野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舞岡公園

再び、この前初めて行った、舞岡公園です。
2回目となりますが、雰囲気も含めて、大変に素晴らしい公園です。

山を登ったり、降りたりしますので、結構足が厳しいですが、ポイント的には1箇所に絞られるような感じがしました。
勿論、撮影者たちもその場所に固まって多くいます。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用で撮影しました。

お天気も良くも悪くもなくと言う状況で、やはり地形的に日差しが足りなくなるのは、やむを得ない事なのかも知れません。

IMG_633820.jpg


ジョウビタキ君の♂です。
大体会うのはどこでも♀が圧倒的に多いのですが、ここでは♂しか見あたりませんでした。

IMG_570420.jpg


駐車場から公園に入るときに真っ先に出迎えてくれました。
ウソ君です。
10羽ほどいて、新芽をむしゃむしゃと食べていました。
残念ながら、こういう時に限って、日が陰ってしまって、暗い写真となってしまいました。

IMG_573020.jpg


ウソ君、後ろからです。

IMG_586920.jpg


ヤマシギ君がいました。
ヤマシギ君は初見初撮りでした。

IMG_574520.jpg


お休みヤマシギ君です。
尾羽を立てていますが、警戒の時も立てたりしていました。

IMG_584620.jpg


ヤマシギ君とアオシギ君が並びました。
大きさがかなり違うことがわかります。

IMG_614220.jpg


アオシギ君です。
今回はかなり近くまで来てくれました。

IMG_587220.jpg


モズ君です。

IMG_628420.jpg


アカハラ君です。
ツグミ君と縄張り争いでしょうか、威嚇をしあっていました。

IMG_629020.jpg


カワセミ君です。
もう少し心持ち、被写体を左にすれば良かったのですが、真ん中に来てしまいました。

IMG_631720.jpg


タシギ君です。

IMG_587320.jpg


これは失敗編でしたが、致し方ないことです。
ベニマシコ君でした。
これも初見初撮りでしたので、証拠写真として・・・。

当日はジシギ類がタシギ君、アオシギ君、ヤマシギ君と3種そろいました。
1箇所で3種見られるのもそうないことではないかと思われます。
ベニマシコ君は失敗編でした。
今度また近いうちに丸1日かけて行きたいと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/07(水) 20:31:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<舞岡公園、再び | ホーム | 等々力緑地>>

コメント

またまた堪能させていただきました

舞岡公園、いいですね。
私、今いちばん出会いたいのはジョウビタキのお兄さんなんです。
どこへ行っても気にかけながら探しているのですが
お嬢さんにしか会えません。
かつて神奈川では暮らしていましたから、一度ここの公園尋ねていきたいです。

ジョウビタキのお兄さんの銀の頭、黒の口周り、そしてオレンジの胸と腹。臙脂の尾羽。
見事と言うより他はありません。
ウソさん、出会えましたね。
日陰とはいえ、2枚目の絵はどうしてなかなかいい感じです。
3種類のシギ、よく撮れましたね。
ヤマシギとアオシギは見たことがありません。
それぞれに似た体型ですが、模様の違い、その美しさは見事ですね。
ベニマシコ、惜しかったですね。
でも次回の励みになりますから、証拠写真でも撮れただけ幸運です。
よしの88さんの機材、重たいでしょう。
私は3脚を担いで歩くのは少々こたえます。
やっぱり1脚しかなさそうです。
  1. 2007/02/07(水) 21:28:00 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは

今日は、先日UPしたジョウビタキのお仲間が迎えてくれて、ありがとうございます。
今回は2回目という事で、一段と素晴しいですね。
ウソの後ろ姿、決まってますね。
アオシギとヤマシギが一緒の所初めて見ました。とても素晴しいです。私は両種とも久しく見ていません。
モズ、アカハラ、カワセミ、タシギ、とてもとても素晴しいです。
何度も楽しませて頂きました。
  1. 2007/02/07(水) 21:35:51 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
舞岡公園、なかなか素晴らしいところです。
本当に都会の喧騒をも全く忘れさせてくれる所です。
とても、東京に近い、横浜市とは思えないところです。

さて、ジョウビタキ君、ようやく今シーズン、♂は2回目でした。
ここを縄張りにしているのであれば、行けば会える確率は高そうな感じもします。

また、横浜にいらした事もあるのですか。
そうであれば、どちらかと言うと行きやすいかも知れませんね。
うちは知らなかったのですが、ここは我々の世界ではかなり有名な場所のようです。

ジシギ類であと期待できるのは、オオジシギ君です。
また、アリスイ君もいつもいるようですが、なかなか出会えないと言うか、気がつきません。

ウソ君はようやくでした。
車から降りて、ふと前方を見たら、木に何羽かとまっているのが見えました。
逆光だったので、スズメ君かムクドリ君かなと思っていたところ、何とウソ君、あわててセットして何とか間に合ったという感じでした。
贅沢を言えば、もう少し明るければと・・・。

ジシギ類、それもヤマシギ君やアオシギ君は山深くの渓流などにいるとされています。
しかし、見ようによっては保護色と化していて、意外と良く見ないとわかりません。
それにずんぐりむっくりという感じで、頭は大きいし、目も大きく見え、おしりは短く、何とも不釣り合いな体型と言うか、不思議な感じもします。

干潟で会う、シギ君とは全く似てもにつかないような感じです。

また、ジシギ類は判別が難しく、この3種はまだ特徴があるから良いのですが、他は似たり寄ったりという感じのようです。

ベニマシコ君は失敗しました。
ここでは何か出ると必ず、誰かが声を上げ、カメラの大移動が始まったりします。
うちはいつものごとくで様子を見ているために出遅れることが多くなり、このときもそうでした。

すぐに撮っていればと後悔先に立たずです。

ここ最近、体力的に衰えがかなり身にしみてきており、このセットを担いで歩くのはかなり厳しくなってきました。
しかし、何とかやっていくしかありませんね。
今のところ、機材を軽くするためにどうにかしようと言う考えは全くなく、当分はこのままでと思っています。

機材もそれぞれに合ったもの、それで良いのではないかと思います。
  1. 2007/02/07(水) 23:47:15 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

今回のTOPを飾るのは誰にしようか悩んだのですが、結局ジョウビタキ君になりました。
♂はかなり久しぶりの再会です。

2回目でしたが、やはり地形の関係もあるのか、どうも光の量が物足りず、仕方のないことですが、何か機械側でカバーできない物か、試しているところです。

ウソ君、実はそう何枚も撮ることが出来ず、この他のは枝かぶりばかりでした。

アオシギ君とヤマシギ君、並ぶのは話を聞いている限りでは滅多にないようです。
運が良かったのかなという感じでした。

ここのポイントは色々と立ち寄ったり、出入りしたりするようで、様々な種類がそれこそ、入れ替わり立ち替わりのようです。

それだけに半日くらいでは物足りませんので、今度は丸1日かけてみたいと思います。

あとはオオジシギ君にアリスイ君、トラツグミ君と言うところでしょうか。
コジュケイ君も声ばかりで姿が見えずですから、何とか会ってみたい物です。
  1. 2007/02/07(水) 23:55:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

またまた寄り道を。

この日は全体的に優しく、素朴な色合いと空間ですね。。。

ちらちら近日の作品も覗きましたが、まさに「生写真」とでも言うべき日もあったり、毎回驚かされ、楽しませてくれます。

今日はゆっくり見てられないので、一つ一つの鑑賞はまたにします;;(見入ってしまったら後が大変!)

先日のコメントで、撮影者ご本人は自作をじっくり見れていないようにおっしゃってましたが、絵描きも同じです。それで良いのだと思います。
むしろ描き、撮った瞬間に自作品を掌握し、消化できていたら、明日も成長もない。
描いてから何年もたって、その語る意味を知るハメになる事も、或いは一生知ることさえ無い事も。
「描く」行為そのものは、日々己の内外の現実にぶつかる事であって、ただ無心に取り組むほど真実や生命を宿し、
そこから何を読み取り学ぶかは、また別の人生の宿題のうちと申しましょうか・・・
  1. 2007/02/08(木) 20:10:47 |
  2. URL |
  3. ルドルフ #-
  4. [ 編集]

ルドルフ さん

こんばんは、「寄り道大歓迎です。」と言いたいところですが、ご多忙の中、いつも誠にありがとうございます。

この駄作の写真のために、雑念など入ってしまわないかといつも気にしております。

しかし、ご覧いただき、コメントをいただけると言うことは大変にうれしく、感謝しております。

さて、ここは谷戸と雑木林の公園でまさに自然の色しかないような所と言えるのではないかと思います。
それだけに色合い的には素朴な感じなのかも知れません。
落ち葉と生き物たち、土そして、湧き水しかありません。
その原色とも言える、色合いの世界、素晴らしく感じています。

もう一つは地形の関係で光が十分に届かず、全体的に暗めの写真になっていることもあるのかも知れません。

さて、このブログの当初の目的である、「その時に行った場所のありのままの様子を伝える。」と言うことで掲載しているのですが、やはりさすがに毎日同じではどうかとも思い、何とか変化も持たせないとと思い始めました。

そんなところで、あれこれと毎日悪戦苦闘しています。

また、多分にしてご覧いただいている皆様方の多くは「・・・か」とまた同じで終わってしまっているのではないのかなという感じもしています。

鋭い観察眼でご覧いただけるのは大変にうれしい限りです。

おっしゃる通りで自分で撮っていながら、被写体を重んじる余り、全体を見据えた見方を出来ていないことが殆どではないかと思います。

本当の考えは被写体だけでなく、その表情と全体としてと考えても、あくまで考えで終わってしまい、なかなか難しいところです。

やはり、今はひたすら撮っていく、これから何かが生まれてくればと思っています。

たまに昔撮った写真を見るとその時思ったこと、考えたことと全く違うことを感じたり、思ったりすることさえあります。

何とも思っていなかった写真が急に気に入ってしまったり、良かったと思っていた写真が実は違っていたなと思ったり、様々です。

まさに試行錯誤の連続、いつまでも続きます。
  1. 2007/02/08(木) 22:37:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/180-d1bc50a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。