野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛西臨海公園・鳥類園

またまた久しぶりの葛西臨海公園・鳥類園です。
お天気は晴れたり、曇ったりで、風がかなり強く吹いていました。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコンでの撮影です。

それほど人は多くはありませんでしたが、さすがにタマシギ君のいるところは人だかりで、一旦は寄ったのですが、諦めて別の方をまわりました。

IMG_066022.jpg


ボケさんにずいぶんと強面のメジロ君です。

IMG_067522.jpg


シロハラ君です。

IMG_068322.jpg


モズ君です。

IMG_130422.jpg


夕暮れ時のモズ君です。

IMG_074022.jpg


ホシハジロ君です。
最盛期は数千羽いたかと思うのですが、もうわずかに残っているのみでした。

IMG_074722.jpg


オカヨシガモ君のペアです。
仲良く泳いでいました。

IMG_075022.jpg


アオサギ君です。

IMG_078122.jpg


モクレンさんにヤマガラ君です。

IMG_084922.jpg


さて、干潟の方ですが、タマシギ君の方に人が集まっているためか、擬岩観察窓には誰もいませんでした。

セイタカシギ君です。
7羽ほどいましたが、飛んで通過した個体なども含めると20羽ほどはいそうです。

IMG_102722.jpg


最初は日の当たり具合で足が黄色く見え、まさかキアシシギ君がもう来ていると早合点してしまいましたが、アカアシシギ君でした。

IMG_109622.jpg


コチドリ君、2羽来ていました。
ただ、もしかしたらもっといたかも知れません。

IMG_113422.jpg


コチドリ君、もう1羽の方です。

IMG_118122.jpg


ハシビロガモ君です。
淡水池にも干潟にも多くいて、意外と目立ちます。

IMG_125422.jpg


コサギ君です。

IMG_126322.jpg


タシギ君です。
6羽ほどいました。

IMG_137522.jpg


そして、夕暮れ時、タマシギ君のいる所へ行くともう誰もいない状態、様子を見ますと葦の間に隠れて、お休み模様でした。

動き出したのはもう夕方の6時近くになっていました。
残念ながら暗く、きれいに撮ってあげることが出来ずでした。

タマシギ君、初見初撮りです。

IMG_141022.jpg


タマシギ君、もう1枚です。
今度はきれいに撮れる時間に写したい物です。

さて、あと目的としていた、アリスイ君、トラツグミ君、ツリスガラ君、情報を頂いてはいたのですが、残念ながら会えず仕舞いとなってしまいました。

また、早いうちに行きたいと考えています。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/22(木) 23:50:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<葛西臨海公園・鳥類園 再び | ホーム | 井の頭自然文化園>>

コメント

こんにちは

気になって、朝一番に一通り拝見し、再びお昼に・・・
鳥類園は現在最も行くフィールドですから、よしの88さんがどう表現されるかが、一番興味のあるところでした。
開けてビックリではありませんが、トップの画像には圧倒されました。期待した通りとても素晴らしく、鳥達に代わってお礼を言います。ありがとうございました。
ボケに止まったメジロはじめてです。普段のちょこまかした可愛いイメージ違う表情で、毅然とした生命の輝きを感じました。
シロハラ、素晴らしい。手前のオランダミミナグサやミチタネツケバナが春の別れが近い事を感じさせてくれます。
モズ♀、特に目の輝きが良いですね。加えて、左側のスイカズラの芽吹きが春が来た喜びを感じさせてくれます。
モズ♂、行く度に出会いスケッチもしているのでとても親しみを感じます。
オカヨシガモ♀、何か言ってますね。春が来たのを喜んでいるように見えます。
アオサギ、腹でも冷やしたのでしょうか。たまに見る姿です。
ヤマガラ、良いですね。
実は先日、桜についたハラビロカマキリの卵嚢を根気よく15分もかけて食べ尽くすところを私も根気よく最後まで見ていました。(笑)
セイタカシギ、アカアシシギ、コチドリ、ハシビロガモ、コサギ、タシギ、どれも素晴らしい。先日出会ったばかりの鳥達がこうして素晴らしい画像になっているので、感激もひとしおです。
タマシギ、流石ですね。とても素晴らしいです。
私の願いとしては、♂の所へ飛んで行って繁殖して欲しいです。
今回は鳥類園ということもあって、特に楽しませて頂きました。
再度、夜にも拝見させてください。ありがとうございました。
  1. 2007/03/23(金) 13:07:20 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

タマシギさすがによく撮れてますね

木瓜メジロ、すっきりとしてとてもいい感じです。
メジロさんは様々な表情をしてくれますが、この顔も凛々しくていいですね。
シロハラさんのこの羽の美しいこと。緑のバックがいいですね。
モズ♀、すばらしいです。目から足の爪までジャストピント。うろこ模様のお腹がいいです。
モズ♂、メスに負けず劣らずすばらしいです。生き生きとした野性味が感じられます。この♂君、サングラスの黒がうすいですね。
オカヨシガモペア、綺麗に撮れてますね。地味ですが、なかなか凝った模様です。
ヤマガラさん、モクレンによく来てますね。この鳥さんの目をこれだけくっきり撮れるのは相当の腕です。目の下の淡い肌色も難しいですが、しっかり出ています。さすがです。
ああ、これアカアシシギですか。光線の具合によって足の色は多少違ってくるので、他の特徴をしっかり覚えておかなくてはいけませんね。
コチドリの胸の白さ、うっとりします。そして目の見事さ。とても勉強になります。
タマシギ、撮れてよかったですね。
夕暮れ時のおもむきがあってとてもいいです。
トラツグミはタマシギの1個前のセンターよりの窓から何度か見ました。
左側の藪の中です。ここの窓はがらがらでタマシギ人気のためいつでもすいてます。
  1. 2007/03/23(金) 18:56:34 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

確かにここはhitakijo さんが良くいらっしゃる所ですから、どう撮っていくか、色々と考えました。

結果的にはいつもの通りにと言う感じでしたが、あとから思ったことは鳥君だけでなく、植物類ももっと撮っておけば良かった(惹かれる物は多くあったのですが・・・)と言うことでした。

お言葉も大変に恐縮です。

トップにさて誰を持ってくるか、これはいつも悩むことなのですが、あえてメジロ君にしてみました。

近くには桜さんやモクレンさん、ハナモモさんなどメジロ君がとまりそうなところは多くあるのですが、何故か目立たないボケさんの所へとまっていたのが印象的でした。

それにいつものメジロ君とは全く違った表情が撮れたのも、また新鮮みがあって良かったように感じています。

シロハラ君は暗がりでの撮影でした。
手前はオランダミミナグサさん、そしてミチタネツケバナさんと言うのですね。
この画像で即おわかりになるところはやはりすごいことです。

それとまた植物類でもかなり多く撮る対象があるのではないかとも感じました。

モズ君、ここでは良く出会います。
結構賑やかですから、もうそろそろペアでの行動も見られるのではと思っています。
スイカズラさん、撮ろうと思うと難しそうです。

オカヨシガモ君、いつも思うのですが、落ち着いているというか、しっとりしていると言うか、いれば必ず撮ってしまう種類です。
ペアでいると地味ながら、大変に映えますし、気に入っている種類でもあります。

アオサギ君はセンターのすぐ横にいました。
何をしていたのかは良くわからないのですが、きょろきょろとして佇んでいるようでした。

ヤマガラ君と一緒にシジュウカラ君やヒガラ君もいたのですが、撮りきれませんでした。
ヒガラ君は先日殿ヶ谷戸庭園で偶然初めて会って、またすぐの再会でしたので、何とか撮りたかったのですが・・・。

ヤマガラ君が時間をかけて15分も同じ所にいるというのもまたそうないことかなと思いますが、そう言うこともあるんですね。

タマシギ君は夕暮れ時の撮影となったのが残念でしたが、あの人だかりではどうしようもありません。
その代わりと言うわけではないのですが、擬岩の方ではゆっくり出来ましたので、良かったかと思っています。

確かにタマシギ君、1羽だけ、この時期ですからうまく良い相手を見付けて欲しい物ですね。

いつも色々とありがとうございます。
情報を頂いていながら、そちらの方は残念ながらの状態でしたが、これだけは仕方のないことですね。
根気よく行ける時に行くしかないようです。
  1. 2007/03/24(土) 12:13:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、お返事が遅れまして、申し訳ありません。

メジロ君、いつもと全く違う初めて見る表情、たまにはこういった表情も良いのかなと思いました。

シロハラ君は暗がりだったので、こんな感じになってしまいましたが、まわりの緑がうまくカバーしてくれたような感じでした。

モズ君はここでは良く会いました。
小さな猛禽君もとまっているとまた映える物です。
表情も多彩、どうしても撮ってしまいます。

オカヨシガモ君、地味ながら大変に映える、きれいな種類と思います。
カモ君の中でも気に入っている種類の一つです。

ヤマガラ君、たまたま良い感じになったと思います。
お言葉、大変に恐縮です。
あと、ヒガラ君もいたのですが、残念ながら撮りきれませんでした。

アカアシシギ君、もう少しすればもっと足が紅くなり、またくちばしも赤みを帯びてきますが、この個体はまだの様でした。
光の当たり具合でキアシシギ君にも見えてしまいましたが、まさか今の時期では少し早すぎですね。
このアカアシシギ君はここでの越冬個体のようです。

シギ君はこれから季節ですから、大変に楽しみですが、また判別が難しい種類も多く、確かに特徴を押さえておくことが必要だと思います。

コチドリ君、シギ君やチドリ君の中では春の早い時期に真っ先に来る、いわゆる春の使者です。
この前、東京港野鳥公園では会えませんでしたが、何とか確認できました。

ただ、撮っていて思うのはどうも目の構造なのか、色合いなのか、今一歩すっきりしない様な、そんな感じがしてなりません。

今度は更に色々と試してみて、目がどう写るかを見てみたいとも思っています。

タマシギ君、夕方までは人だかりでとても無理、その後ろから人の間を縫っての撮影もどうかと思い、人のいなくなった夕方からの撮影にしました。
asitano_kaze さんの撮影された明るいお写真の印象がありましたので、やはりもっときれいに撮ってあげないとと思いました。

また機会のあるときにと思っています。

トラツグミ君の情報もありがとうございます。
うちもそこでの情報が入ったのですが、残念ながらどちらかと言うと擬岩の方にずっといましたので、会えず仕舞いでした。

おっしゃるとおり、人がいるのはタマシギ君の所だけであとは全くと言って良いほどですね。

また再度行けるときに行くしかないようです。
  1. 2007/03/24(土) 12:44:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/207-39311842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。