野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月23日のある疑問点

先日アップした、葛西臨海公園での写真で疑問点が2つあります。

1つ目はスズガモ君の写真ですが、もしかしたらコスズガモ君ではないかと・・・しかし、簡単に考えるならば、ホシハジロ君より大きいように思えますので、やはりスズガモ君です。

どうも羽の模様、色が気になって仕方がありませんでした。

2つ目はアカハラ君の写真です。
撮ったときもアカコッコ君のような感じもしないわけではなく、どうにも気になって仕方がありませんでした。
また、気になっているうちのもしや、オオアカハラ君の可能性もあるのではと頭から離れず、本日色々と考えてみました。

以下はその時の写真で2枚は先日のと同じもの、もう2枚は前から、また後ろからがわかる写真をボケ写真ではありますが、引っ張り出してみました。

IMG_902507.jpg


木にとまった写真です。

IMG_912607.jpg


前からです。

IMG_912007.jpg


斜め前からです。

IMG_915207.jpg


後ろ姿です。

こういうときに色々と写真を撮っておくと無駄なようで意外と役に立つ事があります。

さて、アカコッコ君がまさかここにいるわけはないと言う先入観、思い込みは後で考えてみると危険でした。

手持ちの文献・資料を色々と調べてみました。

1,日本野鳥の会・神奈川支部・神奈川の鳥1986-91-神奈川県鳥類目録Ⅱ-によると1986年に真鶴半島で初めて確認されたと記録があります。

2,日本野鳥の会・神奈川支部・神奈川の鳥1991-96-神奈川県鳥類目録Ⅲ-によると1995年に横須賀市ハイランド町での記録があります。

3,神奈川県立生命の星・地球博物館、2006年、神奈川県自然史資料27号(59P~60P)で「秦野市弘法山公園におけるアカコッコの観察記録」で秦野市弘法山公園での記録があります。
これは海岸側ではなく、内陸山地での記録です。

まだまだあるかと思いますが、手持ちの資料が少ないのでこれくらいしか調べられません。

また、情報では1997年にも同じ横須賀市ハイランド町での記録があるようです。

さて、アカコッコ君は天然記念物に指定され、環境省レッドデータでは絶滅危惧種Ⅱ類とされる、希少な野鳥です。伊豆大島から青ヶ島にかけての伊豆諸島で留鳥、トカラ列島では夏鳥として繁殖をしています。

そして、埼玉県、千葉県、愛媛県、宮崎県でも迷鳥として記録されており、あながち、この葛西臨海公園でまずいないと言うことも言い切れないかと思われてきました。

そこで各種の特徴を色々と考えて当てはめていくしかありません。
A・・・アカコッコ君の可能性
B・・・アカハラ君の可能性
C・・・オオアカハラ君の可能性

①眉斑を見ると少なくともない様に見える。・・・A
②アイリングは意外とはっきりしている様に見える。・・・AまたはC
③頭部から胸にかけて黒色である。・・・AまたはC
④頭部全体が黒い。・・・A
⑤胸の黒色と橙の境目はぼやけている。・・・BまたはC
⑥頭部が広範囲に黒色である。・・・C
⑦尾の上面は黒色に見える所もあるが、単色でない。・・・BまたはC
⑧翼の風切り部分が黒色を帯びている。・・・A
⑨くちばしの黄色は黒が混ざり、下は黒が前後にある。・・・C
⑩のどに僅かだが白点があるように見える。・・・C
⑪身体の大きさは・・・単独では不明。
⑫くちばしは全体から見ると太く見える。・・・C
⑬身体上面はオリーブ褐色色。・・・C

と言うことで、結果的にはアカコッコ君ではないようです。
そうなると一体どちらなのかと・・・。

他の識別点もあるかと思われますが、オオアカハラ君ではないかと考えられます。

ただ、個体差もありますし、時期によっても違いはありますので、断定は出来ないですし、そのままアカハラ君なのかも知れません。

この事でかなりの時間をかけてしまいましたが、結果論ではなく、その過程に意味があり、決して無駄にはならないかと思いました。

これ以上は本当に専門家の方でなければ難しいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考文献

日本野鳥の会・神奈川支部、神奈川の鳥1991-96-神奈川県鳥類目録Ⅲ-

日本野鳥の会・神奈川支部、神奈川の鳥1986-91-神奈川県鳥類目録Ⅱ-

神奈川県立生命の星・地球博物館、2006,神奈川県自然史資料27号(59-60P)「秦野市弘法山公園におけるアカコッコの観察記録」加藤ゆき、重永明生

多摩川の鳥類 1996-2005年の記録、2006年、廣田行雄

山と渓谷社・フィールドのための野鳥図鑑 野山の鳥

文一総合出版・フィールドガイド 日本の鳥550 山野の鳥

日本野鳥の会・フィールドガイド・日本の野鳥

日本鳥類保護連盟・鳥630図鑑

**ブログ「自然道傳説」は12月24日に一挙8日分をアップ。
右のリンクのところから行けます。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 20:01:40|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大井埠頭中央海浜公園 | ホーム | 葛西臨海公園>>

コメント

オオアカハラの可能性大

記事を読み、はっとして私もこれまで撮ったアカハラの画像を見てみました。
葛西臨海公園で撮ったものは頭部が黒くて
別の場所のものはそんなに黒くありませんでした。
ネットで検索してみましたら、葛西臨海公園で撮ったというオオアカハラの画像が出ていました。
よしの88さんのとそっくりです。むろん私のも。
よしの88さんはさまざまな資料から時間をかけて
論理的に推考されています。
理にかなった分かりやすい説明です。
私のお手軽なネット検索での情報がよしの88さんの考えを裏付けできるものなら幸いです。
単純に「オオアカゲラ」で検索しました。
  1. 2006/12/26(火) 09:28:55 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

いつもありがとうございます。
うちもどうも気になってしまい、調べる気になったのですが、確かにネット検索をして、その個体の写真を見ますとそのままと言う感じもしますね。

やはり、いくらか写真を見たのですが、どうも今一歩確信が持てず、また色々な資料を調べていくしかないと思いました。

やはり写真を見るより、色々な各部分を比較検討することによって、結果的にはわからなくても、だいぶ勉強にもなりましたし、今度会ったら、少なくともここがどうも違う、あそこがどうもと言うこともわかるかと思いました。

おかげさまでネットで見る写真を見るとそのもののように思い、更に可能性が高くなったかと感じます。

実際にアカハラ君にもこの写真に近い個体ももちろんありますし、オオアカハラ君と完全に断定できなくても可能性は限りなく高いかと感じます。
  1. 2006/12/26(火) 22:45:48 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/159-d362a0e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。