野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井の頭自然文化園

今回はこの前の井の頭恩賜公園とセットで行った、井の頭自然文化園です。

時間切れで分園しか回れず、本園は今度の機会でとなってしまいました。

レンズはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影です。

実際は自然にいる生きものたちを写していくことが目的からは本当なのですが、たまにはこういった場所での撮影も良いかと考えています。

IMG_804321.jpg


クロトキ君です。
実際、冬に渡ってくる迷鳥となっているようですので、自然では殆ど会えそうにもないかと思われます。

IMG_804521.jpg


クロヅル君です。
君というのは失礼かも知れません。
何と47年も生きていて、かなりの高齢、うちよりも多く生きている先輩です。
ずっとお休み模様でお顔を拝見できませんでした。
ここでの生活も慣れているでしょうから、長生きして欲しい物です。

IMG_810321.jpg


井の頭恩賜公園にもいました、オシドリ君、♀の方です。

IMG_810821.jpg


こちらは♂の方です。
何となくですが、こちらの方が毛並みはきれいに見えますが・・・。

IMG_813021.jpg


ナベヅル君です。
やはり、こちらではなかなか会えないであろう鳥さんです。

IMG_815021.jpg


カリガネ君です。
やはり、なかなか会えない鳥さんだと思います。

IMG_816821.jpg


ゴイサギ君です。

IMG_820521.jpg


トモエガモ君です。
近くで見るのは初めてですが、何とも不思議な、そんな感じがしました。

IMG_822021.jpg


シマアジ君の♂は草の陰に隠れていました。

IMG_824321.jpg


ホオジロガモ君です。

IMG_826121.jpg


ケリ君です。
もうそろそろ繁殖期、だいぶ賑やかでした。

IMG_829321.jpg


番外ですが、ハシブトカラス君、金網の上にとまっていました。

IMG_829921.jpg


コクチョウ君です。
去年は1羽だけだったと思うのですが、3羽に増えていました。

IMG_841621.jpg


サカツラガン君です。

IMG_846321.jpg


オオハクチョウ君です。
10羽ほどと多くなったような感じがしますが、反対にコハクチョウ君の姿が見えません。

IMG_853421.jpg


シジュウカラガン君です。
去年にはいなかった種類で7羽ほどいました。
カナダガン君は手賀沼で会っているので、大きさなどほぼ同じかなと思っていたのですが、かなり小さく感じます。
また目が大きくて、カナダガン君に比べるとかわいく見えます。

普段会えないであろう鳥さんたちが多くいるのはうれしいのですが、やはり自然の中で生きていてこそではないかと思います。
それだけに複雑な心境もありますが、これはこれで仕方のないことなのかも知れません。
出来るだけ見に行ってあげて、食事代に困ることのない様に入場料を払うと言うことくらいしか出来る道はないようにも思えました。

あと本園にはかなりの種の鳥さんたちがいますが、回れず、今度の機会にと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 23:50:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<葛西臨海公園・鳥類園 | ホーム | 東京港野鳥公園>>

コメント

鳥の幸せは鳥にしか

これがクロトキさんですか。すごい容貌ですね。キャッチライトが入って目がくっきり。
鶴は長寿で飼育されていれば80年くらい生きると聞いたことがあります。
そうするとまだ中年というところですね。クロズルさんの尾羽、素敵です。
ナベヅルさんの黒と白、面白いです。首の途中から分かれているんですね。
艶があって栄養状態がよさそうです。
カリガネ、美しい鳥さんですね。カリガネといえば大空を飛ぶイメージがあります。
ここでは飛ぶ自由は制限されているのですね。
トモエガモさん、今季とうとう会えませんでした。
何とも素敵な模様ですね。白の線は悪戯書きのように見えます。
ホオジロガモさん、これも見事です。白がよくこれだけ出せますね。
ケリさんのこの目の何という美しさ。嘴も素敵です。
このハシブトガラスさんもいい色が出てますね。特に緑系がすばらしいです。
サカツラガンさん、いやこれも美しい。首の長い鳥さんは優美に映ります。
シジュウカラガンさんですか。初めて聞く名前です。
何やら作り物みたいに凛々しいすがたですね。首から上が最高です。
野生の鳥とこうやって飼育されている鳥と環境はまったく異なりますが、
これもまあ生きる道のひとつではないかと思います。
人間は所詮人間中心の生き方しか考えられませんから。
鳥にとって幸せな道は鳥にしか分からないと思います。
  1. 2007/03/22(木) 17:58:52 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

クロトキ君、お顔に毛が生えていないので、なおそう見えるのかも知れません。
この黒も見るところ、真っ黒ではないような感じで、もっと日が当たれば、色々な色合いが見えそうな感じがしました。

ツルさん、そんなに長生きなんですか。
そうなると高齢どころか、まだまだ盛りの時期と言うことですね。
元気に長生きして欲しい物です。

ナベヅル君は多分自然でも会えそうな感じもするのですが、図鑑で見るよりも実物を見るのがやはり一番ですね。

図鑑の写真は見ていても、やはりどうも実感がわかない物です。
ただ、実物を一度でも見ていれば、何となくでもわかるような、不思議な物です。

色合い的にもかなりシンプルかと思うのですが、地味ながらきれいではと思います。

カリガネ君、東北の湿地でもかなり個体数が少なくなっているように聞いています。
それだけに貴重ではと思われます。

マガン君やヒシクイ君たちと飛んでいる姿、是非見てみたい物です。

ただ、確かにここでは飛ぶことは叶いませんね。

トモエガモ君、葛西臨海公園で遠くに1回だけでしたが、かなり印象的でした。
近くで見るとまた小さくて、何とも不思議な色合いの感じがしました。
白色、確かに何とも言えないのですが・・・。

コガモ君にこれがあれば、アメリカコガモ君と言うことになりますが・・・。

ケリ君、かなり賑やかでした。
去年は2羽の子供がいたのですが・・・。
丁度今も2羽、ペアと思われます。

ホオジロガモ君、ちょっとぼけてしまいました。
しかし、またですが、かなり小さいカモ君です。
もう少しきれいに写せれば良かったかなと後にして思っています。

あと、カワアイサ君やツクシガモ君、その他一般的なカモ君は殆どそろっています。

ハシブトカラス君、たまたま真ん前にとまったので写してみました。
別で写したハシブトカラス君とはかなり違った感じの色合いに見えるかなと思いました。

サカツラガン君、ここでは陸に上がっていることが多く、泳いでいることはあまりないようです。
結構身体も大きいですし、ハクチョウ君と並んでも遜色なく見えます。

シジュウカラガン君、うちも初めてでしたが、以前、カナダガン君に手賀沼で会っていましたので、かなり大きいのではと思っていました。
しかし、カナダガン君の飛んでいる姿、舞い降りたときの姿の大きさから比べるとかなり小さく見え、またお顔も小さく、くちばしも短いという感じです。
それだけに何故かかわいく見えます。

また、おっしゃる通り、全ては生きる道のうちの一つ、環境こそは違っても同じく一つの尊い生命です。

人間が鳥君たちの身になって、その気持ちを考えるなど到底無理なことでしょうから、少なくとも、不便なく、窮屈なことなく、出来るだけ自然に近い形でのびのびと食事も考えて、出来うる事はきちんとしてもらいたい物です。

ただ、多くの人間が見に来る事でのストレスさえ気にならなくなれば、あとは人間の接し方次第ではないかと思います。
  1. 2007/03/23(金) 01:16:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/206-f10dbdfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。