野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彩湖

今回は初めて行く、彩です。
・道満グリーンパーク駐車場からそのまま彩へと出て、管理橋を渡り、対岸を歩きました。

本当は一周したかったのですが、時間的にも距離的にも厳しく、対岸半分ほどで引き返したときには夕方でした。

調整池)の周りは葦原になっていて、広く、大変に環境が良いように感じました。

ただ、いつも会う種類のカモ君は殆どいず、カルガモ君くらいでした。

天気が今一歩優れなかったのが残念でしたが、それでも時間はあっという間でした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM 単体または×2テレコン使用での撮影としました。

IMG_208521.jpg


オオバン君です。

IMG_178821.jpg


まず目に付いたのは、オオバン君たちです。
オオバン君がこんなに固まっているのは初めて見ました。
ここの固まりで55羽ほど、他の場所で10羽ほどでした。

そして、もう一つ初めて見たのは、オオバン君が飛んでいるところでした。

IMG_174821.jpg


ここは開けた広大な場所のためか、ツグミ君がかなり多くいます。

IMG_190821.jpg


そして、最大の目的である、ヨシガモ君です。
陸に上がった、ヨシガモ君の♂です。
水元公園で遙か遠く、ペアに会っただけで近くでは初めてでした。

IMG_197121.jpg


水面でヨシガモ君の♂です。

IMG_201021.jpg


ヨシガモ君のペアです。

IMG_206421.jpg


ヨシガモ君たちです。
1羽の♀を取り囲むように♂がいます。

IMG_209221.jpg


ムクドリ君、意外と少なく、あまり会いませんでした。

IMG_212221.jpg


遠くにカイツブリ君が1羽いました。

IMG_219021.jpg


カンムリカイツブリ君のペアです。
ずっと寄り添っていました。

IMG_219421.jpg


カンムリカイツブリ君、冬羽の様です。

IMG_227921.jpg


かなり遠くにポツンといました。
直感的に会ったことのないカモ君だとはわかりましたが、その時はとにかく撮影する事でした。

ホオジロガモ君の♀の様です。
1羽だけいました。

初見初撮りでした。

IMG_230021.jpg


最初はオオジュリン君かと思ったのですが、ホオジロ君の♀の様です。

IMG_231621.jpg


遙か遠くにセグロカモメ君が1羽だけいました。

IMG_237121.jpg


再びカンムリカイツブリ君ですが夏羽に近い個体です。
ピンぼけ写真なのですが・・・。
とは言っても、実は足を写したかったので、後ろにピントが行っています。
何とも不思議な足です。
これもなかなか見る機会がないのではないかと思いました。

IMG_238021.jpg


もう一つ、お休みカンムリカイツブリ君です。
ちょっと首の回し方が違うような、そんな感じです。
これも初めて見ました。

IMG_240621.jpg


ホオジロ君の♂です。

IMG_242521.jpg


こちらも地面に降りていた、ホオジロ君です。

IMG_243421.jpg


ホオジロ君、やはり葦にとまっている姿が良いような・・・。

IMG_251221.jpg


夕暮れ時、グランドのネットの上にモズ君です。

初めて行きましたが、歩いた範囲は全体の一部でしたが、かなりの種類が見られました。
今度行くときは、時間を取って、少なくとも1周できるようにまわりたいものです。

しかし、良く見ると写真に何か余計な物が写ります。
いつもミニブロアなどで清掃などをしているのですが、どこかにわずかなゴミやチリなどが残っている様です。
これだけは50-500を使う場合あまり気にならないのですが、300-800に×2テレコンを付けるとかなり気になってきます。
更に全体を念入りに清掃しないとダメなようです。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/03(土) 02:42:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<谷津干潟 | ホーム | 浜離宮恩賜庭園>>

コメント

こんばんは

今回の彩湖は名前も初めて聞きました。
オオバン、水中の藻を食べた直後でしょうね、水滴がその状況を現していますね。
50羽の群れとは凄いですね。鳥類園で20羽ほどの群れが陸で草を食べている所は見た事はあります。
ヨシガモ、素晴しいですね。陸に上がっている所は初めて見ました。水面のヨシガモもいいですね。
カンムリカイツブリがいるとは、大きな湖なのですね。
ホオジロガモまで。
ホオジロ♀もとても優しい表情ですね。
セグロカモメまで入り込んでいるんですね。驚きです。
カンムリカイツブリの弁足、時々背の上に上げるのを見る事があります。
モズ♀、最後に相応しいとても素敵な画像ですね。
ありがとうございました。
  1. 2007/03/03(土) 20:18:21 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

今度はその先のA公園で

オオバン、見事です。
目の色。頭から首にかけての黒。背中の茶の混ざり具合。すばらしいです。
オオバンの集団、これもよく撮れていますね。こういうとき、広角側の300mmが使えると便利ですね。
ヨシガモ、さすがにきれいに撮られてますね。
この繊細な模様、そして頭のグリーンの羽毛の流れが分かるまでにしっかりと捉えられています。
ここらへんの撮り方はよしの88さんの真骨頂ですね。
カンムリカイツブリやホオジロガモ、ちゃんと見つけて撮られていますね。
私は全く気づきもしませんでした。遠いところは撮れないので、見るのがおろそかになっているのだと思います。気をつけねば。
ホオジロ、私も見つけたのですが枝かぶりばかりで使い物になりませんでした。
カンムリカイツブリのでっかい足、すごいですね。
オオバンの足のつくりと似ていますね。
私は風の強い日にもう1度出かけました。ヨシガモは見たのですが、ベニマシコにはあえませんでした。
ホオジロも撮りたかったのですが、生憎いいのが撮れません。
この時点で、対岸の終わり近くまで来ていました。
で、成果がないまま引き返すのもつまらないので、意を決してそのまま歩き、A公園まで行きました。
帰って万歩計を見たら25000歩以上ありました(電車、バス利用)。
いま、A公園の最初の駐車場先の広場にあるヤドリギにヒレンジャクが来ています。
よしの88さん、よかったら撮ってみてください。
  1. 2007/03/03(土) 23:03:51 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
いつも行こう行こうと思って、ようやくと言うところでした。
埼玉県戸田市にある、荒川の調整池です。

オオバン君、お察しの通りです。
何枚かの写真の中から、それらしき感じの物をアップしてみました。
そして、55羽、そうは見られないかなと思いました。
うちも確かに葛西臨海公園で15羽ほど固まっているのは見たことがありますが、まさに桁違いです。

この55羽とは別に10羽ほどの別グループがあって、その別グループはヨシガモ君たちと行動をともにしていました。

ヨシガモ君を近くで見るのは全く初めてでした。
この鮮やかな緑色の光沢とお顔の先の焦げ茶色っぽい部分をうまく表現するのが難しいと感じました。

緑色は写っても、暗い部分とのギャップがなかなか埋まりません。

また再度挑戦したいと思っています。

カンムリカイツブリ君は9羽(気がついただけで)いました。
結構白っぽいですから、遠くでも意外と目立ちます。

ホオジロガモ君は初めてでしたが、撮ったときは良くわかりませんでした。
♂もいたら良かったのですが、残念ながら見当たりませんでした。

セグロカモメ君は飛んできて舞い降りたのですが、すぐにまた飛んでいってしまいました。

カンムリカイツブリ君の足は初めてでした。
と言うか、近くでも初めてでしたので、何とも不思議な足に見え、また陸に上がっている姿も見てみたいと言う衝動に駆られます。

モズ君、夕暮れ時の帰路の時でした。
運動ネットの上というのがちょっと今一歩でしたが、これも仕方がありません。

ここはかなり広さもあり、探せば結構な種類がいそうです。
今度は十分に時間を取って行きたいと思っています。
  1. 2007/03/04(日) 23:37:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

おかげさまでヨシガモ君とかなり近いところで会うことが出来ました。
誠にありがとうございます。

さて、オオバン君、丁度グリーンパーク側からですと逆光気味になってしまい、これと言った写真が撮れませんでした。

集合写真も本当はみんな目が輝いていると言う様にしたかったのですが、さすがに難しかったようです。

これですと橋から全体を撮った方が、表情はわからなくても、その場の様子が伝えられたのかなと今にして思っています。

ヨシガモ君、最初はなかなか見当たらず、当日はいないのかなと半ば諦めていたのですが、丁度橋からよく見えない場所にいたようです。

陸に上がっている時は良いのですが、人が通ったりなどで1回1回水の中に戻っては、待っていてもなかなか上がってこず、そんな事の繰り返しで、ここで何時間もの時間を費やしました。

その割にはこれと言った写真も撮れず仕舞いです。

この緑色の光る部分と焦げ茶色の部分の差が大きく、きれいに表現するのはかなり難しいと感じました。

緑色は光っても焦げ茶色の部分がくすんでしまい、どうもうまく行きません。

今度はその点も含めて、新たに色々と試してみたいと考えています。

また、とりあえずは見ていて、気になったら必ず確かめるようにしていますので、何かいれば、多分気がつきます。

カンムリカイツブリ君は結構白いですし、首が長いですから、遠くからでも意外と目立つのではないかと思います。

ただ、ホオジロガモ君は全くの偶然でした。

ホオジロ君、最初はオオジュリン君が沢山いると思っていました。
帰って、写真を見るまではそう思っていましたが、先日の「お腹が白い」を思い出して、はてと思って、調べたら、全てホオジロ君でした。
10羽ほどはいて、葦や地面でうろうろしていました。

カンムリカイツブリ君の足ですが、確かにオオバン君と通じるところがあるような感じですね。
同じ種類のカイツブリ君とは全然違うような感じです。

当日は湖の方ばかりに気が行っていましたので、まわりの葦原はあまり良く見ていませんでした。

ベニマシコ君、舞岡公園で身体の一部分以来ですから、是非会いたい物です。

今度は十分に時間を取って、さらにA方面にも足を伸ばして、反対側を帰ってくるくらいにまわりたい物です。

しかし、25000歩とはすごいですね。
うちは万歩計を付けて歩くことがないので、何歩歩いたかと言うことまではわかりませんが、簡単に1歩、70~80cmとすると20kmくらいと言う計算になるかと思いますが、すごいです。

うちも前は重いセットを担いで、結構歩きましたが、最近はさすがに厳しくなってきました。

ヒレンジャクさん、来ているとのこと、情報ありがとうございます。
今度いつ行けるかはわかりませんが、是非会いたい物ですし、それまでいてほしいものです。
  1. 2007/03/04(日) 23:58:11 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/195-93afc57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。