野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

善福寺公園

今回は初めて行く、善福寺公園です。

お世話になっているcanondeshow のひろゆきさんから情報をいただいて、駐車場などには困ることもなく、大変に助かりました。

レンズはSigma APO50-500 F4-5.6 EX HSM で手持ち撮影としました。

夜勤明けでしたので、早朝の06:30頃には到着、一回りして様子を見て、再度、また一回り、ゆっくりと見ていきました。


IMG_439007.jpg


朝方の下の池の様子です。
カモ君たちが沢山かたまっていました。
オナガガモ君が殆どでマガモ君、カルガモ君、アヒル君たちに杭のところにはバン君がいました。

IMG_389707.jpg


アイガモ君系統の様なアヒル君です。
2羽いました。

IMG_390307.jpg


こちらは白アヒル君、2羽いました。
顔つき、大きさも違い、また寄り添っているところから親子なのかなとも思いました。

IMG_428007.jpg


陸の上にもオナガガモ君たちがいます。

IMG_409007.jpg


オナガガモ君です。

IMG_411907.jpg


マガモ君です。
見たところ、1つがいしかいませんでした。

IMG_417307.jpg


換羽途中なのでしょうか、少し中途半端な感じのオナガガモ君です。

IMG_418207.jpg


バン君です。
わかった限りでは3羽いました。

IMG_429507.jpg


こちらは別個体のバン君ですが、羽の色合いがずいぶん茶色っぽく感じます。

IMG_437907.jpg


コガモ君です。
わかった限りでは♂が2羽でしたが、♀はいたかどうかわかりませんでした。

IMG_448407.jpg


オオバン君も1羽いました。
最近は住宅地の公園などでも良く会うようになりました。

IMG_453107.jpg


マガモ君の♀ですが、1羽だけでした。

IMG_456707.jpg


先のコガモ君ですが、あっちにこっちにのオナガガモ君たちを見ては何やら怒っている感じに見えました。

IMG_463107.jpg


紅葉の中でシジュウカラ君です。

IMG_468407.jpg


こちらは紅葉の中でメジロ君です。
しきりに枝の裏側を突いていました。

IMG_469607.jpg


こちらも紅葉の中でメジロ君ですが、先のシジュウカラ君たちと一緒に行動しているようでした。

IMG_472907.jpg


撮ったときはクロジ君かと思ったのですが、アオジ君でした。
枝の合間からの撮影で2羽で行動していました。

IMG_480807.jpg


上の池側にシナガチョウ君がいました。
貼り紙がしてあり、夏頃に捨てられていたそうです。
羽が痛んでいて、どうも聞くところによると最初は折れてしまっていたようです。
それをあまりにひどいので、切ったのが現在の姿だと言うことです。

今では毎日食事を持って来る人がいるとも言っていました。
お話を聞いたのは初老の女性でしたが、最近は池で泳ぐようにもなったと言うことで、大変に立派できれいだと喜んでおられました。

考えようでは狭いところで人間に飼われているよりも、ここでの生活に慣れれば、かえって自由に幸せなのかもとも思いました。

IMG_494907.jpg


こちらはシナガチョウ君の横にバリケン君です。
やはり、貼り紙があり、夏に捨てられていた様です。
しかし、ずいぶんおとなしく、人間にもだいぶ慣れているようです。
黒と白の羽は良く見ると大変にきれいです。


IMG_489107.jpg


写真を撮っていたら、首をかしげて、こっちを見ていました。

IMG_506107.jpg


カイツブリ君です。
上の池に1羽でした。

IMG_508207.jpg


キンクロハジロ君です。
上の池に20羽ほどですが、下の池にはいませんでした。

IMG_512007.jpg


ちょっと小振りでかわいい、キンクロハジロ君です。

IMG_516607.jpg


オナガ君が10羽ほど上空をあっちにこっちに飛んでいました。
何かくわえているようですが・・・。

IMG_526607.jpg


サギ君たちがいないと思っていたら、木の上でした。
アオサギ君にダイサギ君が2羽いました。

ついでにコサギ君は1羽、葦原の陰に佇んでいました。
残念ながら、写真は撮れませんでした。

IMG_474307.jpg


木の上のアオサギ君です。

IMG_527307.jpg


同じく、ダイサギ君です。

IMG_482907.jpg


ユリカモメ君かなと思ったのですが、良く見ると、ユリカモメ君とドバト君の混群でした。
何度となく、池の上空を旋回していました。
こういう光景ははじめて見たような気がします。

IMG_536807.jpg


コゲラ君です。
頭に赤いところが見えます。♂の様です。
残念ながら、枝の合間からの撮影で枝がかぶってしまっています。

IMG_540607.jpg


うちの真ん前でずっと様子をうかがいながら、うろうろしていたオナガガモ君の♀です。

早朝から午前中の時間帯ですが、印象は大変に素晴らしい公園であると思いました。
何か地元の洗足池公園と共通するものがありますが、言葉で言い表すとすると難しいです。
簡単に言うと鳥君たちがごく近くにいると言うことでしょうか。

いた時間は4時間程度、今度は1日時間を取って、ゆっくりまわってみたいと思います。

*ここのところ、年末にかけて仕事も大変に忙しくなり、なかなか出歩くことも出来なくなって来ました。
ここのブログとブログ「自然道傳説」と更新も滞りがちになってしまいますが、一つよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/14(木) 23:54:27|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<洗足池公園 再び | ホーム | 洗足池公園>>

コメント

情報源のひろゆきです♪

「コゲラ」「アオジ」「メジロ」とか
色々撮った見たいで…
こんな種類があそこにいるなんって!!!
すごいですねェ~!!!
それに
迫力がありますねェ~!!!
よしの88さんが撮ると違いますねェ~♪

オナガも良く飛んでますけど
撮れる射程距離に入らず…

  1. 2006/12/15(金) 10:40:11 |
  2. URL |
  3. ひろゆき #-
  4. [ 編集]

何時見ても素晴しい!

こんにちは。
今日も楽しませて頂きました。ありがとうございます。
お人柄でしょう、鳥に対する優しさが画面に現れていますね。
おせっかいですが、これからもその気持ちを持ち続けて、良い写真を見せて下さい。
  1. 2006/12/15(金) 13:29:14 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ひろゆき さん

こんにちは、年末お忙しいようですが、うちもご多分に漏れずと言う感じです。
年末から年度末のピークに向かって、忙しくなっていく一方でなかなかゆっくりと出歩くことも出来なくなってきました。

事前に情報をいただいていましたので、安心して行くことが出来ました事、感謝しております。

あの近辺の駐車場は奥に建設現場があり、平日はそこの車でずっと満車のようです。
うちは実際早朝の06:00前には着いてしまったので、停められたのかも知れず、あとは見るところ満車状態でした。

休日よりも平日の方が混んでいるようです。

さて、ブログでは2まわりとしていますが、実際は暗いうちに1まわり、明るくなってから2まわりしていました。

あちこちから色々な声が聞こえるのですが、なかなか姿が見つからずでした。

種類的にはほぼ一般的な種類が網羅されている素晴らしい公園かと思います。

写真に関しては大変に恐縮です。
それぞれ色々な表情、行動をしていますので、同じ種でも色々で様々です。

今度は1日ゆっくりとまわれるように行きたいと考えています。
  1. 2006/12/15(金) 15:40:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

いつもありがとうございます。
実際に写真を撮っているときは色々と思うのですが、それを写真でも見たように感じたように撮れているかは写真が出来てみないとわからないと言うところです。

お褒めのお言葉も大変に恐縮で、誠にありがたい限りです。

見たように思ったように感じたことが伝われば、これ以上のことはありません。

今後も先日の初志貫徹も含めて、出来る限り暖かく撮れるようにまた、表現できるようにがんばっていきたく思います。
  1. 2006/12/15(金) 15:48:51 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

今日も来てしまいました。

私は写真の技術はとんと分らぬ素人です。
ですから、絵を見るときと同じように見てしまうのですが。申し訳ない:

この日の鳥達は、丁寧に色を塗り重ねた絵のようです。一瞬の閃きを息もつかず描いた物もいいけれど、愛いっぱいに一塗り一塗り大事に描いた物もいい・・・そんな感じです。心の時間が一瞬止まった、静けさに満ちています。

きっと光量やシャッター速度や、色々あるのでしょうね。それとも、よしの88さん自身の心持の反映そものもでしょうか。。。

お気に入りを選べば・・といつも考えるんですが、だめです、今日も選べない。
「これもいい、あれもいいい」とスクロールを上下させるばかりです。
もっと眺めていたくなります。
  1. 2006/12/15(金) 19:18:50 |
  2. URL |
  3. ルドルフ #-
  4. [ 編集]

ルドルフ さん

お忙しい折、いつも誠にありがとうございます。
また、お言葉もいつもながら大変に恐縮の限りです。

さて、うちなど写真をこうして撮ってはいますが、技術的なことは全くわかりません。
まだまだ駆け出しの超初心者ですから、ましてや光量の調整やシャッタースピード、その他まだまだ試行錯誤の連続です。

800mmを使うときはフルマニュアルですので、どちらかと言うとあれこれと設定をするのですが、一時勝負の鳥君たちにそれぞれ合わせていたのでは到底間に合いませんし、撮ろうと思ったら飛んでいってしまっていたと言うことになってしまいます。
そう言うわけで、設定もある程度であとはそのまま、たまに時間的余裕があると思ったときに露出を変えたりくらいをしてみたりしています。

50-500mmの場合はほぼオート撮影で、白一色や黒一色の場合の露出補正などはしたりしますが、それ以外は殆ど機械任せです。

うちが思うには絵を描かれる方にご覧いただくと大変に勉強になります。
と言うのは、一般的に絵画と申しますと殆どわからないのですが、一つ、描かれる方の感性が大きな重要な部分を占めているのではと言うことです。

そうなると絵を描かれる方にご覧いただくことによって、うちが目指している、そのときそのときに感じたことを写真でいかに表現できるか、そこに通じてくるような気がしています。

単に写真を見て、高品質だとか画像がきれいとかだけではなく、いかに感じたのか、絵を描かれる方であれば、一目瞭然におわかりになるのではと思っています。

色々な写真のサイト、ブログを拝見しますが、どれもきれいで素晴らしいものばかり、とても足元にも及びません。
そして、珍しい鳥君も多く載せていらっしゃる方もいます。

うちの場合はいつもいる鳥君ばかり、偶然が重なれば珍しい鳥君もいるかも知れませんが、滅多にないこと、当初の目的である、行った先々の様子を伝えること、そして感じたこと、思ったことを写真に表現出来るようにすることなどこれからもそうでありたいと思っています。

今後も絵画をご覧いただく目で、うちの写真をご覧いただければ、大変にうれしい限りです。
  1. 2006/12/16(土) 14:19:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

よしの88さんの優しい眼差しが

陸の上のオナガガモさん、羽毛がくっきり撮れてますね。
マガモさんの頭の緑の光沢、神々しいばかりです。
オオバンさんの赤いお目々、どうしてこんなりきれいに撮れるのでしょうか。
紅葉のバックの中でシジュウカラさんにメジロさん。
とってもおしゃれな感じに写っていますね。
いちばんいいなと思ったのはカイツブリさんです。
この子のお尻のふわふわの毛がたまらなくいいです。
いつも涙目に見える金色のお目々も、やっぱり悲哀を感じてしまいました。
背中ではじいている水玉がとてもきれいです。
実をくわえているオナガさん、いやほんとに尾がながいですよね。
白と黒のくっきり感がいいですね。目もちゃんと写っているし。
コゲラさんの頭、しっかり赤がありますね。
この赤がどうしても見つかりません。
そんな出し惜しみしないで、ほらほら赤だよって見せてくれればいいのに。
いやぁそれにしても、よしの88さんはどの鳥さんも目を優しく撮っておられますね。
鳥さんに対する気持ちのあらわれだと思います。
  1. 2006/12/16(土) 19:35:34 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
お言葉の数々も大変に恐縮、またうれしい限りです。

ここではオナガガモ君、結構多くいますし、また陸にも結構上がってうろうろしていますから、かなり近いところにいるという感じです。

ただ、これらは早朝に撮影したもので、昼頃に撮影すれば、またかなり感じが違ったかも知れません。

マガモ君も早朝の撮影ですから、朝日まぶしく、もう少し日が昇ってからの方が良かったかななどと今にして思ったりしています。

オオバン君、これはぼけ写真その他かなり量産する種類です。
目に関してはもう少しクリアーに透き通った様に撮れないかなといつも思っているのですが、これがまたなかなか難しいです。
どうしても赤黒っぽくなってしまいます。
実際に色が何色なのかがわからないので、どの色が本来の色なのかも良くわかりませんが・・・。

シジュウカラ君にメジロ君などはやはりもう少し光が欲しかったかなという感じです。
ただ、紅葉をバックに少しは暗さを補えたかも知れません。

カイツブリ君、うちもいつも思うのですが、おしりがこんな感じなんですね。
いつも水に潜っている様に思えない、羽はどうなのかなと余計な心配をしてしまいます。
目も確かに独特、写すときは注意しないと悪い方になってしまいがちです。

オナガ君はなかなか降りてきてくれません。
もう少し時間が経つと降りてくるようになるのかなとも思うのですが、見上げたように撮った写真でした。

コゲラ君、枝の合間からで小刻みに動きますので、なかなか撮ろうと思ったときにはファインダーから外れていたり、その連続ですね。
かなり低い、近い場所にもとまったのですが、最短撮影距離(約6m)を超えてしまい、ピントが合わず、後ろずさりしたものの間に合いませんでした。

この赤、なかなか見つかりませんが、これだけはそのときの運ですね。

いつもお褒めのお言葉、大変にうれしい限りです。
ただ、まだまだ考えてみるとこうだったら良かった、こうしていれば良かったと言うことがかなり多くあります。
感じたことを少しでも表現するためには反省は多くなるばかりです。
まさに試行錯誤の連続、そのものですね。
  1. 2006/12/17(日) 22:17:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/155-2fc6ca4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。