野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水元公園 (その1)

今回は水元公園です。

当日は天気予報では晴れのはずでしたが、殆ど曇り空のお天気で、これと言った写真も撮れずになってしまいました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090129_b11.jpg

アメリカヒドリ君です。
と言いたいところですが、大変に微妙です。
身体全体の特徴などを見るとアメリカヒドリ君としても良いかと思われますが、限りなくアメリカヒドリ君に近い、アメリカヒドリ君×ヒドリガモ君の可能性もなきにしもあらずです。

ここでは毎年、多くのヒドリガモ君の中に必ず1羽だけいます。


20090129_b12.jpg

同じ個体、水から上がったところ、全体像を撮ってみました。
アメリカヒドリ君としても良さそうですが・・・・


20090129_b01.jpg


駐車場で車を降りてすぐ真ん前にいました。
カワラヒワ君です。
日が当たらず、すっきりしない画像になってしまいました。


20090129_b02.jpg


コサギ君です。
何故かずっとじっとしていました。


20090129_b03.jpg


こちらはダイサギ君です。
この様な格好をしているのはそう見る事ではありませんが、首を縮めて、何ともかわいいダイサギ君です。


20090129_b04.jpg


ハクセキレイ君です。
残念ながら、尾の先が切れてしまいました。
日の当たらない場所での撮影、やはりすっきりとしません。


20090129_b05.jpg


オナガガモ君です。
ここではどちらかと言いますと少数派であまり姿を見掛けません。


20090129_b06.jpg


ユリカモメ君です。
少し飛び気味の画像になってしまいました。
ここではやはり個体数は多く、200羽ほどはいるようでした。


20090129_b07.jpg


キンクロハジロ君です。
厚い雲で日が遮られた時の撮影ですが、この日はこの2羽しか見掛けませんでした。


20090129_b08.jpg


カワセミ君です。
少し遠すぎました。


20090129_b09.jpg


コガモ君です。
やはりここでは少数派です。


20090129_b10.jpg


ヒドリガモ君のペアです。


その1はこれくらいですが、やはりヒドリガモ君が圧倒的に多く、あとの種類は少数派と言う感じです。
そして、潜水系(キンクロハジロ君、ホシハジロ君など)のカモ類が毎年の事ですが、大変に少ない傾向です。

そして、サギ類も予想以上に個体数が少ないのと、冬の小鳥類もあまり見掛けなかったのが大変に気になっている事です。

もう一つは、昨シーズンのアヒル君とオシドリ君ですが、オシドリ君もいませんし、アヒル君も姿が見当たりません。
アヒル君がどこかに飛んで行ってしまうと言う事は考えにくい事であり、大変に心配でもあります。


いつもの如くの表です。
クリックして拡大してご覧ください。
ただ、今回は表がかなり大きいですので、更にその画像内でクリックして拡大しないと見にくいかも知れません。

20081224水元公園

次回はその2に続きます。

***最近の更新はTOPページから、「お知らせ・情報掲示板」です。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 05:33:03|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

旧芝離宮恩賜庭園

今回は旧芝離宮恩賜庭園です。

この場所は東京都の庭園の中でもかなり気に入っている場所で通年良く行く場所でもあります。

当日のお天気は全く日のささない、曇り空の状態で暗い写真ばかりとなってしまいました。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM 使用で手持ちでの撮影です。


20090123_b03.jpg


ホシハジロ君です。
お天気のあんばいで露出補正をいつもよりも2段上げているために、水面の色合いが飛び気味となってしまいました。

昨シーズンの同時期と比べて、約3倍の個体数とかなり多く来ています。


20090123_b01.jpg


コサギ君です。
人間にかなり近い場所にいました。
と言いますか、人間を全く気にしていないかの様に行動をしていました。


20090123_b02.jpg


キセキレイ君です。
ここではうちの知っている限り、その姿を見掛けた事がありませんでしたが、今シーズンは1羽来ています。


20090123_b04.jpg


オナガガモ君です。
ここではどちらかと言いますと少数派で10羽程度と例年通りの個体数が来ています。


20090123_b05.jpg


中の島でアオサギ君です。


20090123_b06.jpg


カルガモ君です。とは言っても、良く見るとカルガモ君に限りなく近い、マルガモ君の様でもあります。


20090123_b07.jpg


カワセミ君です。
このカワセミ君もうちの知っている限りでは、ここでは見た事がありませんでした。
多分今シーズン、どこからかここに来たものと思われます。


20090123_b08.jpg


オナガガモ君の♂です。


20090123_b09.jpg


キンクロハジロ君です。
昨シーズンの同時期に比べて、約5倍の個体数とかなり多く来ている状態です。


おおむね、普通に見られる種類が殆どではありますが、今シーズンは昨シーズンの同時期と比べて、ホシハジロ君とキンクロハジロ君の個体数がかなり多くなりました。

反対にオナガガモ君、カルガモ君、ヒドリガモ君などのカモ類は昨シーズンの同時期と比べてもほぼ同じ個体数です。

この潜水系のカモ類の個体数がかなり多くなったと言う事はどのような意味合いを持つのか、大変に気になるところでもあり、今後もその動向を見ていきたいと思います。

そして、この場所で今まで見掛けなかった、カワセミ君とキセキレイ君、こちらも今後の動向が気になるところです。

一昨年にここにはミコアイサ君の♂が1羽だけ滞在しましたが、昨シーズンも見掛けず、今シーズンも来ていない状況です。
ここに来るミコアイサ君、大変に楽しみにしているところなのですが・・・。

いつもの如く、表も添付しておきます。
画像ファイルですので、クリックして拡大してご覧ください。

20081222旧芝離宮恩賜庭園


この表ですが、画像ファイルですと見にくい面もあり、PDFファイルでも作成しているのですが、残念ながら、このブログではPDFファイルがアップロードできません。
何か、見やすい良い方法がないか、現在検討をしている段階です。
  1. 2009/01/23(金) 10:17:11|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

舞岡公園

今回は久しぶりに舞岡公園です。

当日はおおむね、晴れ模様でしたが、森林内は日の陰る場所も多く、撮影条件は今一歩と言う感じでした。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090117_03.jpg

アオシギ君です。
今シーズンも来てくれていました。


20090117_01.jpg


ヤマシギ君です。
昨シーズンは1羽しか見掛けた事がなかったのですが、今シーズンは2羽一緒にいるようです。
しかし、遠いところばかりにいて、なかなか近付いて来ないのと、日の当たるところに出てきてくれないところが、撮影条件的には難しいところでした。


20090117_02.jpg


同じく、ヤマシギ君ですが、こうして見ると、くちばしが意外に短いのに気が付きました。
もう1羽の方はお尻だけ見えている状態です。

そして、蛇足ですが、いつもいるはずのタシギ君が今回は見当たりませんでした。


20090117_04.jpg


キンクロハジロ君です。
ここでは毎年、カモ類は大変に少なく、カルガモ君がいるだけしか見た事がなかったのですが、今回は、キンクロハジロ君の♀が1羽だけ来て、定着しているようです。



20090117_05.jpg


アオジ君です。
ここでは多くの個体数がいると思われ、また、人間に大変に近い場所にいます。
スズメ君が人間の足下をうろうろしているのかと思って、良く見ると、ここではその殆どがアオジ君だったりします。


20090117_06.jpg


コサギ君です。
サギ類はこのコサギ君が1羽だけでした。


20090117_07.jpg


コジュケイ君です。
うちが行った限りでは、藪の中で垣間見る事はあっても、なかなか表に出てきてくれませんので、撮影したのは今回が初めてでした。

うちの場合は撮影が出来なければ、会った事にはしないと言う決めごとをしており、今まで何度も見たにも関わらず、撮影が出来なかったために、このコジュケイ君、やっと今回初めて会う種類となりました。

そして、コジュケイ君は果たして飛ぶ事が出来るのかどうか、今まで不思議に思っていたのですが、その疑問も難なく解けました。
ハシブトカラス君が上空を舞ったときにコジュケイ君が飛び立ち、林を超えて行くのを見る事が出来たからです。
今回はそう言った点からも運が良かったとなるかも知れません。


20090117_08.jpg


アカハラ君です。
もう暗くなり始めた、夕方の撮影で、ISO3200での撮影でした。

今回はヤマシギ君とアオシギ君の撮影をメインにしていましたので、その他の種類はそれほど撮る事もなく、掲載写真は少なくなりました。

また、鳥類相に関しても地味ではありながら、ヤマシギ君とアオシギ君が毎年来ると言う事は大変に貴重ではないかと思われます。
そして、アリスイ君とクイナ君もいるはずなのですが、待てども葦原から出てきませんでした。

いつもの如く、表も添付しておきます。

20090115舞岡公園

次回の掲載は今のところ、未定です。

***最近の更新はTOPページから、「お知らせ・情報掲示板」です。
  1. 2009/01/17(土) 05:32:07|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

栃木県 井頭公園 (その2)

今回は栃木県の井頭公園のその2です。

前回のその1では水鳥類を主に掲載しましたが、今回のその2ではそれ以外の種を主に掲載したいと思います。

前置きはその1と重複しますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090108_01.jpg


駐車場から園内に入るとき、日本庭園がありますが、真っ先に出会ったのが、シメ君でした。
木陰で少し暗かったのが残念でしたが・・・。


20090108_02.jpg


エナガ君ですが、角度があまり良くありませんでした。
シジュウカラ君たちと混群をつくっていました。


20090108_03.jpg


コゲラ君、懸命にイラガ君の卵を突いていました。
ずっと様子を見ていますと、最後にはあまりに突きすぎたのか、落としてしまいました。
さて、どうするのかと、その次の行動を期待していたのですが、イラガ君の卵の落ちた地面には見向きもせずに、別の枝に飛び移って行きました。
今回はコゲラ君の行動、性格を垣間見たような気がしました。

**1月21日追記
  kurabar さんよりご指摘を頂きました。
  イラガ君の「卵」ではなく、「」でした。
  ご指摘を頂きました、kurabar さんにはここに感謝御礼を申し上げます。


20090108_04.jpg


セグロセキレイ君です。
ここには例年、仲の良い2羽がいますが、今回の2個体もいる場所、そして行動的にもほぼ同じで、毎年いる個体と全く同じ個体なのではないかと考えられます。


20090108_08.jpg


スズメ君です。
ここでは意外とスズメ君の個体数はそれほど多くはありませんでした。


20090108_15.jpg


アオサギ君です。
木の上にとまって、池を見渡しているかのようです。

ここでのサギ類は今回、このアオサギ君だけで、他の個体は見掛けませんでした。
サギ類がかなり少なくなったような、そんな感じにも思えてきます。


20090108_16.jpg


シロハラ君です。
咄嗟のことで、後ろ姿しか撮れませんでした。


20090108_17.jpg


アトリ君です。
5羽ほどで行動をしていました。
初めて会う種類でした。

しかし、残念ながら、丁度日が陰ってしまって、大変に暗い写真になってしまいました。


20090108_21.jpg


ハクセキレイ君です。
ここでは個体数は意外に少なく、数羽しか見掛けませんでした。


20090108_22.jpg


水浴びに来た、ヒガラ君です。
かなり久しぶりに会いました。

このヒガラ君とシジュウカラ君、メジロ君、エナガ君、そして、次に掲載しているヤマガラ君と5種の混群を形成していました。


20090108_23.jpg


そして、ヤマガラ君です。
この時も日が陰ってしまい、また暗い場所だったのが残念でした。


昨シーズンに見られなかった種類として、今回はヒガラ君とアトリ君があげられますが、反対に昨シーズンはいたにも関わらず、今シーズンは見られなかった種類は多く、ルリビタキ君やミヤマホオジロ君、ビンズイ君、ジョウビタキ君、トラツグミ君、カケス君などがあげられます。

時間的なもの、その他の要因も勿論あるかと思いますが、種類数は昨シーズンと比べて、少なからず減っているという印象を受けました。

前回と同じ表の添付です。

20081230井頭公園


今回の井頭公園は水鳥系はほぼ例年通り、それ以外は種類数がかなり減っていると感じられました。


***また、ここ数日で、各ブログ(「さぼ道傳説」、「昆虫道傳説」、「植物道傳説」のそれぞれ)をはじめ、掲示板関係も更新、記事のアップをしております。
このホームページ(さぼ道傳説)全体の更新情報は、TOP( http://yoshino88.com )ページの下方の「お知らせ、更新情報などはこちらの掲示板です。」の掲示板にホームページ全体から更新、アップがあるごとにその項目を掲載しておりますので、ご覧頂ければと思います。
お忙しい中、皆様方にわざわざ各ページを開く手間が省ける様にと設置した掲示板です。
  1. 2009/01/13(火) 03:37:41|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14

栃木県 井頭公園 (その1)

今回は栃木県の井頭公園のその1です。

この場所は毎年、年末年始にかけて必ず行くようにしています。
アクセスに関しては昨年までは、北関東自動車道が宇都宮上三川までしか開通していませんでしたので、大変に不便でしたが、今年はその先も延伸し、真岡から大変に便利にアクセスできるようになりました。

更に来年はバイパスも出来て、更に便利になるような感じです。
アクセスに関しては大変に便利になりましたが、山を切り開き、大変な自然環境を犠牲にしている事を考えれば、気持ち的には複雑でもあります。

当日は晴れたり、曇ったりのお天気模様でした。

ルート的には毎年同じなのですが、駐車場~ボート池鳥見亭側~1万人プール~水生植物園~ボート池時計回り~湿地植物園~釣り池~ボート池とまわっていきました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。

20090108_12.jpg


ミコアイサ君です。
昨年と全く同じ個体数ですが、♀が少なくなり、♂が増えました。


20090108_13.jpg


ミコアイサ君、上の写真の個体と一緒に行動していた個体です。
感じ的にかなり違った雰囲気に見えます。
この時期は太陽の高度が低く、白飛びをおさえるのが大変に難しいです。
白飛びをおさえると暗い写真となってしまい、反対にある程度明るさを確保すると、必ず白飛びしてしまいます。
露出を変えて、何枚も撮影しましたが、うまく行きませんでした。


20090108_14.jpg


ミコアイサ君の♀です。


20090108_11.jpg


カルガモ君です。
例年と同じく、大変に多く、1000羽以上はいるようでした。


20090108_09.jpg


マガモ君です。
カルガモ君と同じく、大変に多くの個体数がいて、やはり、1000羽ほどはいるようです。


20090108_07.jpg


この個体はアヒル君なのか、マガモ君なのか、それとも・・・大変に悩みました。
特徴的なものを考えると身体はマガモ君ですが、お顔はカルガモ君の特徴を呈しています。
と言う事は、マルガモ君と考えるのが妥当のようです。

アヒル君たちと一緒に行動をしていました。


20090108_10.jpg


カワウ君です。
昨シーズンは50羽程度くらいであったと思うのですが、今シーズンは湿地植物園の樹木上に大変に多くの個体がとまっていました。


20090108_18.jpg


カイツブリ君です。
例年通りという感じですが、個体数的には数羽と言うところで、それほど見掛けることがありません。


20090108_19.jpg


コガモ君です。
翼鏡と頭の色合いがたいへんにきれいな個体でした。

水生植物園とボート池の湿地植物園側に多くかたまっています。


20090108_20.jpg

ヒドリガモ君です。
ボート乗り場付近にかたまっていました。
ほぼ例年通りの個体数で、ここでは少数派です。


20090108_24.jpg


オナガガモ君です。
例年通りの個体数でボート池の鳥見亭付近にかたまっています。


20090108_05.jpg


ガチョウ君です。
こちらも白飛びをおさえるのが大変に難しいです。


20090108_06.jpg

こちらはシナガチョウ君です。
ガチョウ君とシナガチョウ君、6羽はどこでもいつも一緒に行動をしていました。

今回のその1では水鳥類を主に掲載しましたが、全体的に見ると種類・個体数的に考えても、ほぼ例年通りなのかなと言う感じです。

ただ、その中で例外として、カワウ君に関しては大変に多くなったと言うことがあげられると思います。

そして、ここは何故かキンクロハジロ君やホシハジロ君に代表される、潜水系のカモ類が全くいません。
ミコアイサ君も潜水系ですが、別としても、いつも見られる上記をはじめとした潜水系カモ類が全くいないと言うのも大変に不思議なことです。

いつもの如くですが、表も添付しておきます。
今回も表が大きいですので、クリックして拡大、更に拡大しないと見にくいかも知れません。

*表の中で種名が書いてあって、合計「0」としてある種は昨シーズン見られた種類で、今シーズンは見られなかったことを表しています。

20081230井頭公園


次回は引き続き、その2で水鳥類以外の鳥類を掲載したいと思います。
  1. 2009/01/09(金) 03:49:46|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

葛西臨海公園

今回は葛西臨海公園です。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、午後からは強風模様で、曇りがちのお天気でした。

撮った写真を見ていますとどうもこれと言った納得できる写真がありませんが、一通り掲載をします。

この日は第1駐車場~芦が池~海岸側を歩いて、鳥類園へとまわりました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。

20090105_01.jpg


ホテル横の池でカルガモ君です。
ここではある程度の個体数(と言っても12羽でしたが)がいますが、その他の場所にはあまりいませんでした。

20090105_02.jpg


オナガガモ君です。
少し厳しいお顔付きに見えます。

20090105_03.jpg


ヒドリガモ君です。
ペアで来ていましたが、園内ではこのホテル横の池だけでしか、見掛けませんでした。

20090105_04.jpg


ハジロカイツブリ君です。
いつもは水路に多くいるのですが、この日は日が悪かったのでしょうか、3羽しかいませんでした。
ミミカイツブリ君も期待したのですが、それは無理だったようです。

20090105_05.jpg


コサギ君です。
見掛けたのは海岸側で1羽だけでした。
どうも最近、どこに行っても、コサギ君の個体数が少なく、大変に気になっているところです。

20090105_06.jpg


スズガモ君です。
やはり、いつもは数え切れないくらいの個体数がいるはずなのですが、この日は水路に1羽、淡水池に数羽と言うところでした。

奥にいるのは、キンクロハジロ君です。

20090105_07.jpg


オカヨシガモ君のペアですが、遙か遠くでした。
横にはカイツブリ君とオオバン君がいます。

20090105_08.jpg


チュウヒ君です。
オオバン君が捕まってしまったようですが、チュウヒ君の生命を繋いだオオバン君は話によると元々かなり弱っていた個体だったようです。

この日はチュウヒ君が珍しく、3羽来ていました。

20090105_09.jpg


木の上でアオサギ君です。
幼鳥のようで、余裕で日向ぼっこスタイルです。
その見ている先には先の写真のチュウヒ君がいます。

20090105_10.jpg


ダイサギ君です。

20090105_11.jpg


ホシハジロ君です。

例年に比べて、まだまだ個体数的には少ない感じです。
ざっと数えた限りでは、300羽程度で、例年の数千羽には到底時間がかかりそうです。


20090105_12.jpg


バン君は葦原の際で出たり入ったりしていました。
ここには3羽のバン君が見えます。
横で寝ているのは、コガモ君です。

20090105_13.jpg


上空ではミサゴ君が旋回、繰り返しホバリングをしていました。
いきなり、急降下したりしますが、何を狙っているのか、良くわかりませんでした。

20090105_14.jpg


これは大変にわかりにくいです。
まさに葦原と同化してしまっているかの如き、タシギ君です。
この日は2羽で採餌をしていました。

写真は以上ですが、いつもの如く、進歩のない表も添付しておきます。
今回は表が大きいですので、見にくいかも知れません。
クリックしてご覧下さい。場合によっては更に拡大した方が見やすいかも知れません。

20081221葛西臨海公園


こうして見ると、ここは海・陸・そして猛禽類と大変に恵まれており、鳥類の種類も単一ではなく、多岐に渡っていることが伺えます。


***お知らせとお願い***

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
この度、かねてより計画をしていました、HP各分野の分割、再編ですが、何とか取り敢えずと言う感じですが、半ば終了致しました。

この「野鳥道傳説Ⅱ」は容量がいっぱいになり次第、「野鳥道傳説Ⅲ」へと移行します。

また、今まで昆虫類、植物類、動物類も全てこの「野鳥道傳説Ⅱ」に掲載していましたが、今後は新設した、「昆虫道傳説」、「植物道傳説」、「動物道傳説」へとそれぞれ掲載を移行するようになります。

そして、その項目ごとに今回は、ブログだけではなく、画像掲示板もそれぞれ設置致しました。

2つの場が出来ることで、更に幅が広がるものと考えています。

また、不明種のその後や主観的な考察、その他なども、その時々によって変わりますが、ブログへの追記ではなく、画像掲示板にて掲載して行く予定にしています。

そこでお願いしたいことですが、このブログに直接お越し頂いている皆様方、そうでない皆様方も、出来れば、TOPページ( http://yoshino88.com )をお気に入りにご登録頂き、TOPからそれぞれの項目にお越し頂ければ、大変に幸いです。

このブログからは各ブログにはリンクがありますが、各項目のコンテンツとそれぞれの「画像掲示板」には行く事が出来ません。

以上、皆様方には大変にお手数をおかけ致しますが、一つよろしくお願い申し上げます。
また、ご意見は掲示板やメール、またブログのコメント内でも何なりとお寄せ頂ければ、幸いに存じます。

各画像掲示板に関しましては皆様方からのご投稿もお待ち申し上げておりますので、どうぞご活用ください。

現在、「昆虫道傳説」では1月4日に「松木公園(10月下旬編)」をアップしております。
「植物道傳説」では1月5日に「葛西臨海公園・鳥類園」をアップしております。
合わせて、ご覧頂ければ、嬉しい限りです。
  1. 2009/01/05(月) 00:12:27|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

2009年

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は多くの皆様方にご覧いただき、また多くのコメント、暖かいお言葉、ご指導・ご鞭撻を賜りましたこと、大変に感謝しております。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

20090101_01.jpg

この写真はかなり大昔(とは言っても3年くらい前)に等々力緑地で撮影した、EOS 20D時代のものです。

追伸:また、先日掲載した、コカマキリ君も無事に年を越すことが出来ました。
昨日は一旦姿が見えなくなりましたが、今日また姿を確認する事ができました。
後日、その観察記録とともに再度掲載をしたいと思っています。
  1. 2009/01/01(木) 16:27:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:22

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。