野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大井埠頭中央海浜公園

大井埠頭中央海浜公園です。
当日は何故か物寂しいような感じで、撮影枚数もかなり少ないです。
干潟の方もユリカモメ君が50羽ほど、スズガモ君をメインに50羽程度遠くに固まっていて、ハジロカイツブリ君、などなどでした。

イカルチドリ君の姿を当日は全く見ることが出来ず、少し心配です。
また、ここにいるウサギ君、どこに行ってしまったのか、これまた心配ですが、お友達のサイトで無事は確認でき、一安心です。

IMG_214020.jpg


干潟のツグミ君です。
2羽で行動していました。

あとは全て遙か遠くの写真しか撮れませんでした。

IMG_210820.jpg


ユリカモメ君たちです。
50羽ほどでしたが、少ししてみんな飛び立っていなくなってしまいました。

IMG_212320.jpg


いつもいる、セグロカモメ君ですが、この杭がお気に入りのようです。
しかし、遙か遠くで、別の近くの杭にもとまってくれたらとふと思います。

IMG_216520.jpg


ジョウビタキ君、干潟の真ん中です。
ここのジョウビタキ君は干潟がお好きなようで、この前もこのあたりにいました。

IMG_214520.jpg


ハジロカイツブリ君ですが、遙か遠くでした。
4羽いました。

IMG_215520.jpg


ハマシギ君も遙か遠く、2羽しか確認できませんでした。

あと、スズガモ君の中にホシハジロ君のペアが1組、何故かオカヨシガモ君の♀が1羽だけ、そしてキンクロハジロ君が数羽、オナガガモ君が数羽と言うところでした。

夕方にはオオタカ君が10羽ほどのカラス君に執拗に追い掛けられていました。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/15(月) 22:10:23|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<善福寺公園 | ホーム | 東京港野鳥公園>>

コメント

こんばんは

トップのツグミとても美しいですね。顔の表情が「きれいに撮って」とにこやかに微笑んでいるようです。さすが「よしの88さん」ツグミ安心しきっていますね。
ユリカモメ、水面の模様がユリカモメを引き立てていていいですね。
私のマスコットのジョウビタキ、何処にいても可愛いです。
しかし、干潟に降りている所は初めて見ました。
いいものを見せて頂きありがとうございました。
  1. 2007/01/15(月) 22:49:14 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

いいイメージを描けたところへ

昨日たくさん出会えたからといって、次の日もとはいかないですね。
鳥撮りの宿命的なむずかしさですね。
だからどこへいくかを決めるのがもっとも悩ましいですね。
その日いちばんいいイメージを描けたフィールドに出向くことにしています。
問題なのはどこもあまり芳しくないイメージしか思い浮かばないときです。
そんな時は出かける寸前まで迷っています。

ツグミさんが好きなのは、翼をだらんとたらした格好で遠くを眺めていることろです。
1枚目の画像はまさにそのポーズです。どこをみているのでしょうね。
ユリカモメさんは白い姿を水面に映してぷかぷか漂っていますね。
たくさん集まると白が反射して、眩しく感じるときあがあります。
ジョウビタキは自分のなわばりがしっかりしているのでしょうか。
同じ所に顔を出しますね。
ハジロカイツブリ遠くにいても、これだけ写っていればいいですね。
大玉+2倍のテレコンの威力ですね。
この赤い目に惹かれます。
  1. 2007/01/15(月) 23:06:57 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、お返事が遅れて申し訳ありません。
さて、ツグミ君、おっしゃるとおりで良くまた見てみると確かにその様に感じますね。
いつもと違って、表情が大変に柔らかく感じます。

これも具体的にはその時は気が付きませんでした。

ユリカモメ君の撮影時は夕方近くで太陽もかなり傾いていましたから、偶然にも波に太陽がうまく反射したのかなと思っています。
全くの偶然の産物ですが、こう言ったことも含めて読むことが出来れば、かなり撮影方法も変わってくるかも知れません。

また、ここのジョウビタキ君、この写っている場所のすぐ脇は葦原なのですが、そのあたりが縄張りになっている様で、丁度干潟も重なっているようです。
行くときは毎回干潟にいます。
と言うか、干潟にいるときだけ姿が見えるという感じもあるかも知れません。

うちも干潟にいる、ジョウビタキ君は今のところ、初めてです。

生き物たちの生活にも色々な変化が出てきている事の表れとも感じないわけにはいきません。
  1. 2007/01/17(水) 00:00:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、お返事が遅れまして、申し訳ありません。

確かにおっしゃる通りで、今日そして明日が同じ条件とは限りませんし、全く違う状況も考えられますね。

自然の中で生きている、生き物たちですから、全くどうなるか予測も付かないと言うのが本当のところでしょうか。

行くところはやはり同じく、こうだろう、ああだろうと想像して、多分・・・と言うところに行くというのがまさにお言葉通りで、その中にもしかしたら、いや・・・などと考えてしまうとなかなか腰が上がらなかったり、結局考えているだけで時間が過ぎてしまったりと言うことも良くあることです。

これだけは本当に難しい物で、時間は限られている訳ですから、出来るだけ「まず行く」と言うことを優先して行きたいといつも考えています。

あとは全てはそこからが始まりです。

ツグミ君、地面ばかり突いていますが、その合間のこのポーズがまた良いですね。
ただどこを見て、眺めているのでしょうか。
顔を上に向けて、あたりの様子をうかがっているのかと思われますが、これもまた身を守る行動の一つなのかも知れません。

ジョウビタキ君、確かに縄張りがありますから、ほぼ同じ所に姿を現します。
それだけに行って、いないと心配になったりもします。

ハジロカイツブリ君、なかなか近くで撮影できないのが残念ですが、これもまた仕方のないことです。
唯一近くで撮影できたのは葛西臨海公園での船着き場の所ででした。

赤い目は強調できても、あと一つ、黒い目玉も強調できる写真が撮れたらといつも思っています。

いつもそれぞれに色々な条件が重なり、複合しての結果、なかなか難しい物だとつくづく感じます。
  1. 2007/01/17(水) 00:24:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/170-3ee76026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。