野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

今回は3月中に3回行った、東京港野鳥公園の1回目の在庫を整理したものです。

おおむね、2週間ほど前で、今でこそカモ君たちはかなり少なくなってきていますが、この時はまだまだ多くのカモ君たちがいました。

また、シギ・チドリ類の季節到来を告げる、コチドリ君は現在は5羽ほどコンスタントに来ているようですが、この日はまだ来ていない状況でした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

IMG_014039.jpg


オオジュリン君です。
今シーズンはどこに行ってもさっぱりで、写真は残せないかなと諦めていました。
しかし、当日はメジロ君やスズメ君に混じって、葦原ですぐ真ん前に来てくれました。
こう言うこともあるもので、旅立ち前の最後の最後でと言う感じでした。

IMG_030239.jpg


オオジュリン君のかなり頭の黒くなって来ている個体です。

IMG_994539.jpg


ホシハジロ君たちです。
右側の2羽、何とも素晴らしい表情だと思いました。
そのまわりのオスたちの表情も何とも言えません。

IMG_000939.jpg


キンクロハジロ君です。

IMG_003539.jpg


オオバン君です。

IMG_004639.jpg


ホシハジロ君ですが、一瞬、オオホシハジロ君かと思うようなお顔立ちでした。
くちばしの感じ、頭の前頭のなめらかさ、眼の感じなどかなり特徴が似ている様に思います。
ただ、くちばしが真っ黒ではありませんし、白いところがありますので、やはりホシハジロ君の♀です。

IMG_044839.jpg


こちらは普通のホシハジロ君の♀です。

IMG_005839.jpg


カイツブリ君です。

IMG_007639.jpg


イソシギ君です。

IMG_009939.jpg


スズガモ君です。

IMG_020639.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_021539.jpg


遙か遠くにセグロカモメ君が佇んでいました。

IMG_034339.jpg


ツグミ君です。
ここ最近では旅立ってしまったのか、かなり少なくなったように思います。

IMG_038139.jpg


アオサギ君です。

IMG_041139.jpg


マガモ君の♀です。
夕日を浴びて、地味ながら大変にきれいです。

IMG_047839.jpg


マガモ君の♂です。

IMG_052239.jpg


コガモ君です。

IMG_056839.jpg


ホシハジロ君です。

もう4月に入り、カモ君たちも殆ど旅立ってしまい、個体数もかなり少なくなってきています。
今回はその旅立ち前のカモ君たちをメインにして撮影をしました。

次回は「東京港野鳥公園の2回目」です。
やはり、カモ類がメインとなります。
ただ、ちょっと不思議なカモ君がいました。

次々回は「東京港野鳥公園の3回目」です。
カモ類もかなり残っていますが、シギ・チドリ類の季節到来を告げる、コチドリ君が来ていました。

と言うわけで、3回連続で東京港野鳥公園を掲載する予定です。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 22:20:58|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

三番瀬

今回は久しぶりに三番瀬です。
もうそろそろ、ここも潮干狩りの季節となり、その前に1回でも2回でも行けたら、様子を見に行きたいと思っていました。

当日は満潮が午前中で干潮が夕方と、潮の状況があまり良いパターンではありませんでしたし、お天気も晴れてはいるものの雲が多く太陽が隠れがち、、その上に風も強い状況で撮影環境は決して良くはありませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

ここは海側から太陽の日が差していますので、全体的に逆光状況の写真が多くなってしまいました。

IMG_318939.jpg


トウネン君です。
尾羽よりも初列風切が突出気味で足も長く感じられますので、ヨーロッパトウネン君かと思ったのですが、くちばしの感じ、その他を見ても普通のトウネン君の様です。

IMG_260139.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_265239.jpg


カンムリカイツブリ君がうちのいる真ん前に偶然にも潜水から浮かんできました。
斜光状態だったのが残念です。
また、ほぼ夏羽の状態のカンムリカイツブリ君は初めて見るように思います。

IMG_266239.jpg


オナガガモ君のペアです。
足を揺さぶりながら、お互いに逆立ちを繰り返していました。
殆ど北へと旅立ったのか、個体数はかなり少なくなってきています。

IMG_275339.jpg


スズガモ君です。

IMG_276239.jpg


スズガモ君たちです。
何千羽と一斉に飛んでいくスズガモ君は初めて見ましたし、素晴らしい光景でした。
写真ではその光景を伝えきれないのが残念です。

IMG_278139.jpg


ハジロカイツブリ君です。
残念ながら、逆光状態でした。
夏羽になっている個体です。

IMG_281239.jpg


カワウ君たちが行列になって泳いで来ました。
その数は数百羽、そして、順番に飛び立っていきました。

IMG_287139.jpg


ヒドリガモ君です。
やはり、北へと旅立った個体も多いのか、こちらで残っているのはほんの数えるほどです。

IMG_287339.jpg


コサギ君です。

IMG_289339.jpg


スズガモ君の♀です。

IMG_291839.jpg


ダイサギ君です。
どうもくちばしのあたりがまだ中途半端な感じですが、繁殖羽の色合いも出てきている個体です。

IMG_300539.jpg


シロチドリ君です。

IMG_304039.jpg


シロチドリ君の♂です。

IMG_307839.jpg


一見して、ミユビシギ君の様にも見えるのですが・・・。
どうもヨーロッパトウネン君っぽい個体のようにも思われます。
初列風切の突出模様、のどもとが白いこと、背中のV字などなどからですが・・・。

IMG_328339.jpg


ミヤコドリ君です。
こちらも逆光状態だったのが残念でした。
以前遙か遠くに見たことがあるものの、ある程度わかる状態で撮れたのは初めてですので、実質は初見初撮りとなります。
順光で撮れると良いのですが、なかなか難しいです。

IMG_336739.jpg


カモメ君です。
こちらも逆光状態でした。

IMG_340039.jpg


空を埋め尽くすほどのハマシギ君たちです。

IMG_343139.jpg


頭の黒くなってきている、ユリカモメ君も一部いました。
まわりはハマシギ君たちです。

今回は撮影条件が全体的に良くはありませんでしたが、短時間で様々な光景を見ることが出来ました。
潮干狩りの始まる前にまた機会を作って行きたいものです。

あと、今度こそは長靴も用意する必要もありそうです。

そして、これからシギ君・チドリ君の季節が到来します。
ここ1週間で東京港野鳥公園に2回行っていますが、その到来を告げる、コチドリ君が5羽ほど来ています。
そして、本日は谷津干潟でホウロクシギ君が来ていました。
残念ながら、メダイチドリ君は見付けられませんでしたが・・・。

おおむね、4月に入ると段々と種類、個体数も多くなり、4月の中旬からピークになるのが例年の事です。
どちらにしても、あと少し、大変に楽しみです。
  1. 2008/03/29(土) 21:28:20|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14

水元公園

今回はまたまた水元公園です。
少し前に行ったときのもので、この頃は連日ではないですが、集中して4回、ここに足を運びました。

それはオシドリ君とアヒル君のペアがどうしても気になっていたことが一番の理由でした。

今回掲載するのは少し前に集中して4回行った中で3回目の在庫を整理したものです。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

IMG_303939.jpg


まず最初に出会ったのは葦原のメジロ君でした。
くちばしに赤いものが見えますが、これがカイガラムシ君なのでしょうか。

IMG_307039.jpg


メジロ君、もう1枚です。
首をかしげて、こちらの様子をうかがっていました。

IMG_309639.jpg


ツグミ君です。
比較的春に入っても残っている種類ですが、もうそろそろ旅立ちの季節です。

IMG_312339.jpg


コサギ君です。
飾り羽がかなりきれいになっていました。

IMG_316039.jpg


ユリカモメ君です。
風は冷たいですが、お天気も良く、ゆったりとしていました。

IMG_317539.jpg


ジョウビタキ君、久しぶりでした。
今シーズンは例年に比べ、ジョウビタキ君との出会いが少なかった様に思います。

IMG_322339.jpg


コゲラ君です。
良く見るとわずかですが、頭に赤いところが見えます。

IMG_323739.jpg


シジュウカラ君です。
樹木にへばりついていました。

IMG_326039.jpg


ルリビタキ君です。
暗い林床にいて、なかなか明るいところに出てきてくれませんでした。

IMG_328839.jpg


完全な枝かぶりですが、ノスリ君が佇んでいました。

IMG_337339.jpg


オオバン君です。

IMG_361839.jpg


そして、オオバン君のお顔のアップ写真を撮ろうと何回も試みてきましたが、なかなかじっとしていないので、大変に難しいです。
今回は何とか撮ることが出来ました。
それはバン君のように眼の構造がどうなのかと言うことを知るためですが、良く見ると眼球が2重3重になっているように見えますが、バン君ほどはっきりとした感じではないようでした。

IMG_338339.jpg


ダイサギ君です。
この時期個体数は大変に少ないです。

IMG_339039.jpg


カルガモ君です。

IMG_339539.jpg


そして、カルガモ君×マガモ君=通称マルガモ君の様です。

IMG_340639.jpg


コガモ君です。
やはり前回と同じく、♂の個体数は少ないです。

IMG_345239.jpg


バン君です。

IMG_351439.jpg


マガモ君です。

IMG_355939.jpg


ヒドリガモ君です。

IMG_365839.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_367439.jpg


ユリカモメ君です。
この細い杭(竹製でしょうか)がお気に入りのようです。
とは言っても前回とまっていた個体と同じかどうかはわかりませんが・・・。

IMG_369739.jpg


ホシハジロ君は前回から比べるとかなり少なくなり、♀が1羽だけしか見当たりませんでした。

IMG_372739.jpg


オカヨシガモ君、やはり個体数は前回より少なくなり、1ペアだけでした。

IMG_375339.jpg


さて、誰かと思ったら、コガモ君の♀の様です。

IMG_376939.jpg


ハシビロガモ君です。

IMG_380039.jpg


こちらはちょっと中途半端な色合いのハシビロガモ君の♂です。

IMG_385039.jpg


セグロカモメ君、昼間は姿が見えませんでしたが、やはり前回、前々回と同じく、夕方近くにこの場所に姿を現しました。
決まって夕方に同じ場所に・・・不思議と言えば不思議です。

今回は普段見られる種類、身近な種類が殆どでしたが、うちの撮影の基本は身近でもいつもいる種類でも必ず撮ると言うことにあります。

それだけに前回、前々回と重複する種類も多いかと思います。

そして、一番肝心なオシドリ君とアヒル君のペアですが、さてどこに隠れていたのか、それともどこに行ってしまったのか、残念ながら姿が全く見えませんでした。
姿が見えないと大変に心配ではありますが、また様子を見に行くしかありません。
  1. 2008/03/16(日) 19:21:58|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16

横浜自然観察の森

今回は初めて行く、横浜自然観察の森です。

ここは三浦半島の付け根にあたり、周囲の瀬上市民の森、氷取沢市民の森、釜利谷市民の森、金沢自然公園と大丸山・円海山を中心にした一団の緑地帯を形成しています。

さすがにハイキングコースにもなっているためか、結構起伏も激しく、機材を運んでの移動は厳しいところも多々ありました。

また、森林地帯と言うことで鳥類は多くいるのですが、撮影は大変に難しく、殆ど写真は撮れなかった状態です。

と言うことで、今回はほんの数枚の写真しか残せませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400mm F4.5-5.6 EX DG OS 使用です。
また、植物類は EOS 40D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用です。

IMG_061239.jpg


まず初めに会ったのはホオジロ君でした。
完全に逆光状態でしたが、数羽で行動していました。

IMG_064339.jpg


キクイタダキ君がいました。

IMG_068039.jpg


池ではアオサギ君が佇んでいました。

IMG_069939.jpg


シメ君です。
単独行動と思いきや、旅立ちの日も近いのでしょうか、10羽ほどで行動していました。

IMG_072739.jpg


カワラヒワ君です。
こちらも完全に逆光状態でした。


また、鳥君の写真が少ないので、植物類の写真も2枚だけですが掲載しておきます。

IMG_059739.jpg


オオイヌノフグリさん、森の中、至るところで咲いていました。

IMG_059539.jpg


ヒメオドリコソウさんも結構あちこちで目立っていました。

**撮ったときからホトケノザさんと勘違いしていました。
hitakijo さんからご指摘いただき、はっとしました。
ここにそのまま訂正をしておきました。いつもありがとうございます。

20080312横浜自然観察の森


鳥類関係のカウント表ですが、見られたのは表の種類でした。

そして、今回は目的の一つにここの「調査報告書」を購入することもありました。
「調査報告書」を過去7年分購入してきました。

内容はと言いますと、この森の中の生物相(鳥類はもとより植物類、昆虫類、哺乳類に至るまで)が事細かにその場所なども含め、記録されています。

1冊、約100ページ前後の報告書で大変に内容が濃いと思いました。

鳥類相に関して例に取りますと・・・

様々な調査を元に過去に見られたその出現種、出現率などの表がありました。

今回見られた、ホオジロ君の場合、3月の出現率は53.8%と記されています。
と言うことは見られる確率は半々程度と言うことになるでしょうか。

アオサギ君の場合、3月の出現率は0%、2月でも4.3%と年を通しても平均して1.6%足らず、そして「滅多にみられない」と記されています。
と言うことは、ここでアオサギ君は大変に珍しい種類であると言うことになりそうです。

気になる、キクイタダキ君はと言いますと、記録がありませんでした。
と言うことは、今シーズン特有のことのようです。

あと、色々と見ていると様々なことがわかってきて、大変に興味がわいてくる事です。

うちの場合、「調査報告」、「研究報告」なるものはある場合、必ず購入するようにしています。
その中から、主観的にしか見えていなかったものが、少しでも客観的に見えるよう、また様々な生物相を知るためにも大変に有益です。

ここの調査報告書は今後も発行されるごとに購入していきたいと思います。

そして、今度は周囲の市民の森を含めて、時間を取って歩いてみたいと思っています。

参考文献:財団法人 日本野鳥の会 、 2006年度横浜自然観察の森調査報告12、2007年8月、P85-P87 「生物リスト」内の「鳥類ラインサンセスでの出現種」、「月別園内鳥類出現率」の項目
  1. 2008/03/14(金) 18:10:54|
  2. 野鳥
  3. | コメント:13

谷津干潟

今回は久しぶりに1日時間が取れ、谷津干潟に行ってきました。
そう言えば調べてみたら、谷津干潟は久しぶりで今年(2008年)が明けてからは初めてでした。

当日は大潮と潮の具合は良いはずでしたが、淡水池にはオオタカ君がいたためか、全くがらんとしており、干潟もオオタカ君とハヤブサ君のお陰で見える場所にはカモ類も全く見当たらず、見渡す限り、ユリカモメ君ばかり目立っていたような感じでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

IMG_926638.jpg


淡水池でアオサギ君です。

IMG_927638.jpg


そして、ツグミ君です。
淡水池ではアオサギ君とこのツグミ君しかいませんでした。

IMG_930738.jpg


干潟のムクドリ君です。
何とも白色の多い、上品な感じのするムクドリ君です。

IMG_939838.jpg


遠くにハマシギ君とダイゼン君たちです。
ハマシギ君たちは多分にして1000羽はいたかと思われますが、ずっと遙か遠くにかたまっていて、なかなか近くには来てくれませんでした。

IMG_941438.jpg


潮が満ちてきた夕方に近い頃、スズガモ君とヒドリガモ君たちがやってきました。
急激な潮の流れで流されてきたような感じにも思えました。
少なくともここでスズガモ君を見るのはあまりない事です。

スズガモ君の♀です。
近くで見るのは初めてでしたが、何とも足が大きく感じられ、驚きました。
もう一つは後趾と言うのでしょうか、距(けづめ)と言うのでしょうか、かなりごつく太く感じ、これも全く初めて見たことでした。
カモ類でもこれだけ足が大きく、後趾と言うのか距の太くごついのは見たことがありません。

IMG_949538.jpg


お休みスズガモ君の♀です。
この茶色の色あいも何とも地味ながらきれいです。

IMG_942738.jpg


こちらはスズガモ君の♂の方です。

IMG_941838.jpg


ヒドリガモ君です。

IMG_955938.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_960738.jpg


飛んできた、ズグロカモメ君です。
下にいるのはハマシギ君です。

ズグロカモメ君、頭も真っ黒に近くなっていました。
ただ、撮影のチャンスはほぼ1日いましたが、ほんの数回しかありませんでした。

IMG_989138.jpg


ズグロカモメ君です。

IMG_989838.jpg


ズグロカモメ君の前とは別個体です。
くちばしの上に白いところがまだ残っていました。

IMG_983038.jpg


遙か遠くにダイゼン君がぽつんといました。

IMG_969738.jpg


シロチドリ君です。
ペアで行動をしていました。

今回の目的はズグロカモメ君の頭の真っ黒になった個体を撮影することでしたが、何しろ撮影のチャンスが1日でも近くに来たのは3回しかなく、あとはずっと遠くに飛んでいると言う状態で、これと言った写真が撮れなかったのが残念でした。

あとはオオタカ君とハヤブサ君がいたお陰もあってか、干潟は全くさっぱりという感じの状態でした。

また近いうちに行けるようであれば、様子を見に行きたいと思います。

当日は先日、トラフズク君の撮影場所でお声を掛けて頂き、お世話になっている、青空さんに半日ご一緒させていただきました。
この場を借りて、感謝、御礼を申し上げたいと思います。
  1. 2008/03/10(月) 20:58:51|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14

洗足池公園

今回は久しぶりに地元の洗足池公園に夕方、立ち寄る時間が出来ましたので様子を見てきました。

仕事の方は相変わらず年度末のピークで昼夜なくの状況ですが、少しは落ち着いてきており、この週末は久しぶりに十分に時間を取って撮影に行くことが出来ました。
この週末分は後日アップしたいと思います。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400mm F4.5-5.6 EX DG OS 使用です。

全ては夕方の16:00過ぎの撮影で西日を受け、また光量不足の感じの写真となってしまっています。

IMG_904738.jpg


ようやく、ウメさんにメジロ君の季節がやってきました。
この日はこのウメさんに8羽ほどのメジロ君が来ていました。

IMG_901138.jpg


ウメさんにメジロ君、もう1枚です。
こっちを見て、そのまま飛んで行ってしまいました。

IMG_878938.jpg


マツさんにキクイタダキ君が来ていました。
ここに来ていることは以前から聞いていたのですが、機会がなかったのと空振り続きでした。
少し前に秋ヶ瀬公園でそれらしきを撮ってはいますが、実質は初見初撮りとなりました。

IMG_879938.jpg


キクイタダキ君、もう1枚です。
眼の構造でしょうか、眼をきれいに撮ることが難しそうな、そんな感じがしました。
今度会ったときは少しでもきれいに撮ってあげたいものと思います。

IMG_889438.jpg


オナガガモ君です。
個体数はかなり減ったものの、まだまだ健在です。

IMG_898238.jpg


ユリカモメ君です。
まだまだ多く来ています。

IMG_912638.jpg


ここにはアヒル君も3羽いますが、こちらはマガモ君です。
以前からずっと1羽だけでいる個体と思われます。

IMG_916438.jpg


キンクロハジロ君です。
個体数は真冬の時期より、少し増えたような感じがします。
何日か前に行った、旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園でもそうでしたが、移動前の傾向なのでしょうか、キンクロハジロ君はうちの行く場所ではかなり多くなっているように思います。

IMG_922238.jpg


最後はカワセミ君です。
もう夕方暗くなり始めの、17:00頃、これが精一杯でした。

今回はいつもと変わらない状況でしたが、それでもその様子を見ることが出来れば、一安心するものです。
キクイタダキ君の初見初撮りは全くの偶然、夕方で普段だったら行かない時間帯でも行って良かったと思っています。
地元のフィールドですので、少しでも時間のあるときにこまめに立ち寄っていきたいものです。
  1. 2008/03/08(土) 23:56:52|
  2. 野鳥
  3. | コメント:17

水元公園

久しぶりの更新になります。
ここのところ、年度末の仕事のピークで昼夜なく、仕事以外は何も出来ない状況が続いております。

写真も撮りに行けず、また更新も勿論出来ず、お世話になっている皆様方へのブログへの訪問もなかなか出来ない状況になっております。

今月は時間のあるときに在庫での更新を細々として、皆様方のブログへの訪問も時間のあるときにと言う感じになりますが、よろしくお願い致します。

今回の水元公園は少し前に行った時の在庫を整理したものです。
当日は風も強く、お天気も晴れたり、曇ったりの空模様でした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM + 1.4 ×テレコン使用です。

IMG_176838.jpg


園内で一番多く会ったのは、ツグミ君でした。
特に中央広場の芝生では約50羽近く、見渡す限りまわりにツグミ君が歩いているという光景に恵まれました。
たまにはお顔のアップ写真です。

IMG_172638.jpg


この日の目的はコノドジロムシクイ君を再度撮影するためでした。
ほぼ午前中朝から昼くらいまで待っていましたが、どうもすでにいないような感じでした。
せっかく刈られるはずの葦原も未だに残っている状態だったのですが・・・。
そのかわりに、ウグイス君です。
良く動くのでなかなか撮影はうまく行きません。

IMG_180238.jpg


コサギ君です。
個体数は数羽程度です。

IMG_185638.jpg


ヒドリガモ君です。
一時期に比べて、かなり減ったような印象を受けました。

IMG_187138.jpg


ヒドリガモ君のペアと思いきや、手前は何だか中途半端な色合いの個体です。

IMG_194038.jpg


ホシハジロ君、6羽ほど遠くでお休み模様でした。
ここでホシハジロ君を見掛けるのはちょっと珍しいように思います。

IMG_196938.jpg


ユリカモメ君です。

IMG_207538.jpg


コガモ君です。
相変わらず、♀が数羽ですが、圧倒的に多くいます。

IMG_210038.jpg


オオバン君です。

IMG_215938.jpg


オカヨシガモ君が来ていました。
ここの公園で見るのは初めてのように思います。
8羽ほど4組のペアがいました。
この個体は♂ですが、若いのか少し色合いが変わっているような印象を受けます。
頭の部分が緑色に光っているような、この色合いは初めて知りました。

IMG_221738.jpg


コガモ君の♂をやっと見付けました。
多くの♀の中に1羽だけでした。

IMG_225238.jpg


オカヨシガモ君の♀です。

IMG_229338.jpg


ヒドリガモ君です。

IMG_234938.jpg


アヒル君です。
オシドリ君と大変に仲良く、ペアのアヒル君ですが、この日はそのお相手がこの時は何故か全く見当たりませんでした。

IMG_241638.jpg


ハシビロガモ君です。
何とも中途半端な色合いですが・・・。

IMG_249338.jpg


カイツブリ君です。

IMG_261938.jpg


オシドリ君、どうも葦の中で隠れていたようでした。
アヒル君とオシドリ君のペア(ペアであること・行為は確認されているようです。)です。

IMG_271638.jpg


ヨシガモ君の♂です。
この公園でヨシガモ君は初めてでした。
♂♀合わせて6羽ほど来ていました。

IMG_273938.jpg


ヨシガモ君の♀です。

IMG_276538.jpg


オカヨシガモ君のペアです。

IMG_283538.jpg


再度ですが、オシドリ君です。
後ろにはお相手のアヒル君です。

IMG_287738.jpg


マガモ君です。

IMG_298538.jpg


セグロカモメ君です。
このセグロカモメ君ですが、何回か行った中で毎回なのですが、夕方近くになると決まって浮きの上に姿を現し、とまっていました。

IMG_300938.jpg


セグロカモメ君のお顔です。
眼が水晶のような何というか、言葉に言い表しにくいですが、そんな感じもしてくるように思いました。

今回はカモ類の種類がいつもより多く見られました。
個体数はそれぞれ減っているのですが、種類数が多くなっていると言うことはそれだけ旅立ちの日も近いという感じもしてくることです。

また、アヒル君とオシドリ君のペアに関しては大変に気になっていることであり、また大変に微笑ましいことでもあります。
時間さえあれば、その様子を見に行きたいところです。
あいの子が誕生する可能性は身体の大きさの違いから考えて難しそうですが、個人的には大変に期待したいところです。
まず考えられない、未だかつてない、この素晴らしいペアの証しをうちは写真で残していきたいと思っています。
そして、その子孫も誕生すれば、交雑ではありますが、なお素晴らしいことではないかと考えています。
これからの動向を見守っていきたいと思います。

*ブログに関してですが、このブログも写真の枚数がかなりかさみ、容量的にもいっぱいに近い状況になってきました。

現在ブログに関してはFC2、ameba、Justsystem、Lolipopの4社のブログをすでに契約しており、この4つのブログはいつでもすぐに稼働できる状態になっています。

この「野鳥道傳説 Ⅱ」は近いうちに、「野鳥道傳説 Ⅲ」へと進化します。
他に「昆虫道傳説」、「植物道傳説」のブログを新設する予定です。
以上のことは多分仕事の落ち着く、4月か5月以降となる模様ですが、今のうちから準備をしていきたいと考えています。
  1. 2008/03/03(月) 01:54:06|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。