野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大井埠頭中央海浜公園 ・ なぎさの森

大井埠頭中央海浜公園なぎさの森です。
ここにはスポーツの森となぎさの森とあるのを初めて知り、これから分けていく事にしました。
別に行っている場所は全く今までと変わりないのですが・・・。

レンズはSigmaAPO300-800mm F5.6 EX DG HSM + 2×テレコン使用です。
最後の植物さんだけは、TamronAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO使用で撮影しました。

実際干潟は干潮でしたが、大変に寂しい状態、イカルチドリ君がどこに行ってしまったのか、全く姿の見当たらないのが心配です。
カモ君も全く姿が見えず、ようやく夕方になってスズガモ君が30羽ほど来たくらいでした。

鳥さんも少なく、今回も写真は少なくなってしまいました。

IMG_253620.jpg


彫刻広場にシメ君がいました。
この系統はいかついお顔に見えがちですが、良く見ると身体の割には足が短く、細いようなところがまたかわいいです。

あとシロハラ君もいましたが、ウソ君は姿が見当たりませんでした。

IMG_256620.jpg


いつも1羽だけいる、セグロカモメ君、いつもこの杭にとまっています。

IMG_259820.jpg


干潟のすぐ脇の葦原でのメジロ君です。
何かが手前でかぶってしまったのと枝が1本かぶってしまいました。

IMG_261420.jpg


警戒態勢ツグミ君です。
その先には丁度モノレールが走っていましたが、何を見ていたのでしょうか。

IMG_263220.jpg


カイツブリ君は1羽でした。

IMG_267620.jpg


こちらはハジロカイツブリ君、6羽ほどいました。

IMG_263920.jpg


当日はカラス君が50羽ほどとかなり多かったのですが、何故かこの1羽だけ単独行動で、うちのまわりをうろうろしていました。
何ともかわいい感じのする、ハシブトカラス君です。

IMG_269520.jpg


イソシギ君はいつもの通り、2羽いました。

IMG_252520.jpg


駐車場で車を降りた真ん前にいました。
今現在、お名前を調べ中です。
この季節に真っ赤な芽がきれいに思いました。

全体的にどうも寂しい感じがしますが、また近いうちに様子を見に行きたいと考えています。
どちらにしてもイカルチドリ君たちがいないのが気にかかります。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/22(月) 18:32:33|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<舞岡公園 | ホーム | 善福寺公園>>

コメント

こんばんは

今回も素晴しいですね。
シメ、メジロ、ハジロカイツブリ、良いですね。
ハシボソガラス、私の好きな真正面顔、傑作ですね。
イソシギもいいですね。
冬芽、調べ中とあったので名前は書きません。
12月23日に同じ芽(私のは葉の間に1芽)をUPしています。
  1. 2007/01/22(月) 20:16:18 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

どれも目が生き生き

いつもいる鳥さんが不在だと心配しますよね。
泊まりがけでどこかに遊びに行っている、
ということであればいいですけどね。
シメはほんとに強面で怒ったようにみえますよね。
でも愛嬌たっぷりの表情をよく見せますね。
確かに、この重たい体をちいさな足で・・・と思ってしまいますね。
メジロさん、くっきり撮れてますね。
先日ある方のブログに書いてあったんですが、
メジロの白い輪が目尻の所で切れていると。
私は自分のメジロの画像を見てみましたが、
やはりどれもOではなくCになっていました。
見る人はよく見ているなと感心しました。
ツグミさんはこのポーズをたまにしますね。
この反対にぐっと胸を反らす格好も。
目が何と生き生きしていることでしょう。
カイツブリさんの水面に写り込んでいる姿。
影とは思えないほどのリアルさです。
ハジロカイツブリ、やっぱり目が魅惑的です。
吸い込まれそう(笑)。
よしの88さんの絵はどの鳥さんの目もほんとに
生き生きと撮られていますね。
  1. 2007/01/22(月) 23:48:09 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは

なぎさの森へ通って下さる方がいると本当にうれしいです。 なぎさの森をこよなく愛するミドリンです(^^) おじゃまいたします。
最近の干潟はカモ達は少なめですよね・・カワウまで減ったような気がします。
イカルチドリは東側の歩道橋(観察小屋の裏手にあります)から覗くと岩場の影にいることがあります。
今朝2羽確認しました。 私もイカルチドリを確認することが日課です。
歩道橋へと続く散策路の暗い林の中でノスリを見かけます。 朝見ることが多いのでねぐらかもしれないなぁと思っています。
シメ 本当にステキに撮れていますね。 なぎさのシメをじっくり見られてうれしいです。
バッタリお会いできることを楽しみにしています。
  1. 2007/01/23(火) 22:15:24 |
  2. URL |
  3. ミドリン #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
いつもうれしいお言葉、大変に励みになります。
今回はいつもと違って、ちょっと寂しい状態でしたが、何時間か待っていたら、遙か遠くのハジロカイツブリ君も近くまで来ましたし、いきなりメジロ君が真ん前に飛んできたり、色々でした。

シメ君も地面に夢中だったのか、今回はこの種としてはいつもよりは、意外に近い場所で撮ることが出来ました。
贅沢を言えば、もう少し日の当たるところに出てくれたら良かったのですが、残念ながら木陰でもう少しと言うところでした。

カラス君は何故かうちの近くに1羽だけいて、撮ってくれと言わんばかりの感じでしたので、撮っていたら、こっちを見て首をかしげてみたり、証明写真風に姿勢を正したり、何ともこっちの意図がわかっているかのようなお利口なカラス君でした。

今度行くときにもいると良いのですが・・・。

さて、樹木の方は調べてみた物のなかなか難しいですね。
拝見させていただき、更にそれを頼りに調べてみるのですが、似ている物が多く大変に難しいです。

カナメモチさんで良いのかどうか、未だにあれこれと調べています。
  1. 2007/01/23(火) 23:49:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
本当にいつもいる種類がいないとどうも心配になります。
どこかに行って、また戻ってくれば良いのですが・・・。

シメ君は地面に夢中でした。
と言うか、意外に近く(と言っても15~20mくらいはあったかなと思います)で撮れたのですが、この種はなかなかそうは行かないので、運が良かったかも知れません。

すぐ脇にヒヨドリ君やハクセキレイ君がうろうろしていましたから、そちらに気を取られていたのかなとも思ったりします。

メジロ君はいきなり真ん前に飛んできたというあんばいで近すぎて、少し下がって撮影したような感じです。
枝がかぶってしまいましたが、葦原では枝かぶりは日常茶飯事ですから、仕方のないことかも知れません。

確かにメジロ君の目のまわりの白い輪、切れていますね。
今まで気がつかなかったというか、知りませんでした。

ツグミ君もいきなり真ん前に飛んできて、遠くを見ながらと言う感じでした。
うちはこの格好を見るのは初めてでした。

カイツブリ君、丁度運河にボートが通過した後でした。
波もなければ、また違ったようにきれいな水鏡になったかも知れませんね。

ハジロカイツブリ君は何とか目玉までわかるくらいに写せましたので、何時間か待った甲斐がありました。

本当に表情は様々、その表情をこれからも大事にしていきたいと思っています。
  1. 2007/01/24(水) 00:09:16 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ミドリン さん

うちのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
また、いつも、なぎさの森のホットな情報も楽しみに拝見させていただいております。

仕事柄、また場所的にも通うと言うところまでは難しいですが、度々これからも行くことになるかと思います。

さて、カモ君ですが、何故か少ないです。
隣の東京港野鳥公園とセットにして行けば、何かわかるのかなという気もするのですが、残念ながら、1日に2箇所と言うことはほとんどなく、行ったら、そこに1日というパターンです。

当日の内容的にはスズガモ君が30羽ほど、あとはヒドリガモ君のペアがいたくらいでした。

カルガモ君とオカヨシガモ君はどこに行ってしまったのか、オナガガモ君もホシハジロ君もいないですし、ちょっと心配も募ります。

この前はキンクロハジロ君とコガモ君の♀が1羽だけいましたが、やはりどこかに行ってしまった様です。

カワウ君も行ったときは1羽だけ、夕方にようやく3羽になったという感じで、これも少ないですね。

どちらにしても一時的な事であれば良いのですが・・・。

もしかしたら、観察路の池にはカルガモ君もその他いるのかも知れませんが、残念ながら、最近は彫刻広場~干潟に直行が殆どです。

また行くときは必ず、イカルチドリ君を確認すること、これなのですが、ここ何回か全く姿が見えない事ばかりです。
一時期は6、7羽くらいにまで増えて、更に増えるかなと思ったのですが・・・。

歩道橋の方からと言うことで、情報もありがとうございます。
岩の陰に隠れていますか。
今度良く見てみようと思います。
また、その方向へは殆ど行かないのですが、カモ君はどちらかと言うと歩道橋方面の先の方が近そうですね。

ノスリ君もいるようで、この前東京港野鳥公園でもいたのですが、もしかしたら行き来しているのかな。
そちらも今度見てみようと思います。

うちの場合パターンとして、朝早くから行くことと、休日に行くことはほぼありません。
殆どは平日の午前中から夕方にかけて行くようなパターンです。

どこかでお会いしましたら、こちらこそよろしくお願いいたします。
  1. 2007/01/24(水) 00:29:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/172-a1e09302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。