野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浜離宮恩賜庭園

久しぶりの浜離宮恩賜庭園です。
前回行ったときは園内のあちこちで整備工事をしていましたが、だいぶ終わってすっきりした感じになっていました。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

カモ類に関しては一般的な種類は殆どがいましたが、全体的に時間的な物もあったのか、日陰になってしまい、これと言った写真もなく、今回は写真は少なめです。

IMG_006221.jpg


コガモ君です。
何か変な物をくわえてしまったかの如く、ぎょっとした表情が印象的でした。

IMG_007121.jpg


コガモ君の♀です。
翼鏡がきれいです。

IMG_009221.jpg


コガモ君の♂です。

IMG_012621.jpg


ツグミ君です。
ここでは比較的広くて開けたところが少ないためか、個体数は数羽と言うところでした。

IMG_979720.jpg


池にイソシギ君がいました。
そう言えば、イソシギ君が池にいるのはもしかして珍しいような、汽水池だからでしょうか。

IMG_981220.jpg


コガモ君のペアです。

IMG_983020.jpg


こんな感じのハシビロガモ君がいました。

IMG_984920.jpg


遠くではカイツブリ君たちがいました。

IMG_986920.jpg


オナガガモ君の♀です。
水面が幻想的な感じに写りました。

IMG_990020.jpg


ムクドリ君です。
このムクドリ君、近づいても全く逃げません。
50cmくらい近づいて、ようやく歩き出す感じです。
こっちの行動を見透かされている感じです。

IMG_003121.jpg


ヒヨドリ君が10羽ほど、コスモスさんの葉を食べていました。
ここも夏には一面、キバナコスモスさんでいっぱいになるのですが、今の時期はまだまだその面影はありません。

満開時の様子は↓の写真です。

IMG_284920.jpg


2006年の8月に行ったときの写真です。
満開のキバナコスモスさんたちです。

IMG_000421.jpg


話ではボケさんと言うことで、調べてみてもまた難しいです。
真っ白なボケさん、珍しいと言っていましたが・・・。

あとカモ類は、キンクロハジロ君、ホシハジロ君、マガモ君、カルガモ君などなど一般的な種類は個体数も多くいました。

そう言えば、一つ気にかかっていることがあるのですが、ずっといた、サカツラガン君の姿が見えません。
どこかに隠れているのか、見落としたのか、それともいなくなってしまったのでしょうか。

IMG_273520.jpg


去年撮った、サカツラガン君、どこに行ってしまったのでしょう?
今度行ったときにも気にかけて、いない様であれば、確かめたいと考えています。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 16:36:50|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

旧芝離宮恩賜庭園

またまた、再び、旧芝離宮恩賜庭園です。
この付近には夜間の仕事でここ最近は毎日行っていますので、ちょくちょく寄るようにしています。

思いもかけず、ミコアイサ君がいたので、どうも気になって仕方がありません。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_087121.jpg


ここにはスズメ君が大変に多くいます。
とまって、遠くを眺めるような表情が印象的でした。

IMG_089421.jpg


ホシハジロ君です。
真横に大きな鯉君、並んでの所をと思ったのですが、さすがに難しいです。

IMG_093821.jpg


お休みキンクロハジロ君、それほど強風でもないのですが、冠羽がぼさぼさになっていました。

IMG_095621.jpg


ヒドリガモ君です。
芝生で地面を突いていたようです。

IMG_099021.jpg


ここで行った限りでは、ユリカモメ君は初めてでした。
しかし、飛んできたかと思ったら、水浴びをして、すぐにまた飛んで行ってしまいました。
4羽、ものの数分だけの滞在でした。
右のユリカモメ君が切れてしまいました。

IMG_099721.jpg


カワウ君、ここではあまり見かけません。
1羽だけ、佇んでいました。
もう1羽いたのですが、池で潜ってばかりでした。

IMG_100521.jpg


さて、肝心のミコアイサ君ですが、岩の陰でお休み模様でした。
どうも昼間はここがお気に入りなのか、この付近でいつも休んでばかりいて、動くことが殆どありません。

IMG_101921.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_106921.jpg


岩の上でホシハジロ君です。

IMG_108121.jpg


オナガガモ君、今日は少ない感じでした。

IMG_113221.jpg


岩の上でお休みホシハジロ君の♀です。

IMG_131021.jpg


ハクセキレイ君です。
尾の一部が切れてしまいました。

IMG_136921.jpg


今日の中の島の全景です。

IMG_123921.jpg


ミコアイサ君、ようやく夕方頃に動き出しそうな気配でした。

IMG_153821.jpg


ミコアイサ君、ようやく動き出しましたが、西日で白飛びしてしまいました。

IMG_155221.jpg


2回ほど飛んで、庭園の外に行ってしまうかなと思われるときもありましたが、何故かこの狭い庭園の池に旋回して戻って来ていました。


ミコアイサ君、どうもここの庭園がお気に入りのようで、旅立ちまではずっといるような、そんな感じもしてきました。
ただ、♀がいませんから、それだけが心配ですが・・・。

そして、行った限りでの情報でしかありませんが、昼間は殆ど中の島の岩陰でお休み状態が殆どで動くことがありません。

動き出すのは大体夕方の4時を過ぎたあたりからです。
あたりを行ったり来たりして、少しずつ行動範囲を広めて、潜ったりしているようです。

また、何故かホシハジロ君の♀にばかり、ちょっかいを出している行動が良く見られます。
自分をホシハジロ君と思っているのか、それはわからないのですが、これもおもしろいことかと思います。

もう一つ、コスズガモ君ですが、やはりいませんでした。
完全にどこかに行ってしまったようです。
  1. 2007/02/27(火) 14:21:32|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

本牧市民公園

本牧市民公園、ここも初めて行きました。

先日の三溪園と隣り合わせでセットで行きました。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

ここで不思議なことは、三溪園とこの本牧市民公園では隣り合わせであるに関わらず、全く鳥類相が異なると言うことです。

三溪園ではカモ類はキンクロハジロ君が200羽ほど、カルガモ君とマガモ君が数羽だけでした。

本牧市民公園ではカルガモ君やマガモ君が全くいません。
その代わりにオナガガモ君やホシハジロ君、コガモ君がいました。
キンクロハジロ君は同じくでかなり多くいます。

IMG_847320.jpg


ホシハジロ君の♀です。
地味ながらきれいで、いるとどうしても撮ってしまいます。

IMG_847720.jpg


オナガガモ君の♀です。
10羽程度と言うところでした。

IMG_852320.jpg


オナガガモ君の♂です。

IMG_856120.jpg



ハクセキレイ君です。
じっと動かないで待っていると、真ん前にまで近づいてきました。

IMG_860820.jpg


コサギ君です。
足を揺さぶらせてはあちこち移動していました。

IMG_866020.jpg


コガモ君の♀です。
コガモ君は♂3羽、♀3羽でした。

IMG_870720.jpg


コガモ君の♂です。

IMG_871720.jpg


コガモ君の♂が喧嘩をしていました。
すぐにおさまりましたが、♂♀3羽ずつで、ペア3組と思っていたのはどうも違っていたようです。

IMG_873620.jpg


コガモ君、日の当たりようによって、色合いが若干変わってきます。

IMG_876020.jpg


コガモ君の♀が首をかしげて、こちらを見ていました。

IMG_876320.jpg


ムクドリ君がずいぶん芝生のあたりで歩いていました。

この本牧市民公園はどちらかと言うとプールや運動施設がメインで鳥君がいるのは、三溪園の入口付近の池と芝生広場くらいかなと言う感じでした。
  1. 2007/02/24(土) 14:52:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

三溪園

今回は初めて行った、横浜市にある、三溪園です。

実は数回行ったことがあるのですが、いつも駐車場が満車で並んでいる状態でしたので、あきらめて別の所に行った覚えがあります。

と言うわけで、中に入ったのは、今回が初めてでした。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_794720.jpg


梅さんにメジロ君です。

IMG_798520.jpg


何とかぶら下がりの写真も撮りたかったのですが、残念ながら枝かぶりばかりでこれと言ったのは撮れませんでした。

IMG_790620.jpg


カワウ君が1羽だけ、池の畔に佇んでいました。
見ていると写真を撮っている人も多く、結構注目の的のような感じでした。

IMG_801020.jpg


マガモ君の♂です。

ここではキンクロハジロ君が殆どで、あとはマガモ君とカルガモ君が数羽ずつと言う感じでした。

IMG_803420.jpg


マガモ君とカルガモ君のあいの子の様な感じです。

IMG_804020.jpg


キンクロハジロ君です。
強風で今回も立派な冠羽も決まらない状態になっていました。

IMG_806220.jpg


キンクロハジロ君の♀です。

IMG_808720.jpg


カルガモ君とカルガモ君×マガモ君です。
かなり、お顔が黒っぽく感じます

IMG_813520.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_814920.jpg


キンクロハジロ君、今年の子でしょうか。
ずいぶん細い感じに見えました。

IMG_816620.jpg


上空ではトビ君が旋回して、飛んでいました。

IMG_819220.jpg


カルガモ君です。
ここでは数羽という感じでした。

IMG_820020.jpg


キンクロハジロ君ですが、いた中でも一番冠羽が立派かなという個体です。

IMG_824620.jpg


カワセミ君です。
一般的に木に叩き付けてと言われていますが、この子は振り回していました。

IMG_827320.jpg


同じカワセミ君です。
今年の子でしょうか、それとも換羽中でしょうか。

IMG_828920.jpg


アオジ君です。
ここでは暗い林床に結構多くいます。
ただ、明るいところにはなかなか出てきてくれないので、撮影は今一歩うまく行きません。

IMG_842420.jpg


スズメ君です。
1羽だけ芝生の上でちょこんと佇んでいました。

IMG_822820.jpg


梅さんもかなり咲いてきています。

IMG_822920.jpg


タンポポさんでしょうか。
撮影した付近では、一輪だけお花が咲いていました。

IMG_754220.jpg


そして、何とも不思議な枝で目にとまりました。
さて・・・??

ここは、鳥君の種類こそ、それほど多くはないですが、庭園と言うことで色々と楽しめるかと思いました。

ただ、年中人が結構多く、あまり落ち着いてと言うわけには行かないのが難点です。
  1. 2007/02/23(金) 14:05:29|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

旧芝離宮恩賜庭園、再び

今回は浜離宮恩賜庭園と旧芝離宮恩賜庭園にセットで行きました。
浜離宮恩賜庭園については、後日アップします。

再びの旧芝離宮恩賜庭園ですが、最大の目的は先日のミコアイサ君とコスズガモ君がどうなのかの様子を見に行くことでした。

レンズはSigmaAPO50-500 f4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_015321.jpg


さて、問題のミコアイサ君ですが、いました。
どうも、先日たまたま1日だけいたと言うわけではなかったと言うことはわかりましたが、果たして、ずっといたのかなどについてはわかりません。
しかし、先日も今回も♂1羽のみ、♀は見当たりません。

しかし、岩の陰でずっとお休みモードでずっと動きませんでした。

IMG_015621.jpg


岩の上でお休みキンクロハジロ君です。
見ていると胸が痛そうな感じがするのですが・・・。

IMG_020421.jpg


一応、中の島の全景です。
ホシハジロ君にキンクロハジロ君、オナガガモ君、ヒドリガモ君、カルガモ君などなどいます。

IMG_024521.jpg


ハシビロガモ君です。
尾が切れてしまいました。
先日は来ていなかったのですが、♂が1羽いました。

IMG_026021.jpg


ホシハジロ君の♀です。
いつもながら、地味ですが、きれいです。

IMG_027521.jpg


スズメ君です。
かなり多くいます。

IMG_028321.jpg


キンクロハジロ君です。

IMG_032721.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_034521.jpg


オナガガモ君の♀です。
ここでは少数派ですが、先日より少し増えたような感じがしました。

IMG_040721.jpg


ホシハジロ君の♂です。

IMG_049821.jpg


ヒドリガモ君です。

IMG_051221.jpg


ずっとお休みモードだった、ミコアイサ君、夕方になって、ようやく動き出しそうな気配でした。

IMG_056621.jpg


お休みホシハジロ君に挟まれて、キンクロハジロ君です。
何となくですが、おもしろい光景に思いました。

IMG_078721.jpg


ミコアイサ君、ようやく動き出しましたが、時はすでに夕刻で、撮影は難しい状態でした。

IMG_075521.jpg


先日はいませんでしたが、今回はジョウビタキ君の♂がいました。

IMG_076421.jpg


ジョウビタキ君の♂、後ろから・・・。

もう一つ気がかりだった、コスズガモ君ですが、残念ながらいませんでした。

結果的にミコアイサ君は♂1羽だけここ何日か、もしくはずっといるようです。
コスズガモ君は先日1日だけだったのか、先日までだったのかはわかりません。

年度末までこの付近に行く機会が多くなりますので、時折様子を見に行こうと考えています。
  1. 2007/02/21(水) 19:38:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

旧芝離宮恩賜庭園

久しぶりの旧芝離宮恩賜庭園です。
ここには夏に何回か行っただけで、冬は初めてです。

浜松町駅の真ん前でビルに囲まれた場所ですが、それさえも忘れさせてくれる、いわば都会のオアシスみたいな所です。

まず入って驚いたのは何とカモ君たちの多いこと、これはこの前の清澄庭園でも感じたことですが、池の広さから考えるならば、かなりの数です。

一番多くいるのは、ホシハジロ君とキンクロハジロ君で100羽ずつ以上はいそうな感じでした。

また、ヒドリガモ君、オナガガモ君、カルガモ君などは少数派ですが、いくらかはいるという感じでした。


レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

そして、全く考えもしなかった事で、驚いたことに・・・。

IMG_967020.jpg


ミコアイサ君の♂が1羽いました。
最初は岩の陰に白い物が遠目に見えたので、コサギ君かなと思って、見過ごしていました。
まさか、ここにミコアイサ君がいるなどとは到底思いにもよらないことで、全く頭にさえ浮かんでこなかったことです。
しかし、実際にカメラでとらえてみたら・・・。

ここに来ている多くの人たちで鳥君を撮っているのはうちだけ、このミコアイサ君も誰一人として目をとめる事がなかったようです。

全く意外にも意外なところにいる物です。

IMG_904820.jpg


あくびをしている訳ではないでしょうが・・・。

IMG_971420.jpg


冠羽の黒いところ、日の当たり様によっては、濃い緑色に見えます。

IMG_965020.jpg


正面から。

IMG_960120.jpg


岩陰の多少暗いところでもこの白い色は引き立ちます。

IMG_879520.jpg


ツグミ君です。
2~3羽と言うところでした。

IMG_880420.jpg


目白押しと言うわけではありませんが、メジロ君です。
欲を言えば、木にとまってくれたら良かったのですが・・・。

IMG_882220.jpg


ホシハジロ君、一緒に何を見ているのでしょうか。

IMG_883120.jpg


オナガガモ君、ディスプレイしているような・・・。

IMG_884920.jpg


ホシハジロ君のペアとさて?・・・。
頭が緑色に光るのがスズガモ君で紫色に光るのはコスズガモ君と言われますが、そうなるとこの個体はコスズガモ君なのでしょうか。
そうすると初見初撮りとなりますが、頭の形にどうも違和感があります。
ずっとお休み状態で、これ以上は確認できませんでした。
羽の感じは個体差がありますから、何とも言えません。

キーポイントは光る色とくちばし、目と頭の頂点の位置です。

IMG_890820.jpg


ホシハジロ君の♀です。

IMG_894420.jpg


羽繕い直後のカルガモ君です。

IMG_902320.jpg


スズメ君です。
スズメ君が特に多く、100羽以上、固まって行動していました。

IMG_916420.jpg


ヒドリガモ君たちです。

IMG_918420.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_963320.jpg


ヒドリガモ君の♂です。

スズメ君とムクドリ君が混群で行動していました。
種類はそれほど多くはないですが、数が多く、鳥君たちにとっては、まさに都会のビルの谷間のオアシスにふさわしい場所になっているようでした。

しかし、ミコアイサ君がいたのには大変な驚きでしたが、800mmを持って行かなかったことが失敗でした。
まず庭園に行く場合、800mmを持って行くことはないのですが、これからは実際に使わないとしても車には積んでおこうかと思っています。

また、ミコアイサ君とコスズガモ君ですが、ここ旧芝離宮恩賜庭園での記録を検索してみましたが、全く見つかりませんでした。
たまたま来ていたのか、それとも気がつかれないままになっていたのか、どちらなのかはわかりません。
  1. 2007/02/20(火) 00:10:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

野川公園

今回も初めて行った公園で、野川公園です。
武蔵野の面影を残し、国分寺崖線に接する自然豊かな公園です。

公園の真ん中には東京都道新宿国立線(通称:東八道路)が横切っていますが、北側には野川が流れていて、水と緑の静かな雰囲気の公園でした。

実際のところ、鳥さんの種類が多いとは言えませんが、それでも色々に楽しめます。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_704820.jpg


ここで特に良く会ったのはツグミ君です。
雑木林と広大な広場があるためか、少し歩けば、必ず出会うという感じです。
全体で数十羽はいそうな感じです。

IMG_705320.jpg


その次に多く出会ったのはキジバト君です。
ドバト君は殆ど見かけず、このキジバト君が主流です。
振り向きキジバト君です。

IMG_709720.jpg


ムクドリ君ですが、ずいぶんお顔が白いような個体です。
10羽ほどで行動していました。

IMG_714020.jpg


シメ君ですが、遠すぎました。
カワラヒワ君が10羽ほどと、このシメ君1羽で混群を作っていました。

IMG_715320.jpg


野川で対岸にカワセミ君がいました。

IMG_716620.jpg


カルガモ君です。
24羽ほどいました。

IMG_720620.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_726520.jpg


マガモ君の♂です。
マガモ君は♂が1羽、♀が2羽でした。

カモ君はこのマガモ君とカルガモ君だけでした。

IMG_722720.jpg


セグロセキレイ君です。
あの特徴ある声で気がつきました。
しかし、良く動くので撮影しにくく、今一歩でした。

IMG_702820.jpg

IMG_702220.jpg


梅さん、かなり咲いてきていました。

鳥君の種類こそ、それほど多くないのですが、この北側の自然観察園(全て木道で観察路が作られている)が見る価値がありそうです。
その中にバードサンクチュアリなるものもあります。
当日は閉鎖中で入れませんでした。

今度はこの自然観察園も含めて、ゆっくりと時間をかけてまわってみたいと思います。
  1. 2007/02/19(月) 00:10:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

殿ヶ谷戸庭園

今回は初めて行った、殿ヶ谷戸庭園です。

国分寺駅の真ん前に位置するこの庭園は武蔵野の自然の地形、すなわち段丘の崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」です。

鳥さんは少ないですが、庭園として、また季節の草花さんたちを楽しむのには良いところです。

駅の真ん前とは思えない、大変に静かなひっそりとした庭園でした。

レンズはTamron AF28-300mm F4-5.6 XR Di 使用でしたが、鳥君を撮るにはやはり300mmでは無理と感じました。

IMG_694920.jpg


フクジュソウさん、ここでも咲いていました。

IMG_694420.jpg


プレートにはボケさんのお名前でしたが・・・。
良くわかりませんが、調べてみたいと思います。

IMG_695620.jpg


梅さんはかなり咲いてきていました。

IMG_695220.jpg


ソシンロウバイさんの様ですが、満開は過ぎてしまった感じです。

IMG_691120.jpg


アオジ君があちこちで歩いていました。
やはり、表現力その他を考えても300mmでは無理なことを痛感しました。

IMG_696320.jpg


ツグミ君が枝にとまっていました。

IMG_700520.jpg


こちらの方ではドバト君よりもキジバト君の方が多く見ます。

IMG_699320.jpg


やはり、シジュウカラ君がいました。
どこでもいてくれますので、うれしい物です。

IMG_695520.jpg


お名前がわかりませんが、多く並んでいました。
なかなか良い雰囲気の様に思いました。

さて、ここではニリンソウさん、カタクリさんも見られると言うことですので、また3月に入ってから行ってみたいと考えています。
  1. 2007/02/18(日) 11:58:12|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京港野鳥公園

久しぶりの東京港野鳥公園です。
種類的にはいつも通りでしたが、当日は人は少なく、大変に落ち着いてまわる事が出来たのは良かったです。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用での撮影です。

全体的に淡水池にはカモ君がかなり集まっていますが、汽水池には少なく、寂しい状態でした。

IMG_749320.jpg


干潟にはイソシギ君が2羽いました。

IMG_754720.jpg


センターの前で休んでいたら、真ん前にシジュウカラ君が来て、こっちを見ていました。

IMG_763420.jpg


折からの強風、キンクロハジロ君の冠羽も残念ながら決まりません。

IMG_730020.jpg


オナガガモ君です。
ここではほんの数羽と少数派でした。

IMG_730720.jpg


カイツブリ君です。

IMG_732420.jpg


ホシハジロ君の♀です。

IMG_734620.jpg


ハシビロガモ君の♀ですが、まだ子供のような表情のように感じました。

IMG_736020.jpg


マガモ君の♀です。
マガモ君は数ペアいるという感じでした。

IMG_736820.jpg


マガモ君の♂です。

IMG_738820.jpg


オオバン君です。
淡水池に1羽、汽水池に6羽いました。
去年はあまり見かけなかったと思うのですが、今年は多く来ています。

IMG_739420.jpg


カワウ君、いつものスタイルです。

IMG_740420.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_741520.jpg


コサギ君です。

IMG_743120.jpg


スズガモ君の♀です。
良く見ると大変に地味な色合いです。

IMG_750420.jpg


遠くにタヒバリ君がいました。

IMG_758320.jpg


お休みマガモ君の♀です。

IMG_760920.jpg


陸に上がっていた、ホシハジロ君の♀です。

IMG_762020.jpg


オナガガモ君、キンクロハジロ君、ホシハジロ君が身を寄せ合って、お休みモードでした。
ちょっと見ない光景でした。


IMG_765620.jpg


遙か遠くの木の枝にはノスリ君が2羽いました。

IMG_767620.jpg


そのノスリ君を監視するかのごとく、アオサギ君が向かい合ってとまっており、写真には写っていませんが、この2羽のまわりにも4羽のアオサギ君がとまっていました。

IMG_776120.jpg


オカヨシガモ君の♂です。
エンジ色の部分は初めて見ました。

IMG_776820.jpg


コガモ君です。
♂♀1羽ずつでしたが、行動は別でした。

IMG_783520.jpg


そして、また夕暮れ時、遙か遠くにオオタカ君が来ていました。

見られた種類は32種類とどちらかと言うと多く、落ち着いて時間をかければ、結構いる物です。
淡水池ではホシハジロ君とキンクロハジロ君が優勢で、オナガガモ君、オカヨシガモ君、マガモ君、コガモ君、ヒドリガモ君は少数派です。
  1. 2007/02/16(金) 23:06:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上野恩賜公園の追加

上野恩賜公園での写真の追加です。
疑問点は19枚目のカモメ君の飛翔写真です。

いつもお世話になっている、hitakijo さんから、シロカモメ君の若鳥ではとのご指摘を頂きました。

いつもお教えいただき、本当に感謝する次第です。

このまま何もなければ、セグロカモメ君で終わってしまうところでしたが、ご指摘を頂いたことで、更に色々と調べる機会が生まれ、また大変に勉強にもなることです。

IMG_440820.jpg



写真は同じ日に同じ個体がとまっているところ、後ろからの撮影です。
写真の出来が良くないので、載せなかったボツ写真です。

さて、初列風切に関して言えば、ご指摘通りでセグロカモメ君では黒いはずですから、セグロカモメ君系ではないのを気がつくべきでした。

さて、それではと思い、調べてみますが、カモメ君系は大変に難しいです。

初列風切が黒くないのはシロカモメ君、そしてワシカモメ君などです。

そして、シロカモメ君だと白に近い色合い、またワシカモメ君ですと背中とほぼ同色というあんばいです。

くちばしを見ますと全面黒色となっています。

これはワシカモメ君の第1回冬羽の特徴なのかなという感じもします。
反対にシロカモメ君の第1回冬羽では全面黒色の写真が見つかりません。
それに後ろ姿での写真ですとかなりごついくちばしにも見えます。

顔の感じもいつも普段見るようなワシカモメ君の様な顔に見えないわけでもありません。


更に足を見ますと濁ったような色合いに見えます。

と言うことで、ワシカモメ君という可能性はないものか、ますます疑問も深まりましたので、敢えて掲載しておきました。

シロカモメ君の可能性も勿論大きいですし、交雑種の可能性も捨てられませんから、更に時間のある限り、色々と調べていきたいと思います。
  1. 2007/02/14(水) 23:05:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

上野恩賜公園

上野恩賜公園です。
ここはついこの前に初めて行ったのですが、内陸の公園にしてはカモメ君やカモ君が多く、この種に限って言えば、大変に楽しめます。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

目的はヨシガモ君やコスズガモ君なのですが、残念ながらそう簡単には会えません。

IMG_387020.jpg


キンクロハジロ君の♀です。
人間の動きを見て、あっちにこっちに動いています。

IMG_389020.jpg


マガモ君の♂です。
なかなかハスさんの間から出てきてくれないので、枝かぶりばかり、ようやくと言うところでした。

IMG_390220.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_390820.jpg


池のほぼ真ん中付近にダイサギ君とアオサギ君が隠れていました。

IMG_391720.jpg


写真を撮影していたら、真ん前の柵の手摺りにヒヨドリ君がとまって、こっちを見ていました。

IMG_393420.jpg


ハシビロガモ君の♀ですが、くちばしのオレンジ色がかなり強い様に感じます。

IMG_394620.jpg


ハシビロガモ君の♂です。

IMG_396220.jpg


オオバン君です。

IMG_399520.jpg


オナガガモ君の♂ですが、中途半端な感じの羽です。
尾が切れてしまいました。

IMG_400720.jpg


何とカワウ君も歩道に上がって、オナガガモ君たちと一緒にいました。
歩道を歩いている、カワウ君、なかなかかわいいです。

IMG_401520.jpg


コサギ君です。

IMG_403120.jpg


セグロカモメ君です。
第4回冬羽という感じでしょうか。

IMG_406520.jpg


ヒドリガモ君の♂です。

IMG_406720.jpg


ヒドリガモ君の♀です。
ヒドリガモ君は全体から見ると少数派です。

IMG_406920.jpg


ちょっと珍しいところで、お休みキンクロハジロ君です。

IMG_410420.jpg


ユリカモメ君、頭が黒くなってきました。

IMG_411920.jpg


ハシビロガモ君の♀ですが、隣のベンチの上に来ました。
手を伸ばせばの距離です。

IMG_413620.jpg


オオセグロカモメ君です。

IMG_413720.jpg


セグロカモメ君の第1回冬羽という感じでしょうか。

IMG_417320.jpg


ドバト君が仲良く水を飲んでいました。

IMG_421320.jpg


ホシハジロ君の♀です。

IMG_423820.jpg


ヒドリガモ君のペアです。

IMG_424820.jpg


ホシハジロ君の♂です。
良く見ると小さくてなかなかかわいいです。

IMG_427620.jpg


ハスさんの間で遠かったのですが、カイツブリ君の親子です。
この暖冬で子育てをしていると言う情報も聞こえてきますが、ここでもそうなのでしょうか。
子供は後ろ向きですが、生まれたばかりと言うよりはだいぶ経っているような感じに見えます。

IMG_432820.jpg


オナガガモ君の♀です。
地面でも水面さらいの様な事をしていました。
それだけ食べ物も少ないと言うことなのかも知れません。

IMG_435120.jpg


ウミネコ君です。

IMG_439320.jpg


オオセグロカモメ君です。

IMG_443020.jpg


こちらは金網越しに、ペリカン(モモイロペリカン)君です。

上野恩賜公園、さほど広くはないですが、この池に様々なカモ君やカモメ君たちが所狭しと多くいます。

今度は動物園の中にも入ってみたいと考えています。
  1. 2007/02/13(火) 23:04:04|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森

大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森です。
久しぶりに自然観察路を一回り歩いてみましたが、これと言った新しい発見もありませんでした。

池にはカルガモ君が多く戻ってきているようでしたが、マガモ君の姿が見当たりません。
その奥には、気にかかっていた、ウサギ君がいて、一応は一安心でした。

しかし、シロハラ君たちがいなくなってしまったのが寂しい限りです。

レンズはSigmaAPO300-800 EX DG HSM +2×テレコン使用での撮影です。

IMG_668420.jpg


カイツブリ君です。
池にはカルガモ君が25羽ほど、カイツブリ君が1羽、カワセミ君、アオサギ君、コサギ君くらいでした。

IMG_674220.jpg


アオサギ君です。

その後は干潟の方に行きましたが、どうも寂しい状態、一番気にかかっている、イカルチドリ君が見当たりません。
裏から表から一回りしたのですが、やはりいませんでした。
どこに行ってしまったのか、いつも気になってしまいます。

IMG_674620.jpg


イソシギ君はいつもの通り、2羽いました。

IMG_677920.jpg


ハジロカイツブリ君、4羽でした。

IMG_681420.jpg


オカヨシガモ君のペアです。
いつも一組います。

IMG_682120.jpg


ツグミ君、何か色が薄いような・・・。

IMG_682920.jpg


遠くにスズガモ君たちです。
100羽以上はいそうでした。

IMG_684520.jpg


中央付近にはヒドリガモ君たちで、15羽ほどでした。

IMG_686220.jpg


遙か遠くにカンムリカイツブリ君がいました。

年末に比べるとどうも寂しい感じがしてなりません。
イカルチドリ君、もうそろそろきれいな羽になっているかと思われますが、なかなか会えずの状態です。

しかし、1日でカイツブリ君3種が見られたのは初めてでした。
  1. 2007/02/12(月) 23:06:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東高根森林公園

東高根森林公園の2回目です。

しかし、当日は何とメインとなるはずの湿性植物園の約350mほどの木道のその殆どが工事中で通れず、鳥君たちの声は聞こえる物の姿は見えずと言うところでした。

この木道の周辺が一番多く鳥君のいる場所だけに困った物です。
多分年度末までこの状態なのではないかと思われます。

レンズはSigmaAPO50-500 f4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

この前はカモ君は全くいなかったのですが、今回は11羽いました。

IMG_553620.jpg


カルガモ君です。
小さな池に11羽いました。

IMG_555920.jpg


シメ君が遠い林床にいました。

IMG_557820.jpg


ゴイサギ君が木の上に隠れていました。

IMG_558720.jpg


アオサギ君も木のかなり高いところで佇んでいました。

IMG_554120.jpg


フクジュソウ君が咲いていました。

IMG_559120.jpg


サンシュユ君です。

IMG_559520.jpg


梅さん、かなり咲いてきていました。

鳥君の一番いる、湿性植物園の木道が殆ど通れなかったのが唯一残念でしたが、池にカルガモ君が多く来ていたことが救いだったかも知れません。
  1. 2007/02/09(金) 22:35:45|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

舞岡公園、再び

舞岡公園、3回目、再びです。
いるメンバーは同じで、残念ながら、新しい発見は特にありませんでした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用での撮影です。

IMG_639420.jpg


今日のジョウビタキ君、後ろ姿だけでした。
あとは、殆ど枝かぶりや遠すぎたりの状況でした。
この1羽はずっとここにいるような感じがします。
また、少し離れた田んぼでも♂のジョウビタキ君を見かけました。
ここでは何故か♀のジョウビタキ君を見かけません。

IMG_635520.jpg


いつもいる、アカハラ君です。

IMG_637620.jpg


アオジ君です。

IMG_641020.jpg


ツグミ君です。

IMG_643120.jpg


ヤマシギ君もいました。
どうも不釣り合いな感じがしていたのは目の位置があまりに上だからなのでしょうか。
何とも不思議な愛嬌のある、顔立ちです。
また、くちばしはちょっと短めのような感じもします。
話によるとどうもペアでいるようですが、出てくるのは1羽だけの様です。

IMG_650020.jpg


タシギ君です。
どうしても枝かぶりばかりでした。

IMG_652020.jpg


アオシギ君です。

一応、3種のジシギ君、今日もそろっていました。

IMG_657920.jpg


ヤマガラ君です。
1回目と2回目では見かけなかったような気もするのですが・・・。

IMG_660520.jpg


アオサギ君、2回目では見かけませんでしたが、田んぼに近い池にいました。

IMG_663420.jpg


もう夕暮れ時、シジュウカラ君が盛んにさえずっていました。
ここで右を向いたり、左を向いたり、回転したりしながらさえずっていて、ずっといました。
一種のアピールかと思いますが、1時間近く同じ所にいました。

あと、コジュケイ君が藪の中にぞろぞろいるのですが、なかなか写真が撮れません。
また、1,2回目とは別コースも歩いてみたりして、大方全体的な雰囲気がつかめてきました。
  1. 2007/02/08(木) 21:09:02|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

舞岡公園

再び、この前初めて行った、舞岡公園です。
2回目となりますが、雰囲気も含めて、大変に素晴らしい公園です。

山を登ったり、降りたりしますので、結構足が厳しいですが、ポイント的には1箇所に絞られるような感じがしました。
勿論、撮影者たちもその場所に固まって多くいます。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用で撮影しました。

お天気も良くも悪くもなくと言う状況で、やはり地形的に日差しが足りなくなるのは、やむを得ない事なのかも知れません。

IMG_633820.jpg


ジョウビタキ君の♂です。
大体会うのはどこでも♀が圧倒的に多いのですが、ここでは♂しか見あたりませんでした。

IMG_570420.jpg


駐車場から公園に入るときに真っ先に出迎えてくれました。
ウソ君です。
10羽ほどいて、新芽をむしゃむしゃと食べていました。
残念ながら、こういう時に限って、日が陰ってしまって、暗い写真となってしまいました。

IMG_573020.jpg


ウソ君、後ろからです。

IMG_586920.jpg


ヤマシギ君がいました。
ヤマシギ君は初見初撮りでした。

IMG_574520.jpg


お休みヤマシギ君です。
尾羽を立てていますが、警戒の時も立てたりしていました。

IMG_584620.jpg


ヤマシギ君とアオシギ君が並びました。
大きさがかなり違うことがわかります。

IMG_614220.jpg


アオシギ君です。
今回はかなり近くまで来てくれました。

IMG_587220.jpg


モズ君です。

IMG_628420.jpg


アカハラ君です。
ツグミ君と縄張り争いでしょうか、威嚇をしあっていました。

IMG_629020.jpg


カワセミ君です。
もう少し心持ち、被写体を左にすれば良かったのですが、真ん中に来てしまいました。

IMG_631720.jpg


タシギ君です。

IMG_587320.jpg


これは失敗編でしたが、致し方ないことです。
ベニマシコ君でした。
これも初見初撮りでしたので、証拠写真として・・・。

当日はジシギ類がタシギ君、アオシギ君、ヤマシギ君と3種そろいました。
1箇所で3種見られるのもそうないことではないかと思われます。
ベニマシコ君は失敗編でした。
今度また近いうちに丸1日かけて行きたいと思いました。
  1. 2007/02/07(水) 20:31:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

等々力緑地

少し時間が空いてしまいましたが、等々力緑地です。
前回、釣りが禁止のはずの日本庭園で釣りをしている人間が多く、またかなり荒れ果てていて、死の池となるのは時間の問題と書きました。

年始早々に意見書(と言うほど大げさな物ではないのですが)を出したのですが、全く返事も回答も得られなかったので、直接言いに行こうと思って行きました。

ここの管理をしている、川崎市中部公園事務所は、等々力緑地の敷地内にあります。

まずは様子を見てから、管理事務所に行くことにしていたのですが、何と・・・それは最後の写真でわかります。

レンズはSigma50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_560820.jpg


カルガモ君です。
ここのところ、姿を見なかったのですが、ようやくいつもの通りの7羽、プラスするところの4羽(計11羽)が戻ってきました。

IMG_561720.jpg


カワウ君ですが、かなり少なくなりました。
どこかに行っているのでしょうか、ちょっと不思議です。

IMG_562520.jpg


森の方にはオナガ君がいて、賑やかでした。

IMG_569420.jpg


シジュウカラ君です。
この時すでに夕方近くになっていました。

梅さんもかなり咲いていて、メジロ君との写真も撮れたのですが、残念ながらぼけてしまっていました。

IMG_560320.jpg


さて、問題の写真はこれです。
何と、日本庭園の池の畔のまわりには柵が一回り張り巡らされて、所々に「注意・川崎市都市公園条例第4条の規定により、この池での釣り、及びこの柵より池の内側に入ることを禁止します。この池での釣りは、お止めください。   川崎市中部公園事務所」という看板が立てられていました。

さすがにあれだけいつも多くいた釣り人は1人もいません。

昔ながらの書類満載のお役所のことですから、結局はうちが言う前に色々と問題になっていて、その対策がすでに決まっていたのかも知れません。
それにしても、あまりに偶然というか、そんな感じです。

どちらにしても、釣り人排除を実行したと言うことは評価できることだと思いました。

しかし、この日本庭園にこの柵と看板は全く殺風景で困ったものだとも思います。

ここまでしなければ、排除できないと言う、ここに釣りに来る人間の常識、モラルのなさが全く理解できないことです。

今後も様子を見ていきたいと考えますが、やはりこの場所に看板と柵は似合いません。

また、カモ君の少なく大変に寂しい状態です。
キンクロハジロ君が2羽、そして、先のカルガモ君たちだけという状態、あとはカイツブリ君2羽、バン君1羽、いつも必ず1羽だけいる、セグロカモメ君は飛んでいるだけの状態、カワウ君も5羽程度、アオサギ君1羽、ゴイサギ君2羽などなどでした。
  1. 2007/02/06(火) 19:19:24|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

洗足池公園

地元の洗足池公園ですが、実際カメラを持って行くのは久しぶりでした。

状況はいつもと変わらず、オナガガモ君、ユリカモメ君、キンクロハジロ君が圧倒的に多くいます。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 Ex HSM で手持ち撮影としました。
今回は絞り優先オートで試してみましたが、どうもシャッター速度が異常に早くなってしまい、かえって暗くなる現象があるように思えました。

もしかしたら、使い方を誤っているのかも知れませんが、更に色々と試してみたいと考えています。

IMG_547520.jpg


ずっと遊んでもらいました、ジョウビタキ君の♀です。
近いところをあっちへこっちへと移ってはうろうろしていました。

年末に同じ場所にいた、モズ君ですが、見当たりませんでした。

IMG_551220.jpg


枝かぶりでしたが、ゴイサギ君です。
何かを狙っているような感じで、この後飛んでいってしまいました。

IMG_535420.jpg


コサギ君です。

IMG_536820.jpg


キンクロハジロ君ですが、どうも紫色に光るはずの頭が緑色に見えます。

IMG_539720.jpg


スズメ君、何かをくわえて、真ん前に飛んできました。

IMG_541120.jpg


カルガモ君、一時はいなくなったのですが、5羽ほど戻ってきました。

IMG_541420.jpg


ホシハジロ君、状況は変わらず、キンクロハジロ君の中に♂が1羽だけです。

状況的にはほぼ変わりがない感じでしたが、モズ君が見当たらなかったこととシメ君も見当たりませんでした。

オオバン君は木陰にばかりいて、写真は写せませんでしたが、1羽だけ同じくいる様です。
  1. 2007/02/05(月) 20:21:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

谷津干潟

今日は谷津干潟です。
大変に北風が冷たく、また強く、ちょっと厳しい状況でした。
やはり、風の強い日は落ち着いて撮影、また多くの中から違った1羽を探すことは大変に難しいです。

事実、ハジロコチドリ君、メダイチドリ君が1羽ずつ、ヨシガモ君、スズガモ君も1羽ずつ来ていたようですが、完全に見落としてしまいました。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM + 2×テレコン使用です。

IMG_495120.jpg


淡水池のブロックの上にモズ君です。
ここがお気に入りなのか、何回も行ったり来たりしていました。

IMG_491620.jpg


オオバン君です。
1羽でしたが、何故かうずくまってばかりいました。
どうも不思議に思っていたのですが、どうも右足を怪我しているようで、完全に足が折れていました。
大変に心配ですが、何もしてあげられませんし、何とか頑張って欲しいと思うばかりです。

IMG_513820.jpg


葦の中にオオジュリン君です。
♂の冬羽の様な感じです。
少し近すぎました。

IMG_496920.jpg


オカヨシガモ君のペアです。
♀は♂の陰になってしまいました。

IMG_501220.jpg


ハシビロガモ君の♀です。

IMG_505420.jpg


コガモ君です。

IMG_507020.jpg


ハシビロガモ君ですが、♀にしてはくちばしが真っ黒ですし、違和感のある個体です。
また、♂も換羽途中と思われる、中途半端な個体が2羽いました。

IMG_508120.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_515920.jpg


ハマシギ君です。
300羽以上はいそうな感じでした。

IMG_518520.jpg


シロチドリ君です。

IMG_522820.jpg


セイタカシギ君です。
4羽と言うところでした。

IMG_527820.jpg


ズグロカモメ君です。
やはり飛んでいる写真はマニュアルではなかなか難しく、ピントがあったと思って、シャッターを押す瞬間には、もうピントはずれていますから、その間隔を覚えていくしかなさそうです。

全体的にいつも通りかなという感じでした。
やはり、写真以外にオナガガモ君とヒドリガモ君、ユリカモメ君は圧倒的に多くいる状態です。
  1. 2007/02/04(日) 20:12:07|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

清澄庭園

久しぶりの清澄庭園です。

ここには夏の季節にしか行ったことがなかったのですが、冬に行くのは初めてでした。

思いの外にカモ君、ユリカモメ君が多く、大変に賑やかで驚きました。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ち撮影としました。

IMG_449420.jpg


入ってすぐ、一番目だったのはキンクロハジロ君です。
圧倒的多数でかなり多くいました。

IMG_451220.jpg


2番目に目立つのはユリカモメ君です。
石の上にとまっている、ユリカモメ君たちです。

IMG_455020.jpg


スズメ君も人間の近くでかなり多くいました。
こちらは砂浴びスズメ君です。
砂浴びとは言っても、実際は土なのかなという感じですが・・・。

IMG_459220.jpg


岩の上でキンクロハジロ君です。
潜水系なので足がかなり後ろに付いていて、どうも不安定な感じがします。

IMG_460520.jpg


オナガガモ君です。
ここでは少数派です。

IMG_462220.jpg


ヒドリガモ君です。
ここではペアが1組でした。

IMG_463520.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_466720.jpg


岩の上でホシハジロ君の♀です。
かなり足の水かき部分が大きく感じるのですが、気のせいでしょうか。

IMG_469120.jpg


カイツブリ君です。
残念ながら、おしりにピントが合ってしまいました。

IMG_471620.jpg


オナガ君です。
かなり林床に降りてきていました。

IMG_473320.jpg


ホシハジロ君の♂です。

IMG_474820.jpg


岩の上でユリカモメ君です。

IMG_478420.jpg


ヒヨドリ君です。
ここのヒヨドリ君は大変に人間に近く、すぐ手の届く場所に何羽もいました。

IMG_480820.jpg


仲の良いドバト君のペアがいました。

IMG_487220.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_489720.jpg


メジロ君ですが、日陰でした。

IMG_471020.jpg


スイセンさんが咲いていました。

IMG_488820.jpg


お名前はわからずですが、木の幹に赤い葉、印象的でしたので撮影しました。

ここはそれほど広くもなく、手軽にまわれる公園であるかと思います。
本当ならば、庭園を楽しみ、所々にある原石を見てまわるのが本来ですが、この時期は鳥君もかなり多く、実際意外でした。

ユリカモメ君はもちろんのこと、人間にかなり近い場所に多くの鳥君たちがいて、時間を忘れさせてくれ、1日中いても楽しめそうです。
  1. 2007/02/03(土) 21:45:36|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水元公園

今回は久しぶりに水元公園に行ってきました。
ほぼ朝から夕方まで、本当に時間の経つのは早い物で、あっと言う間でした。

レンズはSigmaAPO300-800 F5.6 EX DG HSM 単体での撮影としました。

まずは駐車場から森林地帯を通り、オニバス池方面へ行き、引き返して、小合溜沿いにかわせみの里方面へ、そして、緑の相談所から中央広場を横切り、駐車場へと戻りました。

ここはかなり広く、このセットを担いで歩くのはかなり厳しく感じました。

IMG_337720.jpg


まず最初に見たのは、バン君でした。
どうもまだ子供のような感じの羽色です。

IMG_341220.jpg


ツグミ君です。
あちらこちらで会いましたが、目標であるトラツグミ君には会えませんでした。

IMG_344020.jpg


ヤマガラ君です。
結構木の大きい幹にへばりついている姿を良く見ました。
木陰で残念ながら暗い状態でした。

IMG_347120.jpg


カワラヒワ君です。
10羽ほど、地上に降りて食べ物を探していました。
マヒワ君がいないか探しましたが、見つかりませんでした。

IMG_350320.jpg


コサギ君です。
飾り羽がかなりきれいになって来ました。

IMG_351220.jpg


浮きの上でユリカモメ君です。

IMG_356220.jpg


アメリカヒドリ君にかなり近い、ヒドリガモ君です。
このタイプが3羽ほどいました。

IMG_356420.jpg


こちらは普通のヒドリガモ君です。
ここではヒドリガモ君が圧倒的多数で多くいます。

IMG_357620.jpg


ヒドリガモ君の♀です。

IMG_359620.jpg


遙か遠くにヨシガモ君が泳いでいました。
初見初撮りでしたが、少し遠すぎました。

IMG_360320.jpg


カルガモ君も少数ながらいました。

IMG_363420.jpg


モズ君が林の中の木陰にいました。

IMG_365920.jpg


オナガガモ君ですが、ここではかなり少数派です。

IMG_368620.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_370320.jpg


誰かなと思ったら、コガモ君でした。
この2羽だけで、♂はいませんでした。

IMG_370920.jpg


カワウ君、いつものスタイルです。

IMG_371720.jpg


オオバン君です。

IMG_375720.jpg


ダイサギ君、ゴミ置き場のような所に佇んでいました。

IMG_376920.jpg


バン君です。
草を食べているようでした。
4羽いて、去年と全く同じ、コウホネさんの群生地にいます。

IMG_381520.jpg


マガモ君、枝かぶりになってしまいました。

IMG_383220.jpg


夕日の中でカワラヒワ君です。

IMG_385220.jpg


そして、ぶら下がりと言うか、反対カワラヒワ君です。

全体で39種と鳥君の種類はかなり多い方でした。
1日で全体をくまなくまわることは不可能に近いので、今度行ったときは少し別のコースを考えてみようと思います。
  1. 2007/02/01(木) 22:09:08|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。