野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石神井公園

久しぶりの石神井公園です。
当日は曇り空で時々晴れと言う感じ、全体に暗い写真が多くなってしまいました。

レンズはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

この前行ったときはカモ君たちもかなり多くいたのですが、殆ど旅立ってしまったのでしょうか、数えるほどしか残っていませんでした。

IMG_677822.jpg


キンクロハジロ君です。
冬の間はオナガガモ君が一番多いのですが、オナガガモ君はもういず、このキンクロハジロ君が優勢となっていました。
30羽ほど残っています。
しかし、もう少しで旅立ってしまいます。

IMG_668922.jpg


2番目に多いのは、このハシビロガモ君です。
冬の間はそれほど多くないのですが、6羽ほどいました。

IMG_674022.jpg


ハシビロガモ君の♀です。

IMG_643622.jpg


コガモ君は6羽ほど、まだ残っていました。
本園の隣の記念庭園の小さな池にいつもいます。

IMG_641922.jpg


記念庭園にいつもいるのは、このアヒル君です。
白アヒル君はいつもここの様ですが、アオクビアヒル君は本園の池にいます。

IMG_650822.jpg


カイツブリ君の親子です。
今年は暖冬であちこちで子育ての声が聞こえましたが、ここでもそうだったのでしょうか。

IMG_672322.jpg


こちらは別のカイツブリ君です。

IMG_687622.jpg


ウグイス君、声は聞こえても姿は見えずばかりでしたが、初めて姿を撮ることが出来ました。
枝かぶりではありますが・・・。

IMG_694122.jpg


アオジ君です。

IMG_696222.jpg


シジュウカラ君です。
この横の方にカワセミ君もとまりましたが、残念ながらブレ写真でした。

IMG_708622.jpg


バン君です。

IMG_704822.jpg


バン君、今年も期待できそうです。

IMG_646822.jpg


シャガさんです。

IMG_647622.jpg


タチツボスミレさんです。

IMG_654222.jpg


ニワトコさんのお花です。
何とも小さなお花がいっぱいです。
マクロレンズを使えばと後にして思いましたが・・・。

IMG_657222.jpg


ヤマブキさん、満開模様でした。

IMG_659222.jpg


こちらはヤマブキソウさんです。
一株だけしか見当たりませんでした。

IMG_660722.jpg


カキツバタさんです。

IMG_661422.jpg


ゲンゲさんです。
レンゲソウさんとも言うようです。

IMG_661522.jpg


ミツガシワさんです。
このような都市公園にいると言うことは大変に貴重ではないかと思われます。

IMG_663422.jpg


ホウチャクソウさんです。
まだお花は開いていない状態に思えますが、もう少しでしょうか。

IMG_664422.jpg


マルバスミレさんです。

IMG_664822.jpg


ハルジオンさんです。
調べてみるとかなりの強健種の様です。

IMG_665322.jpg


ムラサキケマンさんです。

IMG_666122.jpg


キランソウさんです。

IMG_666622.jpg


フタリシズカさんです。
まだこれからと言う感じです。

IMG_666822.jpg


イチリンソウさんです。
ニリンソウさんもいたはずでしたが、撮ったときはその違いがわからずで、気がつきませんでした。

IMG_668122.jpg


こちらがニリンソウさんかと思われますが、まだこれからと言う感じです。

IMG_683722.jpg


アオキさんのお花も満開に近くなってきました。

IMG_685622.jpg


ヤエザクラさんです。

IMG_686022.jpg


シダレザクラさんです。

IMG_687122.jpg


オオシマザクラさん、木の途中の部分から、何故か印象的でした。

IMG_695722.jpg


ハナダイコンさんです。

IMG_703022.jpg


松さんです。

IMG_705722.jpg


オオシマザクラさんです。

IMG_710522.jpg


カラスノエンドウさんです。

鳥さんはカモ君たちが旅立ってしまい、かなり少なく寂しい状態でしたが、いつもいる種類がかえって目立つようになりました。

桜さんは満開模様、写真を撮っている人々もかなり多くいますが、足下を見ている人はまず見かけませんでした。

桜さんだけでなく、足下の方にも気を配って歩いて欲しいものだとつくづく思うことでした。

まだまだ、多くの種類を撮りましたが、お名前がわからないものもいつもの如く多い状態ですので引き続き調べて行きたいと思っています。

そして、ほぼ曇り模様で全体的に暗い写真、本来の色が引き出せなかったことが唯一残念だったかも知れません。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/08(日) 16:56:17|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

桜丘すみれば自然庭園

今回は桜丘すみれば自然庭園です。
かなり久しぶりに行きます。

真ん前は主要道路の環状8号線が通って、こじんまりとした庭園ですが、中に入れば、主要幹線道路が前にある事さえ忘れてしまいます。

レンズはSigmaAPO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影です。

IMG_267422.jpg


シジュウカラ君です。

ここでは一般6種(うちが便宜上勝手にそう言っているだけですが・・・ハシブトカラス君、スズメ君、シジュウカラ君、ヒヨドリ君、ムクドリ君、ドバト君の6種のことです。)の鳥さんがメインです。

それに加えて、メジロ君とコゲラ君がいました。

IMG_261622.jpg


ムクドリ君です。
巣材集めでしょうか、2羽で行動していました。

IMG_257222.jpg


キチョウ君が舞っていました。
オオイヌノフグリさんにとまったところです。

IMG_256922.jpg


カラスノエンドウさんですが、下の部分がぼやけて、浮いているように写りました。

IMG_257822.jpg


オヘビイチゴさんでしょうか。
小葉が5葉あるように見えます。

IMG_258122.jpg


ハナニラさん、この小群生だけでしたが、目立ちました。

IMG_259822.jpg


ヒメオドリコソウさんです。
斜めに並んでいるところがまた何とも言えませんでした。

IMG_260322.jpg


桜さんです。

IMG_261922.jpg


夏みかんさん、沢山なっていました。

IMG_273422.jpg


モミジさんです。
紅葉も良いですが、この時期もまたきれいです。

IMG_273922.jpg


この釣り鐘状のお花、どうも気になるのですが、不明です。
4株ほど咲いていました。

IMG_275022.jpg


ニワトコさんでしょうか。

IMG_276022.jpg


もう終わってしまったかの様なお花ですが・・・。

IMG_276222.jpg


??ですが、桜さんと言うよりスモモさんの様な感じです。

IMG_280622.jpg


桜さんにクマバチ君です。

IMG_286022.jpg


横の方を見るとがく片が反り返っていないようですので、カントウタンポポさんなのかなと言う感じです。

IMG_288622.jpg


ハルノゲシさんでしょうか。
葉を見るとオニノゲシさんと言うよりもギザギザが少ないように感じます。

あとアゲハ君やヤマトシジミ or ルリシジミ君も舞っていました。
生きものたちの世界もすっかり春のようです。
  1. 2007/04/01(日) 00:10:18|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四季の森公園

今回は久しぶりに行く、四季の森公園です。

ここは決して、鳥君が多くいるというわけではないのですが、森林に谷戸、湿地と生きものたちの宝庫のようなところと思っています。

今回はレンズをその都度、必要に応じて交換して撮影をしました。

表記なしはSigmaAPO80-400 F4.5-5.6 EX DG OS での撮影、またマクロ表記はSigma 150mm F2.8 APO MACRO DG HSM での撮影です。

IMG_210622.jpg


ここの主役はカルガモ君です。
谷戸の田んぼの池にいつも2羽います。

あとは湿地帯にも2羽いて、合計4羽はいつもいるようです。

IMG_218422.jpg


水田でハクセキレイ君です。
4羽で行動していました。

IMG_224222.jpg


アヒル君です。
4羽いますが、この手前はどうも大きさもかなり身体が小さく、色合い的にもマガモ君のような感じがしないでもないのですが、やはりくちばしを見るとアヒル君のようです。

IMG_240622.jpg


湿地帯でコサギ君です。
ここではたまにしか来ないようです。

IMG_246522.jpg


遠かったのですが、コゲラ君です。

IMG_255422.jpg


バリケン君です。
前からずっといるのですが、1回目にまわったときは姿が見えず、もしかしていなくなってしまったのかと心配になりました。
2回目にまわったときには姿が見えて、一安心、どうも木道の下に隠れてお休み模様だったようです。

IMG_207822.jpg


桜さんでしょうか、もう少しと言うところです。

IMG_208022.jpg


タンポポさんの種類かと思われますが、細かいところまでは不明です。
ところどころでぽつんと咲いているのが印象的です。

IMG_208722.jpg


満開に近くなっています。
桜さんと思われますが、細かい品種までは不明です。

IMG_212822.jpg


キブシさんです。

IMG_214322.jpg


(マクロ撮影)
オオイヌノフグリさんです。
園内全域で見られます。

IMG_214622.jpg


(マクロ撮影)
ホトケノザさんです。
もう少し低い位置から撮った方が良かったかも知れません。

IMG_215322.jpg


(マクロ撮影)
ヒメオドリコソウさんです。

IMG_217122.jpg


(マクロ撮影)
アオキさんのお花でしょうか。
お身体に似合わず、何とも小さなお花です。
雄花と雌花とあるようですが・・・。

IMG_218822.jpg


シャガさんですが、蕾をメインにして撮ってみました。

IMG_219322.jpg


ハナモモさんです。

IMG_219822.jpg


(マクロ撮影)
アセビさん、赤っぽい色をしています。

IMG_220122.jpg


(マクロ撮影)
アセビさん、白っぽい色のお花です。

IMG_220722.jpg


タチツボスミレさんです。

IMG_222022.jpg


アカシデさんです。

IMG_222722.jpg


ミシシッピアカミミガメ君たちが日光浴をしていました。

IMG_231722.jpg


ナノハナ(正式名称は不明)さんにニホンミツバチ君です。
ミツバチ君、かなり大きな花粉の固まりを持っています。

IMG_235622.jpg


数えるほどしか咲いていませんでしたが、お名前は不明です。
何とも目立つお花です。

IMG_236622.jpg


ハナニラさんです。

IMG_237022.jpg


ヒュウガミズキさんです。

IMG_245022.jpg


山場の斜面に少数でしたが、カタクリさんが咲いていました。

IMG_248822.jpg


(マクロ撮影)
お花は園芸種かと思うのですが、そのお花にテントウムシ君です。

IMG_249622.jpg


水草さんかと思うのですが、一面にびっしりでした。

鳥君はそれほど多くはありませんが、これからの時期、色々な昆虫類、植物類が多く見られます。
また菖蒲沼のハナショウブさんも季節にはかなりの景色になります。

昆虫類では特にバッタ君の類がかなり多く見られますし、またホタル君も生息しています。

これからの時期が更に楽しみな場所です。
  1. 2007/03/26(月) 23:55:57|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

洗足池公園

久しぶりに地元の洗足池公園です。
当日は空は分厚い雲で覆われていて、ほとんど日も差さず、撮影は難しい状態でした。

レンズはTamron28-300で全てISO1600での撮影、さすがにそれ以下ですとシャッタースピードが数十分の一と手持ちでは撮影は無理でした。

さすがにISO1600ではノイズがかなり目立ち、見苦しいですが、ブログの目的である、様子を伝えることに乗っ取り、載せることにしました。

IMG_881301.jpg


まず入ってすぐに目に付いたのですが、お名前がわかりません。
たぶん園芸種ではないかと思うのですが・・・。

IMG_883701.jpg


シラカシさんの実が沢山なっていました。
いわゆる、どんぐり君です。

IMG_884701.jpg


ヤブラン君ですが、お花は終わったくらいの様な感じでした。
ここでは園内のごく一部に自生している状態です。
文献より:「神奈川県植物誌」によるとユリ科ヤブラン属、海岸側よりも内陸側に多く、照葉樹やスギ植林の林内に多く自生する様です。

IMG_885501.jpg


カルガモ君です。
15羽ほどいました。
冬の使者の一番乗りはまだ帰ってきていないようでしたが、もうそろそろ、オナガガモ君かキンクロハジロ君が帰ってきてもおかしくない季節です。
あと不思議なのはずっと8羽いた、アヒル君が全く姿が見えません。
どうしたのでしょうか?

IMG_886301.jpg


アベリア君です。
文献より:「神奈川県植物誌」によるとスイカズラ科ツクバネウツギ属、正式にはハナツクバネウツギ君と言うらしい。交雑種で種子は形成しなく、公園や街路に良く栽培される様です。

IMG_886601.jpg


ヒメガマ君です。
ここでは池の周囲に多く見られます。

IMG_887201.jpg


ホトトギス君ですが、どちらかと言うとタイワンホトトギス君に近いような感じがします。

IMG_888901.jpg


ヤブマオ君です。
文献より:「神奈川県植物誌」によるとイラクサ科ヤブマオ属、多年草で各地の丘陵に分布するようです。
近似種のメヤブマオ君は葉が3裂型と定義していますので、この写真も頭を見るとメヤブマオ君かなと思ったのですが、そうではない様です。

IMG_894701.jpg


ヒメジャノメ君です。

IMG_897601.jpg


セイタカアワダチソウ君です。
キク科アキノキリンソウ属、北米原産の帰化植物のようで、大変に繁殖力が強いようです。

IMG_900701.jpg


キバナコスモス君です。
ここの園内ではうちがあまり行かない部分に満開に咲いていました。
文献より:「神奈川県植物誌」によるとキク科コスモス属、1年草で中央アメリカ~南アメリカ原産の園芸植物と言うことです。

IMG_905701.jpg


オオスカシバ君ですが、何しろ一瞬たりとも止まってくれないですし、曇り空のなか、シャッタースピードは稼げず、ぼけてますが・・・。

IMG_907601.jpg


オオスカシバ君と一緒にホシホウジャク君もいましたが、行動は同じで写真はぼけています。

IMG_915501.jpg


水生植物園にはイネさん、お米を実際見るのもうちらにはあまり機会のないことです。

IMG_917001.jpg


暗い木陰でお休みゴイサギ君です。
1本上の枝にももう1羽、合計2羽いました。
夕方暗くなり始めの頃、動き出さないかとずっと待っていたのですが、真っ暗になるくらいまでこのままでした。

IMG_920601.jpg


遙か遠くの木のてっぺん、最初は模様から遠目にオナガ君かなと思っていたのですが、尾があまりにも短いです。
模様から考えて、確証はないのですが、ノビタキ君のような感じがします。

IMG_927501.jpg


もう真っ暗になりかけの夕方過ぎ、ようやくホシゴイ君が舞い降りました。
様子などを見ていると去年ずっといたホシゴイ君の様な感じさえしますが、これも確証がありません。
単なる直感でしかありませんが・・・・。

IMG_930401.jpg


空は真っ暗、ワカケホンセイインコ君たちが集団で帰って行きました。

まだ、カモ君(いつも1年いるカルガモ君は除いて)は来ていない状況ですが、もうそろそろかなと言う感じです。
例年、オナガガモ君とキンクロハジロ君が多く、マガモ君、ホシハジロ君がまざる感じですが、今年はどうなるでしょうか。

この前の上野恩賜公園での不忍池ではオナガガモ君が来ていましたし、また多摩川でもコガモ君が来ているとお友達から掲示板でお教えいただきましたので、もう少し、大変に楽しみです。
  1. 2006/10/05(木) 23:44:21|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野恩賜公園

国立科学博物館に行ってきて、そのついでと言うわけではないのですが、上野恩賜公園を回ってきました。

土砂降りの雨上がりで空は暗く、日が差してきたのは夕方の西日の頃でした。

国立科学博物館では前回人が多くて、ゆっくり見ることの出来なかった、鳥類や昆虫類の標本を写真に撮りながら見てきました。
あと、生き物関係以外は駆け足で一通りという感じでしたが・・・。

上野恩賜公園、もしかしたら初めて来たかもしれません。
遠い昔に来たかもしれませんが、それは何かの遠足とか動物園とかの時かと思われ、記憶も殆どありません。

当日は先にも書いたとおり、土砂降り上がりの日が差さない状況でしたので、Tamron 28-300で撮影、一通り回って見ました。

IMG_771601.jpg


真ん中の広場(?)での噴水です。

IMG_771801.jpg


イチモンジセセリ君がいました。

IMG_772201.jpg


噴水池の脇に多くいました。
ヤブガラシ君でしょうか。
文献より:「横浜の植物」によると殆ど全域で生息、繁殖力がかなり強いらしいです。
ただ、東日本にある種は結実はしないとされており、強い地下茎で生き残っていっているような感じです。


IMG_773001.jpg


ヒナタイノコズチ君でしょうか。
文献より:「横浜の植物」によると高地を除いて、ほぼ全域に生息して、道ばたでも自生している身近な植物さんのようです。

IMG_773301.jpg


どうも見たことがあるような気がするのですが、お名前が思い出せません。

追記(11/28):hitakijo さんにお教えいただき、オニノゲシ君とわかりました。
見たことあるようなというのは記憶違いだったようで、別の種を想像していたのかも知れません。
この場を借りて、お教えいただき感謝する次第です。

IMG_774701.jpg


実がひとつだけ成っていましたが、さて誰の実でしょうか?

追記(11/28):同じくhitakijo さんからお教えいただき、ビナンカズラ(サネカズラ)君の実とわかりました。
色合いが図鑑に出ているものと異なり、わからなかったことだったかも知れません。
重ねて、お教えいただき、感謝する次第です。

IMG_775501.jpg


鵜の池にいた白アヒル君です。

IMG_777201.jpg


境内ではあちこちにヒガンバナ君が咲いていました。

IMG_778701.jpg


ドバト君がずっと首を縮めてたたずんでいました。

IMG_781301.jpg


冬の訪れを告げる使者、カモ君の一番手はどうもオナガガモ君のようです。
エクリプスなのか、雄も雌も違いが大きさ以外はわかりません。

IMG_782301.jpg


コサギ君です。
あちこちで池に張られているロープで綱渡りをしていました。

IMG_783101.jpg


お休みアヒル君(アオクビ系)です。

IMG_788001.jpg


スズメ君たちの集まっているところがありました。
殆ど子供たちの様でした。

IMG_792201.jpg


カルガモ君とオナガガモ君たちです。
もう夕暮れ近い時間です。

IMG_795701.jpg


もう夕暮れ時、不忍池はハスさんたちで埋め尽くされていました。

あとソウシチョウ君がいるとも聞いたのですが、わかりませんでした。
どうも動物園の中にいる様な、そんな感じです。
ボート池にはオナガガモ君が15羽程度帰ってきていました。
これからカモ君たちがどんどん帰ってきます。
  1. 2006/09/28(木) 15:52:12|
  2. 公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。