野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

さて、今回は東京港野鳥公園です。
カモ君たちがかなり多く帰ってきていましたが、殆ど淡水池にいて、潮入の池にはほとんどいないと言う状態でした。

カルガモ君がかなり少なくなり、現在ではホシハジロ君が一番優勢という感じです。
淡水池の風景を見ていると葛西臨海公園の超満員のホシハジロ君を思い出させます。

IMG_286304.jpg


マガモ君です。
淡水池に4羽と言うところでした。

IMG_309904.jpg


マガモ君のペア、しきりにお互い一緒に首を振っていました。
これがマガモ君のプロポーズなのでしょうか。
めでたく意気投合したようで、一安心です。

IMG_303604.jpg


ハシビロガモ君です。
メスが3羽いましたが、やはり何故か雄が見あたりません。

IMG_316904.jpg


ホシハジロ君です。
淡水池ではほぼ満員とまでは行きませんが、かなり多く帰ってきています。

IMG_318104.jpg


遠くを見ると何やらしきりに逆立ちをしているグループがいました。
オカヨシガモ君です。
4羽と言うところでした。

IMG_329004.jpg


キンクロハジロ君です。
少し減ったような、10羽程度でした。

IMG_338004.jpg


干潟ではカワウ君たちが杭の上にアオサギ君とコサギ君が1羽ずつ、キンクロハジロ君とスズガモ君が数羽、そして、このイソシギ君だけでした。

ただ、さすがに空いていたからでしょうか。
クイナ君がすたすたと葦と葦の間を走り抜けたのを見たのですが、写真は残念、間に合いませんでした。

IMG_344504.jpg


多くのカワウ君の中で、1羽だけ頭の白くなっている個体がいました。
この状況は繁殖期に良く見られるのですが、さて、今はその時期だったでしょうか?

IMG_353504.jpg


夕方になって、ようやくヒドリガモ君が2羽舞い降りました。

DSCF063804.jpg


あとは昆虫さんたちです。
ツワブキさんにハナアブ君です。

DSCF064604.jpg


こちらもお顔を見るとアブ君ですが、さて・・・・
しかし、かなり小さいです。

DSCF065104.jpg


ナガマルハナバチ君です。
「日本の真社会性ハチー全種・全亜種生態図鑑ー」によると攻撃性はほとんどなく、大変におとなしいハチ君の様です。

DSCF067104.jpg


ツワブキ君のつぼみです。
お花も良いですが、この状態も大変にきれいだといつも思います。

DSCF069904.jpg


さて、当日遊んでもらったのはハラビロカマキリ君です。
緑色ではなく、褐色型系統の個体です。
手をさしのべたら、いそいそとのぼってきました。

DSCF070304.jpg


ハラビロカマキリ君のお顔です。

DSCF070804.jpg


最後に淡水池の様子です。
ホシハジロ君が一面に渡って、お休み状態です。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/11(土) 16:07:45|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<洗足池公園 | ホーム | 大井埠頭中央海浜公園>>

コメント

今度行ってみます

1枚目のマガモ、すばらしい解像度ですね。
緑の光沢と背の艶が何ともいえません。
映っている影も素敵です。
ツワブキと虫たちもよく撮れてますね。
こちらはマクロでしょうか。
超望遠とマクロを使い分けられて
それぞれ見事な絵ができあがっていますね。
持ち運びが大変でしょうけど、苦労のし甲斐がありますよね。

  1. 2006/11/11(土) 18:16:53 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お言葉と大変に恐縮です。

撮影は殆どがSigmaの300-800に×2テレコンを付けて、1600mmでの撮影です。
さすがに解像度となるとどうも自信がないのですが、少しでもきれいにと露出を変えたり、マニュアル設定であれこれとやっています。

まだ、絞りとSSの関係、露出補正など組み合わせが難しいですが、ピント合わせも含め、ほぼ全てがマニュアル操作です。

光る被写体は白い被写体と同じく、露出補正を思いっきりマイナスに補正した方が良い感じに撮れるような気がするのですが、まだまだわかりません。

また、虫君たちも含め、合間にいつもこういった写真も撮っています。

これは今のCanonEOS20Dの前に使っていた、FujifilmFinePixS7000を使って撮影しています。

1cmまで被写体に近づける超マクロモードがあります。

本当はCanon用のマクロレンズが欲しいのですが、先立つものがなく、今のところはこのままのスタイルで行こうかと思っています。

確かに持ち運びが大変ですが、これも色々なことを求めると必然的にそうなってしまいますから、仕方がないことですね。
  1. 2006/11/11(土) 23:36:59 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/148-3d944514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。