野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清澄庭園

久しぶりの清澄庭園です。

ここには夏の季節にしか行ったことがなかったのですが、冬に行くのは初めてでした。

思いの外にカモ君、ユリカモメ君が多く、大変に賑やかで驚きました。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_449420.jpg


入ってすぐ、一番目だったのはキンクロハジロ君です。
圧倒的多数でかなり多くいました。

IMG_451220.jpg


2番目に目立つのはユリカモメ君です。
石の上にとまっている、ユリカモメ君たちです。

IMG_455020.jpg


スズメ君も人間の近くでかなり多くいました。
こちらは砂浴びスズメ君です。
砂浴びとは言っても、実際は土なのかなという感じですが・・・。

IMG_459220.jpg


岩の上でキンクロハジロ君です。
潜水系なので足がかなり後ろに付いていて、どうも不安定な感じがします。

IMG_460520.jpg


オナガガモ君です。
ここでは少数派です。

IMG_462220.jpg


ヒドリガモ君です。
ここではペアが1組でした。

IMG_463520.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_466720.jpg


岩の上でホシハジロ君の♀です。
かなり足の水かき部分が大きく感じるのですが、気のせいでしょうか。

IMG_469120.jpg


カイツブリ君です。
残念ながら、おしりにピントが合ってしまいました。

IMG_471620.jpg


オナガ君です。
かなり林床に降りてきていました。

IMG_473320.jpg


ホシハジロ君の♂です。

IMG_474820.jpg


岩の上でユリカモメ君です。

IMG_478420.jpg


ヒヨドリ君です。
ここのヒヨドリ君は大変に人間に近く、すぐ手の届く場所に何羽もいました。

IMG_480820.jpg


仲の良いドバト君のペアがいました。

IMG_487220.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_489720.jpg


メジロ君ですが、日陰でした。

IMG_471020.jpg


スイセンさんが咲いていました。

IMG_488820.jpg


お名前はわからずですが、木の幹に赤い葉、印象的でしたので撮影しました。

ここはそれほど広くもなく、手軽にまわれる公園であるかと思います。
本当ならば、庭園を楽しみ、所々にある原石を見てまわるのが本来ですが、この時期は鳥君もかなり多く、実際意外でした。

ユリカモメ君はもちろんのこと、人間にかなり近い場所に多くの鳥君たちがいて、時間を忘れさせてくれ、1日中いても楽しめそうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/03(土) 21:45:36|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<谷津干潟 | ホーム | 水元公園>>

コメント

一度行ってみたいです

何よりも驚きなのは、500mmレンズを手ぶれ補正もなく手持ちで撮られるということです。
砂浴びスズメさん、いい表情してますね。スズメは水浴びもするし、砂浴びもしますね。
それだけ多用な生活ができるということでしょうね。
ホシハジロ(♂)さん、ユリカモメさん、ヒヨドリ君にカケス君、
その目の輝き、そして羽毛の質感、見事に捉えられていますね。
これがウメメジロというものですね。メジロさんの蜜を吸っている体勢がすばらしいです。
幹から突き出た赤い葉、奇妙な存在感がありますね。
よしの88さんお勧めの公園のようですから、そのうちに足を運びたいと思います。
  1. 2007/02/03(土) 23:21:45 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんにちは

今日は出掛けなかったので、昼から楽しませて頂いています。
どれも素晴しいのですが、特に松の木に止まったヒヨドリ良いですね。松葉の影が胸に・・・情感のある画像ですね。
梅の花の蜜を吸うメジロも良いですね。

私が行ってた頃(80年代)と鳥相が変化したようですね。
当時は、小鳥類は別にして、カルガモ、コガモが多く、オナガガモ、キンクロが少数派でした。ユリカモメ、ホシハジロ、ヒドリガモはいませんでした。
餌をやる人が増えてからでしょうね。
島の木々にはゴイサギやダイサギもいました。

  1. 2007/02/04(日) 12:24:14 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
500mmの手持ちもかなり慣れました。
と言うか、無理矢理に800mmは三脚で、500mmは手持ちでと決めてしまっているのですが・・・。

さて、スズメ君の砂浴び、入れ替わり順番にしていました。
なかなか気持ちよさそうな表情をしている個体も多くいました。

全体的に直射日光で白飛びも出ているかなという感じでしたが、何とかと言うところでした。

メジロ君、意識して撮ったわけではなかったのですが、帰ろうと出口に行こうとした瞬間、頭上でと言う感じでした。
片付けるのをやめて、あわてて撮影でしたが、さすがに夕方で暗い状況でした。

赤い葉、何故か存在感があり、撮ってみました。
お名前がわからないのが残念ですが・・・。

ここは売店で食べ物も売っていますので、餌やり公認という感じです。
そのためか、かなり人間に近い場所に鳥君たちがいるという感じです。

行かれる様でしたら、あまり人のいない、平日の午前中の方が自然で良いかもしれません。
  1. 2007/02/04(日) 20:22:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は強風で出ない方が良かったかなと今にして思っていますが、後の祭りです。

さて、ヒヨドリ君、かなり人間に近い場所にいて、驚きました。
本当に手を伸ばせば、届くところに何羽もいます。

メジロ君は意識して撮ったわけではないのですが、結果的には梅さんにメジロ君になってしまったようです。
夕方で暗かったのが残念なところでした。

さて、鳥相の事ですが、この前お聞きした、コガモ君は全くいませんでした。
カルガモ君も3羽程度と多くはないようでした。

筆頭はキンクロハジロ君で150羽くらい、ユリカモメ君が60羽ほど、ホシハジロ君が35羽ほど、ヒドリガモ君が数羽、オナガガモ君も数羽でマガモ君は1ペアという感じでした。

おっしゃるとおり、ここは公認ですから、そのせいもあるのかも知れませんね。

ただオナガガモ君が数羽と少ないのは不思議です。

ゴイサギ君とダイサギ君もいませんでした。
島にはアオサギ君が3羽と言うところでした。

鳥相もかなり変わっているように思われますね。
  1. 2007/02/04(日) 20:29:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/176-30516965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。