野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園

ここのところ、地元の洗足池公園にはほぼ毎日立ち寄るようにしています。

ただ、仕事がありますので、暗くなってから、または夜間の事が必然的に多くなってしまいますが、様子は何とかわかりますので、カモ類の動向を中心に見るようにしています。

今回も午後4時過ぎとほぼ暗くなって来ていた時間帯でした。
と言うわけで、全体的に暗い写真ばかりとなっています。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。

IMG_173535.jpg


カワセミ君、今回もすぐ真ん前に飛んできてくれました。
ただ、暗かったのが大変に残念でしたが・・・。
この子はいつもすぐ近くに飛んできたり、ヒメガマさんにとまったりとなかなかサービスの良い子です。

IMG_136435.jpg


いつものカワウ君です。
この杭がお気に入りで、いつも1羽しかいませんが、佇んでいます。

IMG_140435.jpg


ハシビロガモ君です。
ここの洗足池では過去記憶ではハシビロガモ君は見たことがありません。

2日前にそれまでいた、ホシハジロ君2羽の姿が見えなくなり、入れ替わったようにハシビロガモ君の♂が2羽来ていました。
今回は♂、♀のペアのようです。

ここの洗足池では大変に珍しいと思われます。

IMG_143735.jpg


オナガガモ君です。
かなり特徴がはっきりしてきました。

そして、オナガガモ君も一時少なくなったかと思われましたが、50羽以上はいるような感じでした。

IMG_144635.jpg


かなり暗いですが、こちらもオナガガモ君の♂です。
今の時期は個体によって、かなり違いがあります。

IMG_146535.jpg


カルガモ君です。
このカルガモ君はここがお気に入りのようで、いつもここで佇んでいます。
前回と多分同じような写真となってしまったと思いますが・・・。

IMG_150935.jpg


ホシハジロ君、一時2羽とも姿が見えなくなりましたが、今回は2羽また戻ってきていました。

IMG_152335.jpg


ハシビロガモ君、先の飛翔個体とは別個体です。

IMG_154535.jpg


杭の上でカルガモ君です。
一時期数羽にまで減ったように思いましたが、かなり増えてきました。

IMG_155235.jpg


キンクロハジロ君、ずっと6羽のままでしたが、一気に戻ってきました。
大ざっぱに数えてみても50羽以上はいそうでした。

IMG_159435.jpg


いつもいる、アヒル君です。
しかし、白アヒル君も4羽いたのですが、だいぶ前から全く姿が見当たりません。

IMG_183035.jpg


コサギ君が2羽、杭の上で佇んでいました。
ここでコサギ君を複数見るのは多分初めてです。

IMG_204135.jpg


夕方は毎日のことですが、暗くなった頃にあちこちからワカケホンセイインコ君が帰ってきて、集まってきます。
そして、ある程度集まると一気に飛んでいきます。
ねぐらのある、東京工業大学はここからすぐのところです。

ほぼあたりは真っ暗、ISO3200相当での撮影です。

最近の傾向

①オナガガモ君はほぼ例年通りと思われる。
②キンクロハジロ君も同様。
③ホシハジロ君は去年ずっと♂が1羽いたが、今年は現在♂が2羽。
④ハシビロガモ君が2羽来ている。・・・ここでは知っている限り初めてだが、初認の時は♂2羽、現在は♂♀のペアのような感じ。
⑤ユリカモメ君は未だに初認出来ない。
⑥本日の夜、ヒドリガモ君の声を聞いた。・・・先日よりヒドリガモ君の情報はあったが、うち自身としては初認。

と言う感じでしょうか。

例年、オナガガモ君とキンクロハジロ君がメインで多く、ホシハジロ君が1羽と言う感じが殆どでした。

1日だけ、去年スズガモ君が来たこともありましたが・・・。

今年は種類が多様にわたってきているような感じがします。
ハシビロガモ君、ヒドリガモ君はうちの知っている限り、ここでは大変に珍しいと思われます。

今後も更に楽しみになってきました。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 21:49:07|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

葛西臨海公園・鳥類園

今回は葛西臨海公園・鳥類園です。
台風の過ぎた後、すっきりと晴れ渡ったのは良いのですが、猛禽君の出現もあったようで、ほとんどカモ類、シギ類がいませんでした。

そして、こう言うときに色々と考えてみたことがあります。
どうして、ここでは今一歩の写真しか撮れないのか・・・。

考えてみると今まで何で気が付いていなかったのか、簡単なことでした。構造・作り的なことだと思うのですが、その殆どが逆光状態であると言うことでした。

太陽が低く傾く、今の時期は光の加減が大変難しいです。

と言うわけで、今回の写真もほとんどが逆光状態でした。
まともに撮れた写真は残念ながら1枚もありませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

IMG_097334.jpg


オナガガモ君です。
数えるところ、数羽と言う感じでした。

IMG_100634.jpg


ホシハジロ君です。
まだまだ数的にはそれほど多くはありません。

IMG_100934.jpg


スズガモ君です。
6羽ほど上の池に来ていました。

IMG_101934.jpg


キンクロハジロ君かと思ったら、スズガモ君でした。
まだ完全に生え替わっていない感じの羽です。

IMG_102634.jpg


遠くにお休みホシハジロ君とキンクロハジロ君です。

IMG_103334.jpg


カイツブリ君です。

IMG_105034.jpg


オオバン君、3羽ほどでした。

IMG_110434.jpg


ダイサギ君です。

IMG_114434.jpg


水浴びオナガ君です。
去年も同じところで、この光景を見た覚えがあります。

IMG_119834.jpg


アオアシシギ君です。
7羽いました。

シギ君でいたのは、このアオアシシギ君とセイタカシギ君1羽でした。

IMG_124234.jpg


アオアシシギ君ですが、水にずっと浸かっていました。

IMG_125534.jpg


コガモ君です。
コガモ君は多く、50羽近くはいたような感じでした。
その中で1羽だけ、♂の特徴のはっきりした個体もいました。

あと、オオタカ君、ミサゴ君も撮ったのですが、遠すぎて殆どわからない状態の写真でした。

IMG_109034.jpg


また東なぎさではかなりの鳥君たちが集結していましたが、遠くて殆ど確認までは出来ませんでした。
この写真はその1/4程度で実際はこの4倍以上います。

今回は残念ながら、カモ類、シギ類がかなり少ない状況でしたが、たまにはこれも仕方のないことと諦めるしかありません。

あとは、いつもここでお世話になっている、hitakijo さんとN氏にお会いして、お話しできたのも貴重な事でした。
  1. 2007/10/28(日) 21:31:14|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

ぐんま昆虫の森 (生態系温室・蝶類) その1

今回はぐんま昆虫の森です。
ここの友の会の会員となっていますので、いつでも好きなように出入りできるのですが、さすがに遠いですので、そう頻繁には行くことが出来ません。

今回は2日間に分けて行き、生態系温室、外周、内周などをまわってきました。

今回掲載する生態系温室は約1100㎡もある巨大ドーム状の温室で、その中植物では西表に生育する高中木44種類、シダ地被植物79種類の植物類が栽培され、滝からその流れまで西表島の自然を再現した形になっています。

完全なる自然の中ではありませんが、たまにはこう言ったところも良い物です。

蝶君たちに触れ会うには絶好のところです。
そして、こちらでは到底会えそうにない種類ばかりなのもまた良いところかも知れません。

クロアゲハ君以外、勿論全ての種類が初見初撮りです。

撮影は EOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM です。

IMG_653734.jpg


シロオビアゲハ君です。

IMG_677834.jpg


翅が少し痛んでいますが、リュウキュウムラサキ君のようです。

IMG_689034.jpg


タイワンキチョウ君です。

IMG_692334.jpg


カバタテハ君です。

IMG_696634.jpg


ちょっと良くわからなかったのですが、ツマベニチョウ君のようです。

IMG_711734.jpg


コノハチョウ君です。

IMG_732234.jpg


カバマダラ君です。

IMG_745934.jpg


これはちょっと良くわかりません。
クロアゲハ君のようでもあるのですが・・・。

IMG_750634.jpg


これも迷ったのですが、シロオビアゲハ君です。

IMG_765834.jpg


オオゴマダラ君です。

IMG_770034.jpg


タテハモドキ君です。

IMG_907634.jpg


ジャコウアゲハ君です。

IMG_912434.jpg


ナガサキアゲハ君です。

IMG_922534.jpg


リュウキュウアアギマダラ君です。
ヒメアサギマダラ君に大変によく似ていますが、違うようです。

まだまだ多くの種類の蝶君がいましたが、いるであろう種類を全て見付けることは出来ませんでした。
2日間かけて、ようやくほぼいるはずの蝶君を見付けたという感じです。

ぐんま昆虫の森に関して今後は、生態系温室の蝶類その2に続きます。
また生態系温室の昆虫類、里山フィールドの昆虫類へと続く予定です。


***また本日2件の提言、申し入れを致しましたので、付け加えておきます。

①洗足池公園に関して、最近の小学生の行動でカモ類やその他生き物に対して、目に余ることが多くあり、その都度注意をしていても一向に改善されないことから、洗足池小学校校長宛に申し入れ文書を配達記録で送付しました。

②環境省で配布を予定している「クマに注意!」と言うパンフレットについて、全くその経緯やその他に関して書かれていなく、絶滅危惧種であることさえ書かれていないことから、捕殺を正当化するような内容であったために環境大臣宛に専用HPより提言を送付しました。
  1. 2007/10/26(金) 23:01:39|
  2. 昆虫
  3. | コメント:14

洗足池公園

今回は地元の洗足池公園です。

ここ最近、ここでは結構色々な種類が来ているようで、改めて機会があるごとに寄るようにしています。

目的はキビタキ君とここでは大変に珍しい、ヒドリガモ君でしたが・・・。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。
300-800も持っていったのですが、出番はありませんでした。

IMG_044935.jpg


カワセミ君です。
かなり近い場所に飛んできてくれました。

ここでは話によると3羽いるようですが、確認できたのは2羽の♂でした。

IMG_047435.jpg


ヒメガマさんにカワセミ君です。
上と同じ個体です。

IMG_010535.jpg


オナガガモ君の♀です。
先日50羽近く来ているようでしたが、今回は少し減ったような感じを受けました。

IMG_010935.jpg


オナガガモ君の♂です。
かなり特徴がはっきりしてきました。

IMG_014235.jpg


キンクロハジロ君です。
前回の6羽から変わらず、今回も6羽でした。

IMG_019135.jpg


カルガモ君です。
かなり減ったようで、数羽しか見当たりませんでした。

IMG_026035.jpg


ホシハジロ君です。
前回は1羽、去年もずっと1羽と複数で見掛けることがなかったのですが、今回は2羽来ていました。
と言っても不思議なこと(?)に2羽とも♂です。

IMG_034735.jpg


池月橋の欄干にスズメ君です。

IMG_038435.jpg


シジュウカラ君、あちこちで飛び回っていました。

IMG_039035.jpg


カワウ君、ここでは必ず1羽ずっといて、いつもお気に入りの杭の上でお休み模様ですが、今回は珍しく潜水を繰り返していました。
近すぎて入り切りませんでした。

IMG_017235.jpg


ここでは初めて見る、クロアゲハ君です。

IMG_022035.jpg


ウラギンシジミ君です。
ここでは今まで見たことがありません。

IMG_022935.jpg


そして、キビタキ君です。
残念ながら完全なる逆光状態で角度的に良くありませんでした。
初見初撮りでしたが、証拠写真にもなりそうにない画像です。
このあと、木の高いところへすぐに飛んで行ってしまい、おおよそ4時間ほど様子を見ていたのですが、再び降りてくることはなかったようでした。

そして、ここでは大変に珍しい、ヒドリガモ君ですが、残念ながらいなくなってしまったようでした。

あとはユリカモメ君ですが、まだ来ていない状況、初認がいつになるのか、気になるところです。


**皆様方より頂いておりますコメントのお返事ですが、先日より、「重複投稿」とエラーが頻繁に出ていて、受け付けてもらえません。
どちらに原因があるのかわからないのですが、以前からたまに起こる現象です。
少し間をおくと正常に書き込まれることがわかっているのですが、どうも良くわからない現象です。

谷津干潟のお返事に関しましては、少し間をおいてお返事を致しますので、よろしくお願いいたします。
貴重なお時間を割いてコメントを頂いているにもかかわらず、お返事が出来ない、書き込まれないというのは大変に困ったことです。

色々とご迷惑をおかけいたします。
誠に申し訳ありませんが、少しの間猶予を頂きたくお願い申し上げます。
  1. 2007/10/24(水) 04:24:10|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14

谷津干潟

今回は谷津干潟へと行ってきました。

シギ君・チドリ君の季節もほぼ終わり、カモ君たちの季節になろうかと言う、今日この頃です。

お天気はほぼ快晴かと言う感じでしたが、画像は今一歩すっきりしない様な感じがしてなりません。

掲載しているのは夕暮れ時に撮影した写真が多く、西日を受けています。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

IMG_970534.jpg


ダイシャクシギ君です。
2枚目の写真の個体と2羽でした。

IMG_982834.jpg


同じくです。

IMG_865134.jpg


遥か遠くにダイゼン君です。
ダイゼン君は一番遠いところに固まって20羽ほどはいたようでした。

IMG_866334.jpg


アオサギ君です。
一時期に比べてかなり少なくなったような感じがします。

IMG_871434.jpg


ハマシギ君たちです。
ハマシギ君は数え切れないくらい、200~300羽はいたように思われました。

IMG_872634.jpg


オオソリハシシギ君です。
確認できたのは1羽だけでした。
5羽のオグロシギ君たちと一緒に行動していました。

IMG_872934.jpg


オグロシギ君です。

IMG_888534.jpg


オグロシギ君、背中と尾羽の感じがわかります。

IMG_910034.jpg


ダイサギ君です。
一時期よりかなり少なくなりました。

IMG_912034.jpg


オナガガモ君の♂ですが、まだかなり中途半端な感じです。

IMG_913834.jpg


ヒドリガモ君、かなり多くなってきました。

IMG_914334.jpg


ハシビロガモ君です。
確認できたのは3羽と言う感じでした。

IMG_920134.jpg


コガモ君です。
こちらもかなり多くなってきていて、50羽ほどはいそうでした。

IMG_922634.jpg


ハシビロガモ君、前のとは別個体ですが、かなり目つきが悪く見えてしまいます。

IMG_936034.jpg


ここではかなり久しぶりにカワセミ君に会いました。

IMG_937134.jpg


ヒドリガモ君の♂です。
かなり特徴が出てきている個体です。

IMG_942534.jpg


遥か遠くにハマシギ君、トウネン君、ダイゼン君たちです。

IMG_946934.jpg


お休みセイタカシギ君です。

IMG_954334.jpg


オバシギ君です。
確認できたのは1羽だけでした。

IMG_964934.jpg


ウミネコ君です。
ウミネコ君も一時期よりかなり減ったような印象を受けます。

また、セグロカモメ君、ユリカモメ君はまだ来ていないようで、確認できませんでした。

IMG_986334.jpg


ハクセキレイ君です。
先日も会った、お顔の黄色い個体のようです。

IMG_990434.jpg


イソシギ君です。

IMG_994534.jpg


夕暮れ時、オオソリハシシギ君(左)とオグロシギ君(右)です。
こうしてみると確かに一見してではどっちがどっちなのか・・・似ています。

今回はハマシギ君はかなり多くいましたが、一番遠いところに固まっているような状況でした。

あとは個体数はかなり少なくなったとは言え、それでも素晴らしい1日でした。

シギ君・チドリ君たちももう旅立ちの季節、長い旅の無事を祈り、また来春も是非来てくれることを祈らないではいられません。
  1. 2007/10/21(日) 22:57:50|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16

生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)その2

今回は引き続き、生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)です。

撮影はEOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm EX DG HSM です。

IMG_457432.jpg


オンブバッタ君です。
そう言えば、今シーズンはオンブバッタ君に限らず、おんぶをしているバッタ君をまだ見ていません。

IMG_464232.jpg


クモ君ですが、現在不明種です。
オニグモ君系統かとも思ったのですが、大きさから考えるとあまりに小さすぎます。
ヒメグモ君系統かも知れませんが、はっきり特徴の合うのがいません。

IMG_465132.jpg


イトトンボ君ですが、特徴的に見るとオオアオイトトンボ君という感じです。

IMG_468432.jpg


オニヤンマ君です。
実際良く見たのは初めてだと思いますが、かなり大きいトンボ君です。

IMG_474832.jpg


こちらも初めて会うトンボ君です。
どうもヤブヤンマ君のようです。

IMG_483232.jpg


トウキョウヒメハンミョウ君です。
かなり小さいですが、最近あちこちでよく会います。

IMG_491932.jpg


シオカラトンボ君です。
しかし、翅の先の黒い部分が写真ではわからず、多少違和感がないわけでもありませんが・・・。

IMG_502632.jpg


こちらも初めてでした。
ヒメウラナミジャノメ君のようです。

IMG_535432.jpg


最初はオジロアシナガゾウムシ君かと思ったのですが、良く見ると触覚とお顔付きが違います。

いるところはうちの親指の上です。
お名前は現在不明です。

追記:やはりゾウムシ君でした。
シロヒゲナガゾウムシ君のようです。

IMG_540932.jpg


こちらも実際に良く見るのは初めてです。
ショウジョウトンボ君のようです。

IMG_554432.jpg


2枚前と目の色合いが異なるので、違うチョウ君かと思いましたが、やはり、ヒメウラナミジャノメ君のようです。

IMG_576532.jpg


ヒシバッタ君です。

IMG_578732.jpg


感じ的にはコバネイナゴ君ですが・・・。

IMG_588132.jpg


アオドウガネ君です。
いるところはうちの指の上です。

IMG_628532.jpg


こちらも前日の最後と同じ、ササキリ君の幼虫です。
前日とは別個体です。

今回は初めて会う種類がかなり多くいました。
不明種は引き続き調べていきたいと思います。
  1. 2007/10/20(土) 22:38:00|
  2. 昆虫
  3. | コメント:8

生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)

今回は生田緑地の昆虫類、蜘蛛類、生き物編で在庫からです。

当日はある程度晴れていましたが、森林内という性質上、全体的に暗く、写真の出来も全く良くありませんでした。

初めて会う昆虫類もかなり多く、調べるのに時間がかかっています。

撮影は EOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM です。

IMG_324532.jpg


シオカラトンボ君のお顔のアップですが、何だか良くわからない写真になってしまいました。

IMG_338632.jpg


初めて会いましたが、サクラコガネ君のようです。
記念に手に乗ってもらいました。

IMG_349632.jpg


こちらも初めて会いましたが、シュレーゲルアオガエル君のような感じです。
最近は本当にカエル君に会うことが少なくなりました。
今回は久しぶりにカエル君の姿を見ることが出来ました。

IMG_358832.jpg


巣からこちらの様子をうかがっている、キボシアシナガバチ君です。
巣から、約15cm程度まで近付きました。

IMG_364732.jpg


巣上のキボシアシナガバチ君です。
中にはお顔の白い個体が2個体いました。

IMG_361832.jpg


コモリグモ君の系統かと思われますが、かなり大きな卵嚢を持っています。
お名前は今のところ、不明です。

IMG_367232.jpg


こちらも初めて会いました。
エダナナフシ君という感じです。

IMG_380132.jpg


ぼけてしまいましたが、お顔のアップです。

IMG_385432.jpg


このハチ君、ちょっと難しいです。
ヒメバチ君系かハバチ君系かと思われ、シロスジヒメバチ君やツマジロハバチ君など似たような種類はいるのですが、特徴が完全に一致しません。
現在調査中、不明種です。

IMG_399732.jpg


キチョウ君です。

IMG_408232.jpg


ホソヒラタアブ君です。

IMG_411832.jpg


同じお花にミツバチ君も来ました。

IMG_414432.jpg


アブラゼミ君です。
いるのはうちの指の上です。
しかし、アブラゼミ君、うちの指を木と勘違いしたのかどうかわかりませんが、このストロー状の口はかなり頑強に出来ていることを知りました。
人間の指には問題なく、刺さるようで、かなり痛いですが、アブラゼミ君が悪いわけではありませんから、急いで木の枝に移ってもらいました。

IMG_419932.jpg


こちらも初めて会いましたが、コチャバネセセリ君です。

IMG_429032.jpg


最初はわからなかったのですが、どう見てもササグモ君の様な感じです。
しかし、いつも見る、ササグモ君とはかなり違和感を感じるスタイルです。

IMG_439132.jpg


サキグロムシヒキ君です。

IMG_450232.jpg


ササキリ君の幼虫です。

今回はいつもの如くですが、初めて会う種類がかなり多くいました。
引き続き、晩夏の昆虫類・その他生き物編その2に続きます。
  1. 2007/10/18(木) 22:51:41|
  2. 昆虫
  3. | コメント:18

洗足池公園 再び (続報)

今日は所用で出かけることが出来なくなりました。
お天気も良くなく、どちらにしてもどこにも行けなかったかなと思っていますが・・・。

そこでその所用の帰り、夕暮れ時に地元の洗足池公園に立ち寄りました。

お天気は暗い曇り空、少しして雨にも降られてしまいました。
先日よりも撮影条件はかなり悪かったのですが、その中でもキンクロハジロ君とホシハジロ君が来ていたのが、何よりもうれしいことでした。

多分にして、前回はいませんでしたから、昨日か今日に来たものと思われます。

撮影はEOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。

そして、全てISO1250での撮影で、ノイズが気になりますが・・・。

IMG_861232.jpg


カルガモ君です。
一昨日より多くなったように思われ、10羽以上いました。

IMG_867232.jpg


ゴイサギ君、今日は早めに行動を起こしたようです。
じっと置物のように動かずにいました。

IMG_875832.jpg


動いたのはこの時1回だけ、何かに警戒したようでしたが、その原因はわかりませんでした。

IMG_877832.jpg


オナガガモ君、一昨日よりかなり個体数が増えています。
厳密に数えたわけではないのですが、30~35羽程度は来ているようです。

IMG_878332.jpg


眠そうなオナガガモ君の♀です。

IMG_883332.jpg


キンクロハジロ君が6羽(写っているのは5羽ですが)来ていました。
多分にして、一昨日はいませんでしたから、昨日か今日に来たものと思われます。
今シーズンの初認です。

IMG_892832.jpg


ホシハジロ君も1羽来ていました。
やはり、昨日か今日に来たものと思われますが、多分にして、キンクロハジロ君と一緒に来たのではないかと考えられます。

去年も1シーズン、ホシハジロ君の♂が1羽だけずっといましたが、何となく同じ個体のような気がしてなりません。

今日は近くで良く見ることが出来なかったので、今度は良く見てみたいと思います。

去年のその特徴は、お顔のおでこからくちばしにかけて黒くなっている範囲がちょっと多かった感じでした。

これであとはユリカモメ君が来れば、ここの冬のキャストが早くも出そろいます。

今度はユリカモメ君の初認がいつになるか、こまめに寄っては様子を見ていきたいと思います。

IMG_902632.jpg


1枚落としていました。
ハクセキレイ君です。
1年中いますが、ここでは久しぶりに会ったような気がします。
  1. 2007/10/14(日) 19:55:04|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

洗足池公園

今回は夕暮れ時に地元の洗足池公園に寄ることが出来ましたので、少しの時間でしたが、様子を見てきました。

撮影はEOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。

IMG_824332.jpg


木の茂みの中にゴイサギ君が隠れていました。

IMG_841132.jpg


オナガガモ君が早くも戻ってきています。
さっと数えて、20羽弱と言うところでした。
去年よりも少し早いような感じがします。
この個体はかなり♂の特徴が出てきているような感じです。

IMG_846232.jpg


オナガガモ君の♂ですが、まだ中途半端な感じです。

IMG_848732.jpg


オナガガモ君の♀です。

IMG_832032.jpg


ドバト君、縮こまってこっちを見ていたので、撮ってあげました。

IMG_850832.jpg


遠くの杭の上にバン君がいました。
ここでは去年に初めて(記憶、記録上)オオバン君が来て、今シーズンはオオバン君はいませんが、バン君が来ています。
ここでバン君を見るのは今までなかったことですし、記憶では初めてです。

IMG_858532.jpg


ゴイサギ君、別の木のところでも隠れていました。

例年冬はオナガガモ君とキンクロハジロ君がかなり多く来ますが、今のところ、オナガガモ君が20羽弱、キンクロハジロ君はまだ来ていませんでした。

あと、どうもツツドリ君がいたと言う情報もありましたが、わかりませんでした。

地元の公園はこれからがまた楽しみな季節です。
  1. 2007/10/12(金) 23:00:44|
  2. 野鳥
  3. | コメント:9

谷津干潟 (晩秋)

今回は久しぶりに晴れた、先週末の谷津干潟です。

この時期、さすがに丁度中間期で、シギ・チドリ類は南方へと旅立ち、カモ類は北方より帰って来る時期、個体数はかなり少ない状況でした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

お天気は曇ったり、晴れたりの1日でした。

IMG_593032.jpg


ハシビロガモ君が来ていました。
探した限りで確認できたのは、♂♀、1羽ずつでした。

IMG_594132.jpg


コガモ君です。
今のところ、数羽と言う感じです。

IMG_599032.jpg


オナガガモ君です。
ここでは筆頭で、ざっと数えても50羽以上は来ていそうでした。

IMG_603032.jpg


オナガガモ君ですが、大きさがかなり違い、右側が♂の様にも見えますが、どうも両方♀の様な感じです。

IMG_603432.jpg


こちらは♂の様です。

IMG_619032.jpg


遠くにはサギ君たちが集結していました。
アオサギ君、ダイサギ君、コサギ君といますが、一番手前の真ん中あたりでお魚さんをくわえているのが、チュウサギ君のような感じがします。

IMG_626332.jpg


遥か遠くにダイゼン君です。
ダイゼン君は10羽ほどでした。

IMG_631432.jpg


コサギ君です。

IMG_632332.jpg


シロチドリ君です。

IMG_642832.jpg


近くで物音、スズメ君が隠れていました。

IMG_646332.jpg


イソシギ君です。

IMG_655732.jpg


ダイサギ君です。

IMG_661232.jpg


ハクセキレイ君、かなりお顔が黄色い感じでした。

IMG_664332.jpg


ソリハシシギ君、1羽だけでした。

IMG_670432.jpg


カイツブリ君です。

IMG_672032.jpg


アオサギ君です。

IMG_680632.jpg


夕暮れ時、干潟でお休みオナガガモ君たちです。

IMG_694632.jpg


夕暮れ時に久しぶりにホシゴイ君に会いました。
3羽いたうちの1羽、あっちこっちちょろちょろ動き回っていましたが、突いても木の枝ばかり、なかなかかわいいホシゴイ君でした。

IMG_706832.jpg


こちらはちょっと慎重派タイプのホシゴイ君です。

IMG_628332.jpg


ダイシャクシギ君が2羽、遥か遠くで歩いていました。

あと、遥か遠くにハマシギ君、トウネン君も数羽でした。

シギ・チドリ類はかなり少なくなりましたが、それでも各々数羽ずつは残っているようです。
かわりに、筆頭のオナガガモ君をはじめ、コガモ君、ヒドリガモ君、ハシビロガモ君が来始めています。
  1. 2007/10/09(火) 21:36:52|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12

大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森

ここの所、週末は曇り空か、雨模様ばかりが続いていましたが、ようやくこの週末は何とか晴れ模様となりました。

昨日に谷津干潟へ、本日は大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森へと行き、また EOS 40D を使用しましたので、割り込みのまた割り込みで掲載をします。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

画像的にはやはり今一歩、露出オーバー気味が多いような印象もあります。

そして、ここでの一番の目的は心待ちにしていた、イカルチドリ君がようやく戻って、帰ってきたことで、その元気な姿を見るためでした。

IMG_717732.jpg


昼前に着いた時にはイカルチドリ君の姿は見えず、もしやまたどこかに行ってしまったのかなと半ば諦めかけていたのですが、遠くの岩礁の合間にようやく姿を見ることが出来ました。

そして、ここに2羽いるハクセキレイ君とどうも相性が悪いのか、ハクセキレイ君のお陰で飛び立ち、近くの岩礁に舞い降りました。

IMG_741432.jpg


今のところ、いるのは4羽です。

IMG_743532.jpg


IMG_760532.jpg


IMG_790932.jpg


IMG_798632.jpg


IMG_803732.jpg


4羽、それぞれと思ったのですが、撮っているうちに誰が誰だかわからなくなってしまいました。
多分この6枚で4個体それぞれ写っていると思うのですが・・・。

IMG_708532.jpg


遠く杭の上にセグロカモメ君です。
バックに余計な人間が写ってしまっているのが失敗編です。
優しい表情と良い、感じと言い、お気に入りに杭の上にいることから考えて、去年ここにずっといた個体と同じ個体ではないかと思っています。
セグロカモメ君も帰って来ました。

IMG_709232.jpg


遠くにこちらはウミネコ君です。

IMG_711032.jpg


遠くの岩礁にお休みオナガガモ君が3羽です。

IMG_729432.jpg


遠くにアオサギ君です。

IMG_751832.jpg


ハクセキレイ君です。
かなり色の白い感じです。

IMG_762432.jpg


ハクセキレイ君、何と飛びながらトンボ君を捕まえてきました。

IMG_769832.jpg


コサギ君です。

IMG_786332.jpg


イソシギ君です。
いつもは2羽ですが、今日は4羽一緒にいるところも見られました。

IMG_808132.jpg


何故かヒドリガモ君、1羽だけいました。

画像的には冒頭に書いたとおりですが、2倍も試すべきでした。
2倍で写せば、この場所でのイカルチドリ君は画面いっぱいに写ります。
今度は2倍も試してみたいと思います。
  1. 2007/10/07(日) 22:45:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:8

東高根森林公園 (鳥類編)

今回はここのところ、しばらく使っていなかった、EOS 40D を久しぶりに使いましたので、割り込みで掲載します。

晴れ模様だったのですが、だんだんと暗くなって来て、夕方には土砂降り模様、撮影時は森林の中、お天気下り坂で暗い状態でした。

写真は2枚しかありません。
カルガモ君も撮ったのですが、さすがにぼけてしまっていました。

さて、本題ですが、ようやくと言うか、楽しみにしていた、ヤマガラ君の貯食行動が始まったようです。

ひっきりなしに大好物のエゴノキさんの実をくわえては森の中へ、その繰り返しでした。
しかし、エゴノキさんにとまっている(実を取っている)時間はほんのわずかでなかなかうまく撮れませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。
そして、AFではとても間に合いませんので、MFでの撮影です。

IMG_472032.jpg


角度的に見上げる形となりました。
足で実を挟んで突いていて、お顔を上げたところです。

IMG_467132.jpg


実をくわえて、飛び出そうとする、その瞬間です。

これからしばらくはこの行動が続くでしょうから、大変に楽しみです。

また、画像的には多少柔らかい感じもしていますが、あの暗い中で日の当たらない中での撮影条件を考えるとまあ良いのかなと言う感じもしています。

次回は同公園の昆虫類編へと続く予定です。
カマキリ(殆どがハラビロカマキリ君)君が大変に多く、あちこちで遊んでいました。
  1. 2007/10/05(金) 22:57:44|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10

仕事場にて

ここのところ、仕事が急に忙しくなり、何も出来ない状態になってきました。

その上に週末はここのところ、毎週お天気も悪く、どこにも行けずの状態です。

在庫はまだまだ多く残っていて、整理し切れていない状態です。
そこで、仕事場(多摩川河川敷)での写真です。
勿論、仕事中ですから、じっくりと撮っていられない事が困ったものですが・・・。

カメラはうちがデジタルに入った初代(今から5代前)のFUJIFILM FINPIX 6900Z での撮影です。

やはり、画像は現在のと比べるとかなり落ちます。

DSCF139201.jpg


カマキリ君です。
飛んできたのは良いのですが、この近辺は重機が多く動いているため、大変に危険、手に載ってもらって、安全な場所へと連れて行きました。
最初は警戒していたような顔つきでした。
が、手の載ってからは、大変におとなしく、かわいいカマキリ君でした。

DSCF141301.jpg


カヤツリグサさんです。
あちこちにかなり多くいます。

DSCF143801.jpg


ワルナスビさんと思っていたのですが、葉っぱの形が違いました。
イヌホオズキさんの様です。

DSCF146401.jpg


オヒシバさん、メヒシバさんとともに沢山います。

DSCF147201.jpg


トノサマバッタ君です。
実はトノサマバッタ君は初めてでした。
人工的な網にとまってしまったのが残念でしたが・・・。

さすがに河川敷だけあって、多くの生き物、植物類がいますが、じっくり見ていることが出来ないのが残念です。
またさすがに一眼を持っていくわけにも行かないですし・・・。
  1. 2007/10/04(木) 23:55:39|
  2. 生き物
  3. | コメント:6

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。