちらはトベラさんのお花です。

IMG_333523.jpg


トベラさんにアオスジアゲハ君です。

IMG_334123.jpg


ヘラオオバコさんです。
写真は横向きですが、実際は直立しています。

IMG_335923.jpg


シロツメクサさんです。

IMG_338423.jpg


多くのシロツメクサさんの中に3輪だけムラサキツメクサさんが咲いていました。

IMG_340023.jpg


ムラサキサギゴケさんです。

IMG_340623.jpg


色々なところで良く見るのですが・・・。

IMG_341723.jpg


ホトケノザさんです。

IMG_342823.jpg


畑に咲いていました。

IMG_343123.jpg


ダイミョウキマダラハナバチ君です。

IMG_344123.jpg


ダイコンさんのお花です。
確かにハナダイコンさんによく似ています。

IMG_344923.jpg


カブさんかそれとも・・・。

IMG_345823.jpg


カキツバタさんです。

IMG_347223.jpg


タネツケバナさん、小川に沢山咲いていました。

IMG_348123.jpg


ジシバリさんです。

IMG_349823.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_351223.jpg


レンゲソウさん、ここでは30m四方以上に咲いていました。
行った場所では最大規模でした。

IMG_354523.jpg


レンゲソウさんの中にナナホシテントウ君です。

IMG_357423.jpg


レンゲソウさんにミツバチ君です。

IMG_359323.jpg


ヤマツツジさんです。

IMG_360223.jpg


小さなお花が沢山集まっていました。

IMG_360723.jpg


その近影です。

IMG_362523.jpg


普通のアリ君です。
浮いているように見えますが、葉を渡り歩いています。

IMG_365723.jpg


オヘビイチゴさんです。

IMG_366823.jpg


バッコヤナギさんです。

IMG_367323.jpg


シランさんです。

IMG_368023.jpg


花壇に咲いていました。園芸種でしょうか。

IMG_371023.jpg


同じくです。

IMG_371423.jpg


ワスレナグサさんにヒラタアブ君の一種です。

IMG_371523.jpg


この小さな虫君が気になりましたが、わかりません。

IMG_372623.jpg


ツメクサさんと思ったら違いますね。

まだまだ写真は多くあるのですが、わからないものばかりです。
普段何気なく見過ごしている事でも本当に気を付けていれば、まさに多くの生きものたちがいるのに驚かされます。
また更にゆっくり観察できる様にして、またわからないものを調べていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/09(水) 06:58:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「灯台もと暗し」、家の庭にも | ホーム | 谷津干潟 また再び>>

コメント

 サギたちの並んでいる写真は面白いですね。
誰かが置いたみたいです。サギ同士親近感
みたいな物を感じちゃったんでしょうか。

 ボケ?でしょうか。お花は確かにボケっぽいですね。
でもこんな時期に咲いてるなんて不思議です。
クサボケかもしれませんね。

 ピンクのお花はアカバナユウゲショウだと思います。
割と小さめのかわいい花ですよね。

 アシナガバチも巣作りですね。子供の頃は実家
の軒先でよく見かけましたが、最近はとんと見ない
ですね。

 イナゴのようなバッタ君はなんでしょうね。こんな時期に
もう成虫がいるのは驚きです。暖冬の影響でしょうか。

 キュウリグサに囲まれた黄色い植物。陸の上にも
ウツボがいるんですね。

 アオハナムグリはメタリックな緑がきれいですね。
子供の頃とっても見たかった昆虫でした。

 天道虫の幼虫は知らない人に教えると割とぎょっと
されますね。成虫からはなかなかイメージできないですよね。

 アオスジアゲハの写真はきれいですね。前ボケに
入った葉っぱもアオスジアゲハを引き立ててくれてます。

 レンゲの上のテントウムシはいいシーンですね。
自分もこんなシーンに会ってみたいです。
それと、レンゲのしべをこの写真で初めて見ました。
あんなところに隠れているんですね。

 白い花の上の小さな甲虫はヒメマルカツオブシムシ
だと思います。幼虫は衣類を食い荒らす害虫として
知られています。。
  1. 2007/05/09(水) 10:50:48 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

こんにちは

コチドリいいですね。スケッチした日を思い出します。
カイツブリ、コサギ、躍動感があり良いですね。
チュウシャクシギ、さすがですね。素晴らしいです。
水浴びイソシギ、とても良いですね。
ムクドリ、鳥類園でもセンターの屋根に巣材を運んでいました。
>ボケさんでしょうか、・・・・・。は、日本在来種のクサボケです。鋸歯の先の丸いのが画像で確認できます。
>歩道のレンガ・・・・・。は、アカバナ科のアカバナユウゲショウです。花壇などから逃げ出したものが増えています。
>花壇で満開に・・・・・。は、バラ科のシャリンバイです。
>ツチイナゴ君に・・・・・。は、ツチイナゴで間違いありません。 
  ツチイナゴは成虫越冬ですから、今頃成虫がいても不思議 ではありません。
>どこかで見たことが・・・・・。は、ヤセウツボでしょう。
>色々なところで・・・・・。は、カヤツリグサ科のウマスゲです。
>小さなお花が・・・・・。は、ミズキ科のクマノミズキです。ミズキの葉は幅がこれより広いです。
>ツメクサさん・・・・・。は、ツメクサは5弁花で、葉に毛はありません。画像の花は4弁花で葉に毛があります。葉は輪生しています。ヤエムグラです。↑ツチイナゴの画像の中にちゃんとヤエムグラの果実が写っています。私も4月29日のMoreに載せました。
今日は盛りだくさんでとても楽しめました。いつも、いつもありがとうございます。
  1. 2007/05/09(水) 16:17:57 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは
東京港野鳥公園いかれたんですね~

チュウシャクシギ、さすがです。抜群な写真ですね

カイツブリの雛君見えませんでしたか~~心配ですね

いつものイソシギ君、水浴びなんて珍しいですね
今年はイソシギが少ないそうで、不安です

僕はトラックの運転手をしているのですが
仕事中、すこし時間が空いたので
お客さんの工場にトラック止めさしてもらって
多摩川殿町干潟に行って観察してきました
コアジサシ君が元気にダイブしていましたよ~

それではまた~~~
  1. 2007/05/09(水) 22:59:34 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

サギ君たち、本当にそうですね。
うまく、大中小青と並んでくれたら最高だったのですが、流石にそこまでは意識していなかったのでしょうか。
そして、同じお仲間と言うことで何かがあるのかも知れません。

ボケさん・・・クサボケさんで良いようですね。
早春からもう夏に近いのですが、まだまだ健在でした。

ピンク色のお花ですが、アカバナユウゲショウさんで良いようですね。
調べてみましたら、その通りでした。
アカバナとなってはいても白い色のタイプもあるようです。
うちの手持ちの図鑑などには載っていませんでした。
ここで咲いていたのは、3輪ほどでした。

アシナガバチ君・・・?、最も一般的なフタモンアシナガバチ君かなですが、背中が見えないのが残念です。見ていると本当に器用に巣を作っているように思われました。
どの種類のハチ君の巣もそうですが、近くで見るとまさに芸術品です。
最近は人のいる場所では確かに少ないようで、こういった場所とか、うちの知っている所で多く見たのは羽田空港の敷地内でまわりに自然が残されている所などに多くいるようです。

ツチイナゴ君・・・?は後のコメントでもお教えいただいておりますが、成虫越冬をするようで、やはりツチイナゴ君で良いようです。
それにしても見たときはびっくりしましたが、まさかこの気候の影響でここまで生態が狂ってきているとしたら、大変な問題ではとも思っていました。

これからバッタ君たちも多くなりますので、大変に楽しみです。

ウツボさん・・・うちは初めて見たのですが、歩道の脇の花壇のような所に1本だけ伸びていました。
この時期ですから、お花が咲いているかと思いきや、つるつると言う感じで、どうも違和感のあるウツボさんでした。

コアオハナムグリ君ですが、ここでは例年良く見ます。
市街地ではさすがに最近は見なくなったように思いますが・・・。

テントウムシ君の幼虫ですが、これは初めて見ました。
実は調べている時にたまたまナナホシテントウ君の生態写真があって、そこに幼虫の写真があってわかったと言うところです。
全く知らなかっただけに大変に意外でした。

アオスジアゲハ君、手前にとまるのを待っていたのですが、奥の方でとまっているのを撮るのも良いかなと思って、待ちかまえていました。
前の方に同じくトベラさんのボケを入れて何とか写せましたが、なかなか良い感じになったかなと思っています。
この前ボケ、これからも場面によって活用していきたいと思っています。
勿論ですが、kurabarさんのお写真を手本とさせていただきました。

レンゲソウさん、ここでは今まで行った中では最大規模で群生していました。
おっしゃるとおり、普通の状態ではしべが見えないですが、多少枯れかかっているものの中に見えているのがあって、丸まって隠れているのをうちも初めて見ました。

このレンゲソウさんの上に乗っかっている、ナナホシテントウ君、なかなか良い感じでした。
ずっとじっとしていてくれましたので、揺れる中でも何とか写すことが出来たと言う感じでした。

ヒメマルカツオブシムシ君、調べてみたら、そのものずばりの様ですね。
全く思いつきもしなかった種類です。
確かに幼虫は衣類などに付くようですね。
そして、成虫はキク科などのお花に良くいるようで、この白いお花もキク科目かと思われますので、間違いないかと思います。

いつも色々とありがとうございます。
植物類、昆虫類はある程度知っていないと調べてもなかなかわかりません。
いつもの事ですが、写真をアップ、調べるのにばかり時間がかかってしまっている状態です。
  1. 2007/05/10(木) 16:15:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

コチドリ君、ここの所、谷津干潟にばかり行っていましたので、なかなか会えませんでしたが、ここでようやく会うことが出来ました。
少し前に鳥類園でも会いましたが、やはりコチドリ君に会うにはここが一番ではないかと思っています。

と言うのは、全く初めてコチドリ君に会ったのはここが一番最初だったからで、特別なところとも言えるかと思います。

カイツブリ君、子供が見られなかったのが多少残念でしたが、またの機会と言うことで、親だけ撮っておきました。

コサギ君、日に背を向けてしまっているので、もう少し斜めになれば、写真的にはもっと良かったのかなとも思いますが、多分にして水中を見るには日に背を向ける方が効率が良いのかも知れないと感じました。

チュウシャクシギ君、いるとどうしても撮ってしまいます。
ここにいる中でも身体も大きいですし、堂々としている様に思います。
それだけにいつも存在感が大きいです。

水浴びイソシギ君、気持ちよさそうでした。
ただ、他の種類と比べるとおとなしい水浴びのように感じました。

ムクドリ君、2羽で行動して、巣材を集めていたように思いますが、少し欲張りすぎと言う感じのを写してみました。
これでは前が見えないのではと思われるくらいです。

鳥類園でもやはり巣材集めに忙しいようですが、人が多くてなかなか進行しないともブログを見て知りました。

また、いつも色々とお教えいただき、誠にありがとうございます。
ここのところ、いつもそうなのですが、写真をアップするのと同時に調べる事ばかりに時間がかかってしまっている状況です。

ボケさん・・・、クサボケさんと言うことで、葉で見分けするのを思い出しました。
ボケさんは早春から咲いているのに対して、こちらは4月~5月が開花期と言うのも調べてわかったことで、この時期でもおかしくはないようですね。

アカバナ科のアカバナユウゲショウさん、先のコメントでもお教えいただき、間違いないようです。
ここでは3輪ほどしか咲いていませんでしたが、全て歩道のレンガの間からでした。
柔らかい色合いが何とも良いのですが、園芸種なんですね。

シャリンバイさんも思いつきませんでした。
満開模様でしたし、このお花がかなり特徴的にも思いました。

ツチイナゴ君、成虫で越冬するんですね。
これも知らなかったことで、時期的にまさかいるわけもないと思う種類がいたりすると大変に迷います。
ただこの種も写真を撮ったのは初めてで、意外と動きも季節柄でしょうか、鈍いような感じでしたので、それだけに撮影には助かりました。

ヤセウツボさん、花壇のような所に1本だけいました。
この季節で何もないのもどうも違和感がありましたが・・・。

カヤツリグサ科のウマスゲさん、結構うちの行くところでは良く見るのですが、お名前がわかりませんでした。

そして、このお名前も初めて聞きました。
調べてみると、確かにそのようです。
そして、RDBにも記載されているところがあったり、貴重な種であるようですね。

ミズキ科のクマノミズキさん、これも初めてお名前を聞きました。
調べてみると確かにそうですね。
大変にお花が特徴的であると思いましたが、やはり調べてもなかなか見つかりませんでした。
葉の幅でミズキさんと見分ける方は色々と写真を見てみようと思います。

ツメクサさん・・・、ヤエムグラさんでしたね。
ツメクサさんも先日見て、ヤエムグラさんも少し前に見ておきながら、なかなか出てきませんでした。
葉の形状、お花の形状、再度色々な写真を見比べていきたいと思います。
ツチイナゴ君のまわり、ヤエムグラさんとは気がつきませんでした。

いつも色々とありがとうございます。
少しでも多く覚えていきたいものですが、頭の容量がいっぱいなのと要領がつかめず、なかなか思うようには行かない物です。

いつものことですが、出来るだけ多く接していくしかないようです。
  1. 2007/05/10(木) 17:22:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

この時期はシギ君・チドリ君の季節ですので、大体は谷津干潟・葛西臨海公園・東京港野鳥公園を行ったり来たりしています。

ただ、最近は葛西臨海公園は人が多いので、あまり足が向かなくなってしまっていますが・・・。

さて、チュウシャクシギ君、ここではかなり堂々とした風格に感じます。
ダイシャクシギ君やホウロクシギ君が来たと言うことはうちが知っている限りではありませんので、ここでは最大のシギ君となります。

個体数は少ないですが、かなり目立ちますね。

カイツブリ君、残念ながら子供は見えませんでした。
角度が悪かったのか、隠れていたのかはわかりませんでしたが、いることは確かのようです。
またの機会を楽しみにしたいと思います。

イソシギ君、水浴びはあまり見ませんが、かなりおとなしい水浴び模様でした。
数が少なくなったとか、しかし、イソシギ君は1年中いますが、どこでも数羽と言うところです。
うちが知っている限りですが、ここでは最大で3羽までしか見たことがありません。
個体数も少なめですが、必ずいますので、そこがありがたいところです。

さて、お仕事もかなり大変そうですが、合間を見付けてその近くを見に行けるのもまた良いことですね。

うちもそのパターンが結構多いですが、多摩川の干潟に関しては川崎側には未だに行ったことがありません。

羽田空港側はだいぶ前に何度か行っているのですが・・・。
いつかは行きたいと思いながらもなかなか行けません。

この季節には結構多くの種類、個体数が来ているかとも思うのですが、コアジサシ君も含めて、賑やかそうですね。

シギ君・チドリ君の春の季節はもう少しで終わろうとしていますので、あと何回かは干潟にいきたいものです。
  1. 2007/05/10(木) 17:46:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/223-0a40decd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。