野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟

9月15日(土)は谷津干潟に行ってきました。
ようやく雨も上がり、天気予報ではつかの間の曇り空のようで、お天気的には今一歩ですが、行くことにしました。

当日はいつもの騒がしい連中もいなくて、唯一そのグループの1人は来ていましたが、静かで快適に観察をすることが出来ました。

ご年配の方々がグループで観察に来ていて、話しかけられましたので、少しだけお話をして、カメラのファインダーでとらえていたオバシギ君たちを見せてあげました。

こういった自然で短時間のお話であれば、いっこうにかまいませんし、鳥君を見てもらうためにもファインダーを覗くことも別にかまわないと思います。

要するに話の程度の問題なのです。

さて、当日はさすがに干潟は寂しい限りで、うちでも鳥君の数がカウントできるくらいにしか来ていませんでした。

しかし・・・・。

また、この干潟は長方形で短辺は地図の縮尺からはかると約400mくらいの様です。
一面見通せるので、あまり距離感は感じませんが、結構距離があると感じました。
一応干潟のいたあたりを思い出して、大体カメラからどれくらいの距離で撮影したかも書いていこうと思いました。

IMG_532115.jpg


遙か遠くにダイサギ君とアオサギ君です。
距離はうちのいる南側のシェルターから正反対のバラ園側、約500mくらいはあるでしょうか。

IMG_539915.jpg


何やら考え事中コサギ君です。
距離は真ん前のアヒル島、20m程度です。

IMG_542415.jpg


羽繕いウミネコ君です。
余念がありません。
距離:真ん前のアヒル島で約20mくらいです。

IMG_543615.jpg


ミユビシギ君が2羽来ていました。
実際に会うのは初めてです。
距離:短辺の真ん中より少し向こう側、約250mくらい。

IMG_546515.jpg


ダイゼン君、何故かここが気に入っているのか、ずっといました。
距離:短辺の真ん中くらいですから、200mくらいのところ。

IMG_556315.jpg


待ちに待ったダイシャクシギ君です。
ここでもダイシャクシギ君と後に出てくるホウロクシギ君は今シーズン初認かと思われます。
一番乗りで会うことが出来ました。1羽来ていました。
くちばしの長い系が今年は少ないなどと書いているさなか、運がよかったというのか、思いが通じたというのか、うれしいものです。
しかし、はるか遠くです。
距離:短辺の真ん中と対岸の中間くらいですから、300mくらいのところ。

IMG_598215.jpg


ソリハシシギ君とトウネン君です。
おのおの2羽、2羽と来ていました。
距離:この時は東側の一番南側デッキに移動しましたので、100mくらい短辺を差し引いたとして、150mくらいのところ。

IMG_601615.jpg


目が大きくてかわいいダイゼン君です。
先のアオサのところにいた個体とは別のようです。
ダイゼン君は3羽と言うところでした。
距離:約100mくらいのところ。

IMG_616715.jpg


ホウロクシギ君です。1羽でした。
やはり今シーズンの初認です。
距離:約50mくらいのところ。

IMG_638215.jpg


先のダイシャクシギ君、少し動いていたのですが、あとはずっとお休み状態でした。
アオサギ君とお休みダイシャクシギ君です。
距離:バラ園側、約400mくらいのところ。

IMG_638415.jpg


セイタカシギ君がいないと思っていたら、川の方に近い場所にいました。
干潟の最先端に2羽でした。
距離:約400mくらいのところ。

IMG_659115.jpg


オバシギ君たちです。
もう水没寸前のところにかたまって、12羽いました。
一番右側に後ろ姿ですが、ちょっと違うのがいますが、ダイゼン君です。
距離:約150mくらいのところ。

IMG_676315.jpg


キアシシギ君の子供か冬羽の状態です。
実はこのシギ君が誰か、ご年配の女性に聞かれたのですが、模様の点で疑問のようでした。
一応キアシシギ君の幼鳥ではと答えておきましたが・・・。

距離:約15mくらいの至近距離です。

IMG_698015.jpg


ダイゼン君2羽(羽の感じがかなり違いますが)とオバシギ君です。
距離:100mくらいのところ。

DSCF992715.jpg


駐車場で見かけない蝶君が出迎えてくれました。
後で調べてみるとゴマダラチョウ君の様です。
木の高い位置に止まっていたために翅の模様がはっきりしないのが残念です。

DSCF992915.jpg


同じくです。もうちょっと近くに寄りたかったのですが・・・。
距離:これはサブカメラでの撮影で5m弱の至近距離です。

当日は個体数は数えることが出来るくらいに寂しい状況でしたが、ホウロクシギ君、ダイシャクシギ君と一番乗りで会うことが出来たこと、そして、ゴマダラチョウ君に初めて会ったこと、ミユビシギ君にも初めて会ったことなど、収穫は多い1日でした。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/16(土) 12:13:55|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ベランダの住人 | ホーム | 在庫から 19>>

コメント

こんにちは

ひろゆきさんのページで
「川鵜」についての誤解をご指摘いただきました

少しだけですが、記事、写真を見せていただきました
自然な姿の野鳥を愛されているのですね。

ところで、私のコメントに「偏見」や「人間のエゴ」を感じられたのでしょうか
どちらにも善悪をつけた表現はしていないはずなのですが・・・・・。
  1. 2006/09/24(日) 00:36:56 |
  2. URL |
  3. tettyan #-
  4. [ 編集]

こんばんは、わざわざお越しいただき誠にありがとうございます。
実際にそのテレビを見ていないのですが、いろいろな情報から聞くところによるとかなりひどい扱いを受けているように聞きました。

>ところで、私のコメントに「偏見」や「人間のエゴ」を感じられたのでしょうか
どちらにも善悪をつけた表現はしていないはずなのですが・・・・・。

確かにそうですね。
少し書き方がきつかったようでしたらお許しください。
ただ、ひろゆきさんのブログも結構いろいろな方がご覧になっていますので、きちんと考えを説明しておきたかっただけです。

あとでそちらにもお伺いいたします。
  1. 2006/09/24(日) 00:49:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/131-8c69db6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。