野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上野恩賜公園

久しぶりに上野恩賜公園です。
夜間の仕事でこの付近に行くことがあり、夕方までの空いている時間に行くことにしました。

真冬の上野恩賜公園は初めてですが、何しろ、ユリカモメ君が大変に多く、またカモ君たちも多く、歩道でもかなりうろうろしている上にカモメ類も多く、意外と言えば意外でした。

コスズガモ君がいないかと期待していたのですが、残念ながらいなかったようでした。


いる種類としては一般的ですが、この池の広さから考えるとかなり多く感じます。

レンズはSigmaAPO50-500 F4-6.3 EX HSM で手持ちの撮影としました。

IMG_299620.jpg


キンクロハジロ君の♀です。
あっちにこっちに行ったり来たりしていました。

IMG_301520.jpg


ホシハジロ君の♀です。
地味ながら、かわいい感じのするカモ君です。

IMG_302020.jpg


マガモ君の♀です。
マガモ君は数羽という感じで、どちらかと言うと少なめでした。

IMG_305920.jpg


ユリカモメ君です。
ここでは大変に多くいます。

IMG_307820.jpg


ハシビロガモ君の♂です。
翼鏡は緑色と思っていたのですが、良く見るとエメラルドグリーンという感じに見えるのを初めて見ました。

IMG_310320.jpg


ハシビロガモ君の♀です。

IMG_310620.jpg


石柱の上にとまって、こっちを見ていた、スズメ君です。

IMG_312820.jpg


マガモ君の♂です。
後頭部がちょっといつもと違った感じに見えました。

IMG_315120.jpg


オオバン君です。

IMG_316320.jpg


ホシハジロ君の♂です。

IMG_321120.jpg


セグロカモメ君の第1回冬羽という感じです。

IMG_323520.jpg


ウミネコ君です。
ウミネコ君は夏くらいしか会えないと思っていたのですが、ここでは冬でも会えます。
営巣の記録もあるようです。

IMG_325020.jpg


オオセグロカモメ君という感じです。

IMG_328620.jpg


セグロカモメ君の第3回冬羽という感じです。

IMG_329720.jpg


ヒドリガモ君の♂です。

IMG_330120.jpg


こちらはヒドリガモ君の♀です。
ヒドリガモ君は何故かどちらもかわいい感じがします。

IMG_332620.jpg


オオセグロカモメ君の第3回冬羽という感じです。

IMG_334620.jpg


中途半端な感じのハシビロガモ君が歩いていました。
換羽途中でしょうか。

カモメ君に関してはまだまだ色々なタイプのがいましたが、やはり難しいと感じました。
一応はぱっと見て思ったことを書いていますので、カモメ君に関しては間違っている可能性もあります。
時間があるときに更に詳しく調べてみたいと考えています。

真冬の上野恩賜公園、カモ君とカモメ君に関してはかなり近い場所にいますし、カモ君に関しては歩道も歩いていますから、かなり楽しめるかと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/30(火) 22:55:56|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

舞岡公園

今回は初めて行く、舞岡公園です。
神奈川県横浜市戸塚区にあります。

この公園は昔からの地形をそのまま生かして、丘と低地、田んぼと雑木林の谷戸の公園となっているのが特徴で、まさに里山の風景と言うのはこういう物なのかなと言う印象を受けました。

その上に公園内は今の時代には珍しく、コンクリートやアスファルトなどがなく、まさに自然そのものと言う感じです。
そのために畦道も多く、意外と靴は泥だらけになってしまったりしますが、それもまた自然で良いのかもしれません。

カメラマンはかなり多いのですが、他の場所と違って、無駄なことを喋っている人はいないのがいつも行く場所と違う点でした。
また、知識をひけらかしたり、撮ることより喋っている方が多いと言う人もいず、その上、珍鳥君だけ狙いの人もいず、自然で大変に良い環境であると言う印象を受けました。

田んぼや池もあるのですが、何故かカモ君はいませんでした。

レンズはSigmaAPO300-800mm F5.6 EX DG HSM + 2×テレコン使用です。

IMG_274420.jpg


ぶら下がりコゲラ君です。

IMG_282020.jpg


そして、コゲラ君をもう1枚。
珍しく普通にとまって、佇んでいました。
頭に赤いところが見え、♂とわかります。

IMG_271320.jpg


葦原にはシジュウカラ君が多くいます。

IMG_274020.jpg


スズメ君が3羽並んでこちらの様子を眺めていました。

IMG_276820.jpg


アオジ君です。

IMG_277420.jpg


アオサギ君が葦の中に佇んでいました。

IMG_283320.jpg


タシギ君です。
タシギ君に会うのは大変に久しぶりでした。

IMG_289820.jpg


同じくタシギ君です。

IMG_288320.jpg


葦原の中にクイナ君が隠れていました。
今までちらっと見たことはあったのですが、事実上は初見初撮りとなりました。
証拠写真でしかありませんが、腹の黒白の模様も何とか見えます。

IMG_294320.jpg


アカハラ君です。

IMG_291720.jpg


そして、アオシギ君です。
これも初見初撮りとなりました。

IMG_293220.jpg


お休みアオシギ君です。

全体的に地形からの要因もありますが、山に囲まれているために日光が満足に当たる場所が少ないのが難点で、殆どは木陰や何かの陰になってしまっている状態での撮影でした。

そして、おまけですが・・・。

IMG_273520.jpg


園内の至る所でリス君(タイワンリス君?)がいました。

アリスイ君もいたと言うことでしたが、見付けられませんでした。

とても横浜市とは思えないほどで、何故か遙か遠くに来たような感覚になる、のどかで素晴らしい公園でした。
  1. 2007/01/24(水) 01:15:52|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大井埠頭中央海浜公園 ・ なぎさの森

大井埠頭中央海浜公園なぎさの森です。
ここにはスポーツの森となぎさの森とあるのを初めて知り、これから分けていく事にしました。
別に行っている場所は全く今までと変わりないのですが・・・。

レンズはSigmaAPO300-800mm F5.6 EX DG HSM + 2×テレコン使用です。
最後の植物さんだけは、TamronAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO使用で撮影しました。

実際干潟は干潮でしたが、大変に寂しい状態、イカルチドリ君がどこに行ってしまったのか、全く姿の見当たらないのが心配です。
カモ君も全く姿が見えず、ようやく夕方になってスズガモ君が30羽ほど来たくらいでした。

鳥さんも少なく、今回も写真は少なくなってしまいました。

IMG_253620.jpg


彫刻広場にシメ君がいました。
この系統はいかついお顔に見えがちですが、良く見ると身体の割には足が短く、細いようなところがまたかわいいです。

あとシロハラ君もいましたが、ウソ君は姿が見当たりませんでした。

IMG_256620.jpg


いつも1羽だけいる、セグロカモメ君、いつもこの杭にとまっています。

IMG_259820.jpg


干潟のすぐ脇の葦原でのメジロ君です。
何かが手前でかぶってしまったのと枝が1本かぶってしまいました。

IMG_261420.jpg


警戒態勢ツグミ君です。
その先には丁度モノレールが走っていましたが、何を見ていたのでしょうか。

IMG_263220.jpg


カイツブリ君は1羽でした。

IMG_267620.jpg


こちらはハジロカイツブリ君、6羽ほどいました。

IMG_263920.jpg


当日はカラス君が50羽ほどとかなり多かったのですが、何故かこの1羽だけ単独行動で、うちのまわりをうろうろしていました。
何ともかわいい感じのする、ハシブトカラス君です。

IMG_269520.jpg


イソシギ君はいつもの通り、2羽いました。

IMG_252520.jpg


駐車場で車を降りた真ん前にいました。
今現在、お名前を調べ中です。
この季節に真っ赤な芽がきれいに思いました。

全体的にどうも寂しい感じがしますが、また近いうちに様子を見に行きたいと考えています。
どちらにしてもイカルチドリ君たちがいないのが気にかかります。
  1. 2007/01/22(月) 18:32:33|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

善福寺公園

善福寺公園の2回目です。
お天気模様は曇りがちで時々晴れたりという感じでした。

この善福寺公園は地元の洗足池公園に通じる所もあり、なかなか素晴らしい公園です。

レンズはSigmaAPO300-800F5.6 EX DG HSM での撮影です。

また、いるメンバーは一般的ないつもの種類でした。
オオタカ君がいるという事で探したのですが、残念ながら見あたりませんでした。

IMG_220120.jpg


まずは下の池の方ですが、入って早々にシジュウカラ君たちが枝から枝へと移動していました。

ぶら下がりシジュウカラ君ですが、枝の折れた先を突いていたようです。

IMG_220220.jpg


お休みオナガガモ君です。
圧倒的に多くいる、オナガガモ君ですが、1羽だけ上がって休んでいました。

IMG_221820.jpg


オナガガモ君です。

IMG_222820.jpg


こちらもオナガガモ君ですが、この前来たときにどうも中途半端な羽の個体がいるのに気がつきました。
同じ固体かと思われますが、中途半端なのではなく、そのものなのでしょうか。
どうも心配も募りますが、反対に愛着もわいてくる感じです。

IMG_224220.jpg


もう1羽、中途半端な感じのがいました。
この時期ですと殆ど羽も生え替わっているかと思うのですが、やはり元々なのか、また今度確かめてみたいと思います。

オナガガモ君の♂は全体的にディスプレイをしている個体が目立ちました。

IMG_221220.jpg


ダイサギ君、ずっと葦原の中で佇んでいました。

IMG_223320.jpg


バン君です。
増えたのか、この前気がつかなかったのか、全部で4羽いました。

IMG_225520.jpg


1羽だけいる、オオバン君です。

IMG_227420.jpg


アヒル君です。
この前の親子かもと思った2羽の様です。

IMG_229920.jpg


シメ君が木陰にいました。

IMG_231620.jpg


アヒル君ですが、この系統は2羽いました。
この前は1羽だったような気もするのですが・・・。

IMG_232220.jpg


カワウ君は下の池、上の池に1羽ずつでした。
かなり減ってしまったような、たまたまでしょうか。

IMG_232620.jpg


アオサギ君が葦原の中に隠れていました。

IMG_232820.jpg


カイツブリ君ですが、どうもいつもの印象と違うような感じがします。
換羽途中なのかも知れません。

IMG_234420.jpg


シナガチョウ君です。
元気でいるようですが、羽が痛んでいるのが痛々しいです。

新たな情報から、夏頃に捨てられていたと言うことですが、更に聞いたところでは、最初は2羽いたようでした。
しかし、1羽はすぐに死んでしまい、今いる1羽が残っていると言うことでした。

悲しげに聞こえる声、そして表情はもしかしたら、飼い主の所に戻りたい、もしくは飼い主の所での生活を思い出しているのかなと考えたこともありましたが、そうではなく、ペアでいたもう1羽の事を思い出しているのかも知れないとも感じてきました。

どちらにしても寂しそうな、そんな感じがしてきます。
ここでの生活もだいぶ慣れてきている様ですから、あとは頑張って欲しい物です。

IMG_236020.jpg


そして、捨てられていたと言う、もう一方はバリケン君ですが、おとなしく佇んでいました。

IMG_242820.jpg


キンクロハジロ君ですが、中途半端な感じに見える羽、どうも違和感があります。

IMG_244320.jpg


西日の中で、マガモ君の♀です。

IMG_247320.jpg


キンクロハジロ君です。

IMG_248920.jpg


マガモ君の♂です。

IMG_251320.jpg


ハクセキレイ君、柵の支柱にとまりました。

IMG_247620.jpg


とある場所、オナガガモ君、キンクロハジロ君、カルガモ君がいます。

いるメンバーはこの前とほぼ同じでしたが、違ったのはシメ君くらいだったでしょうか。
ただ、この前いた、コガモ君が当日は全く見あたりませんでした。
また、アヒル君は前回の時に気がつかなかったのかと思うのですが、アオクビ系が7羽、白系が2羽、アイガモ君系が2羽とずいぶん多くいました。
  1. 2007/01/19(金) 00:49:48|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

大井埠頭中央海浜公園

大井埠頭中央海浜公園です。
当日は何故か物寂しいような感じで、撮影枚数もかなり少ないです。
干潟の方もユリカモメ君が50羽ほど、スズガモ君をメインに50羽程度遠くに固まっていて、ハジロカイツブリ君、などなどでした。

イカルチドリ君の姿を当日は全く見ることが出来ず、少し心配です。
また、ここにいるウサギ君、どこに行ってしまったのか、これまた心配ですが、お友達のサイトで無事は確認でき、一安心です。

IMG_214020.jpg


干潟のツグミ君です。
2羽で行動していました。

あとは全て遙か遠くの写真しか撮れませんでした。

IMG_210820.jpg


ユリカモメ君たちです。
50羽ほどでしたが、少ししてみんな飛び立っていなくなってしまいました。

IMG_212320.jpg


いつもいる、セグロカモメ君ですが、この杭がお気に入りのようです。
しかし、遙か遠くで、別の近くの杭にもとまってくれたらとふと思います。

IMG_216520.jpg


ジョウビタキ君、干潟の真ん中です。
ここのジョウビタキ君は干潟がお好きなようで、この前もこのあたりにいました。

IMG_214520.jpg


ハジロカイツブリ君ですが、遙か遠くでした。
4羽いました。

IMG_215520.jpg


ハマシギ君も遙か遠く、2羽しか確認できませんでした。

あと、スズガモ君の中にホシハジロ君のペアが1組、何故かオカヨシガモ君の♀が1羽だけ、そしてキンクロハジロ君が数羽、オナガガモ君が数羽と言うところでした。

夕方にはオオタカ君が10羽ほどのカラス君に執拗に追い掛けられていました。
  1. 2007/01/15(月) 22:10:23|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京港野鳥公園

ちょっと久しぶりの東京港野鳥公園です。

お天気は曇りがちで今一歩でしたが、種類的には多く(個々の個体数は少ないです)いました。

レンズはSigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用です。

IMG_163820.jpg


いつもは東側にしか行かないのですが、久しぶりに西側もゆっくり歩いてみました。

西側の淡水池にいました。
最近はオオバン君、どこでも会えるようになりました。

IMG_164620.jpg


カイツブリ君です。

IMG_167520.jpg


シジュウカラ君ですが、何かかぶってしまった様な感じです。
あちこちで葦の茎を突いていました。

IMG_169920.jpg


お休みハシビロガモ君です。
わかった限りですが、♂が1羽しか見あたりませんでした。

IMG_172420.jpg


完全な枝かぶりですが、遙か遠くにオオタカ君が隠れていました。

IMG_174620.jpg


ホシハジロ君の♀です。
いつも思うのですが、このホシハジロ君の♀は地味な上に大変にかわいいと思います。

IMG_176320.jpg


コガモ君の♀です。

IMG_176620.jpg


やはり遙か遠くでしたが、オオタカ君の若がいました。

IMG_178120.jpg


スズガモ君です。
キンクロハジロ君だと頭が紫色に光って見えますが、スズガモ君だと緑色に光って見えます。
キンクロハジロ君の中に♂が1羽だけでした。

IMG_179820.jpg


こちらはホシハジロ君の♂です。

IMG_180420.jpg


マガモ君の♀です。

IMG_184520.jpg


上空ではトビ君が10羽ほど、旋回しながら飛んでいました。

IMG_189720.jpg


ヒヨドリ君はかなり多く感じました。
その中でもずいぶん頭がぼさぼさのヒヨドリ君です。

IMG_193120.jpg


モズ君です。

IMG_196620.jpg


干潟にはこのイソシギ君が2羽とハマシギ君が1羽でした。

IMG_202420.jpg


撮ったときはセグロカモメ君だと思ったのですが、ウミネコ君の様です。
かなり大きなお魚君を捕まえていました。

IMG_208720.jpg


もう暗くなりかけの夕方、ふと遠くを見ると・・・。
遙か遠くにノスリ君がとまっていました。
これだけ、ISO3200相当での撮影です。
ノスリ君は初見初撮りでした。

各々の個体数についてはそれほどでもないのですが、種類数は一通りそろっている感じでした。
あと、アカハラ君、シロハラ君は勿論ですが、普段見られる種は殆ど見られました。

ウソ君も4羽かたまっていたのですが、本当に帰り際で暗く、撮影はあきらめました。

猛禽君には普段縁がないのですが、小さな猛禽君も含め、4種は初めてでした。
  1. 2007/01/12(金) 22:51:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

谷津干潟

今日はどこに行こうか迷いましたが、結局、谷津干潟に行くことにしました。

昨日来の強風もやんで、暖かな1日で絶好の日和と思ったら、失敗編でした。

干潟にはアオサ取りで人間が何人も入ってしまっていて、残念ながら、鳥君は近くには来ないですし、ひたすら待ちの連続でした。

レンズはSigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコン使用です。

IMG_107120.jpg


淡水池のコガモ君です。
何やら綿のようなものをさらっていましたが、これ、ガマさんの穂の様です。

コガモ君は淡水池に15羽ほど、干潟に20羽ほどと言うところでした。

IMG_116920.jpg


ズグロカモメ君も上空を旋回していて、カニ君を見付けると舞い降りてくるのですが、さすがに人間が干潟にいたのでは、降りたくても降りられないようでした。

確認できたのは、2羽でした。

IMG_119620.jpg


オナガガモ君のペアです。
オナガガモ君は多く、数え切れないほどです。

IMG_121120.jpg


干潟にモズ君です。
カニ君を捕まえていました。

IMG_128120.jpg


ハクセキレイ君、いつもより少ないような、2羽ほどでした。

IMG_131920.jpg


いつもいる、シロチドリ君、ようやく見付けました。
ただ、明らかに別個体のシロチドリ君もいて、多分2羽だったのかと思います。

IMG_141320.jpg


ハマシギ君です。
300羽以上はいるような感じでした。

IMG_144620.jpg


マガモ君です。
何故かわかった限りでは、1羽しかいませんでした。

IMG_147420.jpg


久しぶりにセイタカシギ君に会いました。
同じ所に2羽いました。

IMG_158620.jpg


ヒドリガモ君のペアです。
仲良く、同じ所を突いていました。

IMG_161720.jpg


オオバン君です。
知っている限りでは去年や一昨年にはいなかったように思うのですが、ここ最近、生息域を広げているのか、色々なところで会うようになりました。

IMG_162020.jpg


アオサギ君、午前中から夕方までずっとここで隠れてじっとしていました。


さて、谷津干潟だよりからです。
2006年の4大ニュースとして以下の点が上げられていました。
①干潟のアオサの一時減少
②オナガガモ君の飛来数が過去10年で最大
③セイタカシギ君、谷津干潟で初の子育て、巣立ち。
④ヤマショウビン君が姿を現す

となっていました。

①、②に関しては日常のことですから、ひとまず置いておいて、③のセイタカシギ君に関しては大変に印象深く残っています。

セイタカシギ君は生まれてその日から自分で採餌をしなければならないと知ったのもこのときでした。

卵を食べられてしまったり、お立ち台から子供が落ちてしまって、ミシシッピアカミミガメ君に食べられてしまったり、色々と残念なことは続きましたが、それでも、淡水池の水を減らしたりして、育ちやすいように、採餌しやすいようにしていた事を思い出します。

親は離れて見守ってはいますが、やはり大変な危険を伴うものでした。

結果、3組で4羽が無事に巣立っていったとのことでした。
その4羽、元気でまた戻ってきてくれるとうれしいことです。

④のヤマショウビン君、これも大変に印象深いことでした。
2006年5月21日、この日1日だけ姿を現したと言うことでしたが、実はうちも運が良かったことに当日、朝から行っていて、いつもの干潟での写真撮影を終えて、午後3:00頃にセンターに寄って、帰ろうかと思っていたときでした。

センターに入ると何やら淡水池に向かって、山のような人だかり、いったい何だろうと様子を見ていたら、ヤマショウビン君がいました。

残念ながら、その前日大雨強風でしたので、センターのガラスは大変に汚れてしまっていて、その中からの撮影だったために、一応はわかる程度と言う写真しか写せませんでした。

それでも千葉県では初記録、こういう場に出くわすことは滅多にないのですが、たまにはこういう事もあるものです。

さて、2007年の谷津干潟はどうでしょうか。
大変に楽しみです。
  1. 2007/01/08(月) 19:33:52|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

多々良沼 ・ ガバ沼 ・ 中野沼

今日は少し遠出をして、多々良沼そしてガバ沼、中野沼へと行ってきました。

この3箇所の沼はほぼ隣り合わせで、群馬県の館林市と邑楽郡の境目あたりに位置します。
しかし、多々良沼だけでも一周7km、機材を持って移動するのは結構厳しいものがありました。

また、本日からメインカメラをCanon EOS 30D に変えました。
と言うのは、昨日とある所に行って、今までのCanon EOS 20D をセットして、さあ撮ろうと思ったら、どうもシャッターの調子が悪く、記録もされず、またたまに暴走したり、電池を抜いたりしてリセットしてもダメであきらめました。

そこで迷わずに、EOS 30D を新品で購入したというあんばいです。

まあ、1日2000~3000枚撮りますから、1年持って良い方なのかも知れません。
その前のCanon EOS Kiss Digital もやはりシャッターユニットの故障で、修理の時聞いたのですが、耐久回数は2万回くらいとか、それでは10日も持たないのではなどと思ったり・・・。

今日から使用する、30Dでもシャッター耐久10万回、20Dは記載されていませんが、まあこれも仕方ないのかなと思っています。

20Dはまだ保証期間内なので、修理完了後はサブ、またはマクロ専用として使おうと考えています。

さて、沼の様子です。
レンズはSigma APO300-800 F5.6 EX DG HSM + ×2テレコン使用です。

ハクチョウ君たちは野生ではコブハクチョウ君を除き、全て初見初撮りでした。

IMG_098009.jpg


コハクチョウ君の家族です。
やはり、このセットでは飛びものはどうもうまく行きません。
飛びものだったら、500mmで手持ちの方が良いかなという感じです。

IMG_095809.jpg


コハクチョウ君の家族です。

IMG_018909.jpg


オオハクチョウ君(奥)と手前が難しいのですが、アメリカコハクチョウ君、もしくはアメリカコハクチョウ君×コハクチョウ君と言う感じです。

IMG_022809.jpg


こちらはコブハクチョウ君の子供です。
親は同じ所にはいず、全く違うところにいました。

IMG_024509.jpg


オオハクチョウ君の子供です。

IMG_035809.jpg


オオハクチョウ君です。
まわりはオナガガモ君です。

IMG_040609.jpg


オオハクチョウ君の家族です。

IMG_041509.jpg


お休みオオハクチョウ君の子供ですが、それにしても不安定な格好をしている様に見えます。

IMG_044909.jpg


オオハクチョウ君の親子、何か囁き合っているような、そんな感じのする光景です。

IMG_009109.jpg


隣接する畑ではホオジロ君が歩き回っていました。

IMG_017709.jpg


さて、またまた悩んでしまいますが、アオジ君です。

IMG_022509.jpg


ガバ沼ではお休みオナガガモ君がずらーっと並んでいました。
これはほんの一部分です。

IMG_029409.jpg


ほぼ全体の光景、これだけCanon EF18-55 で撮影しましたが、入り切りませんでした。
オナガガモ君、簡単に考えても、2000羽以上はいそうです。

IMG_031109.jpg


草地ではヒバリ君が歩き回っていました。

IMG_044009.jpg


オオバン君は意外に少なく、3羽程度でした。

IMG_067709.jpg


スズメ君が葦に沢山とまっていました。
その中の1羽です。

IMG_070509.jpg


ツグミ君です。
ここの広さの割のはどうも少ないような感じです。

IMG_079509.jpg


大体、葦の幹にいるのはスズメ君かシジュウカラ君、メジロ君でしたが、やっとオオジュリン君を見付けました。

IMG_081009.jpg


キジ君が葦の中に隠れていました。
キジ君はだいぶ前に一瞬見ただけですが、実質初見初撮りとなります。


IMG_088909.jpg


出てくるのを待つこと、30分以上、キジ君は結構警戒心が強く、少しでも動くとまた葦の中に飛び込んでしまうので、根気比べでした。

IMG_091509.jpg


カワセミ君です。

その他のカモ君は潜水系を除く殆どの種類がいますが、個体数は各30~50くらいです。
また、カイツブリ君が多く、10羽くらい固まっていました。
ハクチョウ君はオオハクチョウ君やその他ごちゃ混ぜですが、70羽ほどいたかと思われます。

あと、キジ君を撮っている間にクイナ君が姿を現しましたが、残念ながら撮影は出来ませんでした。

場所的には少し遠いですが、結構歩き甲斐、見甲斐のある場所でした。
今度はいつ行けるかわかりませんが、やはりハクチョウ君の一番多くなる、1月~2月が一番良い季節かも知れません。
  1. 2007/01/05(金) 21:59:49|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

井頭公園

今日は朝方は雨模様、天気も1日良くないとわかっていたのですが、無理に出ることにしました。

初めて、井頭公園に行ってきました。
栃木県の真岡市(宇都宮市の隣のあたり)にある、栃木県営公園です。

(大プール、ボート、湿性植物園、釣りなど)を中心にまわりは雑木林とこの上ない好環境の場所です。

天気は午後過ぎまで曇り空、暗い写真が多いです。
レンズはSigma300-800 F5.6 EX DG HSM での撮影です。
一部を除き、×2テレコンを使用しています。

IMG_420908.jpg


駐車場から公園に入ったとき、まず出迎えてくれたのが、ルリビタキ君でした。
♀のルリビタキ君には2年前に洗足公園で会いましたが、それ以来で♂は初見初撮りとなります。

IMG_415208.jpg


そして、アオジ君が何羽か落ち葉をかき分けていました。

IMG_423508.jpg


森林公園ですが、セグロセキレイ君が4羽ほどいました。
ハクセキレイ君と一緒に行動していました。

IMG_425508.jpg


こちらはそのハクセキレイ君です。

IMG_426108.jpg


歩いているといきなり、真ん前を横切る鳥君がいました。
目の感じからもしやガビチョウ君かなと思ったのですが、違っていました。
ジョウビタキ君の♀です。

IMG_493608.jpg


こちらはジョウビタキ君の♂です。
どちらもいるところは全く違い、縄張りがどれくらいあるかはわかりませんが、かなり離れたところにいました。

IMG_428508.jpg


オナガガモ君です。
ここではオナガガモ君は少数で150羽ほど、しかし、人間に一番近い場所にいるためか、かなり目立ちます。

IMG_431008.jpg


オナガガモ君の♀です。

IMG_432008.jpg


オナガガモ君、何やら喧嘩をしていたようですが、どうも尾羽かそのあたりを噛んだら終了という感じでした。
後腐れなし、向き合っておしあいへしあいをしているから尾の方を噛まれたら、それで負けで終わりなのでしょうか。

IMG_462308.jpg


シナガチョウ君が1羽いました。

IMG_454508.jpg


こちらはガチョウ君たち、8羽います。

IMG_468408.jpg


アヒル君です。5羽いました。


IMG_467508.jpg


こちらもアヒル君、1羽でした。

IMG_451908.jpg


そして、念願のミコアイサ君の♂にようやく会えました。
ちょっと遠く、暗かったのが残念でした。

IMG_469308.jpg


同じくミコアイサ君、♂が2羽、♀が3羽でした。

IMG_484208.jpg


ミコアイサ君の♀です。
かなり遠いです。
♂と♀が一緒に行動していることは見た限りではなく、全く別行動でした。

IMG_477908.jpg


カイツブリ君です。
2~3羽と言うところでした。

IMG_478208.jpg


カワウ君ですが、繁殖期に入ってきたようです。

IMG_478508.jpg


しかし、おもしろいカワウ君もいました。
頭が白色ではなく、お腹が真っ白になってしまっています。

IMG_481608.jpg


シジュウカラ君です。
実はシジュウカラ君と一緒に行動をしていたエナガ君は確認できたのですが、コガラ君かヒガラ君かもいました。
多分コガラ君と思うのですが、写真撮影は失敗しました。

IMG_485908.jpg


オカヨシガモ君です。
何故か♂が1羽だけしか見あたりません。

IMG_486408.jpg


枝かぶりですが、さて、どちらでしょうか。
撮ったときはミヤマホオジロ君と思ったのですが、あとで写真を見て考えてしまうと余計わからなくなってきます。

IMG_497108.jpg


そして、カシラダカ君と思って撮影したのですが、いざ良く見てみるとこっちがミヤマホオジロ君に見えたり・・・。

あとはカケス君も飛び回っていました。
また、ウソ君の声もしましたが、姿は確認できませんでした。

カルガモ君、ゆうに1000羽を超す勢いでいます。
マガモ君も1000羽超、この2種がここのメインでコガモ君は50羽ほど、あとヒドリガモ君1羽などでした。

環境的にも大変に良いところですが、何しろ遠いです。
機会があったら、また行ってみたいと思いますが、やはり冬がベターかも知れません。

今の時期はプールもボートも閉鎖中ですが、夏は勿論開業しています。
その点でも夏の混雑時は水の方はあまり期待できないかと思われます。
  1. 2007/01/03(水) 20:35:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

謹賀新年

新年おめでとうございます。

皆々様方には旧年中は大変にお世話になり、誠にありがとうございました。

暖かいコメント、時にはお叱りのお言葉、大変に感謝する次第です。

IMG_147408.jpg


旧年は様々なことで試行錯誤の連続、写真についてもその他に関しても、まだまだですが、今年は更に飛躍するべく、頑張っていきたいと思っております。

ブログ「自然道傳説」、ホームページともども、今年もひとつよろしくお願い申し上げます。
  1. 2007/01/01(月) 23:55:50|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。