野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砧公園

今回は砧公園です。
かなり暖かい1日で桜さんも満開、多くの人たちでにぎわっていました。

ここは緑地公園ですので、鳥君は一般的な種類が殆どですので、植物類に重きを置いて、まわりました。

レンズは表記なしがSigmaAPO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での通常の撮影、(×1.4撮影)表記がSigmaAPO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS +1.4×テレコン使用での撮影、(マクロ撮影)表記がSigma 150mm F2.8 APO MACRO EX DG HSM で全て手持ちでの撮影です。

IMG_308822.jpg


淡水池にダイサギ君が1羽いました。

IMG_319822.jpg


ペアと思われる、モズ君です。

IMG_325422.jpg


(×1.4撮影)
枝かぶりでしたが、オオタカ君が佇んでいました。

IMG_332722.jpg


(×1.4撮影)
遠くにオシドリ君たちがいました。

IMG_344022.jpg


キジバト君があちこちで落ち葉をひっくり返していました。

IMG_344622.jpg


木の枝にとまっていたツグミ君です。

IMG_361022.jpg


枝かぶりですが、ツバキさんにヤマガラ君です。

IMG_375922.jpg


桜さんにメジロ君です。

IMG_288922.jpg


ハハコグサさんの様です。
見たことはある物の、お名前は初めて知りました。

IMG_289322.jpg


ミミナグサさんの様ですが、どちらかと言うとオランダミミナグサさんと言う感じでしょうか。

IMG_289422.jpg


ハナニラさんですが、ここではあまり見かけませんでした。

IMG_290022.jpg


カラスノエンドウさん、実はお名前は知っていたのですが、実際見るのは初めてでした。

IMG_291022.jpg


(マクロ撮影)
ハコベさんの様ですが、何種類かあるようです。

IMG_292522.jpg


(マクロ撮影)
お花はオオイヌノフグリさんに似ていますが、どうも感じが違います。
タチイヌノフグリさんの様な感じです。

IMG_293022.jpg


(マクロ撮影)
お名前は不明です。
似ている種類はいくつかあるものの、どうも良くわかりません。

IMG_295722.jpg


アシブトハナアブ君です。
昆虫さんたちが飛んでいる姿を見ると、やはり春を実感します。

IMG_297222.jpg


(マクロ撮影)
オオイヌノフグリさんです。

IMG_297422.jpg


(マクロ撮影)
これも調べてみた物の今一歩不明です。

IMG_299322.jpg


桜さん、これからと言う所です。
ほぼ満開ですが、ところどころに蕾が残っています。

IMG_304322.jpg


葉の色合いに違和感はありますが、ヒメオドリコソウさんの様です。

IMG_306022.jpg


ハナダイコンさんが沢山咲いていました。

IMG_307222.jpg


ホトケノザさんです。

IMG_314022.jpg


ラッパズイセンさんです。

IMG_334722.jpg


(マクロ撮影)
先日お教えいただいた、ヘビイチゴさんの一種と思いますが、小葉を見ると5枚のように見えますし、どうも感じが違います。
ヤブヘビイチゴさんが似ているようですが、今一歩わかりません。

IMG_338622.jpg


(マクロ撮影)
シャガさんです。
ここではシャガさんが群生している場所があります。

IMG_340422.jpg


(マクロ撮影)
そのシャガさんのお花にワカバグモ君が佇んでいました。

IMG_314422.jpg


蝶君もいくらか舞い始めています。
ベニシジミ君のようです。

IMG_367022.jpg


いつもの如くですが、アオキさんのお花です。

IMG_383322.jpg


カイドウさんです。

IMG_385322.jpg


先日お教えいただいた、ハナズオウさんです。
もう少しと言うところでしょうか。

IMG_385722.jpg


コムラサキさんです。

こうして歩いてみると様々なところで多くの生きものたちがいるのに驚かされます。
しかし、まだまだ気がついていない部分はかなり多くあるのではないかと思います。
常に五感を働かせて、は鳥君たちを撮っていく上で大変に重要なことですが、更に上下左右全てに目を向けていくことが必要と痛感しました。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 09:29:34|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

四季の森公園

今回は久しぶりに行く、四季の森公園です。

ここは決して、鳥君が多くいるというわけではないのですが、森林に谷戸、湿地と生きものたちの宝庫のようなところと思っています。

今回はレンズをその都度、必要に応じて交換して撮影をしました。

表記なしはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影、またマクロ表記はSigma 150mm F2.8 APO MACRO DG HSM での撮影です。

IMG_210622.jpg


ここの主役はカルガモ君です。
谷戸の田んぼの池にいつも2羽います。

あとは湿地帯にも2羽いて、合計4羽はいつもいるようです。

IMG_218422.jpg


水田でハクセキレイ君です。
4羽で行動していました。

IMG_224222.jpg


アヒル君です。
4羽いますが、この手前はどうも大きさもかなり身体が小さく、色合い的にもマガモ君のような感じがしないでもないのですが、やはりくちばしを見るとアヒル君のようです。

IMG_240622.jpg


湿地帯でコサギ君です。
ここではたまにしか来ないようです。

IMG_246522.jpg


遠かったのですが、コゲラ君です。

IMG_255422.jpg


バリケン君です。
前からずっといるのですが、1回目にまわったときは姿が見えず、もしかしていなくなってしまったのかと心配になりました。
2回目にまわったときには姿が見えて、一安心、どうも木道の下に隠れてお休み模様だったようです。

IMG_207822.jpg


桜さんでしょうか、もう少しと言うところです。

IMG_208022.jpg


タンポポさんの種類かと思われますが、細かいところまでは不明です。
ところどころでぽつんと咲いているのが印象的です。

IMG_208722.jpg


満開に近くなっています。
桜さんと思われますが、細かい品種までは不明です。

IMG_212822.jpg


キブシさんです。

IMG_214322.jpg


(マクロ撮影)
オオイヌノフグリさんです。
園内全域で見られます。

IMG_214622.jpg


(マクロ撮影)
ホトケノザさんです。
もう少し低い位置から撮った方が良かったかも知れません。

IMG_215322.jpg


(マクロ撮影)
ヒメオドリコソウさんです。

IMG_217122.jpg


(マクロ撮影)
アオキさんのお花でしょうか。
お身体に似合わず、何とも小さなお花です。
雄花と雌花とあるようですが・・・。

IMG_218822.jpg


シャガさんですが、蕾をメインにして撮ってみました。

IMG_219322.jpg


ハナモモさんです。

IMG_219822.jpg


(マクロ撮影)
アセビさん、赤っぽい色をしています。

IMG_220122.jpg


(マクロ撮影)
アセビさん、白っぽい色のお花です。

IMG_220722.jpg


タチツボスミレさんです。

IMG_222022.jpg


アカシデさんです。

IMG_222722.jpg


ミシシッピアカミミガメ君たちが日光浴をしていました。

IMG_231722.jpg


ナノハナ(正式名称は不明)さんにニホンミツバチ君です。
ミツバチ君、かなり大きな花粉の固まりを持っています。

IMG_235622.jpg


数えるほどしか咲いていませんでしたが、お名前は不明です。
何とも目立つお花です。

IMG_236622.jpg


ハナニラさんです。

IMG_237022.jpg


ヒュウガミズキさんです。

IMG_245022.jpg


山場の斜面に少数でしたが、カタクリさんが咲いていました。

IMG_248822.jpg


(マクロ撮影)
お花は園芸種かと思うのですが、そのお花にテントウムシ君です。

IMG_249622.jpg


水草さんかと思うのですが、一面にびっしりでした。

鳥君はそれほど多くはありませんが、これからの時期、色々な昆虫類、植物類が多く見られます。
また菖蒲沼のハナショウブさんも季節にはかなりの景色になります。

昆虫類では特にバッタ君の類がかなり多く見られますし、またホタル君も生息しています。

これからの時期が更に楽しみな場所です。
  1. 2007/03/26(月) 23:55:57|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

武蔵国分寺公園

今回は武蔵国分寺公園です。
近くを通って、あれと思い、調べてみたら、平成14年に開園した、比較的新しい公園でした。
勿論初めて行きますが、昔からの趣味の公園散策のつもりでした。

レンズはSigmaAPO80-400 f5.6 EX DG OS での撮影です。

野鳥の森と言うところもあり、声も聞こえて来るのですが、整備中で残念ながら入れずでした。

IMG_017622.jpg


ツグミ君です。
広い広場があるためか、結構多くいました。

IMG_018822.jpg


野草さんのところから、顔を出した、ムクドリ君です。

IMG_015622.jpg


シメ君が水を飲みに来ていました。

IMG_991722.jpg


やはり都下に来るとキジバト君が多くいます。

IMG_001522.jpg


トサミズキさんにメジロ君です。

IMG_992022.jpg


お名前わからず、枝の先に芽が、何ともきれいだったので写してみました。

IMG_993322.jpg


シモクレンさんですが、まだこれからの様です。

IMG_993822.jpg


ヒメオドリコソウさん、かなり多くいました。

IMG_994622.jpg


スミレさんかと思ったら、どうも違うようです。
調べてみたら、ショッカツサイさんと言うのが似ているような・・・。
広い一面にかなり多く群生、咲いていました。

もしかして、先日お教えいただいた、ハナダイコンさんの様にも見えます。

IMG_999222.jpg


ボケさん、満開に近い状態でした。

IMG_008022.jpg


ユキヤナギさんです。
一面に多数咲いていて、風になびき、大変にきれいでした。

IMG_009222.jpg


この前見た、ミツマタさんに似ていますが、どうも違うようです。
調べてみたら、ジンチョウゲさんの様な・・・。
お名前は知っていたのですが、全く実物は初めてだったかも知れません。

野鳥の森が整備中で入れなかったのが残念でしたが、声は色々と聞こえていましたので、一般的な鳥君はいそうです。

また整備が終わったであろう、4月以降にまた行ってみようと思いました。

また植物類も結構多いようでしたので、その方も気になるところです。

一番気になるのは、大きなエノキさんでそのまわりは丸太杭で囲まれていました。
何ともオオムラサキ君の保護のためにしているそうです。
この時期はエノキさんの落ち葉で成長して行くとの事で、このオオムラサキ君も見ることが出来るのを期待したいところです。
  1. 2007/03/25(日) 01:37:15|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

葛西臨海公園・鳥類園 再び

葛西臨海公園・鳥類園に再びです。

やはり、トラツグミ君、アリスイ君、そして、ツリスガラ君に会っておきたいと思い、少しでも早くと思いました。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用です。

結局、会えたメンバーは前回とほぼ同じで40種類でした。

IMG_184322.jpg


タシギ君です。
7羽ほどいました。
タシギ君、いつも思うのですが、どうも光ったような感じになってしまいます。
結構難しい色合いではないかと思うのですが、今度は別の方法も試してみて撮影をしてみたいと思っています。

さらにその中に別のジシギ類がいるのでは、またオオハシシギ君がいないかと思ったのですが、全てタシギ君のようでした。

IMG_150422.jpg


ハシビロガモ君の♀です。
淡水池、汽水池ともにハシビロガモ君が多く、一番目立つような気がします。

IMG_152822.jpg


ツリスガラ君を待っていたのですが、会えず仕舞いでした。
オオジュリン君です。
2羽一緒に行動していました。

IMG_156522.jpg


コガモ君です。

IMG_171522.jpg


セイタカシギ君です。
いつもいる個体です。

IMG_173722.jpg


アオサギ君です。

IMG_175822.jpg


水浴びオナガ君たちです。

IMG_190522.jpg


枝がかぶってしまいましたが、コチドリ君です。

IMG_198422.jpg


アカアシシギ君、ずっと動いてばかりでした。

IMG_201722.jpg


モズ君です。
今回は黒色の濃い、個体でした。

IMG_203922.jpg


タマシギ君、もっときれいに撮ってあげたかったのですが、残念ながら葦の中ばかりにいて、枝かぶりとなってしまいました。

IMG_156822.jpg


枝に直接、蕾が付いているような、何とも不思議に思い、撮影しました。

結局トラツグミ君、アリスイ君、ツリスガラ君には会えませんでしたが、情報によると、トラツグミ君、2,3回は姿を見せたらしいです。

早いうちに、また行きたい物です。

また、園内は植物類も多く、中には石畳の間から、舗装の合間からと、これだけ撮影してまわっても1日はかかりそうです。
今度の機会は植物類に特化しての撮影もしたいと考えています。
  1. 2007/03/23(金) 23:55:13|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

葛西臨海公園・鳥類園

またまた久しぶりの葛西臨海公園・鳥類園です。
お天気は晴れたり、曇ったりで、風がかなり強く吹いていました。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコンでの撮影です。

それほど人は多くはありませんでしたが、さすがにタマシギ君のいるところは人だかりで、一旦は寄ったのですが、諦めて別の方をまわりました。

IMG_066022.jpg


ボケさんにずいぶんと強面のメジロ君です。

IMG_067522.jpg


シロハラ君です。

IMG_068322.jpg


モズ君です。

IMG_130422.jpg


夕暮れ時のモズ君です。

IMG_074022.jpg


ホシハジロ君です。
最盛期は数千羽いたかと思うのですが、もうわずかに残っているのみでした。

IMG_074722.jpg


オカヨシガモ君のペアです。
仲良く泳いでいました。

IMG_075022.jpg


アオサギ君です。

IMG_078122.jpg


モクレンさんにヤマガラ君です。

IMG_084922.jpg


さて、干潟の方ですが、タマシギ君の方に人が集まっているためか、擬岩観察窓には誰もいませんでした。

セイタカシギ君です。
7羽ほどいましたが、飛んで通過した個体なども含めると20羽ほどはいそうです。

IMG_102722.jpg


最初は日の当たり具合で足が黄色く見え、まさかキアシシギ君がもう来ていると早合点してしまいましたが、アカアシシギ君でした。

IMG_109622.jpg


コチドリ君、2羽来ていました。
ただ、もしかしたらもっといたかも知れません。

IMG_113422.jpg


コチドリ君、もう1羽の方です。

IMG_118122.jpg


ハシビロガモ君です。
淡水池にも干潟にも多くいて、意外と目立ちます。

IMG_125422.jpg


コサギ君です。

IMG_126322.jpg


タシギ君です。
6羽ほどいました。

IMG_137522.jpg


そして、夕暮れ時、タマシギ君のいる所へ行くともう誰もいない状態、様子を見ますと葦の間に隠れて、お休み模様でした。

動き出したのはもう夕方の6時近くになっていました。
残念ながら暗く、きれいに撮ってあげることが出来ずでした。

タマシギ君、初見初撮りです。

IMG_141022.jpg


タマシギ君、もう1枚です。
今度はきれいに撮れる時間に写したい物です。

さて、あと目的としていた、アリスイ君、トラツグミ君、ツリスガラ君、情報を頂いてはいたのですが、残念ながら会えず仕舞いとなってしまいました。

また、早いうちに行きたいと考えています。
  1. 2007/03/22(木) 23:50:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

井の頭自然文化園

今回はこの前の井の頭恩賜公園とセットで行った、井の頭自然文化園です。

時間切れで分園しか回れず、本園は今度の機会でとなってしまいました。

レンズはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影です。

実際は自然にいる生きものたちを写していくことが目的からは本当なのですが、たまにはこういった場所での撮影も良いかと考えています。

IMG_804321.jpg


クロトキ君です。
実際、冬に渡ってくる迷鳥となっているようですので、自然では殆ど会えそうにもないかと思われます。

IMG_804521.jpg


クロヅル君です。
君というのは失礼かも知れません。
何と47年も生きていて、かなりの高齢、うちよりも多く生きている先輩です。
ずっとお休み模様でお顔を拝見できませんでした。
ここでの生活も慣れているでしょうから、長生きして欲しい物です。

IMG_810321.jpg


井の頭恩賜公園にもいました、オシドリ君、♀の方です。

IMG_810821.jpg


こちらは♂の方です。
何となくですが、こちらの方が毛並みはきれいに見えますが・・・。

IMG_813021.jpg


ナベヅル君です。
やはり、こちらではなかなか会えないであろう鳥さんです。

IMG_815021.jpg


カリガネ君です。
やはり、なかなか会えない鳥さんだと思います。

IMG_816821.jpg


ゴイサギ君です。

IMG_820521.jpg


トモエガモ君です。
近くで見るのは初めてですが、何とも不思議な、そんな感じがしました。

IMG_822021.jpg


シマアジ君の♂は草の陰に隠れていました。

IMG_824321.jpg


ホオジロガモ君です。

IMG_826121.jpg


ケリ君です。
もうそろそろ繁殖期、だいぶ賑やかでした。

IMG_829321.jpg


番外ですが、ハシブトカラス君、金網の上にとまっていました。

IMG_829921.jpg


コクチョウ君です。
去年は1羽だけだったと思うのですが、3羽に増えていました。

IMG_841621.jpg


サカツラガン君です。

IMG_846321.jpg


オオハクチョウ君です。
10羽ほどと多くなったような感じがしますが、反対にコハクチョウ君の姿が見えません。

IMG_853421.jpg


シジュウカラガン君です。
去年にはいなかった種類で7羽ほどいました。
カナダガン君は手賀沼で会っているので、大きさなどほぼ同じかなと思っていたのですが、かなり小さく感じます。
また目が大きくて、カナダガン君に比べるとかわいく見えます。

普段会えないであろう鳥さんたちが多くいるのはうれしいのですが、やはり自然の中で生きていてこそではないかと思います。
それだけに複雑な心境もありますが、これはこれで仕方のないことなのかも知れません。
出来るだけ見に行ってあげて、食事代に困ることのない様に入場料を払うと言うことくらいしか出来る道はないようにも思えました。

あと本園にはかなりの種の鳥さんたちがいますが、回れず、今度の機会にと思っています。
  1. 2007/03/21(水) 23:50:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京港野鳥公園

東京港野鳥公園、少し久しぶりに行きます。
もうそろそろ、カモ君たちは北へ旅立ち、入れ替わりにシギ君・チドリ君の季節になりますが、まだ季節的には冬という感じでした。

レンズはこれもまた久しぶりにSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコンを担いでいきました。

ここ最近はこの望遠セットをあまり使っていなかった事もあり、思いの外に難しいことも改めて感じました。

あとはコチドリ君が来ている頃かと思って期待して行ったのですが、残念ながら、来ていなかったようでした。

IMG_059222.jpg


イソシギ君です。
干潟ではこのイソシギ君とツグミ君、そして、ハクセキレイ君とキジバト君が1羽ずつでした。

IMG_024522.jpg


オナガガモ君です。

IMG_025722.jpg


カワウ君です。
かなり多くいたように思うのですが、ほんの数羽と言うところでした。

IMG_030122.jpg


ホシハジロ君です。

IMG_033122.jpg


コガモ君です。

IMG_034722.jpg


カイツブリ君です。
この時期はどこでもなのですが、大変に賑やかです。

IMG_036322.jpg


ヒドリガモ君です。
♂が♀のあとを追い掛けて、首を伸び縮みさせていました。
いわゆるディスプレイだったのかも知れません。

IMG_038322.jpg


アオサギ君です。
サギ類はこのアオサギ君が3羽だけでした。

IMG_041922.jpg


干潟のハクセキレイ君です。
換羽途中でしょうか、かなり斑に見えます。

IMG_050922.jpg


オオジュリン君が5羽ほどで葦の所にいました。
逆光模様なのと何か手前に挟まっているのか、実物より白っぽく感じます。

IMG_053422.jpg


もう1枚オオジュリン君、やはり白っぽく見えるような・・・。

IMG_056922.jpg


干潟のツグミ君です。

全体的にカモ類はキンクロハジロ君、ホシハジロ君をメインにまだまだ各種が残っている状態です。
反対に期待していた、コチドリ君やもしやのメダイチドリ君はまだと言う感じでした。
  1. 2007/03/20(火) 22:45:26|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

殿ヶ谷戸庭園

この前行った、殿ヶ谷戸庭園にもうそろそろカタクリさんのお花も咲いているだろうと期待して、再度行ってきました。

お天気も少し肌寒かったのですが、久しぶりに晴れ模様でした。

また、実際に今年の初めに購入して、まだ1回も使っていない、マクロレンズを試用してみました。
今回は元々、鳥君よりも植物類を撮るつもりで行きましたので、最初からこのマクロレンズを装着して入りました。

レンズは10枚目までSigma150mm F2.8 APO Macro DG HSM 使用での撮影で、11枚目以降はいつもの通り、SigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影です。

同じ被写体もありますが、それぞれで撮り、また微妙に違いもあります。

IMG_894821.jpg


まずは一番の目的、カタクリさんです。
初めての撮影、初めて見るお花です。

カタクリさんは温帯性夏緑林の林床に生える多年草で、その一生は、7~8年の1枚葉の時期を経た後、2枚葉の個体となりやっと開花します。
そして、早いものでは落葉樹が葉を展開する前の3月中旬から葉を出し、若葉が茂り林床に十分日光が射さなくなる5月になると地上部が枯れだし、翌年の春までの休眠に入ると言うことです。

何とも可憐でまたうちの好きなセミ君にも通じるような、そんな生態にも思えて、ますます愛着がわいてきました。

IMG_897521.jpg


3輪です。

IMG_900921.jpg


1枚目よりもちょっと色が濃い感じがします。

IMG_893321.jpg


先日、新宿御苑でも見た、ヒマラヤユキノシタさん、ここではもう少しと言うところでした。

IMG_894521.jpg


アセビさんです。

IMG_906121.jpg


フッキソウさんです。
この前見たときとだいぶ姿も違い、最初はわかりませんでした。

IMG_906921.jpg


マンサクさんです。
何とも特徴的なお花です。

IMG_907021.jpg


これは今一歩わかりません。
白色のボケさんでしょうか?

IMG_909721.jpg


またまたアオキさんです。

IMG_910221.jpg


これも今一歩わかりません。
イカリソウさんかと思ったら、どうも違うようです。

ここまでが、Sigma 150mm F2.8 APO Macro DG HSM 使用での撮影です。
どうも今まで望遠仕様での撮影ばかりでしたので、今一歩違和感を感じますし、また慣れないと難しいかも知れません。
この150mmは手持ちではちょっと厳しいのかなと言う感じもしました。


ここからはいつもの通り、Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影です。
やはり使い慣れていることもあってか、断然撮影がしやすいです。

IMG_911321.jpg


竹林にキジバト君です。
やはりこちらの方に来ると断然キジバト君が優勢です。

IMG_911721.jpg


一輪だけひっそりと咲いていました。
お名前わからずの状態です。

IMG_913021.jpg


ヒイラギナンテンさん、もう少しという感じでした。

IMG_919521.jpg


3輪のカタクリさんです。
マクロでの撮影よりもこっちの方が良いようにも思えますが・・・。

IMG_928821.jpg


これも一輪だけひっそりと咲いていました。
キクザキイチゲさんの様です。

IMG_931721.jpg


ハナモモさん、ほぼ満開模様でした。

IMG_933421.jpg


ハナモモさん、満開でびっしりのお花と新葉がきれいです。

IMG_934021.jpg


さて、オオフタホシヒラタアブ君でしょうか。
やはり季節は春を実感します。

IMG_956721.jpg


ハナモモさんにメジロ君です。

IMG_960421.jpg


最初はシジュウカラ君かと思っていたのですが、撮っているうちに気がつきました。
ヒガラ君でした。
実質、初見初撮りです。
メジロ君とシジュウカラ君と混群で数羽ずつで行動していました。

IMG_963021.jpg


ヒガラ君、もう1枚です。
もう少し羽の色合いのわかる写真が撮れたら良かったのですが・・・。

IMG_967921.jpg


ハナモモさんにこちらはシジュウカラ君です。

IMG_970921.jpg


今のところわからないお花です。
マクロでの撮影よりもやはりこっちの方が良いような感じがします。

IMG_973221.jpg


ボケさんはこれからの様でした。

まだまだ色々と撮ったのですが、あまりにわからない種類が多く、その中のいくらかを載せました。

マクロレンズよりも望遠仕様に慣れているせいもあるかと思いますが、望遠仕様の方が良いような感じがしないでもありません。

今後も更にマクロレンズでの撮影を色々と試してみたいと思っています。

また、思いもかけないところにヒガラ君が来ていたのも幸運でした。
  1. 2007/03/19(月) 23:54:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

井の頭恩賜公園

久しぶりの井の頭恩賜公園です。

お天気は曇り模様で、午後からは風も強くなり、肌寒い1日でした。

レンズはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

IMG_736421.jpg


入ってすぐに目の前にいたのが、陸に上がったオシドリ君でした。

IMG_736821.jpg


オシドリ君、真ん前からは初めてでしたが、ずいぶん角張った感じのお顔立ちです。

IMG_739621.jpg


いつもの感じのオシドリ君です。

IMG_734321.jpg


キジバト君が多くいました。
反対にドバト君はあまり見かけません。

IMG_737721.jpg


カルガモ君です。
どちらかと言うとそれほど個体数は多くいません。

IMG_743221.jpg


オナガガモ君の♀です。
オナガガモ君も少数派です。

IMG_748321.jpg


オシドリ君の♀です。

IMG_753021.jpg


キンクロハジロ君です。
結構多くいて、一番優勢の様な感じです。

IMG_753321.jpg


寝転がりキンクロハジロ君です。

IMG_755521.jpg


ハシビロガモ君の♂です。

IMG_761821.jpg


ハシビロガモ君の♀です。
ハシビロガモ君は結構多くいて、十数羽はいそうでした。

IMG_763821.jpg


カイツブリ君です。

IMG_775321.jpg


潜水して上がってきたばかりのカイツブリ君、こちらを見て目を丸くしていました。

IMG_771721.jpg


ホバリング・ヒヨドリ君を狙ったのですが、結構難しいです。

IMG_778121.jpg


ツグミ君、かろうじて1羽いました。

IMG_782421.jpg


どうも聞いたことのない声がすると思って探してみると、ソウシチョウ君でした。
2羽で行動していて、かご抜けではありますが、初見初撮りでした。

IMG_784521.jpg


ソウシチョウ君、もう1枚です。

IMG_787521.jpg


バン君です。
普段は多くいるのですが、1羽しか見当たりませんでした。

IMG_787821.jpg


ホシハジロ君の♂です。
4~5羽の♂と1羽の♀がいるという感じでした。

IMG_789221.jpg


ホシハジロ君の♀です。

IMG_799121.jpg


ゴイサギ君です。
この木にゴイサギ君が6羽お休み模様でした。

IMG_865721.jpg


コサギ君が陰に隠れていました。

IMG_874421.jpg


ハシブトカラス君、もう少し全体に日が当たってくれたら良かったのですが・・・。

IMG_876221.jpg


ホシゴイ君です。
ゴイサギ君の成鳥は6羽に対して、1羽だけしかいませんでした。

IMG_881121.jpg


通称マルガモ君です。
マガモ君×カルガモ君でそう言うそうです。

IMG_745621.jpg


アオキさんです。
先日お教えいただき、ようやく覚えた1つです。
何ともきれいに見えました。

IMG_746121.jpg


トサミズキさんです。
ほぼ一面に咲いていますが、その一部分です。

IMG_859121.jpg


シャガさん、咲き始めていました。

IMG_861921.jpg


お名前わからず、あちらこちらに小さくて可憐に思いました。

IMG_862521.jpg


ユキヤナギさんです。

まだまだカモ君たちが多くいて、大変に賑やかです。

あと同敷地内の井の頭自然文化園にも入りましたので、その写真は改めて、後日アップしたいと思います。

**あと先日の浜離宮恩賜庭園の件で申し入れに対する、公園協会からの回答が届きました。

①張ってある糸に関する事
結果的にはカワウ君対策とのこと。
しかし、文章を読む限り、全く人為的、人間主導の考えで、再度意見・申し入れを送っておきました。

②サカツラガン君の消息
もともとは多摩動物公園から小さい頃に来たとのことですが、かなり大きくなって、また放鳥・飼育しておくのも難しくなったために、生まれ故郷の多摩動物公園に戻ったと言うことです。
想像していた悪い方ではなくて一安心です。
お名前は浜太郎君と言って、多摩動物公園で仲間たちと余生を過ごしている事と思います。
時間さえあれば、会いに行ってみたいとも思います。
  1. 2007/03/18(日) 01:44:15|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

洗足池公園

地元の洗足池公園です。
春の到来もあと少し、暦の上では来週には立春とカモ君たちの旅立ちも近くなって来ました。

レンズはSigma APO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

当日は予報では晴れのはずが、残念ながら曇りがちのお天気でした。

IMG_664421.jpg


オナガガモ君の♀です。
個体数的には殆ど減っていないような状態でした。

IMG_665421.jpg


木の上にお休みホシゴイ君が隠れていました。
ここ最近ここではホシゴイ君は久しぶりに見ました。
その奥にもゴイサギ君が隠れています。

IMG_671221.jpg


そして、撮影者の方に声をかけられて行ってみると何とスズガモ君が1羽いました。
どうも、スズガモ君かコスズガモ君かと議論が絶えなかったようですが、これはスズガモ君ですと答えておきました。

ここ洗足池でスズガモ君がいるのは初めてですし、記録もないかと思われます。

ここでは大変に珍しいカモ君にカメラが並んでいました。

IMG_688121.jpg


のびスズガモ君です。
頭の頭頂部が前方、緑色に光る光沢などからもそう思われます。

IMG_682521.jpg


桃さんのお花にスズメ君たちです。

IMG_684821.jpg


カルガモ君です。

IMG_690421.jpg


キンクロハジロ君の♀です。
やはり個体数的には以前と変わらない状況です。

IMG_695121.jpg


コサギ君です。

IMG_696521.jpg


こちらはアヒル君です。
この前はアオクビ系、白系3羽ずつと思っていたのですが、アオクビ系は4羽いました。
これで前の通りですが、白系の4羽のうち1羽が行方不明です。

IMG_705021.jpg


スズメ君です。

IMG_712021.jpg


たまにはキンクロハジロ君のアップです。
もう少し絞った方が良かったかも知れません。

IMG_725221.jpg


遊歩道を見上げる、オオバン君です。
今年に初めて(多分)来て、今なお元気でいます。
いつまでいてくれるでしょうか。

IMG_728021.jpg


ハクセキレイ君です。
かなり斑な、換羽途中でしょうか。

IMG_702821.jpg


夕方の帰り際、ユリカモメ君たちはどこかに帰って行くのですが、1羽だけ残っていました。
目をつぶっているので、お休み中かなと思いきや、どうも様子が変です。

左目を怪我している様で、外傷は見えない物の、どうも心配です。
この時期、大丈夫なのでしょうか。
大変に心配なユリカモメ君です。

全体的に真冬の時期とほぼ種類、個体数とも変わらない様でした。
これからどんどん旅立っていくかと思うのですが、それもあと少しかなと言う感じです。

あとは、スズガモ君が1羽、ここでは貴重な記録となるかと思われます。
  1. 2007/03/16(金) 01:25:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園です。
今回は時間がほとんどなく、様子を見に行っただけでしたので、写真もほんの少しと言うところです。

一番気になっていることは、やはりミコアイサ君がまだいるのかどうかと言うことでした。

レンズはSigma80-400 F4.5-5.6 APO EX DG OS 使用での撮影です。
今回×2テレコンだけでは色々と不足もあるので、×1.4テレコンも購入して試そうと思ったのですが、その時間はありませんでした。

IMG_639821.jpg


ツグミ君です。
依然として2羽いますが、もうそろそろお別れかも知れません。

IMG_641221.jpg


ヒドリガモ君の♀です。
ヒドリガモ君は前と同じくらいいるようでした。

IMG_642721.jpg


お休みホシハジロ君の♀です。

IMG_645521.jpg


中の島の右半分の様子です。

IMG_645621.jpg


同じく左半分の様子です。

カモ君たちは前の時と殆ど変わらずの個体数は依然としているようでした。

IMG_647721.jpg


お休みカルガモ君です。

IMG_648621.jpg


ヒドリガモ君の♂です。

IMG_659421.jpg


水浴びオナガガモ君です。
SSは後で確かめてみたら、1/3200と言う高速でした。

IMG_664021.jpg


ジョウビタキ君の♂がいましたが、遠くくらい場所でした。
時間もなく、すぐに見失ってしまったため、再度の撮影は叶いませんでした。

全体的に春も近いとはいえ、前回とそれほど鳥類相、そして個体数は変わっていないような感じです。

しかし、一番気になっていた、ミコアイサ君ですが、残念ながらいませんでした。
もう旅立ってしまったのかも知れません。
あとは旅の安全を祈って、また来年も来てくれることを切に願いたいところです。
  1. 2007/03/13(火) 18:08:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新宿御苑(植物類編)

今回は新宿御苑の植物類編です。
お名前のわからないものもかなり多い状態です。

レンズはSigma80-400 F4.5-5.6 APO DG OS での撮影ですが、やはりマクロレンズも必要であると痛感しました。

プレートの付いている物はそれを参照して、また付いていない物についてはあれこれと調べてみましたが、間違いもあるかも知れません。

IMG_497121.jpg


アセビさんです。
ツツジ科アセビ属でこのお花は有毒とされているようです。

IMG_498521.jpg


サンシュユさんです。
ミズキ科ミズキ属のお仲間のようです。

IMG_519421.jpg


桜さんの中でも大寒桜さんのようです。

IMG_520221.jpg


スイセンさんです。

IMG_552621.jpg


ハナモクレンさん、満開までもう少しという感じでした。

IMG_563821.jpg


桜さんの中でも寒緋桜さんの様です。

IMG_564021.jpg


ボケさんです。

IMG_572121.jpg


ラッパズイセンさんです。
科目はヒガンバナ科となっていました。

IMG_581321.jpg


ハチジョウキブシさんです。

IMG_586121.jpg


これはわかりませんでした。
新葉が並んで出ているのがきれいと思い、撮影しました。

IMG_587821.jpg


ムラサキハナナさんの様ですが、良くわかりません。
アブラナ科オオアラセイトウ属の一年草の様です。
この場所にしか見られませんでした。

IMG_588021.jpg


クリスマスローズさんです。

IMG_588521.jpg


同じくでしょうか。

IMG_588921.jpg


みかんさん(普通のではないと思いますが)が多く実っていました。

IMG_589921.jpg


ゲンカイツツジさんでしょうか。
これも良くわかりませんが、1箇所でしか見られませんでした。

IMG_590021.jpg


ハナニラさんです。
これは先日お教えいただいて、ようやく覚えた種類です。

IMG_590621.jpg


ミツマタさんです。
そう言えば、お花は咲いていましたが、葉っぱがなかったような・・・。


これから先は温室内での撮影です。

IMG_591921.jpg


ヒマラヤユキノシタさんとありました。

IMG_592421.jpg


ヒメハアザミ(キツネノマゴ科)さんとありました。

IMG_593121.jpg


ルリハナガサ(キツネノマゴ科)さんとありました。

IMG_593521.jpg


ホウライショウさんの実です。

IMG_594521.jpg


インドジャボクさんとありました。

IMG_594121.jpg


ベニババハゴロモノキさんとありました。
花びらのないお花が印象的でした。

IMG_595221.jpg


ディーオン・スピヌロスムさんとありました。
ソテツ類のお仲間のようですが、それにしてもかなり大きい実です。

IMG_595621.jpg


ポンデローサさんとありました。
レモンさんのお仲間ですが、それにしてもかなり大きいです。

IMG_596921.jpg


オオベニゴウカンさんとありました。
マメ科のお仲間のようで、雄しべが沢山集まって出来たお花です。

IMG_597421.jpg


ベニヒモノキさんとありました。

IMG_599721.jpg


オオオニバスさんです。
これは公園の池でもお目にかかります。

IMG_600321.jpg


これは球根でしょうか、かなり大きいです。

まだまだ写真を撮ったのですが、わからないものが多く、次回行ったときに再度確かめたいと考えています。

また、温室内については熱帯種が殆どで手持ちの文献では調べようがありませんので、付いていたプレートの通りに表記しました。

今度はマクロレンズを忘れずに持って行き、更に詳しく見落としのない様に見てまわっていきたいと考えています。
  1. 2007/03/12(月) 03:13:06|
  2. 植物
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

新宿御苑

久しぶりに新宿御苑に行ってきました。
予定では新宿御苑~明治神宮御苑へと行くつもりだったのですが、ほぼ開園から閉園まで1日中いてしまい、明治神宮御苑は次回へとなってしまいました。

レンズはSigma80-400 F4.5-5.6 APO EX DG OS での撮影です。

IMG_577321.jpg


陽光(桜さんの交配種と書いてありました)さんにぶら下がりヒヨドリ君です。

IMG_584321.jpg


こちらはハチジョウキブシさんにヒヨドリ君です。

IMG_491821.jpg


玉藻池にはオシドリ君たちが15羽ほど来ていました。

IMG_492521.jpg


マガモ君の♀です。
♂は1羽しかいませんでしたが、♀は4羽いました。

IMG_494921.jpg


枝にとまった、オシドリ君の♀です。

IMG_495321.jpg


1羽だけのマガモ君の♂とオシドリ君のペアです。

IMG_496721.jpg


カワウ君は1羽だけでした。

IMG_499021.jpg


ツグミ君、あちこちで会いました。
また珍しく4羽固まっている所もあり、もうそろそろ旅立ちの季節なのかなと感じました。

IMG_523721.jpg


桜さん(ここには様々な品種があり、今のところ不明)とメジロ君です。

IMG_545821.jpg


同じく、桜さんにぶら下がりメジロ君です。

IMG_546321.jpg


たまには普通に、メジロ君です。

IMG_566721.jpg


写真ばかり撮っていたら、にらまれてしまいました。

IMG_542921.jpg


カイツブリ君、ほぼ夏羽になっているようです。

IMG_551521.jpg


シジュウカラ君です。

IMG_555321.jpg


ジョウビタキ君の♀です。

IMG_557121.jpg


このジョウビタキ君、下のくちばしが少し欠けているようでした。
見ているとそれほど影響はないように思われますが、それでも心配になってきます。

IMG_562921.jpg


芝生でハクセキレイ君です。

IMG_602121.jpg


ずっといるアヒル君の姿が見えず、気に掛かっていましたが、夕方にようやく確認できました。
ただ、2羽で仲良くいたはずが1羽しかいません。
もう1羽はどこに行ってしまったのでしょうか?これも確認したいと思います。

IMG_016121.jpg


この写真は以前の2羽のアヒル君、いつも寄り添って行動していたのを思い出します。

IMG_605121.jpg


カワラヒワ君が1羽いましたが、遠すぎました。

IMG_627921.jpg


ハシブトカラス君、巣作りの季節でしょうか。
枝を拾うのではなく、一生懸命引っこ抜いていました。
なかなか抜けなくて、尻餅をついていたり・・・。

IMG_629621.jpg


ダイサギ君が1羽いました。

IMG_635321.jpg


夕方の帰り際、シロハラ君です。
いつも暗いところばかりにいるので、なかなか写真がまともに撮れませんが、少し明るいところに出てきてくれました。

カワセミ君も1羽、あっちにこっちに飛んでいましたが、遠すぎて撮れませんでした。

あと、温室などもまわり、植物類はかなり色々な写真を撮ってきたのですが、お名前のわからないものばかりですので、調べてわかったところで掲載したいと思います。
  1. 2007/03/10(土) 18:37:31|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上野恩賜公園

もうそろそろ、カモ君やカモメ君たちも旅立ちの季節となってしまいます。
その両種がいる、上野恩賜公園に少し久しぶりですが行ってきました。

また、先日導入した、手ぶれ補正付きのレンズで飛翔写真を撮影試行することも目的の一つでした。

レンズはSigma80-400 F4.5-5.6 APO EX DG OS 使用での撮影です。

時間的に遅かったせいもあり、日陰で全体的に暗くなってしまいました。

IMG_422521.jpg


寒緋桜さんが咲いてきていました。
そして、反対メジロ君です。

IMG_420121.jpg


同じく、メジロ君、それにしても大変に器用です。
光が全体に当たってくれていたら、良かったのですが・・・。

IMG_411821.jpg


キンクロハジロ君の♀です。

IMG_414321.jpg


オナガガモ君の♀です。

IMG_427421.jpg


陸に上がって、佇んでいた、オナガガモ君の♂です。
ちょっと暗くなってしまいました。

IMG_428421.jpg


オオバン君です。
葦原付近で水中に顔をつっこんでの繰り返しをしていました。

IMG_428921.jpg


オナガガモ君の♀が2羽、陸の上で何故か正反対を向いているのが面白く感じました。

IMG_431221.jpg


ユリカモメ君です。
依然として、かなりの数がいます。

IMG_415521.jpg


ユリカモメ君の飛んできたところ、羽の一部が切れてしまいました。

IMG_432921.jpg


ほっと一息キンクロハジロ君です。

IMG_433621.jpg


ホシハジロ君です。

IMG_434121.jpg


ハシビロガモ君の♀です。

IMG_436121.jpg


ハシビロガモ君の♂です。
羽に何か水色っぽい色が見えますが、初めて見たような気がします。

IMG_436621.jpg


ハシビロガモ君の♀でくちばしのオレンジ色が強い個体、まだいました。

IMG_437521.jpg


マガモ君ですが、暗すぎました。

IMG_437621.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_438721.jpg


キンクロハジロ君ですが、妙に首と顔が細い感じのする個体です。

IMG_440121.jpg


ムクドリ君です。

IMG_441021.jpg


ヒドリガモ君ですが、赤みが全体的に強い感じのする個体です。

IMG_444221.jpg


こちらは、アヒル君のようです。

さて、この後はカモメ君たちですが、どうもわからない個体が多くいました。
詳しく調べている時間もないので、一応推測で書いておき、改めて時間のあるときによく調べてみようと思います。

IMG_409921.jpg


オオセグロカモメ君の幼羽の様です。
セグロカモメ君の場合の幼羽は黒くなりますが、オオセグロカモメ君の場合は黒色と言うよりも淡色の様です。

IMG_410121.jpg


この一番向こうの個体です。
もしや、ホイグリンカモメ君かなと一瞬思ったのですが、どうもオオセグロカモメ君の第4回冬羽の様な感じです。

IMG_455921.jpg


こちらは顔の斑が薄いですが、オオセグロカモメ君ですね。

IMG_462221.jpg


この真ん中の個体ですが、セグロカモメ君の幼羽の様です。

IMG_463721.jpg


この左側の個体、今一歩わかりません。
初列風切は黒一色のような(隠れているだけかも)、くちばしに上下黒色、さて・・・?
やはり、オオセグロカモメ君なのかも知れません。

IMG_472521.jpg


ウミネコ君です。

IMG_472921.jpg


セグロカモメ君の飛翔、SSが遅すぎました。

全体的にまだまだ殆どの種類が残っているようですが、それもあともう少しの時間なのかなと言う感じです。

また、手ぶれ補正試用第2弾の使用感ですが・・・。
①飛翔に関しては1回ピントが合えば、あとはAI-Servoで追い続けることが出来るのですが、ひとたび外すと合うまでにもたつく感じがします。
②AFは決して早いとは言えない(現在手持ちの50-500や300-800の方が間違いなく早い)が、実用にならないほどでもないかと思われます。
③たまに異常にSSが上がる(1/1000~1/2000)事があり、写真が暗くなり、また黒つぶれを起こしている事があった。
設定の問題か、それ以外の問題かはいくつか試して調べたいと思います。
④手ぶれ補正で飛翔は設定1で試したので、設定2で飛翔を撮影した場合どうなるかは不明。

結局はAFの問題かなと言うところですが、決して早いとは言えないのが難点かも知れませんが、実用にならないほどでもありません。

また、飛翔はなかなか難しく、更に色々と試して慣れていくようにしていかなければ無理だと感じました。
  1. 2007/03/09(金) 03:30:45|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

洗足池公園

地元の洗足池公園です。
もうそろそろ、カモ君やユリカモメ君たちも旅立ちの季節ですので、様子を見に行って来ました。

また新しく導入したレンズの使い始め、テストも兼ねて、雲の厚い、曇り模様であまり日も差さず、午後には一時的に雷雨模様でしたが、どちらかと言うと暗い中、テストするのにはもってこいの条件でした。

レンズはSigma80-400mm F4.5-5.6 APO DG OS です。
手軽に手持ちで撮影する場合、また飛翔写真などのために購入、今日届きました。

手ぶれ補正の効果はどれくらいあるのか、これも興味津々でした。

IMG_405221.jpg


キンクロハジロ君です。
多くいる中でも頭は紫色に、頬は緑色に光り、毛のつやも良く、ひときわきれいな個体で目立ちました。

IMG_390421.jpg


オナガガモ君です。

IMG_391121.jpg


アヒル君たちですが、木陰でお休み模様でした。
白、アオクビの3羽ずつ、1組減ってしまったようです。

IMG_399821.jpg


コサギ君です。
何かこっちを気にしているような・・・。
直感ですが、いつもいる個体と同じかと思われます。

IMG_395621.jpg


コサギ君の飛翔、後ろ姿でしたが・・・。

IMG_398321.jpg


コゲラ君、一生懸命丸い穴の開いているところに首をつっこんでは突いていました。
逆光状態でした。

IMG_401921.jpg


ずっと1羽だけいる、オオバン君、まだいて一安心です。

IMG_404021.jpg


ツグミ君です。

IMG_405521.jpg


カルガモ君です。

IMG_405821.jpg


カワウ君、いつもの指定席です。

IMG_406121.jpg


マガモ君です。
何故か♂1羽、♀が見当たりませんでした。

IMG_408221.jpg


ゴイサギ君、4羽この木に隠れていました。
丁度真上に向かって撮った様なスタイルでしたが、ゴイサギ君、こっちを見下ろして、様子をうかがっていました。

IMG_409421.jpg


雷雨の直前、かなり暗くなりましたが、ハクセキレイ君です。

IMG_390021.jpg


水辺にスイセンさん(?)が咲いていました。

IMG_300621.jpg


シャガ君、だいぶ早い開花です。

IMG_301621.jpg


お名前わからず、咲き始めていました。

IMG_391421.jpg


桃さん、満開に近くなってきました。

結果的に全体的には暗く、条件の悪い中での撮影でしたが、出来た写真を見るとブレてダメという写真が殆どありませんでした。
実際の所、この手ぶれ防止の効果はわからないところでかなりあるのではないかと言う感じがしました。

購入の時にCanon EF100-400 IS も考えましたが、どちらかと言うとうちはSigma路線でしたので、迷うことなく、こちらに決めました。

AFのスピードに関しては飛翔写真がそれほど撮れませんでしたので、更に試行して行きたいと思います。

手持ちで使っているSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM と比べると焦点距離の点において、不足を感じますが、実際出来た写真を見ると50-500で撮影した時に比べ、ブレ写真が格段に減っていることからも、効果は十分にあると思われます。

ただ水面のカモ君を撮るときに、水面の揺らぎを認識してしまい、カモ君がかえってぶれて見えて、写せないという現象が1回2回ありました。
まあ、これはちょっと注意すれば、避けることが出来る問題かと思われます。

更に色々と試していきたいと考えています。
  1. 2007/03/06(火) 18:19:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

谷津干潟

久しぶりの谷津干潟です。

お天気は良く、動くと少し暑いくらいかなと言う陽気でした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +×2テレコン使用です。

IMG_386821.jpg


モズ君です。
金網でなく、木にとまってくれたら良かったのですが・・・。
夕暮れ時、実際は当日の一番最後に撮影した写真です。

IMG_318721.jpg


干潟でのオナガガモ君の♀です。

IMG_320721.jpg


干潟でのコガモ君の♂です。

IMG_324121.jpg


干潟でのコサギ君です。
飾り羽がかなりきれいになってきました。

IMG_330021.jpg


ヒドリガモ君の♂です。

IMG_332721.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_332921.jpg


コガモ君の♀です。

IMG_337321.jpg


ユリカモメ君です。
当日は100羽以上、かなり遠くに固まっていました。

IMG_342021.jpg


オカヨシガモ君の♂です。
ペアでいたのですが、遠すぎてうまく撮れませんでした。

IMG_346421.jpg


シロチドリ君です。
今日はわかっただけで3羽いました。

IMG_347521.jpg


空を覆い尽くすほど、ハマシギ君たちです。

IMG_353121.jpg


セイタカシギ君です。
10羽ほど来ていました。

IMG_360221.jpg


頭が真っ黒になった、ズグロカモメ君です。

IMG_367221.jpg


ズグロカモメ君、もう1枚です。

IMG_370221.jpg


シロチドリ君、先と別個体です。

IMG_376321.jpg


お休みハシビロガモ君です。
いつもは淡水池にいるのですが、干潟にも出てきていました。

IMG_377921.jpg


こちらは淡水池のハシビロガモ君です。

IMG_380421.jpg


オオバン君、足を怪我していたので、心配だったのですが、元気でいるようです。
ただ、歩いている姿は見ることが出来ませんでした。
手前はヒメオドリコソウ君でしょうか、咲いてきていました。

IMG_384321.jpg


タシギ君、完全な逆光でした。

IMG_378921.jpg


ハクセキレイ君、何か挟まったような感じの写り方です。

IMG_352021.jpg


アメリカヒドリ君にかなり近いと思われる、ヒドリガモ君です。

IMG_328921.jpg


オオジュリン君ですが、残念ながら目に光が入りませんでした。

春の陽気になって、だいぶ賑やかに思われる1日でした。
ハマシギ君は常に遠くにいて、写真は撮れませんでしたが、かなり(500以上)来ていたようです。

今度行くときは、カモ君たちとシギ君・チドリ君たちとの境目の時期になるのではないかと言う感じです。   
  1. 2007/03/05(月) 00:20:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

彩湖

今回は初めて行く、彩です。
・道満グリーンパーク駐車場からそのまま彩へと出て、管理橋を渡り、対岸を歩きました。

本当は一周したかったのですが、時間的にも距離的にも厳しく、対岸半分ほどで引き返したときには夕方でした。

調整池)の周りは葦原になっていて、広く、大変に環境が良いように感じました。

ただ、いつも会う種類のカモ君は殆どいず、カルガモ君くらいでした。

天気が今一歩優れなかったのが残念でしたが、それでも時間はあっという間でした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM 単体または×2テレコン使用での撮影としました。

IMG_208521.jpg


オオバン君です。

IMG_178821.jpg


まず目に付いたのは、オオバン君たちです。
オオバン君がこんなに固まっているのは初めて見ました。
ここの固まりで55羽ほど、他の場所で10羽ほどでした。

そして、もう一つ初めて見たのは、オオバン君が飛んでいるところでした。

IMG_174821.jpg


ここは開けた広大な場所のためか、ツグミ君がかなり多くいます。

IMG_190821.jpg


そして、最大の目的である、ヨシガモ君です。
陸に上がった、ヨシガモ君の♂です。
水元公園で遙か遠く、ペアに会っただけで近くでは初めてでした。

IMG_197121.jpg


水面でヨシガモ君の♂です。

IMG_201021.jpg


ヨシガモ君のペアです。

IMG_206421.jpg


ヨシガモ君たちです。
1羽の♀を取り囲むように♂がいます。

IMG_209221.jpg


ムクドリ君、意外と少なく、あまり会いませんでした。

IMG_212221.jpg


遠くにカイツブリ君が1羽いました。

IMG_219021.jpg


カンムリカイツブリ君のペアです。
ずっと寄り添っていました。

IMG_219421.jpg


カンムリカイツブリ君、冬羽の様です。

IMG_227921.jpg


かなり遠くにポツンといました。
直感的に会ったことのないカモ君だとはわかりましたが、その時はとにかく撮影する事でした。

ホオジロガモ君の♀の様です。
1羽だけいました。

初見初撮りでした。

IMG_230021.jpg


最初はオオジュリン君かと思ったのですが、ホオジロ君の♀の様です。

IMG_231621.jpg


遙か遠くにセグロカモメ君が1羽だけいました。

IMG_237121.jpg


再びカンムリカイツブリ君ですが夏羽に近い個体です。
ピンぼけ写真なのですが・・・。
とは言っても、実は足を写したかったので、後ろにピントが行っています。
何とも不思議な足です。
これもなかなか見る機会がないのではないかと思いました。

IMG_238021.jpg


もう一つ、お休みカンムリカイツブリ君です。
ちょっと首の回し方が違うような、そんな感じです。
これも初めて見ました。

IMG_240621.jpg


ホオジロ君の♂です。

IMG_242521.jpg


こちらも地面に降りていた、ホオジロ君です。

IMG_243421.jpg


ホオジロ君、やはり葦にとまっている姿が良いような・・・。

IMG_251221.jpg


夕暮れ時、グランドのネットの上にモズ君です。

初めて行きましたが、歩いた範囲は全体の一部でしたが、かなりの種類が見られました。
今度行くときは、時間を取って、少なくとも1周できるようにまわりたいものです。

しかし、良く見ると写真に何か余計な物が写ります。
いつもミニブロアなどで清掃などをしているのですが、どこかにわずかなゴミやチリなどが残っている様です。
これだけは50-500を使う場合あまり気にならないのですが、300-800に×2テレコンを付けるとかなり気になってきます。
更に全体を念入りに清掃しないとダメなようです。
  1. 2007/03/03(土) 02:42:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。