野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井頭公園 (2月上旬編・その2)

今回は栃木県井頭公園の2月上旬編、その2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090321_b06.jpg


ビンズイ君です。
昨シーズンと全く同じ場所にいました。

いつもの事なのですが、どうもこの胸の模様がすっきりと写せません。
そして、じっとしていませんので、大変に撮影には手がかかる個体でもあります。


20090321_b07.jpg


いつものガチョウ君たちです。
ツールーズガチョウ君が3羽、エムデンガチョウ君が2羽、シナガチョウ君の白タイプ、シロガチョウ君が1羽と言う構成のようです。
この6羽はいつでもどこでも一緒に行動をしています。


20090321_b12.jpg


カワウ君です。
繁殖羽になってきている個体です。


20090321_b13.jpg


ミコアイサ君です。
今回は♂♀1羽ずつ、遠くにいましたので、これが精一杯でした。


20090321_b15.jpg


コガモ君です。
今回は遠いところばかりにかたまっていました。


20090321_b14.jpg


シロハラ君です。
この日はシロハラ君を結構園内のあちこちで見掛けました。


この日の鳥類は以上でした。
強風のために撮り損ねた種類、失敗した種類も多くいましたが、全体的に少なめであったのではと言う感じも受けました。


その1と同じく、フィールドノートです。


20090201井頭公園


クリックして拡大、更にその表を拡大しないと見にくいかも知れません。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/25(水) 15:21:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:8

井頭公園 (2月上旬編・その1)

今回は栃木県井頭公園の2月上旬編、その1です。

実はこの場所には今年に入って、1月と2月で4回足を運んでおります。
本当は多々良沼と井頭公園を数回ずつと思っていたのですが、多々良沼は行こうと思ったときに限って、強風模様の予報が多く、それだったら風の強くない井頭公園にと言う事で行く回数が増えました。

結局のところ、今年に入って現在で井頭公園4回、多々良沼1回と言う実績です。

当日のお天気はおおむね晴れ模様でしたが、強風を避けて来たのにも関わらず、予報は完全に外れ、突風も吹く、完全なる強風状態でした。

しかし、遠いところ、来てしまったからにはそのまま帰るわけにも行かず、風の様子を見ながらまわりました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090321_b09.jpg


マガン君です。
初めて会う種類でした。

今まで栃木県にも稀に来ていたようですが、いつも空振りでした。

このマガン君、情報からですが、実は今現在でもここにいるようです。

ある説では移動中にはぐれてしまった幼鳥がこの場所に舞い降りて、そのままいると言う事ですが、確かにその可能性は強そうです。

情報からではガチョウ君たちと行動をともにしていると言う事でしたが、うちが行った時にはアヒル君たちと一緒に行動していました。

この先どうなるかはわかりませんが、自分をアヒル君またはガチョウ君と思って、そのままいる事にしたのでしょうか。

1羽だけと言うのも心配ですし、今後の動向が気になるところです。

ただ、考え方によっては少なくともこの様に人間に近い場所にマガン君がいるのはある意味、貴重ではないかとも思えます。


20090321_b01.jpg


アトリ君です。
この時は30羽ほど飛んできましたが、強風で撮影はうまく行きませんでした。


20090321_b02.jpg


ジョウビタキ君が道路の真ん中にいました。


20090321_b03.jpg


カルガモ君です。
大変な強風のために池の水面も波立っており、待避してきたかのようでした。

そして、依然として、カルガモ君はこの場所には大変に多く、前回に比べ少なくなったとは言っても、800羽ほどの個体数がいました。


20090321_b04.jpg


オナガガモ君です。
ここでは鳥見亭と言うところの真ん前に多くかたまっています。


20090321_b05.jpg


ついでにオナガガモ君の♂です。


20090321_b08.jpg


オオハクチョウ君です。
ここではハクチョウ類は殆ど来ませんので、大変に珍しいです。

ただ、今シーズンは例年になく、滞在をしているようでもあります。
この日は幼鳥2羽を含む、7羽が来ていました。


20090321_b10.jpg


同じく、オオハクチョウ君ですが、いる場所が殆ど逆光状態のために、撮影はうまく行きませんでした。


その1はこのあたりですが、この日は強風と言う事もあったのでしょうか、いつもと違った傾向が見られました。

フィールドノートです。クリックして拡大、また表が大きいですので、更に拡大しないと見にくいかも知れません。

20090201井頭公園


ここでわかる事は、水鳥類が殆どボート池に集中していたと言う事です。

おおむね、水生植物園、ラグーン池、その他にある程度分散しているのですが、今回はボート池以外はさっぱりいないと言う状況でした。

これが強風による一時的な事なのか、それとも何かの影響なのかは良くわからず、気になる事でもあります。

その2に続きます。
  1. 2009/03/21(土) 18:26:40|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

清澄庭園 (12月下旬編)

今回は清澄庭園の12月下旬編です。

ここにはつい先日にも行っておりますが、その時の光景は後日掲載したいと思います。

当日はおおむね晴れ模様ではありましたが、時折日差しが閉ざされる事のあるお天気でした。

撮影は EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO 150-500 F4.5-6.3 DG OS HSM 使用で手持ちの撮影です。


20090316_b03.jpg


ユリカモメ君です。
もう今の時期ではお別れの時期ですが、この時は多く来ていました。
昨年の同時期に比べて、約2倍の個体数が集まっていました。


20090316_b04.jpg


そして、北へと旅立つ前の準備なのでしょうか、かたまって水浴びしては、その上空を旋回し、また水浴びしてはの繰り返しをしていました。


20090316_b01.jpg


キンクロハジロ君です。
こちらも昨年の同時期の個体数と比べるとかなり多く来ています。


20090316_b02.jpg


陸の上でのキンクロハジロ君です。
まわりにはヒドリガモ君、オナガガモ君、ホシハジロ君がいて、囲まれてしまって、困っているような表情・行動にも見えました。


20090316_b05.jpg


オナガガモ君です。
ここでは例年では多くの個体数が来るのですが、今回は昨年の同時期と比べ、約1/4とかなり来ている個体数が減ってしまいました。


20090316_b06.jpg


アオサギ君です。
大変に険しい表情をしていますが、その先に何があったのか、誰がいたのかまでは確かめていませんでした。


20090316_b07.jpg


寝ていますが、コガモ君です。

ここではうちの知っている限り、少なくとも4年間はここでコガモ君の姿を見た事がありませんでした。
お聞きするところによりますと以前にはコガモ君がかなり多く来ていたとの事で、何故姿が見えないのか、大変に気になっていました。

ようやく、ここでのコガモ君の姿を確認する事が出来ました。

主観的に考えるに、ここには葦原であるとか、ガマさんであるとか、そう言った環境がないのも大きな原因なのではないかと思いました。


20090316_b08.jpg


コガモ君の♂も樹木に隠れていましたが、姿を確認できました。

確認できたのは、♂2羽と♀1羽です。
ここの環境がコガモ君の好みであるとは到底思えないのですが、継続して来てくれる事を期待したいと思います。


20090316_b09.jpg


岩の上でホシハジロ君です。
キンクロハジロ君と同様、ホシハジロ君も大変に多くの個体数が来ています。
昨年の同時期に比べると、約5倍の個体数でした。


20090316_b10.jpg


そして、スズメ君です。
今年生まれでしょうか、頑張って欲しいものです。


20090316_b11.jpg


最後はいつもいる、アヒル君です。


いつもの如く、表を添付しておきます。
クリックして拡大してご覧ください。


20081223清澄庭園


こうして見ると昨年の同時期に比べ、おおむね水面採餌型のカモ類は減少傾向で、潜水型のカモ類が大変に増えている傾向があるのではないかと思われます。

これは先日掲載した、旧芝離宮恩賜庭園とも共通する事です。
行く所でたまたまと言う事も勿論考えられますが、おおむね都内全体の傾向的には当たっているのではないかと考えています。

大きな原因は人間の行動によるものではないかと推測されますが、これがどのような事なのか、人間の目に見えないところが更に気になるところです。
  1. 2009/03/17(火) 14:19:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

とある場所

今回は神奈川県のとある場所にオガワコマドリ君が来ているとの事で、会いに行ってきました。

数年前に同じく、神奈川県の鶴見川に来ていた事もあったのですが、その時は仕事の関係上、撮影に行く事が出来ず、今回は何とかその姿だけでもと思い、まだいるかどうかの不安はあったものの、仕事の合間をぬって、強行して行ってきました。

その場所は初めて行く場所ではありましたが、うちがいつも重要視している車両の駐車場に関しても問題がありませんでしたし、迷うことなく、すぐにわかるところでもありました。

この日はおおむね晴れ模様でしたが、出来た写真はどうも今一歩の感じです。

朝方の08:30頃には現地に到着しましたが、すでの30人近い砲列が並んでいました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。

*オガワコマドリ君、珍鳥中の珍鳥とも言われていますので、掲載に関しては一般的な通例に従って、場所名で掲載するのではなく、「とある場所」として掲載しました。


20090311_b01.jpg


待つ事、1時間以上、ようやく葦原から姿を現しましたが、またすぐに隠れてしまいました。
オガワコマドリ君です。
勿論初めて会う種類でしたが、この場所は葦原に近付く事も出来ず、外周道路の柵の外からでしか撮影が出来ない事から、被写体までの距離が大変に遠いです。

また、このオガワコマドリ君、思いの外に小さいというのが第1印象でした。

実際に見るまでは、多分ツグミ君くらいの大きさなのかなと漠然と思っていたのですが、全く違って、スズメ君とほぼ同じくらいの大きさでした。
足が少し長いですので、スズメ君よりは大きく見えますが、実際に胴体はスズメ君とほぼ同じ大きさで大変に小さいです。

手持ちの書籍では、オガワコマドリ君は「ユーラシア大陸の中部以北に夏鳥として渡来、繁殖し、冬期はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬する。」とあります。
この小さな身体で大変な距離を移動している事には改めて驚くばかりです。

撮影条件は被写体の大きさと背景を含めて、かなり厳しいですが、これもその場所場所、仕方のない事です。


20090311_b02.jpg


実際には1時間~2時間ほど待って、姿を現したと思うとすぐに葦原の中に隠れてしまいます。
北風も強く、少し高台ともあって、大変に寒いです。

20090311_b03.jpg

この写真が一番距離的には近くなった時です。
とは言っても、前の2枚と殆ど変わりませんが・・・。

結局の所、朝の08:30に現地に到着して、夕方の16:00近くまでいましたが、ずっと待ちの状態で、撮影チャンスは延べ7時間半のうち、ほんの数回、時間にするとほんの数分と言ったところでした。

取り敢えず今回は、合間にその他の種類も撮影できましたし、オガワコマドリ君に関しては空振りに終わることもなく、何とか遠いながらも撮影をする事が出来ましたので、強行して行って正解でした。

時期的にはもうそろそろ、繁殖地に帰る頃ではないかと思いますが、十分に栄養・体力を付けて、道中の無事を祈り、その場を後にしました。

またこの場所に行ける時間があれば、早いうちに行きたいところですが、仕事の関係上どうなるか全く予測が付かない状況です。
  1. 2009/03/12(木) 02:51:39|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。