野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水元公園

今回は久しぶりに水元公園に行ってきました。
ほぼ朝から夕方まで、本当に時間の経つのは早い物で、あっと言う間でした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM 単体での撮影としました。

まずは駐車場から森林地帯を通り、オニバス池方面へ行き、引き返して、小合溜沿いにかわせみの里方面へ、そして、緑の相談所から中央広場を横切り、駐車場へと戻りました。

ここはかなり広く、このセットを担いで歩くのはかなり厳しく感じました。

IMG_337720.jpg


まず最初に見たのは、バン君でした。
どうもまだ子供のような感じの羽色です。

IMG_341220.jpg


ツグミ君です。
あちらこちらで会いましたが、目標であるトラツグミ君には会えませんでした。

IMG_344020.jpg


ヤマガラ君です。
結構木の大きい幹にへばりついている姿を良く見ました。
木陰で残念ながら暗い状態でした。

IMG_347120.jpg


カワラヒワ君です。
10羽ほど、地上に降りて食べ物を探していました。
マヒワ君がいないか探しましたが、見つかりませんでした。

IMG_350320.jpg


コサギ君です。
飾り羽がかなりきれいになって来ました。

IMG_351220.jpg


浮きの上でユリカモメ君です。

IMG_356220.jpg


アメリカヒドリ君にかなり近い、ヒドリガモ君です。
このタイプが3羽ほどいました。

IMG_356420.jpg


こちらは普通のヒドリガモ君です。
ここではヒドリガモ君が圧倒的多数で多くいます。

IMG_357620.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_359620.jpg


遙か遠くにヨシガモ君が泳いでいました。
初見初撮りでしたが、少し遠すぎました。

IMG_360320.jpg


カルガモ君も少数ながらいました。

IMG_363420.jpg


モズ君が林の中の木陰にいました。

IMG_365920.jpg


オナガガモ君ですが、ここではかなり少数派です。

IMG_368620.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_370320.jpg


誰かなと思ったら、コガモ君でした。
この2羽だけで、♂はいませんでした。

IMG_370920.jpg


カワウ君、いつものスタイルです。

IMG_371720.jpg


オオバン君です。

IMG_375720.jpg


ダイサギ君、ゴミ置き場のような所に佇んでいました。

IMG_376920.jpg


バン君です。
草を食べているようでした。
4羽いて、去年と全く同じ、コウホネさんの群生地にいます。

IMG_381520.jpg


マガモ君、枝かぶりになってしまいました。

IMG_383220.jpg


夕日の中でカワラヒワ君です。

IMG_385220.jpg


そして、ぶら下がりと言うか、反対カワラヒワ君です。

全体で39種と鳥君の種類はかなり多い方でした。
1日で全体をくまなくまわることは不可能に近いので、今度行ったときは少し別のコースを考えてみようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/01(木) 22:09:08|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<清澄庭園 | ホーム | 上野恩賜公園>>

コメント

こんばんは

今回は数も多く、非常に見応えがありました。
正面顔のヤマガラ。
カワラヒワの翼の黄色の鮮烈なこと。
コサギの佇まい素晴しい。以前似た様なコサギの絵を描いた事があります。その絵は今は手元にありません。
ヨシガモ、久しく見ていません。
モズにオナガガモ♂、とても美しい。
翼を広げた正面顔のカワウ、見飽きません。
オオバンの水鏡、参りました。
最後のアキニレに逆さまになったカワラヒ。
どれも素晴しい。数度も見返しました。
私は12月に行ってきたので余計に楽しむ事が出来ました。
ありがとうございます。
  1. 2007/02/02(金) 19:20:27 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/02/02(金) 21:36:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

hitakijo さん

いつもありがとうございます。
水元公園はうちの行く公園の中ではかなり広大な方で、それだけに歩きましたが、種類も多く、大変に楽しめました。

ヤマガラ君は木陰で暗かったのが残念でした。
これでうまく正面から日が当たってくれれば、言うことなしだったのですが・・・。

カワラヒワ君は結構林床を歩いていました。
あまり近づくとすぐに飛んでいってしまいますので、じっと待っているスタイルでした。

コサギ君をはじめ、サギ類はこの時期少なくなっていますが、それでもいれば、結構目立つ物です。
お描きになった絵画、今は別の方のお手元にあるのでしょうか。

ヨシガモ君は初めてでした。
最初は遠目にマガモ君だと思っていたのですが、ヒドリガモ君が圧倒的に多いですから、撮影しようと思ったのが正解でした。
覗いてみたら、ヨシガモ君だったというあんばいでした。

カワウ君はいつものお決まりポーズですが、どうしても撮ってしまいます。

オオバン君の写真はかなり偶然かも知れません。
撮ったときは気がつきませんでした。

カワラヒワ君の枝にいる写真は夕方近くでした。
10羽ほど飛んできて、頭上で騒いでいました。

何度もご覧いただいて、うれしい限りです。
ちょっと遠く、道の便も良くないので、なかなか足が向かないのですが、気に入っている公園の一つでまた冬の間に行きたいと考えています。

何にも増して、ヒドリガモ君が圧倒的に多くいるのが良いです。
  1. 2007/02/03(土) 21:20:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

非公開コメントですので・・・

管理人のみ閲覧の非公開コメントと言うことですので、内容には触れることが出来ませんが、誠にありがとうございます。

大変に参考になりました。
  1. 2007/02/03(土) 21:21:57 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/175-df59ef0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカヒドリについて-バードウォッチング-鳥侍屋

アメリカヒドリ|画像=|目 = カモ目 :w:Anseriformes|Anseriformes|科 = カモ科 :w:Anatidae|Anatidae|属 = Anas|種 = americana|英名 = American Wigeon}}アメリカヒドリ(学名:''Anas americana
  1. 2007/02/10(土) 00:53:02 |
  2. バードウォッチング-鳥侍屋

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。