野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園 その3

11月20日に行った、洗足池公園のその3です。

IMG_131111.jpg


オナガガモ君の交雑種のようなのもいました。
羽根の後ろを見るとオナガガモ君とカルガモ君の交雑種なのか、それとも・・・。エクリプスなのかも知れませんが、良くわかりません。

IMG_132311.jpg


眠そうなキンクロハジロ君です。

IMG_150711.jpg


お休みカルガモ君ですが、目はこっちを見ているような・・・。

IMG_156711.jpg


アヒル君たちです。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 21:11:53|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗足池公園 その2

11月20日に行った、洗足池公園のその2です。

カモ君もオナガガモ君が圧倒的に多いですが、その次に多いのはキンクロハジロ君です。

IMG_118011.jpg


ちょっと斜め後ろからですが・・・。

IMG_127811.jpg


さて、これは誰でしょう?
キンクロハジロ君の雌というより、スズガモ君の雌のようにも見えます。
ただ、ここ洗足池公園では少なくとも去年はスズガモ君はいませんでした。

IMG_130311.jpg


寝転がっています。
潜水カモ君は良く、水に浮いたまま寝転がったりします。

IMG_133511.jpg


さてどちでしょうか。
段々分からなくなってきました。

IMG_142211.jpg


そしてこの子も???です。
  1. 2005/10/30(日) 21:00:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗足池公園

11月20日にようやく時間が取れて、地元の洗足池公園にもう夕方になろうと言うときに行くことが出来ました。

久し振りですが、かなりカモ君たちが増えていましたし、ユリカモメ君もかなり来ていて、真冬の様相を呈してきました。

IMG_113411.jpg


ユリカモメ君です。
足もくちばしもまだオレンジ色って言う感じです。

IMG_125011.jpg


それに対して、こちらは足もくちばしもきれいな紅色のユリカモメ君です。

IMG_144211.jpg


こちらもきれいな紅色になったユリカモメ君です。

IMG_117311.jpg


オナガガモ君です。

IMG_118711.jpg


オナガガモ君の雌です。
ここではオナガガモ君が圧倒的に多くいます。
  1. 2005/10/29(土) 20:54:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 13

洗足池公園の続きです。

DSCF336211.jpg


ルリビタキ君です。
最初、真ん前に飛んできたのですが、メジロ君かと思っていました。
良く見たら、ルリビタキ君でうちのまわりをあちこちに飛んでいました。
この写真は真ん前に飛んできて、振り返ってくれたところです。
その後も冬の間はずっとここにいました。
今年も来てくれているかと思うのですが、なかなか会いに行けません。

DSCF336811.jpg


シロハラ君です。
やはり初めて会いました。
落ち葉の間で一生懸命に何か探っていました。

DSCF331611.jpg


そして、ツグミ君です。
少し高いところにとまっていました。
このルリビタキ君にシロハラ君、ツグミ君はこの日初めて会いました。
それから結構色々な鳥さんが来ているなあと思い、行くようになったと記憶しています。

今年ももう来ているかな、来ていると良いなあと思いますが、なかなか時間が取れずで困った物です。
  1. 2005/10/28(金) 04:58:10|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 12

在庫からも12回目になってしまいました。
なかなか鳥君に会いに行く、時間が取れません。

さて、2005年1月25日に行った洗足池公園です。
この時は地元の公園でも色々な鳥さんがいるなと思った記憶があり、それから度々行くようになったと記憶しています。

カモ君たちが大変にかわいいですし、何しろ近く、落ち着く公園だと再認識したのが確か、この頃でした。

DSCF332911.jpg


コサギ君です。
白飛びしてしまいましたが、1mくらいに近づいても水面に夢中です。

DSCF331911.jpg


キンクロハジロ君です。
この頃に段々と多くなってきたような感じでした。

DSCF333311.jpg


オナガガモ君です。カメラのファインダーをしきりにのぞき込んで、国をかしげていました。

DSCF331211.jpg


ドバト君です。木道にいたら、すぐ真ん前に来ました。
この子は片足がかわいそうにありませんでしたが、しきりに真ん前でポーズを取っていました。
  1. 2005/10/27(木) 04:50:17|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 11

三ツ池公園の続きです。

DSCF356211.jpg


コゲラ君ですが、なかなかシャッターチャンスに恵まれません。

DSCF357411.jpg


お休みアヒル君がいました。

DSCF362511.jpg


シメ君です。かなり遠かったのですが、この時初めて会いました。

これは2005年1月31日に行ったときの物ですが、先日行った限りでは、まだキンクロハジロ君が数十羽と言う感じでした。

池がキンクロハジロ君で一杯になり、ユリカモメ君が飛び交い、賑やかになる時期ももう少しです。
  1. 2005/10/26(水) 21:32:16|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 10

在庫からはもう10回目になってしまいました。
行きたいところは多くあるのですが、仕事ばかりで全く時間が取れません。

この三ツ池公園はお友達にお聞きして、行ってみようと思った公園です。
あるのは知っていたのですが、それまでは行ったことがありませんでした。

行ってみるとどうでしょう、結構起伏もあり、広さもあり、池は名前通りに3つあり、1日楽しめる公園という感じでした。

そして、キンクロハジロ君が池一杯にいたのが大変に印象的でした。

DSCF363111.jpg


見渡す限り、キンクロハジロ君達がいます。
またユリカモメ君が混ざり、少数派ですが、ホシハジロ君などもいます。

DSCF363211.jpg


キンクロハジロ君たちです。
その時は当然考えていませんでしたが、これだけ多くいれば、良く見れば、もしかしたら別のキンクロ君もいるかも知れません。

DSCF356911.jpg


キンクロハジロ君です。

DSCF356811.jpg


少数派ですが、ホシハジロ君です。
  1. 2005/10/25(火) 21:25:51|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 9

在庫から8の続きで石神井公園です。

DSCF315911.jpg


そして、念願のカワセミ君に初めてあったのもこの公園、この時でした。何とも言い表しようのない、そんな感じでした。

DSCF317011.jpg


カワセミ君の後ろから、青光りしてしまっていますが、飛ぶ宝石と言われている所以が分かるような気がしました。

DSCF314511.jpg


ホシハジロ君も少数派でしたがいました。

DSCF314611.jpg


雌の方です。

DSCF318711.jpg


オシドリ君もいました。
どうもこのオシドリ君は年中雄1羽だけ居着いているようで、何回か行った時にいつもいました。
先日行ったときもやはり同じ所で佇んでいました。

DSCF302411.jpg


コガモ君です。
コガモ君も初めて近くで会いました。
お名前の通り、小さいかわいいカモ君でした。

DSCF302811.jpg


そう言えば、キジバト君も初めて会いました。
と言うか、今までは意識して見ていなかったので、気がつかなかったのかも知れませんが・・・。

この石神井公園は鳥さんを意識し始めて、初めて種類の多さに驚かされ、初めて会った鳥さんも多くいました。

今の時期、カモ君たちも多く来ているかと思いますが、なかなか行くことが出来ません。
少なくとも10月下旬に行ったときにはまだカルガモ君しかいない状態でした。
  1. 2005/10/24(月) 18:30:13|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 8

在庫から7の石神井公園の続きです。

DSCF309311.jpg


バン君です。これも初めて会いましたが、運良く池の畔をウロウロしていて、近づいても逃げることなく、1m以上近寄って会うことが出来ました。
何とも写真で見るのとは大違いでした。
池を泳いでいるのですが、足に水かきがないのもこの時初めて知ったことでした。

DSCF309411.jpg


キンクロハジロ君です。
光の当たりようによって、頭の色が紫色を帯びています。
真っ黒かと思っていたのですが、そうではないとこの時感じました。

DSCF309711.jpg


アヒル君とその子供です。
その当時はアヒル君に何故カモ君の子供がずっと寄り添っているのかが不思議でした。
そして、この子供は何かあったのか、少し頭の一部分に怪我をしており、その後も心配で何回か行く時には必ず元気でいるかどうか確かめるようになりました。

DSCF311511.jpg


オナガガモ君たちです。
ここは木道の少しステージになっているような所ですが、人間が通っても近づいても全く気にしていないようでした。

DSCF311211.jpg


そして、ずっとそこにいると寝てしまいました。
お休みオナガガモ君です。
つがいで仲良く、寄り添っているのが印象的でした。

  1. 2005/10/23(日) 18:22:31|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 7

これはその当時、地図を見ていて、大きな池があるのに気がついて、行ったような、そんな記憶があります。

やはりカモ君たちの季節ですから、池があるとどうしても気になってしまったと言う感じです。

もしかしたら、多くの鳥さんがいるかも知れないと思って、2005年1月20日に初めて、この石神井公園に行きました。

まだまだ鳥さんを意識し始めて、間もない頃、かなりの種類がいることに驚いた覚えがあります。

DSCF301211.jpg


どこにでもいるカルガモ君ですが、何とも落ち着いているような、そんな雰囲気を感じた覚えがあります。

DSCF308211.jpg


ハシビロガモ君です。この時に初めて間近で会うことが出来ました。
噂通りの広い嘴を持ったカモ君で、身体の色もきれいだと思いました。

DSCF303311.jpg


オナガガモ君も多くいましたが、それでも地元の洗足池公園よりは少ないかなと思いました。
ただ、考えてみるとここの公園は数的には少ないのですが、種類が多く、半分は初めて会う鳥さんでした。

DSCF308411.jpg


マガモ君です。
緑色の頭がきれいでした。

DSCF306411.jpg


カイツブリ君のかわいい子供もいました。
盛んに親のあとをついて、食事をねだっていたようでした。
  1. 2005/10/22(土) 18:13:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

在庫から 6

在庫からのその6は明治神宮です。

そのころ、オシドリ君に会いたいと思い、さてどこに行けばいいかと色々と調べたところ、明治神宮に多くいると言う情報を得ました。

家からも大して遠くなく、丁度仕事も夜勤で渋谷でしたから、その帰りに立ち寄ってみた訳です。

明治神宮の中は結構広く、夜勤仕事明けでは結構厳しい物もありましたが、原宿側から正反対の北池に、多くいました。

あとはマガモ君にホシハジロ君、キンクロハジロ君、カルガモ君たちがいましたが、やはりオシドリ君が圧倒的に多くいました。

ただ、行ったのが、2005年1月13日、池は殆どが凍り付いている状態でした。

DSCF273911.jpg


オシドリ君のつがいです。
ずっと佇んでいました。丁度橋の上から真下の池の水面に多くいて、角度的にはどうしても上からという感じになってしまいました。

DSCF272511.jpg


凍り付いた池の水面で何か困ったような表情のオシドリ君の雌です。
何度か滑ったりして、ようやく凍り付いていないところに辿り着きましたが、わざわざ何をしに行ったのでしょう。
今考えると何故か不思議に思ってしまいました。

DSCF281111.jpg


枝がかぶってしまいましたが、シジュウカラ君です。
そしてヤマガラ君も多くいて、楽しませてくれました。

この時から、オシドリ君とまたヤマガラ君に会いに行くのには明治神宮と決めました、もう随分前のことですが・・・。
  1. 2005/10/21(金) 17:29:34|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

在庫から 5

在庫からのその5です。
仕事ばかりでなかなか鳥君に会いに行けません。

この「在庫から」はうちが鳥君たちを意識しはじめて、撮影をし始めた頃の写真ばかりです。

デジカメは2代前のフジフィルムのFinePix 6900Zでした。

今度は仕事などの合間合間ではなく、そう言えば、東京港野鳥公園という公園があったなと思い出して、ここに行けば、沢山の鳥さんに会えるかなと思い、2005年1月7日に初めて行きました。

最初はあまりいないなと思いながらも、ずっと根気よく探してみると結構な鳥さんがいたのを思い出します。
そして、初めて会う鳥君もかなり多くいました。

しかし、観察小屋からはかなり遠いところばかりで、デジカメの性能が早くも物足りなくなったのを記憶しています。

DSCF248611.jpg


カイツブリ君です。
勿論初めてで、最初は分からなかったのですが、何かの子供達を引率している先生なのかがそう言っていたのを見て、そうだと思いました。
そして、思っていたよりもかなり小さかったのを覚えています。

DSCF251811.jpg


オオバン君です。
やはり初めてでしたが、特徴があるのですぐ分かりました。

DSCF254411.jpg


カワウ君が多くいました。
頭が白くなっているのはどうも婚姻色であると知ったのはだいぶ後のことです。

DSCF251911.jpg


お休みホシハジロ君です。

DSCF252911.jpg


そして、身近に多くいる、ハシブトカラス君ですが、水浴びをしているのは勿論始めて見たことでした。

こう言った保護区のような所には初めて行きましたが、それから色々と調べて、あちらこちらに行くようになった最初の衝撃的だった野鳥公園だったのではないかと今にしては思っています。
  1. 2005/10/20(木) 20:35:32|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 4

こちらは殆どカモ君のお名前も分からずに行った頃、洗足池公園です。
2004年11月25日の撮影です。
まさか地元の公園にこんなに鳥君が来ているとは思いにもよらなかった記憶があります。

お友達からお教えいただいて、知ったような、そんな感じでした。
多分それまではそんなに意識していなかったから、気がつかなかったのかも知れません。

DSCF750911.jpg


橋の近くにはいつも沢山います。
ユリカモメ君、オナガガモ君、そしてキンクロハジロ君もいます。


DSCF756711.jpg


オナガガモ君です。
撮影したのは夕方だったような、西日を受けているでしょうか。

DSCF755811.jpg


ホシハジロ君です。
この時は確か2羽しかいなかった様な記憶があります。
オナガガモ君とキンクロハジロ君、ユリカモメ君はかなり多くいるのですが、ホシハジロ君はここでは少数派です。

DSCF761311.jpg


そして、ボートが出るとカモ君たちの行列が出来ます。
これは大変にその当時、印象的だったと思います。

今年もこのような光景の見られる季節にもう少しと言う時期になってきました。
去年来ていたカモ君たちをはじめ、今年も更に多く来て欲しい物です。
  1. 2005/10/19(水) 05:53:39|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 3

鳥さんを意識して、初めて写真を撮って、その次の日は多摩川の支流の野川と言うところに仕事のついでで少し歩きました。
撮影したのは2004年11月18日でした。

DSCF702511.jpg


電線にとまっているのはユリカモメ君とコサギ君(?)です。
しかし、今良く見たら、嘴が黄色いような、アマサギ君だったのか、遠くて今となっては今一歩分かりません。

しかし、サギ君が電線にとまっているのはこの時以来見たことがありません。

DSCF705911.jpg


ずっと仲良く一緒に泳いでいるカルガモ君がいました。
あまりきれいな川ではありませんが、良い光景でした。

DSCF707211.jpg


コサギ君が佇んでいました。何かをじっと狙っていたのかも知れません。

DSCF708611.jpg


コガモ君とヒドリガモ君たちがいました。
この写真を撮ったときは名前が分からず、わかったのは随分後でした。

DSCF715611.jpg


カワウ君とコサギ君たちが混群で行ったり来たりしていました。

この時も初めて見た鳥さんが殆ど、お名前が分かったのはだいぶ後でした。川にも結構鳥さんがいるんだなとその時は思った記憶があります。
  1. 2005/10/18(火) 06:44:28|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 2

在庫からのその2は鳥さんを意識して、初めて撮った写真です。

場所は渋谷区の松濤鍋島公園と言うところです。
渋谷の東急百貨店の真裏にある、静かな住宅街の中にある小さな池のある公園です。
1周しても100mあるのかないかくらいしかありません。

この時は丁度仕事の休み時間に立ち寄りました。
勿論、鳥さんのお名前は分かりませんでした。
アヒル君は分かりましたが、あとは誰なのか?

2004年11月17日の撮影です。
それからだいぶ経ってしまいましたが、それ以来行っていません。

今考えると何でこんな所に、それも1羽ずつだけと言うのが不思議です。

DSCF698011.jpg



ダイサギ君です。
勿論この当時はお名前は分からずでしたが、1羽だけいました。

DSCF697111.jpg


キンクロハジロ君です。
やはり、その時はカモ君だろうなとは分かったのですが、お名前までは知りませんでした。
こんな街中に1羽だけ、今考えるとこんな所にキンクロハジロ君がいたのが大変に不思議です。
カモ君はある程度の広さの池でないと着陸が難しいと思うのですが、こんなに小さな池でしかも渋谷のど真ん中、更に今考えると不思議です。

DSCF696611.jpg


さすがにアヒル君はその当時でも分かりましたが、1羽だけでした。

この時から、色々なところに行っては鳥さんの写真を撮影するようになった、最初の写真です。

これは2代前のFinePix6900Zでの撮影でした。
  1. 2005/10/17(月) 05:51:06|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫から 1

最近はまた仕事も忙しくなり、昼夜なく、休みなくの状態、なかなか鳥君たちに会いに行く時間がありません。

その間は在庫から印象に残っている写真を載せていこうと思います。
前の「野鳥道傳説」でも出ている物もありますし、写真を撮り始めの時期の写真も多く、大した物はありませんが、少なくとも管理人にとっては印象に残っている写真ばかりです。

洗足池公園、2005年1月12日の撮影です。
洗足池公園は小さい頃から慣れ親しんだ地元の公園です。

DSCF256811.jpg


オナガガモ君です。
石の上に佇んで、寒そうでした。
ただ今良く見てみると眠そうな、そんな感じもしました。

DSCF257611.jpg


人のいるところには必ず鳥君たちがいます。
自然界では多少の不安はありますが、ここでは少なくとも鳥君たちと人間がうまく仲良く共存していると思います。


DSCF262011.jpg


キンクロハジロ君たち、先日寄ったときはまだ来ていませんでしたが、もう少しで去年のように多く来てくれる日が来そうで楽しみです。

DSCF263611.jpg


オナガガモ君です。
やはり自然界では多少の不安は残らない訳ではないのですが、ここのカモ君たちは人なつっこく、大変に可愛いです。

感謝
各種ブログランキングに参加しておりますが、皆々様方のご声援のおかげをもちまして、ランクも上がり、多くの方々に見てもらえているようです。
大変に嬉しい限りで、更に頑張らなければと思っております。
人気ブログランキングでは念願の25位入り、くつろぐでは芸術・人文-写真部門で3位となっていました。
改めて応援いただいている皆様方に感謝するとともに今後ともまたよろしくお願いいたします。
  1. 2005/10/16(日) 02:52:47|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷津干潟 その4

→右側です。 人気ブログランキングとBESTブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。 また最新のランキングもご覧になれます。


10月15日、谷津干潟のその4です。
ダイシャクシギ君とホウロクシギ君です。

午後、南側にいたのは見えたのですが、何しろ遠く、どちらだかあまり良くわからない状態でした。

夕方には運良く、自然観察センターの前浜にダイシャクシギ君が1羽、ホウロクシギ君が2羽、飛んできました。

間近に比較して見ることが出来たのは初めてで、実際に見て微妙な違いがようやく分かったのかなと言う感じでした。

この3枚は自然観察センターのガラスを通しての撮影です。

IMG_100810.jpg


こちらはダイシャクシギ君です。
お腹がどちらかと言うと白っぽいです。


IMG_104610.jpg


ホウロクシギ君です。
お腹があまり白いという感じではありません。
またダイシャクシギ君に比べて、多少気のせいかも知れませんが、嘴が太くて、長いような感じもします。


IMG_105210.jpg



ホウロクシギ君の上とは別の個体です。
毛並みが多少違うような、そんな感じです。
  1. 2005/10/15(土) 13:22:53|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

谷津干潟 その3

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


10月15日、谷津干潟のその3です。


IMG_061510.jpg


カイツブリ君です。いつもは淡水池にいるのですが、今日は珍しく干潟の方にいました。


IMG_063110.jpg


どこでもいつも一緒にいました、オナガガモ君です。
  1. 2005/10/14(金) 13:19:18|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷津干潟 その2

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。

10月15日、谷津干潟のその2です。

IMG_038210.jpg


オナガガモ君です。当日は100羽以上来ていました。


IMG_041810.jpg


ダイゼン君がかろうじて、1羽いました。
あとはホウロクシギ君が2羽、ダイシャクシギ君が1羽しか確認できませんでした。
キアシシギ君の声を聞いたような感じもしたのですが、姿は見えませんでした。


IMG_046310.jpg


淡水池にいたキセキレイ君です。
ハクセキレイ君(顔の黄色っぽい個体)は干潟にいましたが、写真はぼけてしまいました。


IMG_049810.jpg


セイタカシギ君は3羽でした。
まわりはコガモ君たちです。


IMG_058110.jpg


コガモ君です。
コガモ君も当日は50羽以上は来ていたようでした。
  1. 2005/10/13(木) 13:07:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷津干潟

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


10月15日、谷津干潟です。

シギ君・チドリ君の時期からカモ君たちの季節になろうかと言う丁度中間時期の感じでした。

ここの冬はまだ体験していないので、良くわからないのですが、当日はオナガガモ君とコガモ君がかなり多く来ていました。

つい最近まで100羽近くいた、カルガモ君の姿が見えないと思ったら、上空を旋回して飛んでいました。


いつも行く東側で目立っていたのはウミネコ君でした。

IMG_033410.jpg


ウミネコ君です。東側全体に散らばっていました。
どうもカニ君をさがしているような感じでした。


IMG_034510.jpg


お魚君を見事に捕まえたダイサギ君です。
少し大きいかなと思ったのですが、そのまま丸飲みしてしまいました。


IMG_036410.jpg


そして、コサギ君です。

行ったときには東側にこの3種類が目立っていたような状態でした。
  1. 2005/10/12(水) 12:34:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛西臨海公園 その3

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


10月14日の葛西臨海公園、その3です。

IMG_029410.jpg


オオバン君です。数羽いました。



IMG_997110.jpg


上の池にいたホシゴイ君です。
何だか隠れているようにも見えます。


IMG_021710.jpg


海辺のスズメ君です。
  1. 2005/10/11(火) 12:02:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛西臨海公園 その2

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。

10月14日の葛西臨海公園、その2です。
今度は海岸側ですが、ユリカモメ君とウミネコ君を含む、カモメ君たちの大群(多分300羽~400羽以上はいたような)が泳いでいました。
ただ、カモメ君の種類は難しく、ちょっと違うような色のがいるにはいるのですが、誰だかが良くわかりません。

写真とにらめっこで照合していますが、まだ不明のカモメ君が多くいます。


IMG_015310.jpg


カモメ君たちです。
これは一部分ですが、かなり多くいました。
それにウミネコ君は水族館の上空を多く舞っていましたが、何かあったのでしょうか?


IMG_019510.jpg


ユリカモメ君とウミネコ君だと思いますが、中に頭の黒っぽいのやら灰色っぽいのがいます。
季節による羽の色の変化なのか、それとも別のカモメ君でしょうか?


IMG_015310.jpg


ここには右の方に身体全体が茶色っぽいのがいます。


IMG_022710.jpg


ここには真ん中辺にちょっと違うカモメ君がいます。


IMG_023410.jpg


飛んでいるのと真ん中辺の身体全体が茶色っぽいのは誰でしょうか?
調べているのですが、良くわかりません。


IMG_024610.jpg


ここにもずいぶんと身体の色の違うカモメ君がいました。


IMG_026810.jpg


杭の上にとまっていた、ウミネコ君です。

と言うことで、カモメ君は大変に難しいです。
季節ごとの羽色に関しても、微妙な差で、なかなか誰かは難しいです。
引き続き調べていきたいと思います。
  1. 2005/10/10(月) 11:50:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛西臨海公園

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


10月14日の葛西臨海公園です。
いつも思うことですが、種類、数ともうちが行く公園ではダントツです。どうしても1日時間の経つのが早く感じてしまいます。

今日の目的はホシハジロ君が来ているかとクロツラヘラサギ君に会いに行く事でしたが、ホシハジロ君は残念ながら見落としたのか、来ていなかったのか、会うことが出来ませんでした。

IMG_000810.jpg


最初はコガモ君かと思っていたのですが、どうも嘴が黄色っぽく、違和感があります。
オカヨシガモ君の子供なのかもと思ってみたりもしますが、良くわかりません。


IMG_001010.jpg


上の池には、カルガモ君たちに囲まれて、クロツラヘラサギ君がいました。
ただ、ずっと1日ここにいた様で、殆どお休みモード、少し遠かったのがちょっと残念でした。


IMG_002510.jpg


スズガモ君です。こちらは雌で全部で4羽ほど上の池にいました。


IMG_005610.jpg


杭の上にとまっていたアオサギ君です。
上の池には10羽以上いましたが、このアオサギ君はただ1羽だけ、下の池に佇んでいました。


IMG_006110.jpg


上の池の通称「田んぼ」にいたコサギ君です。


IMG_006310.jpg


こちらも「田んぼ」にいました、チュウサギ君です。


IMG_009310.jpg


下の池にいたセイタカシギ君です。
今日はかなり多く来ていて、30羽近くいました。
夕方には上の池のクロツラヘラサギ君のいる所に移動したようです。


IMG_011610.jpg



下の池のアオアシシギ君です。
今日は3羽でした。

あと、オグロシギ君も1羽いたようですが、確認できませんでした。
それにオオハシシギ君が見あたりません。どこに行ってしまったのでしょう?
  1. 2005/10/09(日) 11:49:14|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三ツ池公園 その2

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


三ツ池公園のその2です。

IMG_967410.jpg


カワセミ君がいましたが、遠く、また木陰からの撮影となってしまいました。
見た限りではもう1羽飛んでいるのを見ましたので、2羽はいるようです。


IMG_974110.jpg



下の池の入口の石の上にいたハクセキレイ君です。

キセキレイ君も上の池脇の滝の所にいたのですが、残念ながら写真がぼけてしまいました。


IMG_984410.jpg


上の池の噴水広場近くの杭の上に夕方佇んでいました。
ずっと動かずにまさに置物のような感じのホシゴイ君です。
  1. 2005/10/08(土) 10:26:33|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三ツ池公園

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


三ツ池公園(神奈川県立)です。
ここは3つの池を中心にして、まわりは雑木林、多くの鳥君たちがいます。
特に冬はキンクロハジロ君がかなり多く来ています。
今年のキンクロハジロ君の先発は6羽来ていた状態でした。

ユリカモメ君はまだ来ていない状態のようでした。


IMG_953310.jpg


キンクロハジロ君の6羽のうちの2羽でつがいのようです。
ずっと一緒に泳いでいました。


IMG_949310.jpg



こちらは1羽だけで泳いでいました。


IMG_940310.jpg



上とは別個体、水に上で寝転がっているというのか、横になっていると言うのか、面白い格好をしているキンクロハジロ君です。


IMG_938710.jpg


いつもいるアヒル君とカルガモ君です。
  1. 2005/10/07(金) 10:19:27|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗足池公園

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


洗足池公園です。
ここは子供の頃から慣れ親しんだ地元の公園ですが、よく行くようになったのは最近のことです。
色々な鳥君が来ますし、これからの時期はオナガガモ君が多くなります。

何と言っても、ここのオナガガモ君は大変に人慣れしていて、多少自然界では心配でもありますが、とっておきにかわいいです。


IMG_930210.jpg


今年のオナガガモ君は約30羽くらい来ていた様な状態でした。
あとはカルガモ君たち、しかし、何故かいつもいるアヒル君が見あたりませんでした。
キンクロハジロ君やユリカモメ君もまだの様でした。

IMG_936310.jpg


今の季節のオナガガモ君は雄も雌も同じ様な羽色をしています。
写真の個体は中でも雄の特徴がはっきりしてきている感じです。
  1. 2005/10/06(木) 09:51:19|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

等々力緑地公園 その2

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


IMG_908610.jpg


カワウ君は釣り池の木にかたまって、とまっていました。


IMG_910410.jpg


前からずっといるアヒル君ですが、太りすぎのような、身体が重たそうです。


IMG_916110.jpg


庭園の石の上にはスズメ君です。


IMG_922310.jpg


いつも一緒にいるカルガモ君とアヒル君、石の上でお休みモードでした。


IMG_921710.jpg


コサギ君も久し振りに日本庭園で見ました。
何かを狙っているようですが・・・。
  1. 2005/10/05(水) 09:36:25|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

等々力緑地公園

右側のリンクのところです。 人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


今度は等々力緑地公園です。
ここはどちらかと言うと近い場所にある公園で競技場やその他色々な施設がありますが、うちが行くのはその中でもメインは日本庭園、そして、釣り池のまわりくらいです。

鳥君たちが一番集まるのは日本庭園付近で、カワウ君とサギ君は釣り池付近に多くいます。


IMG_894310.jpg


日本庭園にダイサギ君が飛んできました。
ここにダイサギ君が来るのははじめて見ました。


IMG_895810.jpg


日本庭園の石のあたりを歩いていましたが、何か探している感じでもありませんでした。


IMG_903810.jpg


閉鎖されている釣り池のステージでは今日はカワセミ君が主役でした。
前から日本庭園にいるお嬢さんなのかも知れないと思いながらも、何か感じが違うような、今年の子供かも知れません。


IMG_905910.jpg


何かを捕った様ですが・・・。
  1. 2005/10/04(火) 09:26:40|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿御苑

右側のリンクのところです。
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。


新宿御苑です。国民公園となっていますが、国営とは違うのでしょうか?良くわからないのですが・・・。

新宿のど真ん中にすっぽり空いたようにある公園・庭園です。
やはり都会のど真ん中、しかしまわりの騒がしさは全く気になりません。

そして、公園内もかなり広く、池もあちこちにあって、花壇や日本庭園、そして温室なども配置したところから、どちらかと言うと植物をメインにしたと言うような感じがします。

しかし、ここでは鳥君です。植物などに関しては別途、掲載したいと思います。

IMG_854510.jpg


かなり遠かったのですが、カイツブリ君の親子です。
子供はまだしましま模様のお顔をしています。
どちらかと言うと人間を警戒しているような感じでした。


IMG_856210.jpg


お休みカルガモ君です。お休み中ですが、きちんとこっちを見ていました。
やはり新宿と言うことで、少し警戒心も強いのでしょうか。


IMG_857310.jpg



ハシブトカラス君たちが井戸端会議をしていました。


IMG_859310.jpg


アオサギ君が1羽だけいました。しかし、この新宿のど真ん中で食事となるお魚さんが池にいるのか、疑問が出てきてしまいます。

と言うのは、色々な庭園と比べてもカメ君はほとんどいませんし、鯉君もそれほどいるとは思えません。
そうなるとカイツブリ君も少し心配になってきますが・・・。
  1. 2005/10/03(月) 03:00:54|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小石川後楽園

右側のリンクのところです。人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリック応援とよろしくお願いいたします。
また人気ブログのランキングもご覧になれます。

小石川後楽園です。当日はあいにくの曇り空でした。
東京ドーム・後楽園遊園地の真横にありながら、静寂、何故か落ち着くところです。
どうも庭園は鳥君が少ないですが、何故か落ち着ける、そんな魅力を持っていると思っています。

またここは散策にもうってつけで、まわりは起伏もあり、滝と清流が流れ、なかなか凝った造りの庭園です。

IMG_837410.jpg


アヒル君とカルガモ君が仲良く泳いでいました。

IMG_844610.jpg


カイツブリ君もいました。

IMG_847110.jpg


確かいなかったと思ったのですが、いつの間にか飛んできていたようでした。
庭園の石の上のアオサギ君もなかなかサマになっているように思いました。
  1. 2005/10/02(日) 01:07:58|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。