野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東高根森林公園

初めて、東高根森林公園に行ってきました。
意外と家からもさほど遠くない距離で、これだったら気軽に行けるくらいの距離かなと思いました。

ただ、森林公園となるとまさしく森林ですから光が満足に届かない場所もかなりあり、写真を撮るには悩みの種です。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

メインは湿性植物園というところで、湿地に木道が延々と400m弱設置されています。
ここでは三脚をたててしまうと人も満足に通れず、手持ちの方が良さそうでした。

もちろん通行人の迷惑顧みずと言う方も何人かいたようですが・・・。
こういう場でこそ、まわりの状況から判断して、よく考えて欲しいものです。

写真も今回はぼけ写真ばかりで少ないです。

IMG_059208.jpg


カシラダカ君です。
最初はアオジ君かオオジュリン君か、そのあたりと思っていたのですが、どうも違うようでした。
4羽ほどいました。しかし、声を聞くとアオジ君と同じ感じです。
初見初撮りでした。
また意外と小さく、スズメ君と同じくらいの大きさでした。

12/30追記
hitakijo さんのご助言により、アオジ君の若と判断しました。
hitakijo さんにはいつもながらに感謝するとともに御礼申し上げます。

IMG_012208.jpg


あとは多くいたカケス君たちです。
とは言っても、5~6羽くらいでした。
真下から見上げて撮った写真でした。
落ち葉をくわえていたのですが、さて何かあるのでしょうか。

IMG_045008.jpg


地面に舞い降りた、カケス君です。

IMG_049008.jpg


枝にとまったカケス君です。

IMG_076608.jpg


こちらは竹の木に・・・。

カケス君、普段は目つきが悪いなどと聞くのですが、そうでもないように感じました。

IMG_024208.jpg


シジュウカラ君です。

IMG_052208.jpg


カケス君たちのいた所でしたので、カケス君とばかり思っていました。
あとで良く見たら、ヒヨドリ君でした。

IMG_001608.jpg


ふとひらひらと舞う姿が・・・。
ひとつは逃しましたが、もうひとつはこれでした。
この時期には珍しいかなとも思いますが、ただいま調べ中です。
似たような蝶君が多く、今一歩決定打がありません。

初めて行った場所でしたが、この湿性植物園が素晴らしいです。
冬でもこの感じですから、春から夏などはそれこそ、生き物たちの宝庫になるのではとも思いました。

12/30追記
hitakijo さん、asitano_kaze さん、画像掲示板ではふうさん、皆様からムラサキシジミ君とのご助言をいただきました。
皆様方に感謝するとともに御礼申し上げます。

12月30日、追加画像です。

IMG_059708.jpg


1枚目と同個体で振り向いているところです。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/28(木) 23:21:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<等々力緑地公園 | ホーム | 大井埠頭中央海浜公園>>

コメント

生田緑地に行った時、帰りに通って
気になっていた場所です!
色々な鳥が居るみたいですね!!!
ま~よしの88さんとは違い
発見出来ないかもしれませんけどね。

よしの88さんみたいに長いの使う人には
一脚は?便利なんでは?
以前は、競馬で馬撮りに持って行ってましたけど
SSが遅くなっても相手は走ってるのだから…
で、ヤメましたけどね!!!

  1. 2006/12/28(木) 23:33:41 |
  2. URL |
  3. ひろゆき #-
  4. [ 編集]

ひろゆき さん

こんにちは、年末も押し迫ってきましたが、如何お過ごしでしょうか。

さて、そうだったんですか。
うちはこの日に生田緑地もセットで行こうと思っていたのですが、時間がなくなり、行けずじまいでした。
よって、生田緑地にはまだ行ったことがありません。

と言うわけで、どちらがどうとは比較できないのですが、この東高根森林公園、結構起伏があるかなと言う感じなのとやはり目玉は湿性植物園かなと言う所です。

鳥君もこの湿性植物園に集中しており、身近な種類は殆どいますし、たまに珍しい種類もいるようです。

ただ、森林ですので、ちょっと暗いかなと言うことと日が当たったり、当たらなかったりで写真には不都合が生じる事もあり、なかなか難しいところです。

鳥君ではなく、虫君であれば、春から秋にかなり楽しめそうな感じがします。

ここは結構静かで鳥君は必ず動きますから、物音や声などに注意していれば、かなり発見できる可能性は高いと思います。

また一脚に関してですが、当初三脚と一脚の併用なども考えたことがありました。
しかし使う機会が少ないであろうと言うことと合間にマクロ写真を撮ったりもしますので、置くのに自立しませんから、大変不便であることなどの理由で見送りにしました。

どうしてもの場合は違いは出ても三脚を広げないで使用すると言うこともあり、それで代用できるかと考えています。

いつもアドバイスも頂きありがとうございます。

今年も残すところあとわずかですが、どこに行こうか迷っています。
  1. 2006/12/29(金) 05:02:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは

こんばんは。
さすがよしの88さん、初めての場所でこれだけの成果、素晴しい。鳥たちに好かれていますね。(笑)
ムラサキシジミもいいですね。
ここでちょっと、1の画像は結論から先にアオジの若鳥でしょう。
カシラダカには♂♀とも、耳羽の後方に小さな白班が必ずあります。画像の鳥にはありません。という事はカシラダカではありえない。ミヤマホオジロ♀にもにていますが、顎線の感じや黄色みが少ないので、やはりアオジと見るべきでしょう。
  1. 2006/12/29(金) 18:08:08 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

しっかり撮られていますね

カケスさん、よく撮れていますね。
特に下に下りたちょっとひょうきんな表情がいいです。
シジュウカラさん、1本1本の毛がはっきりしてます。この質感すばらしいです。
チョウはおそらくhitakijoが書いておられるように
ムラサキシジミだと思います。
私のチョウの先生がこの成虫で越冬するムラサキシジミのことをいろいろ解説してくれました。
でもふとどきなことに大半は覚えていませんが。
  1. 2006/12/29(金) 20:43:42 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
当日はたまたま人も少なかったですし、鳥君たちも安心して出てこられたのではないかと思っています。

一般的な種類は殆どいましたし、いつもこうであれば言うことはないのですが、さすがに良いことばかりではありません。

蝶君はムラサキシジミ君なんですね。
多分そうかと思って調べると似たような色合いが多く迷っていました。

また、1枚目ですが、これには大変に迷いました。
写真の角度も悪かったようですが、最後にもう1枚、同一個体で振り向いたときの画像を追加しておきました。

ただ、色々と調べていくうちにインターネットでの検索の画像では判断できず、手持ちの文献や図鑑をあれこれと見てみました。

撮ったときは、ミヤマホオジロ君と思ったのですが、冠羽に黄色みがほとんどなく、また眼下線にも黄色みがさほど見られないことから外しました。

さて、アオジ君かカシラダカ君かですが・・・。
①冠羽があったこと。
②黄色みが少ないように見えること。
などからでしたが、よく考えてみると羽の模様はアオジ君のような感じです。
また、羽の下の腰の部分の模様もカシラダカ君とは違和感があります。

そう考えてくると、おっしゃる通りでアオジ君なのではと思いましたが、冠羽があるのが不明点です。

そして、黄色みがかなり薄く感じられるので、カラアオジ君という可能性もあるのかなという気もしてきました。

うちの余計な思いこみでさらに迷ってしまっている状態ですが、どちらにしても更に調べていく必要があるかと思っています。

カラアオジ君にしてもアオジ君の若にしてもネット検索では画像がヒットしないので、何か別の方法を考えるしかなさそうです。

ひとまず、時間のあるときにもう1回、よく調べてみようと思います。

いつもポイントを詳しくご助言いただき、誠にありがとうございます。
  1. 2006/12/30(土) 05:20:29 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
カケス君は良く怖い顔とか目つきが悪いとか聞くのですが、ここ数日でかなり印象が変わりました。

ここでは4~5羽で行動しているようで、1地点で森から出たり入ったりを繰り返して、いなくなったと思ったら、隣の森へと少しずつ移っているようです。

森の終わりまで行くとまた移動して戻ってきます。

こう見ているとおもしろい習性を持った感じがしました。

普通は一定地点か、ある範囲だけという場合が多いのですが・・・。

またhitakijo さんのおっしゃるとおりでムラサキシジミ君で良いようですね。

この蝶君が成虫のまま、越冬すると言うことは知りませんでした。

よく調べてみれば、成虫で越冬する蝶類も結構いそうですね。
  1. 2006/12/30(土) 05:26:53 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どちらでしょう?

おはようございます。
アオジが頭の羽を逆立てたところは何度も目撃しています。
これはアトリでもあります。
最後の画像も耳羽の後方のはっきりした白班が認められませんね。そこが気になります。交雑の記録はあるのですか?
  1. 2006/12/30(土) 10:25:44 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、再度ありがとうございます。
さて、どちらなのか、全く迷うところですが、hitakijo さんのおっしゃる通りでアオジ君ではないかと最終的に考えました。

①耳の後ろの白斑がない、またははっきりしない。
②腰のあたりの模様の縁取りがない。
③眼下線の位置が微妙に異なる。
④背中の色合いが微妙に異なる。
⑤胸の模様が微妙に異なる。

以上の点からアオジ君と考えました。
色々とご助言を頂き、ありがとうございます。

交雑の記録はうちの手持ちの文献、資料からは読み取れませんから、多分ないか、まれなのではないかと思います。

初見初撮りではなくなりましたが、これもまた良い勉強になりました。

このあたりは大変に難しいですね。
  1. 2006/12/30(土) 21:39:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/161-b55934ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。