野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園 また再び

地元の洗足池公園、また再びです。
年末の繁忙期は昨日で一段落しました。
少しは時間に余裕が出来るか、または今年の総決算で忙しくなるか、どちらかになりますが、やり残した仕事も多く、まだまだゆっくりは出来ない状況です。

当日は行った時間も遅く、すぐに暗くなってしまいました。
レンズはSigmaAPO50-500 f4-6.3 EX HSM で手持ち撮影でまわりました。

夕暮れ時近く、全体的に暗いです。
また、ISOも800ないし、3200相当まであげていますので、画像も粗くなっています。

IMG_681807.jpg


夕日に照らされて、ユリカモメ君です。
カモ君たちは夜の間もここにずっといますが、ユリカモメ君は朝方に来て、夕方にはどこかに帰って行くようで、夜はいなくなります。

IMG_689607.jpg


オナガガモ君、尾羽がピンと長い、きれいな個体です。

IMG_696707.jpg


オオバン君、珍しく浮きの間にとまりました。
足の部分も見えますが、何とも不思議な水かきのような、水かきでないような足です。
しかし、こう見ていると足はかなり後ろに付いていて、どちらかと言うと潜水ガモ君仕様なのではないかという感じがします。

IMG_731207.jpg


ここのオオバン君もかなりこの公園に慣れてきたようでしょうか。
近づいても逃げて行かなくなりましたし、意外と姿も近くで見られるようになって来ました。
お顔のアップです。
やはり真っ黒ではありません。少し白髪(?)があるようですが・・・。

IMG_702907.jpg


マガモ君です。
何故か前から♂が1羽だけで、♀がいません。
鯉君と並んだところをと思ったのですが、なかなかうまくいきません。

IMG_755507.jpg


もうあたりも暗くなった頃、この前のホシゴイ君のいたピラカンサさんの木を見てみました。
いたのはコサギ君でした。
こちらをずっと見ていました。
この距離、1.5~2mくらいのところです。

と、同時に足下ではアオジ君が歩いていましたが、動くとどこかに行ってしまうので、このときはこちらも動けない状態でした。

IMG_765507.jpg


すっかり暗くなった頃、アオサギ君が舞い降りました。
アオサギ君、ここでは来るようになったのは今年からではないかと思われます。

写真もなかなか撮れないので、ずっと観察していました。
見ていると狩りの成功率は80%ほど、真っ暗の中、結構目が良いようです。
観察距離、2m程度、ここではどの鳥君も人間との距離をそれほど気にはしていないようです。

IMG_767407.jpg


アオサギ君と同時にゴイサギ君も暗くなってから舞い降りましたが、アオサギ君とは正反対で、じっと水面を見詰めているだけで狩りはどうだったのか、動きを見ていると本当に対照的です。

アオサギ君とゴイサギ君はISO3200相当で画像が大変粗いです。

少ない時間ですぐ日も暮れてしまいましたが、普段あまり側で見ることの出来ないアオサギ君の狩りが観察できたこと、ゴイサギ君の狩りも久しぶりに見れました。

毎年のことですが、夜になるとゴイサギ君がうろうろし始めます。
たまには写真は撮れませんが、夜にも様子を見に行きたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/21(木) 05:00:49|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<葛西臨海公園 | ホーム | 洗足池公園 再び>>

コメント

悪条件の中でよくこれだけ

夕刻の明かりが乏しい時間帯によくこんなにくっきりと撮影されましたね。
しかも手持ちで。レンズに手ブレ補正はないのでしょう。
ISO3200はさすがにざらつきはありますが、3200でこんなものかという程度です。
800の方はあまり感じませんね。
ユリカモメやオナガ、オオバン、マガモ、コサギに至るまで羽毛の質感がとてもいいです。特にマガモとコイの2ショットは素晴らしいです。
マガモの頭の輝きが秀逸です。
  1. 2006/12/21(木) 08:03:50 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

またまた素晴しい!

こんばんは。
毎回の更新を首を長くして待ってます。
1と2枚目、そらからコサギの正面顔、見惚れてしまいました。
『素晴らしい』の一言です。

私はその後、アカハジロ(2回)、カンムリカイツブリ、ハマシギ、ホシゴイなど載せました。
  1. 2006/12/21(木) 17:36:12 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、ここに着いたのは午後の4時過ぎでした。
本当に暗くなるのは早いもので、あっという間でした。
一応はISO感度を上げれば少しくらい暗くても大丈夫なようです。
まあ当たり前と言えば当たり前ですが、以前は気がついていなかったことです。

こういうときに手ぶれ補正があれば、重宝するだろうなと思うのですが、さすがにないので仕方がありません。
シャッタースピードも良いところ、1/15くらいが精一杯であとは1/8とか、1/6なんて言うのもありました。

確かにおっしゃるとおりでISO800くらいでは意外と目立たないようですが、ISO1600以上になると気になるかなという感じです。
これも状況に合わせて設定していくしかありませんから、結果として出来たものは仕方のないことかも知れません。
ただ、真っ暗で街灯による灯りだけでも何とか撮影できることはわかりましたので収穫でした。

マガモ君の頭は強い日差しよりもかなり弱い日差しの方がきれいに写るような、そんな気もしますが、それもそのときの条件によって異なりそうです。
本当は鯉君と同じ向きで並んでいれば良かったのですが、意に反して反対向きになってしまいました。

たまにはきれいに写すことは無理としても、いつもと違う撮影条件で撮るのも良いですね。
  1. 2006/12/22(金) 01:54:01 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつも誠にありがとうございます。
仕事の方も一応は一段落、多少は時間に余裕が出来るかなという時期になってきました。

また、更新をお待ちいただいていると大変にうれしいお言葉もありがたい限り、感謝です。

さて、今回は夕方の日暮れ時でした。
本当は写真はあきらめていたのですが、まだ何とかなるかなと思って撮ったのがこれらの写真です。

得てして、思った通りの結果ではありましたが、それでも撮らないよりは良かったかなとも思っています。

1枚目のユリカモメ君と2枚目のオナガガモ君は日暮れ直前で西日が当たっていたところでの撮影でしたが、何とかその西日も強すぎもせず、弱すぎることもなく、意外と良い感じになったのかなという印象を持っています。

ここではオナガガモ君にも色々でして、尾が短いのもいますし、これだけはっきり長い尾はあまり見かけたことがありませんでした。
きれいだと思って、それだけに真っ先に撮ったような、そんな感じです。

コサギ君は普段見ることの出来ない表情を撮ることが出来ました。
普通にこっちを見ている写真はいくらかでもあるのですが、丸まったような、縮こまったような、そんな感じのは全く初めてです。
まるでサギ君ではないかの様な丸まるとした身体と視線に引き込まれてしまいました。

あとは明るければ良かったのですが、これだけは仕方がありませんし、明るかったら、こういったポーズもなかったかも知れませんし・・・。

夜の公園も昼とはかなり趣が違い、また新しい発見があったりします。
去年も結構夜に歩いたりしましたが、思わぬ事があったりします。
写真こそは撮れなくても、結構楽しみでもあります。

後でお邪魔いたしますが、アカハジロ君、東京にも来ていたんですね。
今ではあまり聞かなくなりましたが、元々数的にも多くないかと思いますので、今会えるとしたら時の運かなという感じです。
カンムリカイツブリ君も今年はまだです。
と言うか、2年くらい会っていないかも知れません。
今年こそは再会したいですが、場所としては葛西臨海公園沖あたりが一番有力なのかなと思っています。

ハマシギ君も越冬組が今年は多いような感じもしますが、まだあちらこちらで会えるのはうれしいことです。
しかしこれも環境の変化と見れば、喜んでもいられないかも知れないのですが・・・。

今週末は天気も良いようです。
久しぶりに少し足を伸ばして、葛西臨海公園と谷津干潟、行徳に行きたいと思っています。
  1. 2006/12/22(金) 02:40:37 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

はじめまして

こんにちは~♪

楽しく読ませていただきました

今は朝の7時 日本は4時くらいでしょうか

ここクライストチャーチは市内中心部にも

カモがいっぱいいるんですよ

ニュージーランドについての

ブログ書いています

よかったら見てください
http://christchurch-nz.blogspot.com/
  1. 2006/12/22(金) 02:58:41 |
  2. URL |
  3. クライストチャーチウォーカー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

クライストチャーチウォーカー さん

こちらこそ、初めまして、ご覧いただきましてありがとうございます。
また、遠い南国の地からうれしい限りです。
クライストチャーチと言う都市の名前なんですね。

何しろ外地へは仕事で東南アジアに行ったきりで、あとは全くなく、殆どわからない状況です。

ブログの方は後ほどお邪魔しますが、こちらでは冬、カモ君たちが大変に多くなって来ました。

反対にシギ君・チドリ君が殆どいなくなって、こちらから旅立って、恐らくそちらの方へと行っているのではないかと思います。

カモ君たちもこちらと同じ種類もいれば、特有の違う種類もいるでしょうし、また鳥類相もかなり違うと思います。

そう言ったこちらでは会うことの出来ない鳥類を拝見できることも楽しみにしたいと思います。

旧版「野鳥道傳説」にもコメントをいただき、ありがとうございます。
  1. 2006/12/22(金) 03:36:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/157-c9661971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。