野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井の頭恩賜公園

久しぶりの井の頭恩賜公園です。

お天気は曇り模様で、午後からは風も強くなり、肌寒い1日でした。

レンズはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

IMG_736421.jpg


入ってすぐに目の前にいたのが、陸に上がったオシドリ君でした。

IMG_736821.jpg


オシドリ君、真ん前からは初めてでしたが、ずいぶん角張った感じのお顔立ちです。

IMG_739621.jpg


いつもの感じのオシドリ君です。

IMG_734321.jpg


キジバト君が多くいました。
反対にドバト君はあまり見かけません。

IMG_737721.jpg


カルガモ君です。
どちらかと言うとそれほど個体数は多くいません。

IMG_743221.jpg


オナガガモ君の♀です。
オナガガモ君も少数派です。

IMG_748321.jpg


オシドリ君の♀です。

IMG_753021.jpg


キンクロハジロ君です。
結構多くいて、一番優勢の様な感じです。

IMG_753321.jpg


寝転がりキンクロハジロ君です。

IMG_755521.jpg


ハシビロガモ君の♂です。

IMG_761821.jpg


ハシビロガモ君の♀です。
ハシビロガモ君は結構多くいて、十数羽はいそうでした。

IMG_763821.jpg


カイツブリ君です。

IMG_775321.jpg


潜水して上がってきたばかりのカイツブリ君、こちらを見て目を丸くしていました。

IMG_771721.jpg


ホバリング・ヒヨドリ君を狙ったのですが、結構難しいです。

IMG_778121.jpg


ツグミ君、かろうじて1羽いました。

IMG_782421.jpg


どうも聞いたことのない声がすると思って探してみると、ソウシチョウ君でした。
2羽で行動していて、かご抜けではありますが、初見初撮りでした。

IMG_784521.jpg


ソウシチョウ君、もう1枚です。

IMG_787521.jpg


バン君です。
普段は多くいるのですが、1羽しか見当たりませんでした。

IMG_787821.jpg


ホシハジロ君の♂です。
4~5羽の♂と1羽の♀がいるという感じでした。

IMG_789221.jpg


ホシハジロ君の♀です。

IMG_799121.jpg


ゴイサギ君です。
この木にゴイサギ君が6羽お休み模様でした。

IMG_865721.jpg


コサギ君が陰に隠れていました。

IMG_874421.jpg


ハシブトカラス君、もう少し全体に日が当たってくれたら良かったのですが・・・。

IMG_876221.jpg


ホシゴイ君です。
ゴイサギ君の成鳥は6羽に対して、1羽だけしかいませんでした。

IMG_881121.jpg


通称マルガモ君です。
マガモ君×カルガモ君でそう言うそうです。

IMG_745621.jpg


アオキさんです。
先日お教えいただき、ようやく覚えた1つです。
何ともきれいに見えました。

IMG_746121.jpg


トサミズキさんです。
ほぼ一面に咲いていますが、その一部分です。

IMG_859121.jpg


シャガさん、咲き始めていました。

IMG_861921.jpg


お名前わからず、あちらこちらに小さくて可憐に思いました。

IMG_862521.jpg


ユキヤナギさんです。

まだまだカモ君たちが多くいて、大変に賑やかです。

あと同敷地内の井の頭自然文化園にも入りましたので、その写真は改めて、後日アップしたいと思います。

**あと先日の浜離宮恩賜庭園の件で申し入れに対する、公園協会からの回答が届きました。

①張ってある糸に関する事
結果的にはカワウ君対策とのこと。
しかし、文章を読む限り、全く人為的、人間主導の考えで、再度意見・申し入れを送っておきました。

②サカツラガン君の消息
もともとは多摩動物公園から小さい頃に来たとのことですが、かなり大きくなって、また放鳥・飼育しておくのも難しくなったために、生まれ故郷の多摩動物公園に戻ったと言うことです。
想像していた悪い方ではなくて一安心です。
お名前は浜太郎君と言って、多摩動物公園で仲間たちと余生を過ごしている事と思います。
時間さえあれば、会いに行ってみたいとも思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/18(日) 01:44:15|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<殿ヶ谷戸庭園 | ホーム | 洗足池公園>>

コメント

カラスの羽の色とても参考になりました

オシドリ君の正面姿、私も初めて見ました。
凛々しいと言うより、面白い顔に映りました。
横顔はさずがにハンサム君そのものです。
よしの88さんのオナガガモのお嬢にはいつもはっとさせられます。
まず目を見て、首を見て、胸、脇、最後に背を見ます。
背中の羽にもっとも惹かれます。
オシドリのお嬢、こちらはハンサム君に比べてひそやかで清楚な佇まい。
私はこのお嬢の方に好感を抱きます。
キンクロハジロ君、美しい羽毛です。寝っ転がったお腹は真っ白。
この色のあまりの変化。すばらしいです。
こんな大きいクリアなカイツブリ君初めてです。
口の根元の白、そして金の目、このふたつのアクセントが私にはうまく撮れません。
臙脂の首の色がいいです。
ヒヨドリさんのホバ。よしの88さん、さすがです。
尾羽の見事さ、惹きつけられます。
ハシブトガラスさん、私が撮りたくてなかなか撮れなかった色がここに出てます。
そうなんです。この光沢感。ここにいつくもの不思議な色が見て取れます。
大変参考になりました。私も再度、撮ってみます。
アオキ、艶のある葉。つぼみをつけていますね。
実は知っていますが、花は見たことがありません。
トサミズキ、この花の房のかたまり、きれいです。下向きの花は風情がありますね。
ユキヤナギ、満開になると、ちいさな花が遠くから見ると、ぼうっと白い固まりに見えて幻想的です。
ぼけが効いていますね。
  1. 2007/03/18(日) 09:15:07 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

おはようございます

やっと来る事ができました。
*オシドリ、良いですね。
私も数枚作品を描きました。正面顔も描きましたが、鳥の正面顔は面白いです。
*キジバト、繁殖期に入って一段と美しくなった姿を見事に表現されていますね。素晴らしいです。
*カルガモ、もうそろそろ分散する頃でしょうか。
*オナガガモ、オシドリ、キンクロハジロ、それぞれのメスがとても優雅に表現されていますね。
*キンクロのこの動作、私は鳥を見始めた頃から「腹見世興行」と呼んでいます。(笑)
*ハシビロガモ、♂の動、♀の静、見事です。
*カイツブリ、すっかり夏羽ですね。美しい。
*ヒヨドリ、良いですね。
*ツグミ、場所によっては少なくなていますが、裏の公園には夕方になると10数羽が塒入りしています。
*ソウシチョウ、日本の自然の中には逃がして欲しくないですね。
*バン、とても良いですね。ブログを始めたばかりの2回目の記事にも書きましたが、この公園で飼育されていてバンの事を思い出しました。やはり自然の中の鳥が良いですね。
*ホシハジロ♂、♀なんと美しいのでしょう。
*ハンノキ枝上のゴイサギ、一幅の絵を見るようです。名前の由来の五位の位にふさわしい、ふとそんな事を思いました。とても風情のある画像です。ちなみにハンノキの雄花穂が垂れ下がっていますね。間もなく花粉で黄色く変わるでしょう。
*アオキ、雄株(雄花)は4個の雄しべが目立ちます。雌株(雌花)は雄しべがありません。
>お名前わからず、・・・・・はキク科のフキです。所謂、蕗の薹
が花になった状態です。フキも雌雄異株でこれは多分雄株でしょう。
久しぶりに楽しませて頂き、ありがとうございました。

  1. 2007/03/18(日) 10:24:36 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オシドリ君の正面はうちも初めて見ましたが、確かにおっしゃる通りですね。
何とも角張った面白い顔立ちだと思いました。
いつも見ている姿とは全く違うような印象さえ受けます。

オナガガモ君、いれば必ず撮ります。
見る順序、考えたことがなかったのですが、そうなるとピントの合わすところも重要な事になってきますね。

オシドリ君の♀は本当におっしゃる通りです。
うちはあの眼過線がなおいっそう、何かを表しているような、そんな感じがしてなりません。
目に光が入らなかったのが失敗編でした。

キンクロハジロ君もいれば必ず撮りますから、その時その時で色々です。
当日は少し曇り模様で光が弱かったのがかえって良かったのかも知れません。
寝転がり羽繕いも必ず撮るようにしています。

カイツブリ君、1羽だけカモ君たちに混ざって、結構近いところにいました。
キンクロ君におしりを突かれたり、追っかけられたりしていましたが、なかなかかわいいカイツブリ君でした。

これも光が少し弱めだったのが幸いしたかも知れません。
それとホワイトバランスを多少いじくったのが良かったのかどうか、オートと別の設定とで試して置けば良かったのかも知れませんが、今となっては遅いことです。

ヒヨドリ君、かなり手こずりました。
やはり難しいですね。
大体はピントがあったと思って撮影する前にすうっと横移動してしまい、殆ど撮れない状況でした。
その中でも何とか撮れたかなと言うのがこの画像です。

ハシブトカラス君、いえいえお言葉も恐縮です。
本当は紫色、緑色、強いてはエメラルドグリーン(あるのかないのか?ですが)の様な色がある物と思って、色々な角度から撮ってみたのですが、やはりうまくいきませんでした。
光の当たり具合と強さにも関係すると思いますが、難しいです。

アオキさん、うちも花は見たことがありません。
これからどうなるのか、見届けたいと思ったりもします。

トサミズキさん、ほぼ満開模様でした。
確かに下向きのお花はそうですね。
お花は全て太陽に向かって咲く物と思いこんでいたのですが、そうでもないと感じてきています。
基本的には太陽に向かっているのでしょうけど、やはりその形態は様々です。

ユキヤナギさん、どう撮れば良いか、少し悩みました。
全体を撮ればいいのか、その一部分を撮れば良いのか、結構難しいのかなと思いました。

お花も満開の様子を全体でとらえるべきか、その一部分をとらえるべきか、かなり写真としても違った物に見えてくるかと思います。

これから色々なお花が咲いてくるでしょうから、その時の様子を考えて、色々と試してみたいと思います。
  1. 2007/03/19(月) 00:26:44 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、パソコンの故障も大変だったとお察ししますが、まずは復旧され、本当に良かったです。

うちもハードディスクの故障で色々試すも全くダメで結局はリカバリを余儀なくされたことがあります。
その時のデータは失い、また環境を元通りにするのに2週間以上かかった覚えがあります。

さて、今回の井の頭恩賜公園ですが、かなり久しぶりです。

オシドリ君、正面からは本当にかなり違和感を感じるような、そんな風に思いました。
また違った一面が見えてくるようです。

キジバト君、ここではドバト君は殆ど見かけず、キジバト君が多くいました。
林床で暗がりだったので、今一歩きれいに撮れなかったのが残念です。

カルガモ君ももうそろそろ繁殖の時期でしょうね。
今年も数ヶ月後には親子連れのカルガモ君が見られるのは楽しみですが、毎年のこと、災難、ドラマも多くあります。
これらは自然界ではつきものですが、今年はどうでしょうか。

各種のカモ君の♀はいればどうしても撮ってしまいます。
色鮮やかな♂も良いのですが、地味ながらもきれいな♀もまた♂に劣らずではないかと思っています。

キンクロハジロ君のこの動作は本当に良く見るのですが、何故かホシハジロ君では滅多に見られません。
1回か2回くらいは見たことがあるのですが・・。
やはりいつもの様に泳いでいる姿だけではなく、こういった姿や歩いている姿、また陸に上がった姿も撮っていきたいといつも思っていることです。

ハシビロガモ君はうちの行く場所では少数のところが多いのですが、ここでは結構多く見かけました。
♂に関しては光の当たり具合でかなり色合いが違って見えてきますから、難しいです。

カイツブリ君はすっかり夏羽になったようです。
近くをちょこちょことしていて、かわいいカイツブリ君でした。

ヒヨドリ君、ホバリングして虫君を捕まえていると言うことで、とあるブログを拝見して、うちも撮ってみようと思ったのは良いのですが、これはなかなか難しく、これと言った写真は撮れず仕舞いでした。
どうしてもピントがあって、撮るか撮らないかのうちにすっと移動してしまい、こちらの考えていることが見透かされているような、そんな感じさえしました。

結局何とか撮れたのかなと言うのがこの1枚でした。
今度また、これに関しては挑戦したいと思います。

ツグミ君、うちのまわりでは確実に少なくなってきているような感じがします。
旅立ち前で固まっている光景も見ますが、時間的にはもう少しなのかなと言う感じがします。

ソウシチョウ君、確かにおっしゃる通りですが、これも全て人間のなす事ですね。
彼らには罪はないのですから、あとはここまで来たら、うまく共存して行ってほしいと思うばかりです。

バン君、春になると多くの子供たちも見られます。
個体数はいるかと思うのですが、1羽しか見当たらずでした。
確かに自然の中での方が具体的に何がとなると難しいですが、間違いなく良いですね。
バン君は自然文化園内にも1羽いました。

ホシハジロ君、やはりいるとどうしても撮ってしまいます。
当初は特段思うこともなかったのですが、最近はこのホシハジロ君、♂♀ともに結構きれいなのではと思っています。
♀は地味ながらも大変にきれいだと思いますし、一番気になっている種類でもあります。

ゴイサギ君、確かにおっしゃる様な感じに見られそうですね。
うちには思いにもよらないことです。
そうなると、ゴイサギ君をもう少し左側に寄せて撮影した方が更に良かったような、そんな感じがしました。

ハンノキさん、これからなんですね。
てっきりもう終わってしまった後の様に思っていました。

またいつもながらありがとうございます。
フキさん、いつも良く耳にするお名前ですが、いかに実物を見てもわからないか、知らないかがわかります。
これは小さくまた点在して、あちらこちらに顔を覗かしていたのが印象的でした。

これからの季節はどちらかというと植物類の写真も多くなっていくかと思われますが、まだまだ勉強の連続となりそうです。
  1. 2007/03/19(月) 01:15:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/203-e3b19b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

武蔵野未春

 昨日は武蔵野郵便局から帰ってきた後でキレイに晴れてくれやがりまして。癪にさわるので、そのまま吉祥寺も調べに出てみました。 吉祥寺と言えば『井の頭恩賜公園』ですな。『仰げば尊し』は恩師です。どーでも良いけど、相変わらずここも並んでおります。隣のカフ...
  1. 2007/03/18(日) 09:31:03 |
  2. においの事件簿

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。