野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟 再び

7月22日(土)は曇り空でしたが、谷津干潟に再び行って来ました。
シギ君・チドリ君の季節も始まっていますので、やはり様子だけでも見に行こうと思いました。

さすがに写真を撮るには分厚い雲に空は覆われていて、何とか撮ったはいいのですが、暗い写真ばかりになってしまいました。

干潟はサギ君たち(ダイサギ君、コサギ君、アオサギ君)が100羽以上、かなり目立ちました。
その中にシギ君たちがいました。

土曜日ですので、かなり混み合うのではと思ったのですが、さすがにこのお天気では写真を撮るには厳しく、写真を撮っている人はあまりいませんでした。
お陰で悠々と写真を撮れたのは良いのですが・・・。

IMG_190213.jpg


まず駐車場で出迎えてくれたのはムクドリ君の子供でした。
この時期は干潟にもムクドリ君の親子たちが沢山います。

IMG_196113.jpg


オオヨシキリ君ですが、子供でしょうか、それとも・・・。
頭が禿げているというか、怪我をしているのでしょうか。
1羽だけ、盛んにさえずっていました。
頑張って欲しい物だとつい応援したくなります。

IMG_212313.jpg


ウミネコ君は5羽ほど、遠くに佇んでいました。
これからどんどん多くなって来る季節です。

IMG_215513.jpg


シロチドリ君は1羽でした。
目が合ってしまったでしょうか。

IMG_232113.jpg


キョウジョシギ君は10羽ほど来ていました。

IMG_235513.jpg


キアシシギ君とキョウジョシギ君たちです。
殆ど干潟のど真ん中、ちょっと遠いです。

IMG_236313.jpg


カルガモ君の子供たちも干潟に出ていました。
この子はこの前淡水池にいたアヒル君の混ざったようなと思った親子で3羽とも元気にしていました。

IMG_241413.jpg


キアシシギ君です。
この時期は一番多く、70羽はいたかと思います。

IMG_242513.jpg


葦の葉に上っているカニ君です。
葦の葉に上っているのは初めて見たので、つい撮ってしまいました。

IMG_244813.jpg


アオサギ君です。
40羽くらいはいたかも知れません。
干潟のあちこちでかなり目立ちます。

IMG_246013.jpg


さて、アオアシシギ君でしょうか。
遠くに1羽佇んでいました。

IMG_255413.jpg


葦の葉に器用にとまった鳥君がいたので、ヨシゴイ君かなと思ったら、ホシゴイ君でした。
そう言えば、今日はヨシゴイ君の話題を聞きませんでした。
残念ながらいなくなってしまったのでしょうか?

IMG_268113.jpg


カイツブリ君の子供たちです。
この前卵が3個(実際は4個あったそうです)あって、無事に4羽生まれたようですが、2羽しか見えませんでした。
まだ、生まれて1週間足らずでしょうか、縞模様がそんなにはっきりとは出ていません。

IMG_284213.jpg


泳いでいるところではありませんでしたが、カイツブリ君の子供が親の背中に乗っているところをようやく撮影できました。
念願の写真ですが、もう少し近く、泳いでいるところだったら良かったのですが・・・。

IMG_298013.jpg


ホシゴイ君です。
まだ産毛が何本か見えます。

IMG_302313.jpg


こっちもホシゴイ君、別個体です。
丁度真ん前に飛んできました。

IMG_303713.jpg


チュウサギ君ですが、手前に葦の葉が挟まってしまったようです。

IMG_315513.jpg


コサギ君の子供のようです。
観察センターのガラスの中から撮影しました。

IMG_317313.jpg


カルガモ君の子供たちです。
これも観察センターのガラスの中から撮影しました。

IMG_322713.jpg


メダイチドリ君でしょうか。
シロチドリ君と違って、首の所に輪のような物があるので良いと思うのですが・・・。

IMG_328413.jpg


ソリハシシギ君です。
東京港野鳥公園では良く会いますが、ここでは珍しいかも知れません。
1羽だけ、キアシシギ君に混じって行動していました。

IMG_334113.jpg


満潮時、やはりいつもの所に集まってきました。
キアシシギ君にキョウジョシギ君、右から3羽目は?イソシギ君のような感じもしますが・・・。

IMG_335613.jpg


ダイサギ君とコサギ君ですが、ずっと一緒に寄り添っていました。

IMG_342313.jpg


またまたホシゴイ君ですが、成鳥になりかけの中途半端な色合いです。
こういう個体は勿論存在するでしょうが、初めて見ました。

IMG_345213.jpg


こっちは成鳥のゴイサギ君です。

淡水池にはホシゴイ君(子供)2羽、中途半端なホシゴイ君が1羽、成鳥のゴイサギ君が1羽と4羽揃っていました。

IMG_349313.jpg


ハクセキレイ君の子供ですが、いつも元気に飛び回っています。

IMG_333113.jpg


ダイゼン君たちが遠くに佇んでいました。
3羽いるのですが、もう1羽は誰でしょうか?
写真を見るまでは気が付きませんでしたが、どうもオバシギ君の様な、そんな気がします。

IMG_357813.jpg


夕方帰ろうと思って片付けをしている時に頭上で何羽か鳥君がとまりました。
ムクドリ君だと思って、見過ごすところでした。
良く見るとコムクドリ君でした。

IMG_360813.jpg


広場の菜の花の中にキジバト君です。

分厚い雲での曇り空の中、写真を撮るのには条件的に厳しいでしたが、結構枚数だけは撮りました。
段々とシギ君たちも増えているようですし、子供たちも元気でこれからが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/24(月) 03:12:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京港野鳥公園 | ホーム | 谷津干潟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/112-443874ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。