野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京都の荒川河川敷に舞い降りた、ハクガン君(主観的考察)

2015年12月31日に初めて会った、ハクガン君ですが、何故東京都に舞い降りて、ずっとその地にいるのかが気になって仕方がありませんでした。
夜も眠れず、ずっと何故なんだろうと考えていました。


20160101_b01.jpg



渡りのルートに関しては、『ハクガンはソビエト極北弧 北米大陸北部,グリーンランドなどで繁殖し.冬はおもに北米中郡などに,また,少数は中国などに渡り,日本にはまれな冬鳥として渡来する』(1991、Strix10、柳川 久・武藤満雄、北海道におけるハクガンの記録と十勝における初観察例)とあります。

また、1993年には国際自然保護計画として、雁を保護する会、他により、「ロシアの北極圏沿岸で繁殖し日本で越冬するハクガン個体群の復元」が試みられています。

基本的には、北極海のウランゲリ島を主な繁殖地として、北米中部などに越冬で渡ると言う事になりますが、中国に渡る少数個体が日本に足をとどめるという形でしょうか。

日本での飛来地を見てみますと、北海道から東北地方、また、日本海側が主で、太平洋側ではあまり例を見ません。

ことに、東京都では渡りのルートからほぼ外れており、渡りの途中で足をとどめたと言う訳ではなさそうです。

または、ルートを大きく迂回して、たまたま東京都を通ったのかもと言う事も考えられない事でもありません。

先の「ロシアの北極圏沿岸で繁殖し日本で越冬するハクガン個体群の復元」では、マガン君を仮親として抱卵、孵化に成功をしています。

マガン君であれば、関東地方の主な越冬地として、霞ヶ浦がありますが、それでもルートからは外れており、寸足らずです。

ハクチョウ類と一緒に来たとも考えられそうですが、東京都近辺には特に越冬地はありません。

ただ、近畿地方などにも越冬地が存在しますので、そのルート途中と考えれば、ない事ではないかも知れません。

そうなると、どうやって来たのかが大変に気になるのですが、ごく簡単に考えて、ルートを大きく迂回して、たまたま東京都を通って、舞い降りたという感じなのかも知れません。



さて、東京都足立区の荒川河川敷に舞い降りた、ハクガン君に話を戻しますと、目撃された当初(2015年10月中旬)は5羽いたと言われています。

既に2ヶ月以上この地にとどまっていると言う事になります。

現在いる3羽は全て幼鳥であり、現在はいない2羽は家族で親鳥、または兄弟だったのではないかと推測しました。

ガンカモ類、ことに大型のガンカモ類は家族で行動をし、家族間の絆が大変に深いとも言われています。

もし、当初は家族であったかも知れないハクガン君たちが、何故離ればなれになってしまったのでしょうか。

それには人為的な影響もあるでしょうし、周囲の環境によるものもあるかも知れません。

ただ、家族間の絆の深い、ガンカモ類が幼鳥のみを残して、いなくなってしまうとはとても考えにくいことでもあります。

よほどの事があったと想像するにかたくはありません。

ただ、これも当初いて、今はいない2羽が親鳥であっての事ですが、兄弟でもそれは同じ事でしょう。



現在ハクガン君3羽がいる場所の環境を考えてみますと、何故ずっといるのかが不思議でなりません。

その不思議なことは以下の点です。

①いる場所が河川敷のサッカー場と野球場の間の草地である事。当然に人間が多く、様々な脅威も考えられる事。

②河川敷なので、すぐ脇には荒川という河川が流れているが、見渡す限り、中州のような場所がないこと。身を守るために利用する場所がない事。

③陸地が主であるために様々な捕食者の脅威が考えられる事。

④まわりにはカモ類も全くと言って良いほど見えず、ほぼ孤立した状態である事。

⑤すぐ脇では釣り行為もされており、また川ではモーターボートなどの往来など、人為的な危険も大変に多い事。

⑥対岸側には首都高速が走っており、環境的にも良くない事は簡単に想像出来ること事。

⑦周辺にはハクガン君が日常採餌で利用するであろう、水田や畑地、相応の規模の湿地がない事。

などです。


基本的にハクガン君が飛来している北海道や東北の越冬地などの環境から考えたら、雲泥の差である事は誰が見ても明らかであります。

当然に食べるものに関しても雲泥の差がある物と思われますが、いる場所には野草類が多く、見ているとその野草類の葉っぱと言うより、地下茎を好んで食べているようでした。

野草類は多く生えていますので、当分は食べるものには困らないだろうという状況だけが唯一の救いです。



それでは何故この3羽はずっとこの場所にとどまっているのでしょうか。

これが最大の疑問でした。

主観的に考えるならば、家族間の絆の深いガンカモ類であるからして、当初いて、今はいない2羽を待っているのではないか。

そう考えられるのです。

または、春の渡りの時期にこの地を通って行くであろう家族との合流を待ち望んでいるのかも知れません。

そのためにこの3羽はこの地にとどまっている、と言うよりも動けないのかも知れません。

様々な危険を冒してまでも特定の地にいる、とどまっていると言うのは、ガンカモ類の家族愛・兄弟愛から来る物ではないかと想像するのです。

そう考えると、このけなげな3羽が更に愛おしく感じられてきます。



撮影に行った日に撮影に来た人、見に来た人は延べで30人ほどはいたでしょうか。

みな、適度な距離を置いて、またどんどん近づいてくるハクガン君に後退、後退を繰り返していました。

中には常連の方もいた様です。

すぐ脇では釣りをする場があり、数人の釣り人が佇んでいます。

その日ほぼ1日見た限りでは、人間の脅威はあまり感じられませんでした。

基本的に釣り人は信用できませんが、釣り人が常時近くにいると言う事も多少なりとも役立っているのかも知れません。


多分にして想像が正しければ、春先まではこの地にとどまっているであろうと考えられます。

是非、この3羽を旅立ちまでずっと静かに見守っていって欲しいと思います。

時間的な制約からなかなかその状況を見に行くことも出来ませんが、努めて様々な情報を今後も得ていきたいと思います。



珍しい種類が来た、珍鳥が来たと大手を振って喜んでいる前に何故この地に来たのか、何故この地にいるのかと言う事を考える人はいないのでしょうか。

ただ、喜んでいるだけではなく、その生態から、その背景から生きものたちを見つめることも大変に大切なことであると感じます。


なお、東京都でのハクガン君の飛来記録は実に58年ぶりだそうです。

記録としても大変に重要ですが、そのいる環境的にも新しい知見が期待出来そうに思います。


この3羽がこの地でずっと何事もなく快適に過ごすことが出来、無事に家族と合流出来るか、自分たちから北の地へと旅立つことを期待したいと思います。









スポンサーサイト
  1. 2016/01/01(金) 13:05:00|
  2. 野鳥
  3. | コメント:0

20141227 生坂水鳥公園

今回は長野県東筑摩郡生坂村の生坂水鳥公園です。

この場所は今まで全く知らなかった場所ではありましたが、twitter上でその存在を知る事となりました。
今回初めて行く、新規に開拓をするフォールドです。

毎年年末には撮影行に行く、安曇野市の犀川白鳥湖、御宝田遊水池にも近い場所に位置しているため、この2箇所の撮影行の時に組み込んで行く事にしました。

この時期は特に車両移動に関して、積雪がどうなのか気になっていましたが、twitter上で現地のフォロワーさんからレポートを頂き、その点に関しては安心して行く事が出来ました。

あとは、場所などは地図上だけですし、現地の地形や環境も全くわかりませんので、時間的に十分な余裕を見て行く様にしました。

現地では、少し注意していれば、道路上に公園の案内看板もあり、全く迷う事なく現地に到着する事が出来ました。

着いてみると、大変に静かでひっそりとした山間の場所、人間はいなく、生きものたちの息吹だけが聞こえるような素晴らしい場所でした。

こう言った場所がうちの撮影行のフィールドを決める、最大のポイントであり、同時に好みの場所でもあります。


以下、風景写真の撮影は、SONY CYBER SHOT DSC-TF1 での撮影、
その他は、Canon EOS1D MarkⅢ+SIGMA APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM での撮影です。



20150103_b02.jpg


現地の風景です。駐車場横から東屋を入れて河川方向を撮影しました。


こじんまりとした場所ではありますが、大変に落ち着く、素晴らしい雰囲気の場所です。




さて、ここではもう一つの目的がありました。
怪我をしてしまい、この場所にずっといる、2羽のコハクチョウ君に会う事です。


20150103_b01.jpg


ゆったりと2羽で並んで、お休みをしていました。

この2羽はノブちゃんとフクちゃんと言うそうです。
twitterの現地のフォロワーさんが、ご熱心に見守りを続けていらっしゃいます。
公園内の清掃であるとか、釣り人への注意喚起看板であるとか、様々に活動をされていて、頭が下がるばかりです。

うちも何か出来る事はないかと模索していますが、行けても年に数回程度しか行く事が出来ませんし、直接の活動も難しい状況です。

幸いに長野県には多くの毎年行くフィールドがあります。
①アルプスあづみの公園 (安曇野市・春~秋通期、昆虫類撮影)
②赤怒田福寿草公園(松本市・フクジュソウ)
③千曲市戸倉・倉科セツブンソウ群生地(千曲市・セツブンソウ)
④ザゼンソウの里公園(諏訪市・ザゼンソウ)
⑤トンボの楽園(伊那市・ハッチョウトンボ)
⑥南割公園(駒ヶ根市・ハッチョウトンボ)
⑦烏川渓谷緑地(安曇野市・昆虫類全般)
などの場所です。

それぞれの場所に行く際に時間的余裕があれば、様子を見に行くと言う事が出来ると思います。

様々に心配な事はありますが、現地で見守りをされている方がいる事は大変に心強い限りです。




さて、その2羽ですが、どちらがどちらかはうちには見分けが付きません。
ただ、くちばしの黄色い部分の右側が若干山なりに尖っている方と切れ込みがある方で見分けられそうです。


20150103_b05.jpg


1羽の方です。
くちばしの右側の黄色い部分が少し尖って見えます。

羽繕い後に伸びをしている場面でしたが、羽は伸びていないようです。




20150103_b06.jpg


もう1羽の方です。
くちばしの右側の黄色い部分が切れ込んでいるように見えます。




その他、カモ類は対岸の遠い場所の方にばかりいました。

20150103_b03.jpg


遠くにカワアイサ君が泳いでいきます。
まわりでお休みはホシハジロ君です。



20150103_b04.jpg


河川上ではトビ君が舞っていました。
トビ君はどちらかと言いますと猛禽類の中でも柔らかめな印象を受けますが、こうして見ると、やっぱり猛禽類らしい眼をしています。


最後にこの場所が半永久的に保全される事を願い、またコハクチョウ君の2羽がずっと安心していられる様な環境であってほしいと願います。

そして、ここの近場のフィールドに撮影行に行く際はできる限り、様子を見に行くべく、この2羽に会いに行きたいと思います。


いつもの如くにこの場所の鳥類観察記録です。
↓↓ クリック拡大してご覧下さい。

20141227生坂水鳥公園










  1. 2015/01/03(土) 17:08:19|
  2. 野鳥
  3. | コメント:0

20141214 羽田沼

今回は栃木県大田原市の羽田沼です。

毎年必ず年末に行く、ハクチョウ類フィールドですが、今年は少し早めに行く事にしました。
と言いますか、前日までは年末の予定に組み込んでいたのですが、急遽早々に行く事にしたあんばいです。

新聞などでもいくつか報道されていますので、良いかと思いますが、最大のターゲット種はアカハシハジロ君でした。
多分にして、一生に一度会えるかどうかの種類です。

観察できた鳥類は最後の観察記録表の通りです。

今回はレンズをほぼ1年近く放置していたまま、急遽使用した為もあってか、メンテナンス不足がたたり、どうにも画像が全くダメでした。

白飛びを頻繁に起こしていますし、オートフォーカスのピントが今一歩です。

SIGMA300-800ですが、さすがにオーバーホールに出した方が良さそうな、そんな決して良くない画像の出来でもありました。

とりあえず、その中から3枚ほど掲載をします。



20141216_b02.jpg

沼の畔で羽繕い中だった、コガモ 君です。

この画像はマニュアルフォーカスにて撮影をしました。




20141216_b01.jpg


クビワキンクロ 君です。

昨年にいた個体と同じような感じがします。

昨年とほぼ同じく、キンクロハジロ 君の中にいて、沼でのいる位置的なものもほぼ同じでした。

1日、殆どお休み状態で、動くのはほんの一瞬、一時と言うところでした。




20141216_b04.jpg


そして、最大のターゲットであった、アカハシハジロ 君です。初めて会う種類です。

沼の中央部分でホシハジロ 君たちの中にいました。
ホシハジロ 君に似てはいますが、お休み状態で嘴が見えなくても、比べると、身体も大きく、頭もかなり大きいためにすぐに見分けが付きます。
また、後頭部が黒くなっています。

こちらもほぼ1日、お休み状態で、動くのはほんの一瞬か一時でした。

何回か、北側の葦原の奥へと姿を消してしまったのですが、少しすると、また元の中央部分に泳いで戻ってきます。

14:00過ぎくらいでしょうか。
その戻ってくる時に単独遊泳、西側の畔に特に近づきました。

写真はその時のものです。




あとの種類も一通り撮影をしていますが、前述の通り、出来が全く良くなく、今回は割愛しようと思います。


ここでの主役のハクチョウ類は、15:15頃より飛来し始めました。
観察記録表の通りですが、個体数は例年と比べ、少なかったです。


20141213羽田沼

↑↑ 観察記録表です。 クリック拡大してご覧下さい。









  1. 2014/12/16(火) 22:40:13|
  2. 野鳥
  3. | コメント:0

20141209 上野恩賜公園

このブログもかなり間が開いてしまいましたが、大変に久し振りのアップです。

当日は仕事で荒川区の方へと行きましたので、久し振りに上野恩賜公園へと立ち寄ってみました。

これは、前日に画像掲示板へアップした、「20141209 上野恩賜公園鳥類観察記録」でも書いていることですが、鳥類(特にカモ類)の個体数が大変に少なく感じられたことです。

*画像掲示板の「20141209 上野恩賜公園鳥類観察記録」 http://www2.ezbbs.net/01/yoshino3/ (スレッド107)

以前はまさにこの時期はカモ類、ユリカモメ君を含めたカモメ類で大変に賑やかな場所と言う印象が強いために、今回の状況は大変に残念に感じられました。

これも人間の行動による事が大変に大きいと思える事です。

それと、公園全体を改修する計画の様で、蓮池の東側~北東側は工事中のために特に歩く事もしませんでしたが、カモ類も全くいませんでした。

また、蓮池の南側とボート池の北側に今までの外周遊歩道にプラスして、ステージ的な観察歩道が出来ていました。
何がなくなったかと言えば、遊歩道沿いにあった、食堂や喫茶店などがなくなっていました。

少し来ないうちにだいぶ変わったものですが、これが鳥類にどう影響を与えたかは見ただけでは、良くわかりません。

さて、今回確認出来た鳥類は別表の通りです。

その中のいくらかの種類の写真です。


20141210_b01.jpg

ホシハジロ 君(♂)です。
この日は♂個体が2羽しか確認出来ませんでした。
例年に比べ、大変に少ない個体数です。




20141210_b06.jpg


マガモ 君(♀)です。
この日はあと♂1羽とのペアでいました。




20141210_b03.jpg


オオバン 君です。
ここ最近は、様々な環境へと適応し、進出をしている種類だと思うのですが、やはり例年に比べ、個体数が少ないです。




20141210_b04.jpg


ハシビロガモ 君(♀)です。
この場所では、ハシビロガモ君が歩き方や仕草など、とっておきにかわいいです。




20141210_b05.jpg


キンクロハジロ 君(♀)です。
珍しく陸に上がってきていました。




20141210_b02.jpg


そして、問題はこの個体です。
どう見ても、オナガガモ君です。
そして、更に良く見てみると、♂のエクリプス個体です。

アルビノ個体は特定の種でたまに見掛けることがありますが、オナガガモ君でこれほど身体全体の色合いが薄くなってしまっている個体の例は見た事も聞いたこともありません。
それよりもカモ類のアルビノ個体という個体をまず聞くことがありません。

大変に珍しい現象の個体だと思います。

今回は全く知らず偶然でしたが、ネットを検索してみるといくらか記事や動画が投稿されていました。
そして、この場所に来たのは、11月の下旬であろうと言うことでもありました。

この個体、今後の動向が気になります。

荒川区へは仕事で頻繁に行く様になりますので、出来るだけ様子を見に行きたいと思います。

↓↓今回の観察記録の別表です。クリック、拡大してご覧下さい。

20141209 上野恩賜公園










  1. 2014/12/10(水) 22:03:17|
  2. 野鳥
  3. | コメント:0

2012年 謹賀新年

2012年、新年も無事に明けました。

新年おめでとうございます。
旧年は様々にまた大変にお世話になり、誠にありがとうございました。

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。


CL2012-1.jpg


先日の群馬県邑楽町・多々良沼でのダイサギ君です。
寒い中、日だまりでゆったりとしていたのが印象的でした。

写真的には足下が少しざわざわしていて、良くないとも思うのですが、ダイサギ君の表情、その時の光景から選びました。

自作カレンダーの1月の画像にも使用をしています。

さて、2011年はまさに様々な事がありました。

この場はなかなか更新も出来ない状態が続いていますが、何とか撮影行には合間合間に行く様にしています。
ただ、画像整理、観察データ整理が殆ど出来ていないために未処理画像がたまる一方の状態でもあります。

現在の未処理画像はゆうに70万枚は超すと思いますが、まとまった時間がないと処理も出来ず、またこの場にもアップすることが難しいところです。

今後どうしていくかは要検討事項でもあります。

また、twitterに関してはそれなりに、そして、更には2011年の終盤にはmixiを稼働させました。

それと同時にHPの改変を始め、各コンテンツにmixiページを設置、またAR道傳説も新設しました。
コンテンツはだいぶ増えましたが、仕事ばかりで、なかなか更新する時間がないというのが現状です。

今後も少しずつではありますが、それぞれにアップしていけるように頑張っていきたく思っております。

あと、蔵書データベースの作成も稼働しましたが、こちらもなかなか進まない状況です。
数千冊にも及ぶ、図鑑、蔵書と文献などを全てリスト化する事で何がどこにあるのかを系統立てて管理することが目的ですが、やはり計画通り、最低3年、余裕を見て5年以上はかかるのかなと言う感じです。

公開はまだかなり先になりそうです。

2011年は個人的にも様々な契機があり、社会的にも様々な事がありました。

全ては継続ですが、更に2011年での事で教訓となる事は確実に今年も活かして行けるようにしていきたい物です。

そして、皆様方にとっても、また全ての自然と生きものたちにとって、良い年でありますように・・・。









  1. 2012/01/01(日) 03:31:02|
  2. 野鳥
  3. | コメント:2

京浜島つばさ公園 (1月下旬編)

今回は何の気なしに立ち寄った京浜島つばさ公園です。

この場所は今までにも何度か立ち寄ったりすることがありましたが、カメラセットを持って行っていない場合ばかりで風景などを見るだけに終わっていた場所です。

対岸は羽田空港と言う環境の場所です。

今回はカメラセットも車に積んでありましたので、鳥類を探して歩いてみました。

こう言った何気なく、立ち寄った場所でもそれなりの種類数はいる物です。
撮影できた写真は少ないですし、これと言ったものでもありませんが、一応掲載することにしました。


【撮影データ】

時 間 ・・・ 14:00~16:00
天 気 ・・・ 晴れ、時々曇り
撮影順序 ・・・遊歩道を往復
撮影枚数 ・・・272枚
使用機種 ・・・Canon EOS 1D MarkⅢ
使用レンズ・・・Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM


20110130_b01.jpg


ハシボソカラス君です。
東京の住宅街や都市部ではハシブトカラス君が殆どで、ハシボソカラス君に会う機会は殆どありません。
海岸側に行くといくらかの個体数がいると言う程度です。
大変に久し振りという感じがしました。



20110126_b04_20110130120958.jpg



ベンチでお休み模様のヒヨドリ君です。
この真ん前にいる樹木の実がご馳走のようで、多くの個体が集まっていました。



20110126_b03_20110130120958.jpg



カンムリカイツブリ君です。
大変に遠いです。
潜水しては浮き上がりの繰り返しで少しずつ近寄ってきていたので、近くに来るのを待っていたのですが、この写真の距離が限度でまた遠のいて行ってしまいました。



20110126_b02_20110130120959.jpg



セグロカモメ君です。
なぜか1羽だけで小さな干潟の先端でずっと佇んでいました。



いつもの如くの観察データです。
クリックして拡大してご覧下さい。

20110126京浜島つばさ公園



ここのところ、年度末と言う事もあり、例年の如く仕事の繁忙期となっています。
仕事ばかりで、なかなかフィールドに出る事が出来ない状態ですが、合間を見つけては立ち寄ることの出来る場所に行くようにしていきたいと考えています。
どこに行っても、どんな所でも必ず多くの生きものたちが出迎えてくれます。









  1. 2011/01/30(日) 12:34:01|
  2. 野鳥
  3. | コメント:3

井頭公園 (1月中旬編)

今回は栃木県真岡市の井頭公園です。

この場所は群馬県の多々良沼と並んで、毎年必ず年末年始に行く事にしている場所です。
北関東自動車道も開通して、真岡ICから国道バイパスも出来て、アクセスが大変に便利になりました。
何年も前の宇都宮ICからのアクセスや数年前の宇都宮上三川ICからのアクセスとは大違いです。

ただ、反対に高速道路や国道バイパスを通すことによって、多くの貴重な風景と自然が失われてしまった事には間違いなく、複雑な気持ちでもあります。

さて、当日はおおむね晴れ模様のお天気で、どちらかと申しますと暖かな1日でした。


【撮影データ】

時 間 ・・・ 09:30~16:30
天 気 ・・・ 晴れ/時々曇り
撮影順序 ・・・正門~水生植物園~ラグーン池~一万人プール~ボート池~釣池~自然保存林~ボート池~正門
撮影枚数 ・・・1,185枚
使用機種 ・・・Canon EOS 1D MarkⅢ
使用レンズ・・・Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM
付加レンズ・・・Sigma APO Tele Converter 1.4 ×EX DG



20110126_b09.jpg



ジョウビタキ君です。
なぜか、毎年同じ場所にいます。ただ、毎年同じ個体かどうかまでは分かりませんが。



20110126_b06.jpg



ミコアイサ君です。
ここでは毎年4~8羽程度の個体がいます。
今回は♂4羽の♀1羽で例年に比べ、少し少ないようでした。
1羽の♀を取り囲んでのディスプレイ行動が頻繁に見られました。

そう言えば、うちが撮影しているすぐ横で初老のご夫婦がこのミコアイサ君を撮影をしていて、「夢のような場所」とおっしゃっていました。
確かにミコアイサ君が近い場所で見られるところはそう多くはありません。




20110126_b01.jpg



池の水は凍っているところも多く、困ったような表情のカルガモ君です。




20110126_b04.jpg



オナガガモ君の♀です。
凍った水の上で大変に歩きにくそうでした。



20110126_b03.jpg



オナガガモ君の♂です。
同じく、氷の上で。




20110126_b05.jpg



歩きにくそうなカモ類とは反対にセグロセキレイ君は活発に動いていました。
少し上側に写ってしまい、バランスが今一歩の写真ですが。



20110126_b02.jpg



こちらはハクセキレイ君、白っぽく写ってしまいました。



20110126_b07.jpg



マガモ君、どうしても杭の上に乗りたい様子でしたが、なかなかうまく行かないようでした。




20110126_b08.jpg



カイツブリ君です。
ここでは少数派です。




20110126_b10.jpg



エナガ君、こちらも白っぽく写ってしまいました。



まだまだ写真はあるのですが、どうも今回はどれもこれも写りが今一歩の物ばかりです。
露出の設定と水面反射、氷の反射などの点などもう少しよく考えて撮影すれば良かったと思っています。


いつもの如くの観察データです。
クリックして拡大してご覧下さい。

ここでのカウント数はその場所を歩いた時に確認できた個体数であり、実際にはもっと多くの個体数や別の種類もいるかと思われます。


20110122井頭公園



ここでわかる事ですが・・・
①今回は例年必ず数種類いるサギ類が全く確認できなかった。
②カモ類を含めて、池が凍っていたこともあるのか不明だが、全体的に例年より若干個体数が少ない。
③これも池の凍っていたことにもあるのか不明だが、例年カモ類は種類ごとにいる場所が殆ど決まっているのが普通だった。しかし、今回はかなり入り乱れている印象を受けた。
氷のためか、植生の変化か、再度確認する必要性がありそう。
④例年全域で多くいる、ツグミ君やシロハラ君がかなり少なく感じた。土壌動物の環境変化か、たまたまなのかは疑問、
⑤例年同じ場所にいるビンズイ君が今回は全く違ったところに移動したかの如くにいた。これも植生の変化か、実の不作なのか、疑問。

まだまだ不思議な事と例年にない状況など多くありますが、追々確認して行きたいと思います。









  1. 2011/01/26(水) 22:43:43|
  2. 野鳥
  3. | コメント:4

旧芝離宮恩賜庭園

今回は旧芝離宮恩賜庭園です。

この場所は東京都内の庭園の中でも清澄庭園に次いで、気に入っている場所で、近くに行くときは立ち寄るようにしています。

今回は時間もなく、さっと一回りしただけにとどまりました。
また、この場所は午後の時間になると周囲のビルで日影となってしまいますので、出来る事なら午前中の方が撮影にはベストですが、これも時間の関係上仕方のない事です。


【撮影データ】

時 間 ・・・ 14:00~15:30
天 気 ・・・ 曇り/時々晴れ
撮影順序 ・・・時計回りに1周
撮影枚数 ・・・425枚
使用機種 ・・・Canon EOS 1D MarkⅢ
使用レンズ・・・Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM



20110121_b07.jpg



コサギ君です。
何となく直感ですが、毎年必ず1羽いる個体と同個体に感じられます。
活発に動き回っていました。



20110121_b06.jpg


オナガガモ君です。
文字通り、尾のすらっと伸びたきれいな個体です。




20110121_b05.jpg


ヒドリガモ君の♀です。
いつも思うのですが、眼が澄んでいてきれいな種だと思います。




20110121_b04.jpg


カワウ君です。



20110121_b03.jpg



ホシハジロ君の♂です。



20110121_b02.jpg



岩場でお休みのヒドリガモ君の♂です。



20110121_b01.jpg


中の島で特に集まっているところです。
その殆どの個体がお休み模様です。

オナガガモ君、ホシハジロ君、ヒドリガモ君、キンクロハジロ君などなど、カルガモ君も見えますし、ムクドリ君も・・・。



今回の観察記録です。
クリックして拡大してご覧下さい。

20110120旧芝離宮恩賜庭園


ここでわかる事ですが・・・
①キンクロハジロ君が年を追うごとに毎年個体数が増えている状況。
②ホシハジロ君は例年通り。ただ、昨年は異例で例年の3倍ほどに増えたが、一時的な物だったのかも知れない。
③カルガモ君は例年より少ないが、元々個体数が少ないので、何とも言えない状況。
④その他のオナガガモ君やヒドリガモ君についてはほぼ例年通りの個体数。
⑤ハシビロガモ君の♀が1羽、ここでは珍しい。
⑥キセキレイ君が1羽、昨年から見られる様になったが、同個体だろうか?
⑦珍しく、ドバト君、キジバト君を全く見掛けなかった。
などなどでしょうか。

毎日観察しているわけではないですので、具体性に欠けると言えば欠けますが、おおむねの状況を列記してみました。









  1. 2011/01/21(金) 03:12:03|
  2. 野鳥
  3. | コメント:2

羽田沼 (12月年末編)

今回は2010年の12月、年末に初めて行った、栃木県大田原市の羽田沼です。

あと一歩足を伸ばせば、福島県と言う事もあって、結構遠く感じました。
うちの行く所では、静岡県磐田市の桶ヶ谷沼とも同じくらいに匹敵する遠い場所です。

この場所はハクチョウ類飛来の地として、結構名が通っている場所ですので、一度は行ってみたいと思っていた所ですが、ようやくその機会が訪れました。

沼の大きさ的には予想外で大変にこじんまりとした感じで、多分地元の洗足池公園よりも面積的には狭いのではないか、もしくは同じくらいかなと言う印象でした。

【撮影データ】

時 間 ・・・ 10:00~15:00
天 気 ・・・ 曇り、雨/時々晴れ、午後より強風
撮影順序 ・・・駐車場入口~観察舎前~遊歩道、往復
撮影枚数 ・・・1,129枚
使用機種 ・・・Canon EOS 1D MarkⅢ *2機
使用レンズ・・・Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM
Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM


お天気が殆ど曇り模様で雨も時々降る様な状況でしたので、これと言った写真は残念ながらない状況です。
一通り、掲載をしておきます。



20100110_b01.jpg



オオハクチョウ君です。
この日1日での観察ですので、何とも言えないのですが、ここにいるのはオオハクチョウ君だけでコハクチョウ君はいません。
ハクチョウ類の来る、様々な場所に最近は行くようになりましたが、オオハクチョウ君とコハクチョウ君の好みの違いや飛来地の環境の違いなども気になってきました。

この場所は沼の中に陸地はありませんので、ハクチョウ類の習性から考えて、休息などで立ち寄るだけで滞在と言う意味での場所ではないと考えられます。

この関係はうちの行くフィールドで多々良沼、城沼、越辺川河川敷なども含めて季節の終わった後に考察をしてみたいと思っています。



20110110_b02.jpg



オオハクチョウ君の幼鳥です。
個体数における、成鳥と幼鳥の比率はほぼ1:1位でした。




20110110_b03.jpg


オナガガモ君の♀です。
駐車場近くに多く固まっているために大変に多く感じ、目立ちます。



20110110_b06.jpg



カルガモ君です。
オナガガモ君に混じっていると言う感じです。



20110110_b07.jpg



オオバン君、ここでは1羽だけしか確認できませんでした。




20110110_b08.jpg


ホシハジロ君、キンクロハジロ君と並んで少数派ではありますが、オナガガモ君などと一緒に行動していました。
圧倒的に♂の方が多く感じます。



20110110_b04.jpg


ホシハジロ君の♀ですが、♂に比べてかなり少なく、確認できたのは2羽程度でした。



20110110_b09.jpg



キンクロハジロ君です。


20110110_b10.jpg



ヨシガモ君です。
ここでは♂♀のペア1組しか確認できませんでした。
うつむいてばかりで、なかなか良い表情が撮れず仕舞いでした。



20110110_b05.jpg


そして、遠くではアオサギ君が多くいました。



20101229羽田沼


当日の観察記録です。
クリックして拡大してご覧下さい。

こうして見るとこじんまりとした沼ではある物の、一通りのカモ類が揃っていると言う事が伺えます。
ハシビロガモ君が見当たらないのとヒドリガモ君が大変に少ないと言うことは環境的に考えて見ると決して悪くはないと言う指標にもなりそうですが、それだけに一通りある程度の個体数が揃っているという事は貴重だとも感じます。
その場所の環境と飛来する種類、個体数などの関連もいつかはまとめたい事項でもあります。


*「自然道傳説・別編」にここでの風景写真を同時に数枚アップしています。









  1. 2011/01/10(月) 17:55:31|
  2. 野鳥
  3. | コメント:2

2011年 謹賀新年

2011年も無事に明けた様です。

新年おめでとうございます。

旧年中は皆様方には大変にお世話になりまして、誠にありがとうございました。
今年もひとつよろしくお願い申し上げます。



20110101_b01.jpg



写真は先日に初めて行った、栃木県大田原市の羽田沼での撮影です。
マガモ君が求愛ディスプレイをしていました。
この後は意気投合して、めでたし、めでたしでした。
今年は生きものたちにとって、何か一つでも良い事があればと思って、この写真を掲載することにしました。


昨年は仕事のローテーションの関係もあり、当初に計画していた計画が殆ど実行できなくなり、フィールドへ行く事も難しい状態となってしまいました。
その上に仕事ばかりで何も出来ないと言う日々が続いたり、連続勤務も多くあり、ブログや掲示板の更新は全く出来なかったと言う事は既にご覧いただいている通りです。

また、twitterなるものも始めて、140文字の気軽な文章で済むところから、手軽なそちらへと傾いてしまったことも否めません。

未だに整理をしていない、在庫写真はまだ20万枚以上残っています。
その中の殆どは昆虫類の写真でありますが、まとまった時間がないと整理できない状況です。
この在庫写真に関してはどうするか、これから考えていきたいと思います。

今年はどうするか、具体的な目標などの策定はまだしていませんが、少なくともtwitterはそこそこに、また掲示板やブログ関係に関しては少しずつでもアップ、更新して行けたらと考えています。

具体的な目標策定には仕事がどのようになるかによってもかなり変わってきますから、もう少し先に考えたいと思っています。

何はともあれ、全てはかけがえのない自然のために、共に生きる生きものたちのために全身全霊を傾けて行く事には引き続き今年も全く変わりがありませんし、それを根本として、行動、活動をして行きたいと思います。


今年も重ね重ね、ひとつよろしくお願い申し上げます。









  1. 2011/01/01(土) 11:18:45|
  2. 野鳥
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。